Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

研究室ゼミ 11 04rev

6,090 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

研究室ゼミ 11 04rev

  1. 1. 自然環境形成分野 M1 張本裕資 1
  2. 2. 背景 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震と津波に よる福島第一原子力発電所事故によって、大量の 放射性物質が環境中に放出された 東北関東地方において放射線量 の計測や除染が進められている 柏市においても、2012年12月頃 から本格的に除染を開始した 2
  3. 3.  放射能汚染問題 事故後、降雤によって人体に有害とされてい る放射性物質が拡散し、土壌に堆積した 半減期 表1 放射性物質と半減期 放射性物質 半減期 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 約8日 約2年 約30年 ヨウ素は半減期を迎えたが、セシウムは残留 3
  4. 4.  柏市における除染 除染実施区域に指定される 2012年12月頃から本 格的に除染作業開始 柏市 図1 除染実施区域(環境省) 地上1mにおける空間線量 0.23μSh/h以下を目標とした 「柏市放射線対策室(2012)」 4
  5. 5.  放射線と子供  子供のほうが、放射線の影響を受けやすい 「菅原ら(1967)」 子供が集まって遊ぶ場所に学校・公園が挙げられる 学校と異なり、公園は教師による制限がかけにくい  子供の外出が制限されたり、裁判を起こしたり するなど、過剰に反応されているのでは 5
  6. 6. 目的  公開されている放射線量のデータは計測 地点が曖昧であり、より詳細な物が必要  放射線量測定から、子供の生活について 検討した研究はこれまで行われていない 公園における空間放射線量を計測し 子供の生活に対する影響を明らかにする 6
  7. 7. 研究手法  1. 調査地域 周囲に住宅が多い、柏市内の公園を対象とする 砂場、遊具などの子供が集まる場所を計測  2. 計測機器(予定)  簡易放射線測定器(はかるくん、はかるっち等)  Mr.Gumma(柏市使用)  3. 意識調査 主に、子供を持つ親への意識調査(アンケート) 7
  8. 8.  1. 公園の規模・測定箇所  柏の葉公園のような大きな公園ではなく、住宅地 の近隣公園のような小規模の公園を想定  500 m3以下の小規模な公園は柏市内に305箇所存 在する(柏市パークマネジメントプラン)  305箇所のうち、100箇所程度を等距離間隔で選ん で計測する  遊具や広場など、子供が集まりそうな場所を調査 8
  9. 9.  2. 機器について 柏市で使用している機種 Mr.Gamma A2700型 クリアパルス社製 ※約13万5000円 図2 Mr.Gamma A2700 柏市のデータと比較するためにはこれを用いるべき であるが、これだけでなく数種類の計測器を用意し て計測する予定である 9
  10. 10.  3. 計測 地上1メートルにおける空間放射線量を計測する 通常は地上から1メートルの線量を計測するが、子 供の身長を考慮すると、1メートルだけでなく、よ り低い高さの空間線量も測るべきなのでは  4. 計測結果 グラフ、地図上に表す 10
  11. 11.  予備調査 柏キャンパスにおける放射線量を計測した 調査範囲 K:環境棟 J:生命棟 H:基盤棟 A:物性研 図3 東大柏キャンパス(東大HPより) 11
  12. 12.  使用機器 はかるっち(ipt’a製)を使用 スペック ・測定可能範囲 0.10μSh/h~19.199μSh/h ・使用可能温度範囲 0℃~45℃ 湿度90%以下 図4 はかるっち ※29400円→1350円 12
  13. 13.  調査方法  計測箇所 ・各棟前の道に並んでいる木(約5~6m間隔) ・各棟前 ・基板棟の横の芝生広場 ・一部ベンチ  計測方法 地上1mと0.5mにおける空間線量を、各三回ずつ各 地点ごとに計測した 13
  14. 14.  調査結果 曇り・18℃ 環境 生命 芝生 基盤 物性 KAVLI 大 気 芝生 地上1m SHOP 食堂 地上0.5m 0.6 μSv/h以上 0.6 μSv/h以上 0.23~0.6 μSv/h 0.23~0.6 μSv/h 0.23 μSv/h以下 0.23 μSv/h以下 14
  15. 15.  柏キャンパスの各棟前の空間線量は、全体的に柏 市が目標とする0.23μSv/hを上回っていた  KAVLI研究所前や、環境棟前など、一部では 0.10μSv/h以下を示した場所もあった  地上1mと0.5mの両方で計測を行ったが、この機器 においては、両者にそれほど大きな違いがあると はいえない 15
  16. 16. 今後の予定  計測器の検討・調達・校正  計測地点の検討  文献調査 16
  17. 17. 参考文献 ・放射線細胞生物学:菅原努ほか編、朝倉書店(1967) ・環境省(最終閲覧日:2013/6/20) ・柏市(最終閲覧日:2013/6/21) ・警戒区域および避難指示区域における航空機モニタリングについ て:文部科学省 (2013) ・子供と未来のために~放射線の対策と基本~:柏市環境部放射線 対策室(2013) ・東京都環境局 (最終閲覧日:2013/6/20) ・柏市除染実施計画(第二版):柏市(2012) ・柏市パークマネジメントプラン:柏市都市部公園管理課(2012) 17
  18. 18. 環境棟前の木 μSv/h 1m 木A 木B 木C 木D 木E 木F 1回 目 0.68 0.80 0.50 0.42 0.53 0.32 2回 目 0.64 0.79 0.76 0.43 0.49 0.30 0.60 3回 μSv/h 目 0.5 木A m 0.72 0.85 0.49 0.56 0.35 木B 木C 木D 木E 木F 1回目 0.76 0.56 0.50 0.43 0.54 0.31 2回目 0.75 0.66 0.36 0.51 0.50 0.32 3回目 0.72 0.61 0.46 0.51 0.49 0.37 18
  19. 19. 生命棟前から芝生前の木 μSv/h 1m 木G 木H 木I 木J 木K 木L 木M 木N 木O 木P 1回 目 0.75 0.80 0.75 0.33 0.33 0.33 0.31 0.40 0.36 0.34 2回 目 0.72 0.82 0.72 0.32 0.35 0.32 0.31 0.43 0.37 0.40 3回 0.43 目 μSv/h 0.83 0.74 0.32 0.35 0.31 0.31 0.43 0.36 0.44 0.5m 木G 木H 木I 木J 木K 木L 木M 木N 木O 木P 1回 目 0.77 0.89 0.65 0.31 0.36 0.36 0.32 0.43 0.35 0.43 2回 目 0.80 0.85 0.61 0.31 0.35 0.35 0.36 0.43 0.37 0.42 3回 目 0.78 0.85 0.68 0.25 0.31 0.31 0.36 0.43 0.37 0.42 19

×