地域のエンジニア問題を考える

1,112 views

Published on

Reginal Scrum Gathering Tokyo 2014のOpenJamのセッションの資料です。最後にホワイトボードの写真も。

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,112
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
57
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

地域のエンジニア問題を考える

  1. 1. 地域のエンジニア問題を 考える Scrum Gathering Tokyo 2014 2014/01/15 CultureWorks, LLC/Agile459 representative 懸田 剛
  2. 2. お題 http://diamond.jp/articles/-/46790
  3. 3. 問題 首都圏 の仕事 人が足 りない 地方の 仕事 地方に 不在 首都圏 に集約 単身 赴任 金額 規模小 旨味が ない?
  4. 4. 問題 首都圏から Uターン? 不安?
  5. 5. “すでに、地方からITエンジニアが減っていくという構造が始まって、 10年以上が経過している。今後、精力的な取り組みを実施したとして も、数年では解決できないだろう。そして、今年4月以降の消費税増 税により、景気が悪化した場合には、地方から悪影響が出てくるのは、 容易に想像できる。そうなってしまっては、ITエンジニアを呼び戻す ことはさらに困難になっていくだろう。つまり、ITエンジニアが首都 圏に転勤する状況が変わらないのだ。 !  ITと経営が一体化している時代、地方からITエンジニアが消えてい くことは、地方経済の復活を期待したい2014年において、考慮してお きたいことなのだ。”
  6. 6. 質問 地方あるいは地元に戻って 働きたい/働いている際に 「こっちのほうがよいな」と 感じる点はなんですか?
  7. 7. 質問 地方あるいは地元に戻って 働きたい/働いている際に 不安/課題に感じること はなんですか?
  8. 8. セッションのログ

×