Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Azure Boards and Azure Test Plans inside out.

755 views

Published on

Deep dive into Azure Boards and Test Plans. How to customize Azure Boards. How to manage Test for Azure Test Plans.

Published in: Software
  • Be the first to comment

Azure Boards and Azure Test Plans inside out.

  1. 1. Azure BoardsとAzure Test Plansの いい関係 かめがわ かずし(kkamegawa)
  2. 2. 自己紹介 personal: name: かめがわ かずし alias: kkamegawa community: MVP: Microsoft MVP for Developer Technologies(2009-) UsersGroup: Team Foundation Server Users Group URL: https://dev.azure.com/tfsug/tfsuginfo Blog: はてなブログ URL: https://kkamegawa.hatenablog.jp
  3. 3. This contents based on 2020/5/6
  4. 4. お品書き 最初に使い始めるAzure Boards タスクとテストの関連付けによる活用について
  5. 5. Azure DevOps全体象
  6. 6. Azure DevOps概要 アジャイルツールを使用し て、より迅速にユーザーに 価値をもたらし、 チームの 垣根を越えて作業の計画、 追跡、相談ができます。 多くの言語、プラットフォーム、 クラウドに 対応したCI/CD を使 用して、ビルド、テスト、 デプロ イできます。GitHub や他の Git プロバイダーも対応しています。 クラウドでホストされた容 量無制限のプライベート Git リポジトリです。プルリクエ ストと高度なファイル管理 を提供します。 手動の探索的テスト ツー ルを使用することで、テス トと公開を自信を持って行 えます。 パッケージを作成、提供して、 チームで共有し、ワンクリック で CI/CD パイプラインに 成果 物を追加できます。 Azure Boards Azure ReposAzure Pipelines Azure Test Plans Azure Artifacts https://azure.com/devops 
  7. 7. Azure Boards バックログ / タスク / バグを一元的に管理するため のサービス チーム単位にカンバンの管理が可能 小規模チームだとオーバースペックかもしれない Basicプロセスはあるけれど
  8. 8. Azure Test Plans Visual Studio Subscriptionか、Test Plans契約が必要な 有償サービス バックログとテストを関連付け、「何をテストしなけ ればならないのか」を管理する 探索テストもできるけど、それだけじゃないよ
  9. 9. プロジェクトを始める前に 既定のテンプレートの設定 Advancedタブの既定に反映 明らかに使わないプロセスは Disable ちょっとカスタマイズしたい場 合はCreate Inherited process https://dev.azure.com/{organization}/_settings/process
  10. 10. プロジェクトの始め方 チームプロジェクトを作る プロセスを変えたければ Advancedタブで変更 タスク管理とコード連携を 初めてやる場合はBasic。 本格開発ならScrum / Agile。
  11. 11. 余談:チームプロジェクト作成はあちこちで可能 https://dev.azure.com/{organization}/_settings/process https://dev.azure.com/{organization}/_settings/projects https://dev.azure.com/{organization}
  12. 12. Azure Boards
  13. 13. Azure Boards 作業の情報を集積する場所 作業ベースでテスト、ビルド、ドキュメントを管理 カスタマイズできる余地もあるよ CMMIは今回触れません
  14. 14. プロセステンプレートによる”New Work Item”の差 Agileプロセス Basicプロセス Scrumプロセス
  15. 15. Basicプロセスの利用しどころ GitHubのissueになれている人は使いやすい シンプルに始められる きっちり管理したい人にはちょっと不向き 誰が、なんのタスクをするくらいしかない インフラ作業や問い合わせ管理にはいいかも
  16. 16. ScrumとAgileの違い https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/boards/work- items/guidance/choose-process?view=azure-devops&tabs=basic-process • Epic:やりたいこと • Feature:具体的な機能レベル • User Story:実現方法 • Task:作業 • Bug:発生したバグ • Issue:問題(課題、懸念事項) • Epic:やりたいこと • Feature:具体的な機能レベル • Product Backlog:実現すること • Task:作業 • Bug:発生したバグ • Impediment:問題(人、プロダクト全部) Impedimentの説明 https://www.ryuzee.com/contents/blog/3574
