Web2.0 講演スライド 2008/2/26

2,438 views

Published on

SlideShareではアニメーションが再現できないため、pptファイルをダウンロードしてご覧ください。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,438
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
71
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Web2.0 講演スライド 2008/2/26

  1. 1. Web2.0 ~ Return of The Web  ~
  2. 2. <ul><li>岸田 健一郎 </li></ul><ul><li>永和システムマネジメント所属 </li></ul><ul><li>オブジェクト倶楽部、担当デザイナー、メルマガライター </li></ul><ul><li>自称デザエンジニア Des ign + E ngi neer = Desingineer </li></ul><ul><li>Web 系開発を得意とし、 PHP/JavaScript/ActionScript/HTML/CSS などフロント系技術に精通 </li></ul>
  3. 3. マイコミから絶賛発売中。 よろしくお願いします。 <ul><li>Web2.0 サイトを作るために必要な技術 </li></ul><ul><li>HTML </li></ul><ul><li>CSS </li></ul><ul><li>Web サーバ </li></ul><ul><li>データベース </li></ul><ul><li>Ajax </li></ul><ul><li>Perl </li></ul><ul><li>PHP&CakePHP </li></ul><ul><li>Ruby&Ruby on Rails </li></ul><ul><li>Python&TurboGears </li></ul><ul><li>を学べる1冊です。 </li></ul>
  4. 4. PHP / CakePHP <ul><li>CakePHP が今熱い! </li></ul><ul><ul><li>R on R に影響を受けて誕生したフレームワーク </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会の申し込みが30分で満席 </li></ul></ul><ul><ul><li>2/20 に2回目が実施 </li></ul></ul><ul><ul><li>書籍も続々発売 </li></ul></ul>
  5. 5. <ul><li>2007 年 11 月 15 日 ( 木 ) ~ 16 日 ( 金 ) </li></ul><ul><ul><li>渋谷セルリアンタワー B1F にて開催 </li></ul></ul><ul><li>2,988 名が来場 </li></ul><ul><ul><li>コンファレンスは 739 名 (ちなみに参加費は 98,000 円) </li></ul></ul>。
  6. 6. <ul><li>ビッグネームが来日 </li></ul><ul><ul><li>Tim O’Reilly </li></ul></ul><ul><ul><li>Evan Williams </li></ul></ul><ul><ul><li>Hakon Wium Lie </li></ul></ul><ul><ul><li>その他大勢 </li></ul></ul>
  7. 8. <ul><li>Folksonomy </li></ul><ul><li>Rich User Experiences </li></ul><ul><li>User as contributor </li></ul><ul><li>Long tail </li></ul><ul><li>Participation </li></ul><ul><li>Radical Trust </li></ul><ul><li>Radical Decentralization </li></ul>Folksonomy 階層分類 ( カテゴリ、ディレクトリ ) でなく、ユーザーが自由に分類 ( タグ ) <ul><li>Rich User Experiences </li></ul><ul><ul><li>AJAX,DHTML,Greasmonkey 等、ページ上で直感的操作 </li></ul></ul><ul><li>User as contributor </li></ul><ul><ul><li>ユーザー体験の蓄積をサービスに転化(レビュー) </li></ul></ul><ul><li>Long tail </li></ul><ul><ul><li>ユーザーセルフサービスの提供でロングテールを取り込む </li></ul></ul><ul><li>Participation </li></ul><ul><ul><li>ユーザー参加型開発、ユーザー生成コンテンツ </li></ul></ul><ul><li>Radical Trust </li></ul><ul><ul><li>知のオープンソース( Wikipedia) </li></ul></ul><ul><li>Radical Decentralization </li></ul><ul><ul><li>進歩的分散志向 (BitTrrent) </li></ul></ul>
  8. 9. Web2.0 ってどう? 難しい 複雑 広範囲 バズワード 怪しい ヒルズ族 Docomo2.0 見たことある いいイメージが少ない
  9. 10. 2007 年 11 月 14 日 <ul><li>Web2.0Expo のために来日した Tim O’reilly 氏 と 2ch の ひろゆき氏が CNET の Venture BEAT Project にゲスト出演。 </li></ul><ul><li>そこで Web2.0 について対談しちゃいました。 </li></ul>
