Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Try IoT with Node-RED

3,238 views

Published on

Try IoT with Node-RED

Published in: Technology

Try IoT with Node-RED

  1. 1. 話題のNode-REDで簡単IoT!
 ⽇本Node-REDユーザー会 ⽇本アイ・ビー・エム クラウド・エバンジェリスト 北瀬公彦 @kkitase
  2. 2. 北瀬 公彦 KIMIHIKO KITAsE http://blogs.itmedia.co.jp/kkitase @kkitase ⽇本IBM勤務 (前職: Citrix Systems) マーケティング兼クラウドエバンジェリスト IBMクラウド(SoftLayerやBluemixなど)を担当 OSS / クラウドコミュニティ⽀援にも従事 (XenServerやApache CloudStackなど) facebook.com/kkitase
  3. 3. text © IBM Corporation 3 Node-REDユーザー会 https://facebook.com/groups/noderedjp https://nodered.jp(未完成) –  User Groupの概要 –  公式ドキュメント翻訳 –  nodered.orgへの導線 https://github.com/node-red-jp –  User Group Webサイトリポジトリ –  nodered.org&Qiita監視flowなど http://qiita.com/tags/node-red –  nodeやflowの活⽤例の投稿 –  User Group WebサイトからQiita APIで取得 https://nodered-slack.herokuapp.com
  4. 4. text © IBM Corporation 4 Node-REDユーザー会 https://facebook.com/groups/noderedjp https://nodered.jp(未完成) –  User Groupの概要 –  公式ドキュメント翻訳 –  nodered.orgへの導線 https://github.com/node-red-jp –  User Group Webサイトリポジトリ –  nodered.org&Qiita監視flowなど http://qiita.com/tags/node-red –  nodeやflowの活⽤例の投稿 –  User Group WebサイトからQiita APIで取得 https://nodered-slack.herokuapp.com
  5. 5. © IBM Corporation 5 Node-REDとは nodered.org groups.google.com/forum/#!forum/node-red twitter.com/nodered github.com/node-red/node-red 2013年に IBM Emerging Technologyで、 オープンソースプロジェクトと して開発されたIoTアプリを作る 為のビジュアルツール Nick O'Leary @knolleary Dave Conway-Jones @ceejay
  6. 6. © IBM Corporation 6
  7. 7. text © IBM Corporation 7 どこで利⽤するか Raspberry PiCloud (Linux) Mac / Windows
  8. 8. text © IBM Corporation 8 ノード (Node)とは •  各機能をカプセル化し たもの •  多くのノードが公開さ れている •  独⾃ノードを開発する ことも可能
  9. 9. text © IBM Corporation 9 inputノード Debug ノード Function ノード スイッチ ノード Social ノード フロー (Flow)とは
  10. 10. text © IBM Corporation 10 もっと⾯⽩いノードないの? たとえば npm install –g node-red-contrib-slack npm install -g node-red-bluemix-nodes https://www.npmjs.com/browse/keyword/node-red http://flows.nodered.org
