Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Research and Development Review of Ken Washikita, 2019/02

5,638 views

Published on

わしきたのこれまでの研究開発と振り返り
さくらインターネット研究所定例資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Research and Development Review of Ken Washikita, 2019/02

  1. 1. わしきたのこれまでの研究 開発と振り返り(2019年2月版) さくらインターネット研究所 定例 2019/2/20 2019/2/20 (C) Copyright 1996-2019 SAKURA Internet Inc さくらインターネット研究所 所長 鷲北 賢さくらインターネット株式会社
  2. 2. アジェンダ 1. あらためて自己紹介 2. 大学時代の研究紹介 3. 企業での開発実績と振り返り 4. 研究所の意義とまとめ 2
  3. 3. 自己紹介 3
  4. 4. 前インターネット史的自己紹介(1982~1988年) 13歳 家電屋の店頭でPC-6001を見てプログラマになることを決心 14歳 誕生日プレゼントにPC-8001をねだって入手 N-BASIC、Z-80マシン語を始める 15歳 ざべとかASCIIを読みながらゲームを打ち込む TL-1とかGAMEとかMAIのようなコンパイラに馴染む 16歳 高校の先輩を師匠にプログラミングを習う Northというハンドルを使い始める 当時の開発はこんな感じ https://knowledge.sakura.ad.jp/1887/ 18歳 CP/MでWhiteSmith Cに触れ、初めてHello Worldを書く Turbo Pascalもこの頃 友人のPC-8801でマンデルブロ集合描画に挑戦し始める 19歳 パソコン通信したい一心で東京の大学を受験 4
  5. 5. 参考:マンデルブロ集合 • 詳細はWikipedia見てね • 高校生の頃は一晩かけても、基本画像の取得もままならず ─ 部屋にエアコンがなくて熱暴走したり • PC-9801を入手してようやくマトモに描画できるように ─ でも拡大し始めるとどんどん時間がかかるように ─ 1枚描画するのに10時間かかるようになった • 大学でACOS4を使ってガリガリやりだす ─ 夏休み、計算機センターに来る学生は自分一人 ─ PC-9801で10時間の画像が20秒で計算できた ─ しかし通信機能がタコで、ダウンロードに20分かかる ─ エアコンが寒くて真夏なのにコートを着てプログラミング ─ そんなACOS4でも1時間ぐらいかかる拡大をやり始めた • ちなみに; ─ 現代のIntel CPUだと100倍から1000倍速い 5
  6. 6. 大学時代の 研究紹介 6
  7. 7. 大学時代の人物像 • 不良学生でしたw ─ 授業で先生とぶつかってばかり ─ テストも赤点ばかりで一年留年 • プログラミングの最先端を勉強したいのに ─ クラシックな基本の学問ばかりで退屈してた ➢ Internet/Ethernetもやれてない ─ 電子工学や通信には全然興味が沸かなかった ➢ 文字通り落第 ─ 一方でコンパイラや論理学はがんばった ➢ でもテストはギリギリ ─ 総合成績123人中100番目 • 自宅に引き篭もってMS-DOSでコードを書く日々 ─ パソコン通信だけが頼り(後述) 7
  8. 8. プログラミングは学外に求めていた • アスキー出版 ─ 師匠が「月刊誌は締切が大変だから書籍にしな」というので書籍編集部へ 1. Turbo C プログラミング入門,鷲北 賢,阿部 正浩,1989 2. VZを256倍使うための本,志村 拓,可部 正三,鷲北 賢,1990 3. MIFES ver.5を256倍使うための本,志村 拓,可部 正三,鷲北 賢,1991 4. AWKを256倍使うための本,志村 拓,鷲北 賢,西村 克信,1993 5. AT互換機を256倍使うための本,志村 拓,波木 由起男,榊 隆,1994 ─ このほか協力で4冊ぐらい(サンプルプログラム提供、ライブラリリスト作成など) ─ 技術評論社でも協力あり ─ 月刊ASCIIで落ちた原稿の穴埋めしたことも • 当時の出版・書籍のポジション ─ 1980年代はエンジニアにとって出版がメディアの最高峰 ─ Webがないので最新情報は雑誌や書籍から得ていた ─ 学生のうちから著述業で年700万円(当時の初任給の2倍)稼いでいる知人もいた ─ フリーランスのライターともなればかなり稼いでいたはず 8