  10. 11. 2ch で有名な「ひろゆき」氏 僕は O'Reilly の本を読んだことがないけど、 Web 2.0 ってどう?みたいな話はよくネット上に流れてた。 で、僕も完全にバズワードだろうと考えていたから、それバズワードじゃないですか?って聞いてみたかったんです。
  11. 12. Web 2.0 について書いたのは 2005 年。でも概念について考え始めたのは 10 年前くらいから。 Web 2.0 って言葉の前に「 Open Source Paradigm Shift 」っていう論文があったんだ。 「 Web2.0… 」ばからしい名前だよ。ウェブの新しいバージョンだと思っている人が多いし、そういう意味で使ったんじゃないのに。 みんな、ドットコムバブルの後、ウェブが終わったと思っていた。でもウェブは戻ってきた。「 Return of the Web 」なんだ。
  12. 13. 続きは Web で・・・ http://japan.cnet.com/interview/media/story/0,2000055959,20361105,00.htm
  13. 14. 2.0 で何が変わったのか? Web1.0 をふりかえってみると・・ <ul><li>広告といえば DoubleClick </li></ul><ul><li>PhotoHighway などの写真共有 </li></ul><ul><li>mp3.com による音楽配信 </li></ul><ul><li>BBS などでのコミュニケーション </li></ul><ul><li>検索エンジンへの URL 投稿 (SEO 対策 ) </li></ul><ul><li>コンテンツの公開 (HTML 編集 ) </li></ul><ul><li>カテゴリなどの分類 </li></ul><ul><li>相互リンク </li></ul>Web2.0 と同じじゃね??
  14. 15. いつから Web2.0 なのか? <ul><li>2005 年 5 月、 YouTube ベータ開始 </li></ul><ul><li>2005 年 2 月、 Google Map 開始 </li></ul><ul><li>2004 年 10 月、第一回 Web2.0 カンファレンス </li></ul><ul><li>2004 年 7 月、 Ruby on Rails の誕生 </li></ul><ul><li>2004 年 6 月、 Flickr が写真共有を開始 </li></ul><ul><li>2003 年 2 月、 Google が Blogger を買収 </li></ul>
  15. 16. 2004 年の重大ニュース <ul><li>ブログがブームに。各社続々とサービス開始 </li></ul><ul><li>レコード会社各社、 CCCD 廃止の方向に </li></ul><ul><li>Web ブラウザ「 FireFox 」が公開 </li></ul><ul><li>Windows XP SP2 リリース </li></ul><ul><li>ソーシャルネットワークサービスが 20 代ユーザーを中心に広まる </li></ul><ul><li>最大容量ギガ単位の Web メールサービス開始 </li></ul><ul><li>「 MSN ミュージック」「 MSN サーチ」開始 </li></ul><ul><li>Linux サーバシェア爆発的成長 </li></ul>
  16. 17. Web2.0 までの対立構図 <ul><li>プラットフォームとしてのウェブ </li></ul><ul><ul><li>Netscape : Microsoft IE </li></ul></ul><ul><ul><li>Netscape : Google </li></ul></ul><ul><ul><li>Apache : Microsoft IIS </li></ul></ul><ul><ul><li>Flash(Flex) : Ajax </li></ul></ul><ul><li>アプリケーション、インターネットはプラットフォームの支配的、画一的なアプローチで成長してきたが、 Web2.0 時代は切り札にならない </li></ul>
  17. 18. コミュニケーションの変遷 <ul><li>1対1の対話 </li></ul><ul><li>電話 </li></ul><ul><li>ショートメッセージ </li></ul><ul><li>電子メール </li></ul><ul><li>IRC </li></ul><ul><li>メッセンジャー </li></ul><ul><li>twitter </li></ul>人はコミュニケーションをしたいもの
  18. 19. Web2.0 時代コミュニケーション <ul><li>口コミ </li></ul><ul><li>Trackback </li></ul><ul><li>SNS </li></ul><ul><li>Blog </li></ul><ul><li>Twitter </li></ul><ul><li>RSS </li></ul><ul><li>マッシュアップ </li></ul>キッカケは検索することから SEO 対策が採られた Blog や Google 巨大データベースによって 知りたい情報を簡単に得て コミュニケーションを取る事が可能に
  19. 20. Web2.0 用語 XHTML CSS2.0 HTML5.0 Acid2 JSONP REST 次世代フレームワーク スクリプト言語 タギング オープンソース
  20. 21. オープンソースが開いた Web2.0 への道 <ul><li>サーバ: IA 機器 </li></ul><ul><li>Web サーバ: Apache </li></ul><ul><li>言語: Perl,PHP,Ruby,Python... </li></ul><ul><li>DB : MySQL,PostgreSQL </li></ul><ul><li>負荷分散: mod_proxy_balancer </li></ul><ul><li>クラスタ: LVS(Linux Virtual Server) </li></ul><ul><li>キャッシュ: squid </li></ul>サーバ以外、全部タダ (言い方悪いですが) 。 つまりノウハウさえあれば、速く、安く、安心・安全に Web サービスを始めることができるようになった。
