LMS_20110610 KnowledgeCOMMONS vol.3

2,014 views

Published on

Knowledge COMMONS
http://knowledgecommons.net/

Presenter
http://www.facebook.com/maechosta

Published in: Business, Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,014
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
761
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

LMS_20110610 KnowledgeCOMMONS vol.3

  1. 1. Facebook
  2. 2. 理想のLMS 2011年6月10日(金) 2011/6/10 H.Maekawa
  3. 3. 0.はじめに • 今日お話しするのは、今現在の私の立場から見ての「理想のLMS」です。 「今現在の私の立場」 • お客様向けeラーニングの導入支援を行っています。 • 自社ではLMSパッケージは作っていません。 他のベンダー様の製品を売っています。 • そのシステムをオンプレミスで構築fするプロジェクトが一番儲かります。 サーバやミドルウェアを一緒に購入いただけると、もっと儲かります。 SaaSは儲かりません。 • プログラミングのスキルはありませんので、システム的な実現可能性は保証 できません。 2011/6/10 H.Maekawa
  4. 4. 1.LMSの現状 2011/6/10 H.Maekawa
  5. 5. 1.LMSの現状 • eラーニング=「コンテンツ」+「LMS」。 しかし受講生の立場からはLMSが活用されていない。 LMS 管理者 × ○ 使わない 受講生 コンテンツ 使う ○ ○ 使う 使う 2011/6/10 H.Maekawa
  6. 6. 1.LMSの現状 • 受講生がLMSの画面を見ている時間は、ほとんどゼロに近い。 LMSにログイン コンテンツの 「学習開始」をクリック LMS画面を閲覧(10~20秒) 受講生がLMS画面を 閲覧する時間は 30秒程度 コンテンツを閲覧 コンテンツを閉じ、 学習結果を確認 LMS画面を閲覧(5~10秒) LMSからログアウト 2011/6/10 H.Maekawa
  7. 7. 1.LMSの現状 • では、LMSは何に使われているの? Learning 学習 Management 管理 System システム 管理者が用意したコンテンツを受講生が最後まで見た、という記録を、 管理者が上司や関係省庁等に報告するために、 保存、確認するためのシステム。 2011/6/10 H.Maekawa
  8. 8. 1.LMSの現状 • このことがeラーニングベンダーの苦境を招いているのではないか... <管理者> 管理者しか使わない 管理者もたまにしか使わない 年に3ヶ月しか使わないのでいいや eラーニングを実施する月だけ使えればいいや だから安くしろ <受講生> 受講生からも不評 受講率も上がらない、アクセス数も増えない 予算も取りづらい だから安くしろ <業界> ベンダーはますます儲からない システム開発に投資もできない いつまでも古いシステムを売るしかない 未だにIEにしか対応していない ますます評判が下がる... 2011/6/10 H.Maekawa
  9. 9. 1.LMSの現状 • LMSは今後(5年後)どうなるのか...? A.消えてなくなる (2/6票) B.現状維持 (4/6票) 2011/6/10 H.Maekawa C.華麗に復活する (0/6票)
  10. 10. 2.LMSがもっと使われるようになるには 2011/6/10 H.Maekawa
  11. 11. 2.LMSがもっと使われるようになるには • 人がシステムを使うのはどういうとき? システムから 情報を得る システムに 情報を提供する Input output 受講生の立場から、 システムから情報を 得るケースは少ない。 2011/6/10 H.Maekawa
  12. 12. 2.LMSがもっと使われるようになるには • LMSから得られる情報にはどんなものがある? LMSから 情報を得る 管理者が 提供した情報 LMSに 情報を提供する システムが 提供した情報 他の受講生が 提供した情報 ・現状のLMSについている掲示板機能などは、ほっとんど使われていない。 ⇒LMSを見るのは2~30秒程度にすぎないから。 ・掲示板やコミュニケーション機能が付いていても「機能をOFFにしてほしい」という要望が強い ⇒管理工数を下げたい。 ・コミュニケーションとeラーニングは1システム上では併存しない(トレードオフ?) ⇒LMSの存在意義としては、受講生向けの情報が多様に格納されている必要がある。 2011/6/10 H.Maekawa