  9. 9. オンラインコミュニティ • パソコン通信(ASCII-NET) ─ まだインターネットはなく、ホストコンピュータに電話で繋ぐ時代 ─ 「フリーソフト」と呼ばれるオープンソフトの走りのようなものを書いていた ─ 主な題材は「MS-DOS環境をUnix化」 ─ 基本のcp/mvから、shライクなワイルドカードが使えるフロントエンドとか、 dump/restoreっぽいバックアップアプリなどを書いた ─ そのほかチャットで遊べる大富豪とか • THcomp ─ 詳細はWikipedia見てね ─ http://thcomp.org/~pen/pfyp/thcomp/thc00.html ─ https://www.srs.ne.jp/~north/text/misc/e40.html • NetHack ─ PC-9801用カラーコードのパッチでクレジットされている ─ https://www.nethack.org/v361/Guidebook.html 9
  10. 10. 27年前の学士時代の研究 1. 西野博二, 鷲北 賢, 石井直子,派生文法による日本語構文解析, 情報 処理学会 自然言語処理(NL) 研究報告,1992 2. 鷲北 賢,結合価文法による日本語構文解析,卒業研究発表会,1993 • 1は留年した年に「ヒマなら論文書いたら?」と誘ってもらった成果 • 2の結合価については後述 • 日本語文法なんぞにまったく興味なかったのに、与えられたテーマに つい熱くなるクセでのめりこみ、結局卒論も同じエンジンの改善を続 けた • 解析エンジンは先代がLISPで書いたものを引き継ぎ ─ viのlispモードを使ってコーディング(Emacsは嫌い) 10
  11. 11. 参考:就活 • バブル崩壊直後で、募集人数が前年の半数になった • でも最初から就職に興味がなかった ─ 学外では執筆で身を立てている人も多かった ─ フリーランスのプログラマも多かった ─ 友人と起業するという話もあった(留年してフイに) ─ 知人が「うちの会社こない?」と誘ってくれていた • 西野先生に「そういうわけで」と言ったら怒られた ─ 「推薦状を書いてやるからちゃんと就職しなさい」 ─ その場で、Unixを仕事にできそうな企業を考えるハメに ─ NeXTを売っているという理由でキヤノンにした ─ (Apple嫌いなくせに) 11
  12. 12. 企業での開発実績と 振り返り 12
  13. 13. 参考:キヤノワード • まさか就職できるとは!? ─ 推薦した大学に驚かれた ➢ が、理由はちゃんとあった ─ 同期のソフトウェア・エンジニアはほぼ全員プリンタ部隊へ配属 ─ 一人だけワープロ専用機部門へ行くことに • キヤノワード開発部門の、かな漢字変換担当部署 ─ 当時はまだMS-IMEによる寡占は完成していなかった ─ 「やーいATOK」とか「ふつーVJE」とか ─ そんな中、辞書のメンテナンスを担当することに ─ 要するに学生時代の論文に目を付けられていた 13
  14. 14. 各社IMEの変換率測定 • さまざまなかな漢字エンジンにかな文例を流し込み、正 解変換/誤変換を数え上げ、変換率を測定する • 自分のところへ「変換結果」が届くので、これを文節に 区切り計測するプログラムを作成 • Mecabとか存在しない時代 ─ 構文解析せず、正解文と字句種別を頼りに分かち書きするプ ログラムを自作 • 分かち書きや集計プログラムをコード化・バッチ化して、 ターンアラウンドタイムを10分に短縮 • このときスクリプティングをAWKからPerlに切り替えた 14
  15. 15. 動詞への結合価の付与 • 名詞(+助詞)と動詞には、意味的な関係がある ─ 名詞の「意味パターン」と動詞には結合できるものとできないも のがある • この結合価を辞書化し、変換時に参照する ─ 同音異義語から候補を絞る際に、意味を考慮してよりよい候補を 選択する • 業務 ─ 動詞のリストアップ、意味パターンの抽出 ─ 辞書アップデートに伴う変換率変化の測定 15 結合価 [人物]+が [物質]+を 投げる 正 医師が 石を 投げる 誤 石が 医師を 投げる 石(いし) 物質 医師(いし) 人物
  16. 16. 参考:大企業さらりまんとしてのプログラマ • 大企業の内幕というのはドラマやマンガ通りなんだなと 実感した ─ シャツの裾をズボンから出す・出さないで総務とプログラマ が喧嘩したり ─ 固定資産の棚卸しでNICにアルミプレートを貼りまわったり ─ いろんな人間模様を垣間見たり • 最低5年間は勤めようと思っていた ─ インターネットの時代が来た ─ オンラインゲームとインターネット・チャットで知り合った 友人に「仕事せえへんか」と誘われた ─ 昇進試験に合格した直後に転職 16
  17. 17. さくらインターネット黎明期 • エス・アール・エス;ハウジングとVD事業の会社 ─ 笹田さん(先代社長)が一人で構築した環境を引き継ぎ ─ ここまでの経緯の通りネットワーク・エンジニアとしての基礎訓練なし • 運用をしつつシステムを整理・改善 ─ サーバ設定の全面見直し ─ ネットワーク設定の全面見直しとトラフィック・エンジニアリング ─ NSの作り直し ─ newsサーバ構築 • 1年後にインフォレストの田中さん(現社長)と合流 ─ ホスティング(さくらWeb)の会社 ─ データセンターとコンテンツが合体すれば最強やん? ─ ということで協業・合併へ • さくらインターネット株式会社設立 17