  21. 22. クライアント環境の変化 <ul><li>多くのブラウザがクロスプラットフォームに対応 </li></ul><ul><li>MacBook Air に見られる光学ドライブの廃止 </li></ul><ul><li>オフライン Ajax 技術の進歩 </li></ul><ul><li>MS の Yahoo! 買収の動き </li></ul><ul><li>無線 LAN 網の拡大 </li></ul>ネットワーク上の(無料)大規模データベースに、データを置くことで、いつでも、どこでも、自分の環境を利用することができる。 ⇒ クラウドコンピューティングへ
  22. 23. ここで次世代 Web デモを
  23. 24. Web2.0 時代の課題 <ul><li>動的コンテンツがページ上で躍動するため、デザイナーとプログラマーの仕事の境目をどこに設定するか難しい </li></ul><ul><li>データを何でやり取りするか、 XML 、 HTML 、 XSLT ( Amazon などは指定して HTML を返せる) </li></ul>結果、デザイナーとプログラマの仕事の境界が見えなくなってきた そこで・・・・ デザエンジニア ( Des ign + E ngi neer = Desingineer)
  24. 25. 日本発 Web2.0 サービスを・・ Google Map スゲー!
  25. 26. 日本発 Web2.0 サービスを・・ iPhone カッコいい!
  26. 27. 日本発サービスを・・ でも、、これって王道 ウィ~ 楽しいか? 負けてる感じがする そんなの関係ねぇ!?
  27. 28. 正しい茶の入れ方 <ul><li>欧米文化の象徴 </li></ul><ul><ul><li>新しい茶葉を使う </li></ul></ul><ul><ul><li>ティーポットとティーカップを温める </li></ul></ul><ul><ul><li>茶葉をスプーンで量る </li></ul></ul><ul><ul><li>汲みたての、沸かしたての湯を使う </li></ul></ul><ul><ul><li>しっかり蒸らす </li></ul></ul>これって王道ですよね
  28. 29. 日本では茶道ですが・・ <ul><li>人をもてなす際に現れる心の美しさ </li></ul><ul><ul><li>茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する </li></ul></ul><ul><ul><li>美しい石灯籠を「完璧すぎる」 とわざと打ち欠く </li></ul></ul><ul><ul><li>割れて接いだ茶碗を珍重する </li></ul></ul><ul><ul><li>庭に宇宙を感じる </li></ul></ul><ul><ul><li>茶器を回す </li></ul></ul><ul><ul><li>etc ・・・・ </li></ul></ul>これってお茶の味の本質 ( 王道 ) とは関係ないんでは?!
  29. 30. 元来、コンピューターとは、 Compute r -> 計算機(計算する人) 正しい計算結果を返す という 機能を提供する 王道な使われ方
  30. 31. 日本では、 計算機といえば電卓 コンピュータ 、 は 仕事をしてくれる ロボットのイメージ
  31. 32. お伺い商売 おもてなし The 受託開発
  32. 33. 日本発サービスを・・ <ul><li>ケータイ・サービスは世界一 </li></ul><ul><ul><li>お財布ケータイ </li></ul></ul><ul><ul><li>ケータイナビ </li></ul></ul><ul><ul><li>ケータイ小説 </li></ul></ul><ul><ul><li>etc ・・・ </li></ul></ul>
  33. 34. <ul><li>データを持っていること </li></ul><ul><ul><li>データを蓄積し、情報の見え方、配信方法が 多様化することで新しい価値が生まれる </li></ul></ul><ul><ul><li>データがなければ共有もできない </li></ul></ul><ul><li>アイデアをまず形にすること </li></ul><ul><ul><li>使い方を考えるのはユーザであり、価値を高める のもユーザーである </li></ul></ul><ul><ul><li>オープンソースソフトウェアを使うことで、少ない コストで始めることも可能 </li></ul></ul><ul><li>コミュニケーションを形にすること </li></ul><ul><ul><li>現代は皆、情報を発信する側になりたがっている </li></ul></ul>Web2.0 を始めるには <ul><li>アイデアをまず形にすること </li></ul><ul><ul><li>使い方を考えるのはユーザであり、価値を高めるのもユーザーである </li></ul></ul><ul><ul><li>オープンソースソフトウェアを使うことで、少ないコストで始めることも可能 </li></ul></ul><ul><li>データを持っていること </li></ul><ul><ul><li>データを蓄積し、情報の見え方、配信方法が多様化することで新しい価値が生まれる </li></ul></ul><ul><ul><li>データがなければ共有もできない </li></ul></ul><ul><li>コミュニケーションを形にすること </li></ul><ul><ul><li>現代は皆、情報を発信する側になりたがっている </li></ul></ul>
  34. 35. ご清聴ありがとうございました。 続いて、第2部へ ー>

×