  11. 11. text © IBM Corporation 11 フローをインポートもできる http://flows.nodered.org
  12. 12. text © IBM Corporation 12 フローのインポート
  13. 13. 本日のデモ環境(1)IaaSで利用
  14. 14. © IBM Corporation 14 本⽇のデモ環境(1) センサー センサー デバイス デバイス MQTT サーバー アプリケー ション パブリッシャー サブスクライバー Mosquitto ブローカー BLE MQTT MQTT MQTT Node-RED Node.js MongoDB 今回は同じサーバー ブラウザー
  15. 15. text © IBM Corporation 15 SoftLayer でサーバー(ブローカー兼Node-RED)を作成 – SoftLayer 上で下記スペックの仮想インスタンスを作成 – 仮想インスンタスが作成されても、プロビジョニングスクリプト完了に数分かか ります。ログイン時に”Provisioning was successful.”と表⽰されるまでお待ち下さい。 参考: http://qiita.com/kkitase/items/b49771af2aa7e771cbca Data Center TOK02 - Tokyo Operating System CentOS 6.x - Minimal Install (64 bit) Advanced Monitoring None Monitoring Host Ping Response Automated Notification Provisioning script https://raw.githubusercontent.com/kkitase/softlayer-provisioning-script/master/ centos-nodered (MQTTブローカー ”mosquitto”、Node-RED等をインストールするプロビジョニングス クリプト) Host Name 任意(例: nodered) Domain Name 任意(例: handson.jp) インストール手順は ここをみてください
  16. 16. text © IBM Corporation 16 デモ – Hello world – MQTT クライアントからテキスト送信 – Tweeterデータ取り込み
  17. 17. © IBM Corporation 17 IoT 事例紹介 (Node-REDとは関係無):
 株式会社データ・テック 
 ⾞の運⾏データをクラウドに集めて 解析、管理や教育に役⽴てる
  18. 18. © IBM Corporation 18 普段の運転振り SR運転診断書 振 り ⼦ の 揺 れ を 点 数 化    や さ し い 運 転 は ⾼ 得 点 「運転のくせ」を 教えてくれます! SRは、 「事故に遭いにくい運転操作」 を導きます! ヒヤリハット 発⽣すると 振り⼦が⼤きく揺れる!! 「いつ」「どこで」「どんな操作」 をしたかを発⽣地点の地図で確認可能 セイフティ・レコーダーとは
  19. 19. © IBM Corporation 19 SR-WEB解析システム(概要) <⾞両側> ・運⾏データ送信 ・位置データ送信 <現地PC> ・⽇報データ閲覧 ・安全運転確認書印刷 ・集計データ閲覧等 <⽇本国内PC> ・⽇報データ閲覧 ・安全運転確認書印刷 ・集計データ閲覧等 SR-WEB解析システムはクラウドサーバーに構築されており、 ⾞載機データは、3G通信でリアルタイムに転送されます。
  20. 20. © IBM Corporation 20 運転診断 運転診断結果を表⽰・印刷することができます。
  21. 21. © IBM Corporation 21 ⾛⾏軌跡 1分毎の⾛⾏履歴を表⽰することができます。
  22. 22. © IBM Corporation 22 現在位置 1分毎の⾛⾏履歴を表⽰することができます。
  23. 23. © IBM Corporation 23 ⼀覧集計 1か⽉の運⾏データの⼀覧と集計ができます。
  24. 24. © IBM Corporation 24 IoT事例紹介(Node-REDとは関係無)
 「天狗舞」で有名な⾞多酒造や、
 「満寿泉」で知られる枡⽥酒造店の協⼒を得て、
 ⽇本IBMらが進めている⽇本酒輸出の実証プロジェクト
 
