Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

デジタル主題図の作りかた

2,375 views

Published on

ペイントとGoogle Earthを使って、デジタル主題図を作成しましょう。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

デジタル主題図の作りかた

  1. 1. デジタル主題図の 作りかた・見せかた NPO法人伊能社中 事務局長 井出健人 1
  2. 2. 自己紹介 井出 健人 NPO法人伊能社中 事務局長 京都大学大学院文学研究科修士2年 趣味は琵琶湖周辺の典型地形をめぐること 最近のお気に入りは百瀬川扇状地 NHK「高校講座地理」ぜひご覧ください 2
  3. 3. 本講習の流れ 1.はじめに(5分) 2.地図をダウンロードする(10分) 2.白地図を編集する(10分) 3.応用(5分) 4.作業・質疑の時間(15分) 3
  4. 4. 1.はじめに デジタル主題図の作りかた・見せかた 4
  5. 5. 人口 産業 気候 文化 経済 地誌学習におけるICT活用 地誌的に考察する方法論を 身につけさせる 出来合いの教材では思うような 授業展開が出来ない… 自分で作るのも難しそう… 5 空間的・地理的思考
  6. 6. ICT活用の位置づけ 6 学習指導案作成例として 「西アジアと中央アジア」をお配りしています。 今回はこの授業展開のうち「主題図を作成する」部分と 「主題図を重ね合わせる」部分にICT技術を活用する方法 を提案します。
  7. 7. 実際にご覧ください 7 ペイントとGoogle Earthで作成した 「西アジアと中央アジアの地誌」です。 西アジアと中央アジアの ・類似点と相違点 ・宗教は?産業は?気候は? ・それぞれの地理的事象の関連性は? →こうした事項について 主題図の作成・グループワークでの考察の中で気づかせる
  8. 8. 用いるソフトウェア ①ペイント ・Windowsに標準でインストールされている ・機能は制限されるがシンプルで使いやすい ・白地図を編集して教材づくりにも利用 8
  9. 9. 用いるソフトウェア ②Google Earth 9 「さまざまな地図の表示」の例 「画像ファイルを地球儀上に貼り付けて表示」させる機能 (イメージオーバーレイ機能) Google社が提供しているデジタル地球儀ソフトウェア さまざまな地図の表示に対応し、 デジタル地図ブラウザとしての一面も持つ
  10. 10. 主題図を作成する 主題図を重ね合わせる+ デジタルならではの高機能を、 できる限り使いやすく享受できるような教材 10
  11. 11. Google Earthの「イメージオーバーレイ」機能を用いて、 ペイントで編集した主題図を Google Earth上に貼付け、重ねあわせる という作業を行います。 11
  12. 12. 2.主題図をダウンロードする デジタル主題図の作りかた・見せかた 12
  13. 13. 教材共有サイト「Opentextmap」 学校教育で用いる「電子地図教材」を集約しているサイト。 「www.opentextmap.org」でアクセスできます。 「Opentextmap」を検索しても出てきます。 13
  14. 14. 教材をダウンロードしましょう ① ここでは「中央アジアの主題 図」のページを開きます。 ② ページ右下の「DOWNLOAD」 ボタンをクリックしてくださ い。 ③ ダウンロードされたファイ ルをダブルクリックすると、 Google Earthが起動します。 14
  15. 15. 電子地図教材をGoogle Earthで読み込む Google Earthに対応したファイルは、このようなアイコンで表示 されます。 拡張子は「KML」もしくは「KMZ」。 15
  16. 16. Google Earthの画面説明 16 現在Google Earth が読み込んでいる KMLファイルです。 国境線、道路、建物の3Dポリゴンなど、 Googleが提供している様々な地図データです。 重くなるので、不要なものはチェックを外し ておくことをお勧めします。。 マウスで操 作する場合 に用います。 今の視点の緯 度・経度・標高 です。 見たい地点を検索 できます。 新しい「要素」を追加したり、表現 を変更するツールバーです。
  17. 17. 複数の地図を比較するには 左側の「場所パネル」で 表示を切り替えます。 方法①: 場所パネルで表示したい地図のチェックを入れる 方法②: 表示を切り替えたい地図の「イメージオーバーレ イ」のデータを右クリック→「プロパティ」 → 「透過度」のスライドをドラッグ これが 「イメージオーバーレイ」 17