  13. 13. 2.LMSがもっと使われるようになるには • LMSから得られる情報にはどんなものがある? 管理者が 提供した情報 • コンテンツ • お知らせ … システムが 提供した情報 • 受講履歴 • 得点 • 自動通知メール… 他の受講生が 提供した情報 ? (次ページ) ・左の二つは既存のLMSに存在している。 ⇒「他の受講生が提供する情報」は、提供する情報のブルーオーシャン? ・「他の受講生が提供する情報」の例 ~ニコニコ動画のコメントのようなもの ~SmartFMのような「開始宣言」(期限ギリギリにやるか、前倒しにやるか) ⇒学習内容によって変わる?それとも社風による? 2011/6/10 H.Maekawa
  14. 14. 2.LMSがもっと使われるようになるには • 「学習」という観点で、受講生が提供する情報にはどのようなものが考えられる? 受講生が提供する情報 プロフィール、システム利用者間のメッセージ送受信、分からないところ、質問、自分なりの解釈、 考え方、気付き、メモ、参考資料、メモ、リンク等、大切だと思う箇所のクリップ、他の受講生 の保存したメモ・クリップ類に対するコメント、評価、学習スケジュール、学習の進捗状況、他 の人に共有したい/自慢したいTIPS、保有している資格、スキル、学習している内容に関す る専門度、日記、その日学んだことのメモ、セミナー参加記録、集合研修参加メモ、研修の板 書、学習に関する悩み、他の受講生の学習進捗に対する評価、ライバル・仲間への応援・励 まし、学習教材、掲示板でのディスカッション etc… ・これらの機能は、それぞれが単体で成立するサービス。 ⇒それを「1機能」として実装するのは、正直しんどい(工数がかなりかかる)。 ←既存サービスとのマッシュアップの方向性になる?(B2Cはありうる。B2Bは個人情報保護法等の厚 い壁がある) ・moodleのような「豊富なモジュール」があるのは、「使える人しか使えない」 ⇒個々人のスキルや予算などに縛られる。 2011/6/10 H.Maekawa
  15. 15. 2.LMSがもっと使われるようになるには 企業内の全ての「学び」をカバーできるLMS 受講生が自分の「学んだこと」を記録し、いつでも振り返ることができ、 他の受講生と共有できるLMS ・「Eラーニング」という分野に限定すると、LMSの未来は見えない。 ・eラーニングも集合研修も、会議も雑談も記録するシステム? ⇒ポートフォリオ?記録した情報の一元管理の場が理想? ←学び版Evernote?そこにコンテンツ配信機能があれば良い? ・「管理者の管理」と、「学びたいことを学ぶ」とは、相反する。 ⇒管理者が管理するのは「終わったね」程度でいい。 ・記録のとり方は個々人によって異なるため、何をして「便利」かは異なる。 ⇒Evernoteは「そのまま放り込む」ことができる ←LMSも「そのまま放り込め」たりすればいい? 2011/6/10 H.Maekawa
  16. 16. 3.売れるLMSとは 2011/6/10 H.Maekawa
  17. 17. 3.売れるLMSとは • eラーニングベンダー各社様のLMSは売りにくい... 売りやすいLMSとは? 基本的な管理機能を そなえている 2011/6/10 H.Maekawa 儲かる
  18. 18. 3.売れるLMSとは • 基本的な管理機能とは? ユーザデータ周り • • • • 受講履歴周り 組織情報 受講生情報 人事システムとの連携 認証システムとの連携 etc. • 取得できるデータの種類 • データのフィルタリング機 能、検索機能 etc. ・SCORMは普及した感じがある。 ⇒LMSのインターフェースの差分が異なりすぎる(1.2)。 ⇒2004は作りづらいし普及してない。 ・コンテンツ制作会社は運用にタッチしない。 2011/6/10 H.Maekawa 登録作業の効率化 • • • • 講座登録 カテゴリ登録 受講申込登録 受講履歴登録 etc.
  19. 19. 3.売れるLMSとは • 儲かるLMSとは? 自社のビジネスに つながる 価格が安い • 定価 • 仕切り • 特別価格 • • • • • • • 導入作業 運用作業 ヘルプデスク 活用コンサルティング 受講履歴分析 カスタマイズ 機能追加(PaaS) ・文教向けのeラーニングは、「ビジネスにつながる」部分は「全ていらない」(=自分たちでやる)。 ・ユーザ企業自身では「ビジネスにつながる」部分は出来ない。 ・「ビジネスにつながる」部分が多いと、「良い製品」ではないのでは? ⇒一般に普及したシステムは「ここの部分が少ないもの」 ・システム開発においては、「ビジネスにつながる」部分をシカトすれば、かなりシンプルに開発できる。 2011/6/10 H.Maekawa
  20. 20. 4.まとめ 2011/6/10 H.Maekawa
  21. 21. 4.まとめ • 理想のLMSとは? 受講生のためのLMS • 企業内のすべての「学 び」をカバー • 受講生が「学んだこと」 を日々記録し、共有す るシステム SaaS 売りやすいLMS • なるべく多くの人と「学 • 基本的な管理機能を備 えている んだこと」を共有しあえ る仕組み • LMSを作ることに精一 • 他社とも交流できるとよ 杯になるのではなく、他 り良い 社に担いでもらいやす い仕組み・ビジネスモ デルも必要 2011/6/10 H.Maekawa
  22. 22. おしまい 2011/6/10 H.Maekawa

×