  17. 17. どっちも同じに見えるんだけど、どっち? 一つの判断基準は「作業 時間を見たいかどうか」 (標準で)Agileにはある、 Scrumにはない 継承してテンプレート 作ればScrumでも可 Agile Scrum
  18. 18. Work Item作るときに何を入れる?(Agile/Epic) Assign Task以外は無理に入れる 必要はない Area サブシステム毎などに検討 Iteration 「いつ」やるか Description 齟齬がないようにしっかり Priority 優先度のルールはしっかり 合意 Start Date 開始日 Target Date 目標日 Development Gitブランチ、ビルド、Work Itemなどを関連付け Tag Areaに入れられないけど、 タスクを検索するときに
  19. 19. Work Item中心の開発 Work Itemからメール、Gitブランチの作成 が可能 ここから作ったGitブランチはコミットメッ セージに “#ID fix hoge”とかしなくても自動 的に関連づく テンプレート、タスクのカスタマイズも可能
  20. 20. テンプレート そうはいってもWork Itemに 書くことありすぎ 特にBugではDescriptionの内 容が個人によってブレがあり すぎる 必須事項をテンプレート化
  21. 21. プロセスのカスタマイズ Create Inherit Process/ Work Item のCustomizeから 昔のオンプレミスではXMLファイ ルをいじってたんですよ…
  22. 22. Work Itemレイアウトカスタマイズ - Due Date追加
  23. 23. Due Date(期日)をTaskに追加してみる
  24. 24. 必須項目としてDue Dateが入りました
  25. 25. 拡張機能もたくさんあります https://marketplace.visualstudio.com/search?term=control%20group%20tab%20page&target=AzureDevOps&categor y=Azure%20Boards&hosting=cloud&sortBy=Relevance
  26. 26. Stateを追加する 追加しすぎても整合性取れなくなる。 使う人から「めんどくさい」と思われないように。 ※:必要性が出てからでいいです
  27. 27. 特定の条件下でWork Itemの動作を強制させる 必須ではないけど、特定のタイミングで 「これが設定されていなくてはならな い」という検証をしたいときに使う 例えばタスクをActiveに遷移するとき Descriptionが空欄だとダメという場合 Ruleを作成する https://docs.microsoft.com/en- us/azure/devops/organizations/settings/work/custom- rules?view=azure-devops
  28. 28. オンプレミスのプロセステンプレートカスタマイズ witadminというツールを 使って一から作れます。 正直全くお勧めしないです バージョンアップ追従が大変 昔はMSもこれ使ってWFテ ンプレート公開してました https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/reference/witadmin/witadmin-customize-and-manage-objects-for- tracking-work?view=azure-devops-2019&viewFallbackFrom=azure-devops
  29. 29. プロセステンプレート移行できる? Azure DevOps標準組み込みのテンプレート間 (Basic/Agile/Scrum/CMMI)での移行はできません 継承したテンプレート間であれば可能です 継承テンプレートを移行するときは足りない種類を作っ てから実施します https://kkamegawa.hatenablog.jp/entry/2019/07/22/2218 34
  30. 30. Boardsのメニュー Work Items : Work Itemの作成、ザクッとみる。個人 用のビュー Boards:いわゆるカンバン。ステークホルダー向け Backlogs:優先順位設定。プロダクトオーナー向け Springs:スプリント単位のカンバン。開発チーム向け Queries:Work Itemを列挙するクエリを構築。多様な 場所で使います。
  31. 31. タスクの連携 「Excelで見たいんだよね」という管理職にはOffice Integration(Azure DevOpsライセンスがあればOK)。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/backlogs/office/track- work?view=azure-devops 今ならTeamsでタブの統合もおすすめ(Azure ADのみ) https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/service-hooks/services/teams?view=azure-devops CSVでのタスク取り込み https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/boards/queries/import-work-items- from-csv?view=azure-devops azure-cli https://docs.microsoft.com/en-us/cli/azure/ext/azure-devops/devops?view=azure-cli-latest
