D鹿害チーム

1,098 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,098
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

D鹿害チーム

  1. 1. シカとヒトの共生
  2. 2. 害獣・害鳥対策 <ul><ul><li>鹿・イノシシ・猿・熊 </li></ul></ul><ul><ul><li>カラス・ひよどり </li></ul></ul><ul><ul><li>アライグマ・ハクビシン </li></ul></ul>
  3. 3. 大分県鳥獣被害額 年間 3 〜 4 億円 シカ イノシシ サル
  4. 4. なぜシカ対策なのか <ul><ul><li>実際に困っている方がいる </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「退職したらミカン農業を始めるが、 シカに困っている(宇都宮さん)」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>「杉の苗を食べられ被害甚大 (穴井さん・小国町林業組合)」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>被害額が大きい </li></ul></ul><ul><ul><li>樹木被害が甚大 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>樹木を絶滅させる </li></ul></ul></ul>
  5. 6. 全国で問題に
  6. 7. シカ対策の問題 <ul><ul><li>単純な対策では効かない </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>シカは動作が機敏 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>シカは賢い ためすぐに学習・回避してしまう </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>繁殖力が高い </li></ul></ul><ul><ul><li>高齢者での応対 が難しい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>猟師も高齢化・減少している </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>電気柵は人に対しても 危険 </li></ul></ul><ul><ul><li>コスト も大きい </li></ul></ul><ul><ul><li>正確な被害状況など 不明な点 が多い </li></ul></ul>
  7. 8. これらの問題について チームで議論 <ul><ul><li>単純な対策では効かない </li></ul></ul><ul><ul><li>繁殖力が高い </li></ul></ul><ul><ul><li>高齢者での応対 が難しい </li></ul></ul><ul><ul><li>電気柵は人に対しても 危険 </li></ul></ul><ul><ul><li>コスト も大きい </li></ul></ul><ul><ul><li>不明な点 が多い </li></ul></ul>
  8. 9. 解決案 <ul><ul><li>猟師を支援 </li></ul></ul><ul><ul><li>シカに関する知識の共有と蓄積 </li></ul></ul>地元住民や農家が主体になって 問題に関われるような仕組みを作る
  9. 10. シカ Seeker <ul><ul><li>猟犬 GPS で得られた情報の共有 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>効果的に猟をできるようにする </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>シカの目撃情報を Web 上で リアルタイムに通知・共有 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>正確な目撃場所 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>シカや痕跡の写真 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>時間 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>発見者 </li></ul></ul></ul>http://sika-map.appspot.com/
  10. 11. デモタイム!
  11. 12. 猟犬 GPS 情報の通知と共有 <ul><ul><li>猟犬に GPS 付き端末 (スマートフォン)を取り付け </li></ul></ul><ul><ul><li>シカを追いかけた(高速移動した)ら 時間と場所をサーバに送信・記録 </li></ul></ul><ul><ul><li>猟師にメールで通知 </li></ul></ul><ul><ul><li>Web 上の地図 で場所や時間を表示 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>スマートフォンで閲覧可能 </li></ul></ul></ul>
  12. 14. シカ目撃写真共有 <ul><ul><li>スマートフォンでシカの写真を撮影してサーバにアップロード </li></ul></ul><ul><ul><li>位置情報と共に記録・通知 </li></ul></ul><ul><ul><li>Web 上の地図で写真の閲覧 </li></ul></ul>
  13. 16. 実装 <ul><ul><li>データ記録・送信端末 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>スマートフォン(今回は Blackberry ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>GPS で位置情報の取得・送信 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>移動速度の計測 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>写真の撮影とアップロード </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>データベース・閲覧サーバ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Google App Engine </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>緯度経度・写真・時間の記録 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Google Map 上で位置と写真をリアルタイム表示 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Web へのリンクを付加したメールを配信 </li></ul></ul></ul>
  14. 17. 特徴 <ul><ul><li>シンプルで分かりやすい </li></ul></ul><ul><ul><li>リアルタイム </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>メール </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Ajax </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>低コスト </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>手持ちの携帯電話だけで使える </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>サーバ( Google App Engine )はほぼ無料 </li></ul></ul></ul>
  15. 18. 応用 <ul><ul><li>シカ以外の動物への適用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>イノシシ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>鳥 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>自動化 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>定点カメラ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>オリや柵、畑の監視 </li></ul></ul></ul>
  16. 19. 課題 <ul><ul><li>検証:実際に効果があるのか? </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>電波が入らないのでは? </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>GPS の精度は十分か? </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>誰でも使えるか? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>より多くのプラットフォームで 使えるようにする </li></ul></ul><ul><ul><li>より直接的な駆除・防御手段 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>カメラでシカを認識 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>シカの苦手な音や光 </li></ul></ul></ul>
  17. 20. シカとヒトの共生 <ul><ul><li>「殺す」と「殺さない」の間を探る </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>どちらか極端になってしまってはダメ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>常にバランスをとり続ける </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>そこに住む人が積極的に関わる </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>他人・役所まかせにしない </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>多くの人が問題と解決に関われるような 仕組みを作る </li></ul></ul></ul>

×