  18. 18. さくらインターネット拡大期 • データセンター構築 ─ 初期はキャリアからの借り受け ─ 次に一般ビル内にラックルームを作り構築 ─ 続いて「IDC対応ビル」へ ─ そして石狩データセンターに (これには直接関わっていません) • VDサービス開発 ─ さくらインターネット設立後、インフォレストにサービスを寄せた ─ 自分で作ったサービスは解消・移管 • 開発受託案件 ─ 今はやらないようなWebサイト開発受託を担当したり • 個別の顧客対応 ─ パブリックサービスの多いさくらにおいて、ワイルドカードとして対応 ─ mixiのデータセンター移管担当とか 18
  19. 19. 最近の出来事 • オンラインゲームプロジェクト [2006-2009] ─ 海外製品を買付けてホスティングする形式 ─ 要件はすべて指定されていた(ので面白みはあまりない) ─ 安定運用が一番のミッション ─ 技術的には面白かったが売上は面白くなかった • さくらのクラウド開発プロジェクト [2011-2018] ─ 開発部がVPSで忙殺されていたため代理で担当 ─ オンラインゲームで培った「本流とは違う開発体制」を敷いた ➢ まずリリース、その後考える。モットーは「Demo or Die」 ➢ 独自の課金システム、独自の運用チーム ─ 結果はご覧の通り • 基本的にプレイングマネージャーばっかし ─ 古い縁で本を一冊書いた 6. 新米サーバ/インフラ担当者のための 仮想サーバ/クラウド技術の常識,鷲北 賢,2015 19
  20. 20. 研究所の意義 20
  21. 21. さくらインターネット研究所 • さくらインターネット研究所とは ─ インターネット技術に関する研究を行う ─ 成果の発信と利用を通じて、社会と会社に寄与す る • モットー 面白いと思うテーマに どしどし取り組んでいく 21
  22. 22. これまで学んできたこと • 何事も選択と失敗の連続である • 今うまく行っているのは運がいいだけ • 未来は見通せない • 楽観的悲観論者 22
  23. 23. 研究所の役割 - 選択肢を増やす • 中・長期のビジョンに立ち、3年~5年後に役 立ちそうなことを考える • 色々なアイディアを出しておき、本当に必要な 時にパッと出せるようにしておく 23 選 択 ・ 多 様 性
  24. 24. 研究所の役割 - 選択肢を増やす • 中・長期のビジョンに立ち、3年~5年後に役 立ちそうなことを考える • 色々なアイディアを出しておき、本当に必要な 時にパッと出せるようにしておく 24 流行・成功を正確に 予想する必要はない 斥候として先回りする のが研究所の任務
  25. 25. 所長の仕事 • みなさんの「やりたい」にYESと答えること ─ 「さくららしさ」さえあれば何でもOK ─ そのために必要な庶務が仕事です ─ 合間に研究できたらハッピーかな? • でも「さくららしさ」ってナニ? ─ フワっとしている ─ 定義したら死んでしまう ─ なので自分で体感し、体現してもらうしかない ─ 話し合って輪郭を作っていく感じ? 25
  26. 26. さくら らしさ さくららしさを形作る • さくららしさに入っていればOK • 入っていないように見えてもOK • もしかしたら「らしさ」がそっちに移動するかも? 26
  27. 27. まとめ 27
  28. 28. 面白いと思うテーマに どしどし取り組んでいく 28
  29. 29. 参考:最近の関心事 • 仮想サーバ ─ 多数の安いサーバを寄せ集めて一つのOS環境を構築 する的なモノ。ハイパワーマシンを分割する発想は あまり好きでなく、分散して使うならこういう発想 の方が好き ─ ただ超個体データセンターの発想のほうが規模が大 きくて未来的なので、そっちの実装の方を眺めるか、 具体的に手伝えそうな部分があったら手を動かして みるのが面白そうな気がする ─ みんなが見ていない部分があったらそこをやる • 横田さんと一緒にvTuberにならせていただく ─ さくらの動画配信系のコンテンツが弱いように思え るので、面白さも加味してvTuberを目指してみる ─ 技術的にはカメラで撮るバストショットから3Dキャ ラを連動させるまで ─ イメージのお手本はMax Headroom ─ ゲストを気軽に呼びたいので、キットも気軽に使え るように作りたい ─ 実は類似のものはすでにあるので新鮮味は薄い • ARCADE1UP IoT化 ─ 菊池さんとのジョイントプロジェクト ─ ゲーム機を受付に置くために、電源制御と状態監視 とパニックボタンを搭載し、リモート監視/制御で きるようにする ─ その後総務と交渉する予定 • 監視プロジェクト ─ 引き継いで、手を引く予定 • プロダクトはやらんの? ─ やらへんでー • 本は書かんの? ─ 儲からへんでー ─ blogのほうがよい(儲からなくても) 29

×