Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2016vsj

227 views

Published on

日本火山学会2016年大会「ジオパークにおける情報提供のあり方」

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2016vsj

  1. 1. ジオサイトの自然の価値と そこでの情報提供 日本ジオサービス株式会社/日本ジオパークネットワーク 目代邦康 2016.10.12 日本火山学会 特別セッション「ジオパークにおける情報提供のあり方」
  2. 2. 2 目次 ● Science communicationの場としてのジオ パーク ● 博物館の展示の理論 – PresentationとInterpretation – 分類展示と課題展示 ● 博物館の機能と情報の更新
  3. 3. 3 科学と社会の関係
  4. 4. 4 科学の負の側面
  5. 5. 5 科学的情報の発信の意義 ● Science communicationの議論 – 欠如モデルとinteractionモデル 林・加藤・佐倉(2005)
  6. 6. 6 Science communicationの目的 ● 社会的なコンフリクトの解消 ● 科学普及,科学教育,科学啓蒙の限界 ● 専門家ー非専門家の良好な関係の構築 ● 科学社コミュニティーの民主的プロセスの維持 – 科学者コミュニティーにおける批判的な友人
  7. 7. 7 Science communicationの場 としてのジオパーク ● 地域に存在する地質遺産の価値の共有 ● 地学的情報を有する「専門家」と社会を構成す る「非専門家」 専門家 社会 非専門家 専門家 社会 非専門家
  8. 8. 8 ジオパークの“現地性” ● 看板,パンフレット,ガイドがどのような役割 を果たして,Science communicationを成立 させるか? ● 誰と誰のcommunicationか? – 訪問者,ガイド,研究者,地域住民.GPの運営 者・・・ – 全体のデザイン
  9. 9. 9 博物館学のアナロジーで ジオパークを考える ● 博物館⇔ジオパーク – 展示物⇔ジオサイト – 研究者:地球科学的価値を持つものの価値付け – 学芸員:どのように見せるか? ● ジオパークの特性:onsite (現地性)
  10. 10. 10 陳列と展示 ● 陳列:宝物の羅列であって,そこには何 の意図も思想も認めることはできない ● 展示:並べること自体に目的を持たせ, そこに並べられている資料が観る人を説 得させるものでなければならない. – 加藤(1977)「博物館学序論」雄山閣. – 新井(1992)展示と陳列の意味について. 博物館学雑誌.
  11. 11. 11 PresentationとInterpretation ● 博物館における展示とは,展示資料(もの)を 用いて,ある意図のもとに,その価値を提示 (presentation)するとともに展示企画者の考 えや主張を説示(Interpretation)することに より,広く一般市民に対して感動と理解,発見 と探求の機会を提供する空間を構築する行為で ある. – 新井(1981)展示と展示法.博物館学講座.雄山閣.
  12. 12. 12 ジオパークの構成と目的 ● 構成:離散的なジオサイトとその集合体として のジオパーク ● 地質遺産の保全,教育,ジオツーリズム – 保全する価値(=科学知,伝統知による価値付) – 教育的価値 – ジオツーリズムの対象としての価値(=経済 性)
  13. 13. 13 ジオパークにおけるPresentationと Interpretation ● Presentation:そこにあるジオサイト.どのよ うな順番でみせるか.視点場(ビューポイン ト)をどのように示すか.価値の説明. ● 価値 – なぜ保全するのか – どのような教育をしたいのか – ジオツーリズムの価値=見どころ
  14. 14. 14 ジオパークにおけるPresentationと Interpretation ● Interpretation:ジオパークとしての視点をど のように伝えるか?ストーリー,コース設定 – ジオサイトと拠点施設を,コミュニケーションの場 として位置づける. – そもそも,ジオパークとして何を伝えたいか.
  15. 15. 15 博物館の展示の原理 (柴,2010) 1. 見ること – 「見る」から「視る」へ.主体的な活動としての「視る」 2. 比べること – 「比較」の視点 3. 気づかせること – 教えるのではなく主体的な「気づき」を 4. わかりやすいこと – 研究者の視点ではなく教育者の視点
  16. 16. 16 展示の原理とジオパーク ● 「視る」,「気づき」,「わかりやすさ」:看 板の記述内容,ガイドの内容,視点の提示 ● 「比較」:ガイド付きジオツアーでの順番
  17. 17. 17 百万貫の岩は,崩れやすい大地の象徴として,また大水 害の記念碑として,地球の中で繰り返し起こってきた水 の旅・石の旅を物語っています.
  18. 18. 18 ここからは,手取川扇状地が一望でき,島集落の様子をよく見ることができます.
  19. 19. 19
  20. 20. 20
  21. 21. 21 堂の坂の棚田で知りたいこと ● 何に価値があるのか? – 棚田はなぜここにあるのか? – たくさんあるのか,少ないのか? – どういった地質の条件?どういった地形条件? – 文化的な背景?農業.石垣. – 生物多様性? ● ここをどうしたいのか?
  22. 22. 22 収集・保存 調査・研究 展示・教育 博物館の機能 来館者
  23. 23. 23 情報の更新 ● 「収集・保存」,「調査・研究」があるから 「展示・教育」ができる. – 収蔵庫ではなく,Museum. – 情報更新の必要性 ● ジオパークでどのように情報を更新していく か? – 看板の更新,ジオツアーコースの更新
  24. 24. 24 情報の更新を担う人 ● データの蓄積と文責 → 科学の進展 → 情報更 新の必要性 ● ジオパークで誰がデータを集めるか.誰が分析 をするか.誰が成果をまとめるか.誰が情報を 加工するか? – 専門員の待遇問題
  25. 25. 25 まとめ ● ジオパークのデザイン:誰と誰の communicationを想定するのか? ● ジオパークで伝えたいことをクリアにし,それ ぞれをどうしたいのか検討した上 で,communicationツールをつくる. ● ジオパークでの科学活動の支援と情報の更新が 必要.

×