Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
モバイルオンラインゲーム

運用のための開発

KLab株式会社 山内敏彰
自己紹介

KLabでモバイルオンラインゲームの開発・運用に
従事し、過去複数のタイトルへの課金システムの
組み込みなどを主に担当。
現在は社内ライブラリの開発に従事しています。
元々はゲーム系の専門学校の出身です。
2
この人です

今日お話する内容

運用のための開発
● ゲーム自体の作り方ではなくて「モバイルオンラインゲームを運用するため」
に必要な仕組みなどを一部紹介できればと思います
● ゲームだけを作ってるんじゃないんだゾ!
っていうのを雰囲気でも知ってもらえれば...
今日お話する内容

以下の3つのフェーズでそれぞれ 1,2個ずつご紹介します
● 開発フェーズ
● リリース
● 運用フェーズ
○ 補足
■ ゲームをリリースして終わりではなく、
コンテンツの更新をし続けていく必要があります
■ そのために継続...
開発フェーズ

5
開発フェーズ

● ゲームそのもの以外にもいっぱいあるよ!
○ 開発環境
○ ログの仕組み
○ コンテンツ更新の仕組み
○ ビルドの仕組み
○ 自動テストの仕組み
○ メンテナンスの仕組み
○ etc...
6
開発フェーズ

● ゲーム本編以外にもいっぱいあるよ!
○ 開発環境
■ 開発環境のサーバーってどうなってるの?
○ ログの仕組み
■ 運用に必須となる仕組み
○ コンテンツ更新の仕組み
○ ビルドの仕組み
○ 自動テストの仕組み
○ メンテナ...
開発フェーズ

開発環境の話


 ● モバイルオンラインゲームのサーバー
○ モバイルオンラインゲームはサーバーも大事
○ ユーザーはアプリを通してサーバーへ接続しに行き、
サーバーからデータを受け取る
8
開発フェーズ

開発環境の話


 ● 開発環境の話
○ 開発時も同じで、何人もの開発者が開発サーバーへ
接続しに行く
○ ただし開発時はすごいスピードで新機能や修正など
が入っていく
○ 開発段階で同じことをしてしまうと・・・
9
良くわから...
開発フェーズ

開発環境の話


 ● 開発環境の話
○ 開発時も同じで、何人もの開発者が開発サーバーへ
接続しに行く
○ ただし開発時はすごいスピードで新機能や修正など
が入っていく
○ 開発段階で同じことをしてしまうと・・・
■ 問題がある...
開発フェーズ

開発環境の話


 ● 開発環境の話
○ そうならないために
■ 開発者一人ひとりに環境を用意
● 多人数での同時開発に対応
■ 壊れても作り直しがすぐできるように
● 環境構築の時間短縮
11
壊れたから作り直そ
う
開発フェーズ

ログの仕組み


 ● ログ
○ ユーザーの過去の行動とその結果を記録しておく仕
組み
■ なにげに超重要
○ 運用に入ると様々な問い合わせが
■ クエストをクリアしたのに報酬もらえなかった
■ 条件を満たしたのに機能が開放され...
● 例えば「クエストをクリアしたのに報酬もらえなかった」の真
実は…
○ 過去にクリア済みだったり、
クリアできていなかったり
開発フェーズ

ログの仕組み



13
この前クリアして
たよ
リリース

14
リリース

● プラットフォームへの申請
● ローンチ(初回リリース)時の動き
15
リリース

プラットフォームへの申請

 ● 各プラットフォームの審査
○ ゲームが完成してもリリース確定ではない
■ 基本的にはプラットフォームの審査が必要
○ プラットフォームのポリシーや規約に反してないか
チェック
■ 問題があればリジェ...
リリース

ローンチ(初回リリース)時の動き

● ローンチ時(初回リリース)の動き
○ 事前にストアには公開するが「リリース日までメンテ
中」としておく
○ 裏でめちゃめちゃテストしてます
■ ユーザーは遊べないが開発者は遊べる状態
■ 特に...
運用フェーズ

18
運用フェーズ

● アップデート
○ MiU: マイナーアップデート
○ MaU: メジャーアップデート
19
運用フェーズ

アップデート

 ● 一般的なMiU: マイナーアップデート
○ 変更の小さいアップデート
● 一般的なMaU: メジャーアップデート
○ 変更の大きいアップデート
20
運用フェーズ

アップデート

 ● MiU: マイナーアップデート
○ データの更新やサーバーの修正のみ
○ アプリの更新は行わない
● MaU: メジャーアップデート
○ データの更新やサーバーの修正も行う
○ アプリの更新を行う
21
運用フェーズ