 ⽇本酒を世界中でおいしく
 呑めるなんて、うれしい!
  25. 25. text © IBM Corporation 25 ⽣産管理からクラウド分析まで、
 ITをフル活⽤して攻勢に出る⽇本酒 – 背景 • 輸出している途中で商品の⽇本酒が紛失し たり、偽造品にすり替えられることを防⽌ – 解決策 • 酒瓶⼀つひとつに貼ってある紙のラベルに、 ICタグを埋め込み、流通経路のトレーサビ リティーを確保 • 各タグから送られてくるデータは、IBMの クラウド・サービスSoftLayerに収集され、 グローバル規模でのデータ管理
  26. 26. text © IBM Corporation 26 タイへ⽇本酒を輸出した時の流れ わざと真贋タグを切る 真贋タグ他を セットする ガンタイプでRFIDの読み取り 輸出待ち倉庫 空港エリア 真贋タグ他を、出荷時点で、  最初のデータとして読み込む ULD搭載 複数物流業者 ⼀時保管 6/22 〜 6/23の2⽇間で各酒造から出荷作業、輸出待ち倉庫で合流、そして空港へ
  27. 27. text © IBM Corporation 27 タイへ⽇本酒を輸出した時の流れ タイ最新鋭⾷品⽤倉庫 ホテル オークラ会場 保税 エリア 温度変化をアップロード       RFIDの読み取り スマホでQRを読む ⼀時保管 ⼀時保管 通関がなかなか通らず保税エリアにて⻑期に滞留、 そして7/9の⼣⽅に倉庫⼊庫(当初予定は7/3⽬標)、7/10報告会
  28. 28. text © IBM Corporation 28 基本の物流状況の情報の可視化を⾏う「箱タグ」 どのタイミングでどこを通過したのか?(ルートは正しい? 想定外のルート? 滞留は?)
  29. 29. text © IBM Corporation 29 どの区間で破られたのか?がわかる
  30. 30. text © IBM Corporation 30 輸送中の温度変化は? レストラン到着時 出庫時〜⽇本の空港  タイ空港?  タイ保税エリア(⻑期)
  31. 31. text © IBM Corporation 31 遠いからこそ消費者とシェアする⼊り⼝としてのQRコード
 そして+α お酒基本情報 と他へのリンク 温度トレース情報 ⾷べ合わせ
 お薦めレシピ情報 企業のFacebook
  32. 32. 本日のデモ環境(2)PaaSで利用
  33. 33. © IBM Corporation 33 IBM IoT Foundation MQTT サーバー IBM Bluemix Node-RED Node.js Cloudant (NoSQL) センサー (ダミー) MQTT MQTT HTTP ブラウザー WebSocket 気温や湿度を収集(デ モではダミー・データ を送信) 設定気温以上になると ツイッター、SMSで 通知 センサーから得られたデータはDB に蓄積し、ブラウザー画⾯へ⼀定 間隔で反映(WebSocketを使⽤) パブリッシュ サブスクライブ MQTTクライアント MQTTクライアント 外部サービス TwilioHTTP IoTアプリ作成キット (ボイラープレート) 本⽇のデモ環境(2)
  34. 34. text © IBM Corporation 34 加速度センサーにより、傾きをトラッキング
  35. 35. text © IBM Corporation 35 デモ (温度、湿度、表⾯温度をトラッキング)
  36. 36. text © IBM Corporation 36
  37. 37. text © IBM Corporation 37
  38. 38. text © IBM Corporation 38 まとめ – Node-RED • IoTアプリに限らず、Web系のアプリをビジュアルに開発可能 • ノード、フローを使って開発 • いろいろノードが充実しているが、独⾃ノードも開発可能 • 簡単にインストール可能 – Bluemixでは、Node-REDの環境⼊りのIoTアプリ開発環境を簡単に利⽤可能 – 参考 •  Node-REDのデザインパター: http://qiita.com/zuhito/items/e9abfd6f1ba188f908ed •  Node-RED ハンズオン: http://www.slideshare.net/takehikoamano/node-red-hands-on-public •  Node-RED UG: http://www.slideshare.net/joeartsea/nodered-user-group-japan •  Node RED について: http://www.slideshare.net/joeartsea/node-red
  39. 39. text © IBM Corporation 39 Node-REDユーザー会 https://facebook.com/groups/noderedjp https://nodered.jp(未完成) –  User Groupの概要 –  公式ドキュメント翻訳 –  nodered.orgへの導線 https://github.com/node-red-jp –  User Group Webサイトリポジトリ –  nodered.org&Qiita監視flowなど http://qiita.com/tags/node-red –  nodeやflowの活⽤例の投稿 –  User Group WebサイトからQiita APIで取得 https://nodered-slack.herokuapp.com
  40. 40. SoftLayer | Bluemix コミュニティ jslug.jp softlayer.connpass.com softlayer.doorkeeper.com facebook.com/groups/jslug info@jslug.jp youtube.com/user/softlayerjp twitter.com/softlayerjp qiita.com/tags/softlayer ja.stackoverflow.com/questions/tagged/softlayer slack.jslug.jp bmxug.doorkeeper.jp ibm.biz/bluemixug qiita.com/tags/bluemix ja.stackoverflow.com/questions/tagged/bluemix goo.gl/AtvyRp
  41. 41. SoftLayer | Bluemix コミュニティ jslug.jp softlayer.connpass.com softlayer.doorkeeper.com facebook.com/groups/jslug info@jslug.jp youtube.com/user/softlayerjp twitter.com/softlayerjp qiita.com/tags/softlayer ja.stackoverflow.com/questions/tagged/softlayer slack.jslug.jp bmxug.doorkeeper.jp ibm.biz/bluemixug qiita.com/tags/bluemix ja.stackoverflow.com/questions/tagged/bluemix goo.gl/AtvyRp
  42. 42. ご清聴ありがとうございました

×