Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2010ajgspring

809 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2010ajgspring

  1. 1. ダムに反対する理由 目代邦康(自然保護助成基金) 2010.3.28 日本地理学会春季学術大会 法政大学
  2. 2. ダムを対象とした地理学的研究 1 ● ダムを含む河川誌 – 服部信彦(1967)川内川の洪水と鶴田ダムの意義.地理学評 論,40 – 白井義彦(1976)多目的ダムの管理と水利用.地理学報告,45 – シンポジウム(1972)「河川の地理学とその応用」 ● ダム建設に伴う地域の変容 – 西野寿章(1981)ダム建設にともなう水没村落の移転形態と村 落構造.人文地理, 33 – 池谷和信(1984)ダム建設により水没予定にある集落の変貌. 東北地理,36 ● 水資源論からみたダムの役割 – 伊藤達也(1997)ダムによる水資源開発の論理とその問題点. 金沢大学文学部地理学報告,8
  3. 3. ダムを対象とした地理学的研究 2 ● 環境問題(自然破壊)としてのダム,地域づくりの 問題 – 小野有五(2006)人間を幸福にしない地理学というシステム. E-journal Geo, 1(2) – 小野有五・佐々木聡(2005)ダムによる災害リスクと環境問題. 日本地理学会発表要旨集, 67 – 吉本 健一(2001)事業の見直しと地域の新たな課題 ダム中 止後の徳島県木頭村の課題.日本地理学会発表要旨集 – シンポジウム(1991)「住民合意による山村振興・環境保全」 ● 今日的な課題 – 本大会シンポジウム「河川環境の水環境保全と流域管理」
  4. 4. 時代による変化 ● 1)ダムそのものの研究(60-70年代):河川工学的 研究に類似 ● 2)その存在を前提とした研究(80年代):ダムを地 域の問題として捕らえる. ● 3)建設計画や周囲に与える影響を検証する研究 や,地域住民の当事者性が問題に(90年代以降): 他の分野と相対化.
  5. 5. 地域住民のダムに対する反応 ● 1958-71年 筑後川水系の洪水対策のため,熊本 県小国町,大分県中津江村に下筌(しもうけ)ダム の建設.室原知幸(むろはらともゆき)による反対 運動 ● 日本最大のダム反対運動 ● 土地収用法の不備→改正.水源地域対策特別措 置法.
  6. 6. 地域の問題としてのダム問題 ● 何が問題となるか. ● 地域固有の問題と普遍的な問題の組み合わせ.
  7. 7. 2009年9月 建設中・計画中の 143ダムの見直し 2009年10月 本体未着工ダム事 業の予算凍結 2009年10月9日 朝日新聞夕刊
  8. 8. 各地域のダム問題を整理 ● 国土交通省直轄・水資源機構によるダム事業56箇 所について、書籍、雑誌、新聞記事、研究論文、反 対団体のインターネットサイト、裁判記録等から情 報を収集し、どのような問題が発生しているかを整 理した.
  9. 9. ダム事業推進の一般論 ● 推進・賛成 ● 治水,利水に必要 – 過去に大規模な洪水があると,その被害が繰り返し語られる ● 地域経済活性化 – 長期間に渡る公共事業
  10. 10. ダム事業に対する住民の反応 ● 事業実施中のダムの半数以上で反対運動がある. ● 沙流川(北海道)、サンル川(北海道)、八ッ場ダム (群馬県)、思川(栃木県)、川辺川(熊本)が反対 団体多数. 組織化され 31 24 反対運動が た反対運動 ないところ 1 住民個人に よる反対運動 (n=56)
  11. 11. 反対運動の主体 ● 政党・・・日本共産党(団体というよりは議員個人) ● 水没地の住民 ● 漁協 ● ダム問題を契機に作られた市民団体 ● 地方自治体 ● 全国規模の自然保護団体が積極的に取り組んで いるところは,少ない.・・・地域性の強い問題
  12. 12. 反対する理由 ● 杜撰な計画(需要予測,費用対効果) 30(箇所) ● 貴重な生物の生育地 8 ● 地盤に問題がある 8 ● 水質悪化 6 ● 生活保障 6 ● 政治汚職 2 ● 文化的な価値など (32ヶ所中)
  13. 13. 特徴 ● 費用対効果(費用便益費(B/C))は,国土交通省 は試算済み(1を下回ることはない) ● 生態学的に貴重な種を守ることが主題になってい るところもあるが,必ずしも科学的なデータの裏づ けがあるわけではない. ● 科学者との連携 ● 「景観」を保全したいという主張は少ない. ● 心情としては持っているが,権利として主張しにくいた めか?それとも,そこに価値を置いていな? ● 地誌学的な記載の貢献は?
  14. 14. 問題点 ● 「行政と一部の住民が推進,一部の住民が反対」と いう構図では,反対住民がダム事業の不合理性を 指摘しなければならない. ● 水源地の何を守るのか=当事者はだれか? ● 地理学者は,景観の価値を伝え,その評価につい て議論すべき

×