  18. 18. 3.白地図を編集する デジタル主題図の作りかた・見せかた 18
  19. 19. はじめに注意 Google Earthは、元々米国のソフトウェアなので、時々日本語で は動作が上手く行かないことがあります。 ファイル名はアルファベットもしくは数字で アルファベット、数字は半角で入力することを心がけましょう 19
  20. 20. 編集用の画像を取り出す ①OpenTextMapで「白地図:西アジア」をダウンロードする ②ダウンロードした「西アジア.kmz」を右クリック →「名前の変更」でファイル名を「西アジア.zip」にする →警告「拡張子を変更すると~」はOKを選択 ③「西アジア.zip」を右クリック→「すべて展開」 ④解凍したフォルダを開き、「file」フォルダに 「west_asia.png」という画像ファイルが 入っていることを確認 ※拡張子が表示されない時は「ALT」キーを押して「ツール」→ 「フォルダオプション」→「表示」タブ→「登録されている拡張子は 表示しない」のチェックを外す 20
  21. 21. 【解説】KMLファイルとKMZファイル • KMLファイル(Keyhole Markup Language)は、Google Earth上 に表示される地図のデータ形式 単純に言えば「どこに(位置情報)になにを表示するか」のデータ 表示する中身は別の場所から引用する必要がある • KMZファイルはKMLファイルが表示する中身まで含んだ形式 • 「ZIPファイル」などのような「圧縮ファイル」 • ファイルの拡張子を「ZIP」に変更すれば解凍することができる →ファイルに含まれた画像データを閲覧することが出来る 今回の作業は ①KMZファイルをダウンロードする ②解凍してKMLファイルと画像ファイルに分解する ③画像ファイルを編集する 21
  22. 22. 画像を編集する ペイントを立ち上げて、「west_asia.png」を編集する ここではとりあえず一人あたりGDPにあわせて5階級の塗り分け図を作 成しましょう 塗り終えたら上書き保存 ※ファイル名はそのまま 22
  23. 23. とりあえず見てみましょう • 解凍したフォルダ中の「doc.kml」をダブルクリック →Google Earth上に表示されることを確認 成功! ×が表示される→なんらかの理由で画像が読み込めない ・ファイル名を変更していないか ・ファイルの場所を変更していないか 失敗… 23
  24. 24. しあげに 背景を透明にしよう さまざまなサービス・ソフトがありますが、今回はPCRICEとい うサイトのサービスを用います。 (http://pcrice.web.fc2.com/alpha/) 画面の表示の通りに画像を読み込ませ、透明にしたい場所(こ の場合は白色の箇所)をクリック。出来上がりを確認したら、 右クリック→「名前をつけて保存」 →もう一度Google Earthで読み込んでみましょう 24
  25. 25. 出来ましたか? 25
  26. 26. 4.応用(時間があれば…) デジタル主題図の作りかた・見せかた 26
  27. 27. たとえば… ①雨温図のグラフや凡例を作成し、画像として保存しておく ②Google Earth上で「目印の作成」を行う。 場所を決定し、画像を追加する。 ・図の凡例を表示したい ・雨温図を表示したい そんなときは… ↑「目印」を作成する 27
  28. 28. 目印の作成 表示させる名称、アイ コン、緯度経度 表示させる画像と 説明文 画像のURL: ここでは、先ほどの画像を開いて右クリック→「画像URLをコピー」 28
  29. 29. まとめ デジタル主題図の作り方 1. 白地図を「OpenTextMap」からダウンロードする 2. ダウンロードしたKMZファイルを、ZIPファイルに書き換えて 解凍する 3. 解凍したファイルのなかの画像データを編集する 4. 画像の背景を透明にする 5. 何枚か作成し、比較してみる 6. 余力があれば凡例や図を貼り付ける 29
  30. 30. ご清聴ありがとうございました。 「電子地図で教育を豊かに」 伊能社中は、電子地図を用いた教育の実践支援やシステムの開発を行うNPO法人です。 教材の作成や実践方法のご相談など、お待ちしております。 伊能社中ホームページ http://www.iknowshachu.org/ 30 作成:NPO法人伊能社中 免責事項 「Google Earth」はGoogle社の製品であり、Google Earthが提供する画像の著作権は同社に帰属します。 「ペイント」はMicrosoft社の製品であり、同ソフトウェアは当団体をサポートするものではありません。

×