アップデート


● アプリの更新はすごく大変
○ ストアの審査やその準備、公開作業だけで数日かかっ
たりする
● モバイルオンラインゲームはコンテンツの更新頻度が高い
○ 例えば毎週キャラ追加やシナリオ更新などがあるゲー
ムを...
23
MaU
MaU
MaU
MaU
MaU
月 火 水 木 金 土
日
運用フェーズ

アップデート


● 週の半分近くが申請や公開作業となってしまう可能性
● そうならないために
○ アプリの更新が必要なものは MaUにまとめて行う
○ そうでないものはMiUで行う
24
あとから変更したい場合はこちら

25
MiU
MiU
MiU
MiU
MaU
月 火 水 木 金 土
日
完

26
まとめ

● ゲーム本編以外にも必要な開発は色々ある
○ ゲーム本編のクオリティに直接関係ないものも多いが、
ゲームのコア部分に集中するため、後のトラブルを回避するために整
えておくのは大事
● あくまで一例
○ すべての会社やプロジェクトで同...
以上です

ご清聴ありがとうございました

28
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

モバイルオンラインゲーム運用のための開発

Download to read offline

KLab福岡Meetup「作って終わりじゃない!プロのゲームづくり」
https://klab-fukuoka-meetup.connpass.com/event/212061/
のセッション資料です。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

モバイルオンラインゲーム運用のための開発

  1. 1. モバイルオンラインゲーム
 運用のための開発
 KLab株式会社 山内敏彰
  2. 2. 自己紹介
 KLabでモバイルオンラインゲームの開発・運用に 従事し、過去複数のタイトルへの課金システムの 組み込みなどを主に担当。 現在は社内ライブラリの開発に従事しています。 元々はゲーム系の専門学校の出身です。 2 この人です

  3. 3. 今日お話する内容
 運用のための開発 ● ゲーム自体の作り方ではなくて「モバイルオンラインゲームを運用するため」 に必要な仕組みなどを一部紹介できればと思います ● ゲームだけを作ってるんじゃないんだゾ! っていうのを雰囲気でも知ってもらえれば 3
  4. 4. 今日お話する内容
 以下の3つのフェーズでそれぞれ 1,2個ずつご紹介します ● 開発フェーズ ● リリース ● 運用フェーズ ○ 補足 ■ ゲームをリリースして終わりではなく、 コンテンツの更新をし続けていく必要があります ■ そのために継続して発生する開発の期間を総称して 運用フェーズと呼んでいます 4
  5. 5. 開発フェーズ
 5
  6. 6. 開発フェーズ
 ● ゲームそのもの以外にもいっぱいあるよ! ○ 開発環境 ○ ログの仕組み ○ コンテンツ更新の仕組み ○ ビルドの仕組み ○ 自動テストの仕組み ○ メンテナンスの仕組み ○ etc... 6
  7. 7. 開発フェーズ
 ● ゲーム本編以外にもいっぱいあるよ! ○ 開発環境 ■ 開発環境のサーバーってどうなってるの? ○ ログの仕組み ■ 運用に必須となる仕組み ○ コンテンツ更新の仕組み ○ ビルドの仕組み ○ 自動テストの仕組み ○ メンテナンスの仕組み ○ etc... 7
  8. 8. 開発フェーズ
 開発環境の話
 
 ● モバイルオンラインゲームのサーバー ○ モバイルオンラインゲームはサーバーも大事 ○ ユーザーはアプリを通してサーバーへ接続しに行き、 サーバーからデータを受け取る 8
  9. 9. 開発フェーズ
 開発環境の話
 
 ● 開発環境の話 ○ 開発時も同じで、何人もの開発者が開発サーバーへ 接続しに行く ○ ただし開発時はすごいスピードで新機能や修正など が入っていく ○ 開発段階で同じことをしてしまうと・・・ 9 良くわからんけど多 分動くっしょ サーバーに適用し ちゃえ
  10. 10. 開発フェーズ
 開発環境の話
 
 ● 開発環境の話 ○ 開発時も同じで、何人もの開発者が開発サーバーへ 接続しに行く ○ ただし開発時はすごいスピードで新機能や修正など が入っていく ○ 開発段階で同じことをしてしまうと・・・ ■ 問題があると全員が影響を受けて しまう! 10 なにもしてないけ ど壊れた \(^o^)/
  11. 11. 開発フェーズ
 開発環境の話
 