  32. 32. Power Automate / Logic Appsでタスク連携 作業割り当てられたら To Doに 入れる、というフロー タスクの更新は明示的にタスク IDを指定しないといけない Automateの場合は同一ドメイ ンのorganization, LogicAppsの 場合は同一サブスクリプション じゃないときついので注意
  33. 33. よくある質問 Planner, To DoとAzure Boardsの違いは?  チームでタスク管理したいだけならPlanner / To DoでOK Logic AppsでTo Doへタスク追加はできるよ  成果物とかコード管理、リリース管理入るならAzure Boards MS Projectと連携しないの?  昔はしていたのですが、今はサードパーティー製品での対応です  余談ですが、SharePointも同じく対応止めました(オンプレミスも)。 GitHub Issueとどっちがいい?  ラベルベースの気軽な管理で始めたい場合Issue (Projectまでは使わなくてもいい場合)  検索クエリを駆使したい場合Boardsがいい  最近Issueと同期するActionも公開されました https://github.com/marketplace/actions/github-issues-to-azure-devops
  34. 34. Azure Test Plans
  35. 35. Azure Test Plans 探索テスト テストケース管理 テスト進捗管理
  36. 36. そもそもテストを管理する、とは テスト項目を設計するにはINPUTの要件が必要 要件が変わるとテストも変わる トラッキングが大変
  37. 37. テスト計画を作る 1. Configurationを作成 テスト対象構成(OS, ブラウザー, ミドルウェア,etc)を管理 2. Test Planを作成 Area / Sprintを指定して作成 3. Test Suiteを作成 4. Test Caseを作成
  38. 38. テスト計画の作成 現在のIteration/Sprintで実 施するテストを計画する
  39. 39. テスト計画の設定 テスト対象パイプライン ビルド番号 自動テストの場合対象 のリリースパイプライン とステージ これMulti-Stage Buildに移 行するとどうなるんだろ う…
  40. 40. テスト計画で実施するテストの作り方 Suite: テスト一連のまとまり Static suite: 新規で一から作る Requirement based suite: 要件ベースで検索して 関連付け Query based suite: 特定のクエリ結果
  41. 41. Requirement Based Suite Microsoft.Requirementカテ ゴリーに属するテストが列 挙される ScrumではProduct Backlog Item, AgileではUser Story 関連付けられてるTestが 自動的に追加される このような要件トレーサビ リティは多くの場所でサ ポートされています https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/test/requirements- traceability?view=azure-devops
  42. 42. Query Based Suite 特定のテストケースを 検索して追加する WIQLで検索してあげて ください https://docs.microsoft.com/en- us/azure/devops/boards/queries/wiql-syntax?view=azure-devops
  43. 43. 「テスト項目はExcelで入力できないとダメ」という人 1. ExcelをSharePoint にアップロード 2. Logic Apps / Automateが起動 3. Azure Test Plansに 登録 4. Excelを解析して Test Plansへステッ プ登録
  44. 44. テスト同期システムの仕組み Office 365と同一Azure AD配下 のAzureサブスクリプション持っ ていなかったため、Blobを経由 しています Power AutomateでHTTPコネク ターはPremiumコネクターなの で、Logic Appsで組んだほうが いいです。
  45. 45. 参考資料 Azure Boards一連のエントリー https://kkamegawa.hatenablog.jp/archive/category/Azure%20Boards Azure Boardsのプロセステンプレート説明 https://qiita.com/mstakaha1113/items/2c857e85ed6203d93028 Azure Test Plans https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/test/?view=azure-devops https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/lab-services/

×