 ● 開発環境の話 ○ そうならないために ■ 開発者一人ひとりに環境を用意 ● 多人数での同時開発に対応 ■ 壊れても作り直しがすぐできるように ● 環境構築の時間短縮 11 壊れたから作り直そ う
  12. 12. 開発フェーズ
 ログの仕組み
 
 ● ログ ○ ユーザーの過去の行動とその結果を記録しておく仕 組み ■ なにげに超重要 ○ 運用に入ると様々な問い合わせが ■ クエストをクリアしたのに報酬もらえなかった ■ 条件を満たしたのに機能が開放されない ○ これらは何も対策していないと知るすべがない ■ なのでユーザーがいつどのような行動をしてど ういう結果になったかを記録しておく 12
  13. 13. ● 例えば「クエストをクリアしたのに報酬もらえなかった」の真 実は… ○ 過去にクリア済みだったり、 クリアできていなかったり 開発フェーズ
 ログの仕組み
 
 13 この前クリアして たよ
  14. 14. リリース
 14
  15. 15. リリース
 ● プラットフォームへの申請 ● ローンチ(初回リリース)時の動き 15
  16. 16. リリース
 プラットフォームへの申請 
 ● 各プラットフォームの審査 ○ ゲームが完成してもリリース確定ではない ■ 基本的にはプラットフォームの審査が必要 ○ プラットフォームのポリシーや規約に反してないか チェック ■ 問題があればリジェクト (却下)され再申請を繰 り返す ■ ※ リリース後に取り下げられる場合もあり 16 アプリをリリースした い・・・ いいよ
  17. 17. リリース
 ローンチ(初回リリース)時の動き
 ● ローンチ時(初回リリース)の動き ○ 事前にストアには公開するが「リリース日までメンテ 中」としておく ○ 裏でめちゃめちゃテストしてます ■ ユーザーは遊べないが開発者は遊べる状態 ■ 特に本番でしか確認できない機能もあるのでこ こで試すのはすごく大事 ○ アプリはリリースしてから一般に公開されるまで時間 がかかる ■ 余裕を持って1,2日前にストアに公開しておく 17
  18. 18. 運用フェーズ
 18
  19. 19. 運用フェーズ
 ● アップデート ○ MiU: マイナーアップデート ○ MaU: メジャーアップデート 19
  20. 20. 運用フェーズ
 アップデート 
 ● 一般的なMiU: マイナーアップデート ○ 変更の小さいアップデート ● 一般的なMaU: メジャーアップデート ○ 変更の大きいアップデート 20
  21. 21. 運用フェーズ
 アップデート 
 ● MiU: マイナーアップデート ○ データの更新やサーバーの修正のみ ○ アプリの更新は行わない ● MaU: メジャーアップデート ○ データの更新やサーバーの修正も行う ○ アプリの更新を行う 21
  22. 22. 運用フェーズ
 アップデート 
 ● アプリの更新はすごく大変 ○ ストアの審査やその準備、公開作業だけで数日かかっ たりする ● モバイルオンラインゲームはコンテンツの更新頻度が高い ○ 例えば毎週キャラ追加やシナリオ更新などがあるゲー ムをメジャーアップデート (アプリの更新有り)だけで運用し ていくと… 22
  23. 23. 23 MaU MaU MaU MaU MaU 月 火 水 木 金 土 日
  24. 24. 運用フェーズ
 アップデート 
 ● 週の半分近くが申請や公開作業となってしまう可能性 ● そうならないために ○ アプリの更新が必要なものは MaUにまとめて行う ○ そうでないものはMiUで行う 24
  25. 25. あとから変更したい場合はこちら
 25 MiU MiU MiU MiU MaU 月 火 水 木 金 土 日
  26. 26. 完
 26
  27. 27. まとめ
 ● ゲーム本編以外にも必要な開発は色々ある ○ ゲーム本編のクオリティに直接関係ないものも多いが、 ゲームのコア部分に集中するため、後のトラブルを回避するために整 えておくのは大事 ● あくまで一例 ○ すべての会社やプロジェクトで同じ方針ではなくて、 KLabでもプロジェ クトによって違う仕組みや方針を取ることもあります ○ 世の中には様々な仕組みがあるので KLabの勉強会やCEDECなどの 講演でより詳しい話を見てみると良いと思います 27
  28. 28. 以上です
 ご清聴ありがとうございました
 28

KLab福岡Meetup「作って終わりじゃない!プロのゲームづくり」 https://klab-fukuoka-meetup.connpass.com/event/212061/ のセッション資料です。

Views

Total views

119

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

60

Actions

Downloads

1

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×