Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明

21,545 views

Published on

Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明

Published in: Technology

Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明

  1. 1. Amazon RDS(Relational Database Service) の概要説明 アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社 エバンジェリスト / 技術推進部長 玉川 憲 (tamagawa@amazon.com) Ver0.9: 更新日: 2011年9月1日
  2. 2. Amazon RDSとは? AWSがクラウド上で提供するRDBMSサービス  Webコンソールから、サイズ変更可能なDBインスタンス を、ものの数分で起動できる  RDBMSの運用保守の手間を劇的に下げる  MySQL、Oracle DBが選択可能(9/1時点)
  3. 3. Amazon RDSの特徴 既に最適化され、設定と運用が容易 Webコンソールでも、APIでも操作できる RDSを用いると、下記の運用作業の手間を削減  RDBMSのインストール、設定、バックアップ  パッチ更新  レプリケーション、リードレプリカ作成と運用 作成後に、サーバースペック、ストレージ容量を変 更できる 時間単位の従量課金 と、既存ライセンス持込み (Oracle)をサポート
  4. 4. Amazon RDSをご利用されているお客様(一部)
  5. 5. Amazon RDS vs. RDMSを自分で管理数分で利用可能か?起動時に既に適切な設定がされているか?数クリック(もしくはAPIコール)でスケールが可能か?CPU/memoryなどのメトリクスの可視化自動バックアップバックアップやクローンのためのDBスナップショットの管理ハードウェアなど完全な環境の制御自動パッチ更新 (オプション)既存(MySQL, Oracle DB)製品との互換性同期レプリケーションと自動フェイルオーバー(MySQLのみ)
  6. 6. 数分で利用可能なデータベースWebコンソール、もしくはAPIから起動可能、数分で利用可能に必要な、スペック(インスタンス・タイプ)、データベース容量を選択できる後から任意のタイミングで、変更可能料金はスペック、DBタイプにあわせ従量課金
  7. 7. 起動時にパラメーターが設定済みインスタンス・タイプ(サーバーのスペック)にあわせて、適切なパラメーターが事前に設定されている追加で制御が必要な場合は、DB ParameterGroups経由で追加可能
  8. 8. スケールアップ機能インスタンス・タイプに関して、Webコンソール、APIからいつでもスケールアップ、スケールダウンが可能  CPUは1ECUから26ECUまで  メモリは1.7GBから68GBまで  ディスクは5GBから1TBまで大量書き込みなどスケールアウトでの対処が難しい場合にスケールアップで対処可能  増量できても削減できないので注意が必要
  9. 9. メトリクスを用いた監視CloudWatchを用いることで、主要な運用メトリクスを監視できる  追加費用は必要無  メトリクスには、CPU、メモリ、ストレージ利用料、I/O アクティビティ、DBインスタンス接続数など
  10. 10. 自動バックアップ&スナップショット自動バックアップ(ポイント・イン・タイム・リカバリ)  RDSに標準装備  保存期間は最大8日間 • それより以前はスナップショット機能で対応  5分前までの任意の期間に復元可能スナップショット機能  ユーザーの任意のタイミングで、スナップショット(バッ クアップ)を作成できる(S3に保存される)  スナップショットから、何時でもRDSを復元可能
  11. 11. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ RDSスナップシスナップショットョット
  12. 12. セキュリティ面の強化Database Security Groupのデフォルト設定は「すべて拒否」  必要なIPアドレスを許可する  任意のEC2セキュリティグループを許可するAWS Identity Access Management (IAM)  RDS DBインスタンスへのアクセスを制御DBコネクションの暗号化サポート(現時点でMySQLのみ)  SSL認証を提供
  13. 13. レプリケーションのサポート2種類のレプリケーションをサポート  マルチAZデプロイメント  リード・レプリカ
  14. 14. マルチAZデプロイメントとはワンクリックで、他のAZにマスタと同期するDBを作成し、耐障害性を高めるソリューション  高い技術力を持つDBAが設計しなければいけなかっ た部分をそのままサービス化同期レプリケーション+自動フェイルオーバフェイルオーバのタイミング  パッチ適用などのメンテナンス計画停止  インスタンスやハードウェア障害
  15. 15. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ マスター ホットスタ ンバイスナップシスナップショットョット マルチAZ デプロイメント
  16. 16. Amazon RDS リードレプリカ 特定DBインスタンスの読み込み用のコピー 想定ユースケース  リード(読み込み)のスケーリング  マルチAZの耐障害性の代替の機能ではない マルチAZとは異なり、MySQL本来の非同期レプリ ケーションをそのまま使う  課題も同じ マルチAZとリードレプリカの併用はもちろん可能
  17. 17. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ マスター ホットスタ リードレプリカ ンバイスナップシスナップショット レプリカ レプリカョット レプリカ レプリカ レプリカ
  18. 18. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ データ同期 マスター ホットスタ 自動フェイルオーバ ンバイ 非同期レプリケーションスナップシスナップショット レプリカ レプリカョット レプリカ レプリカ レプリカ
  19. 19. Amazon RDS on Oracle Database 11g 2011年Q2にサービス開始  Oracle Database 11g Release 2 Oracle Database SE1, SE, EE +オプションパック ライセンス持ち込み(BYOL) か 従量課金(時間単位)  従量課金はSE1のみ 初期はシングルインスタンスでレプリケーションなどは 今後機能追加していく予定 OracleVMのハードパーティショニングで稼働
  20. 20. Amazon RDSのOracleサポート ライセンス持ち込み(BYOL)  RDS部分についてはAWSプレミアムサポート (インフラ 部分含む)  AWSがパッチとアップグレードを管理  Oracleデータベースに関してはOracleサポートIDを使 ったOracle社のサポート 従量課金ライセンス  RDS部分およびOracleに関してもAWSプレミアムサポ ートでカバー
  21. 21. Oracle RDSの利点 即座にOracleが利用可能なので、ビジネスの投 入までの時間が劇的に改善する DBAの時間を煩雑なDBの管理から、より顧客の ビジネスそのものに注力できる Oracle EEをフィージビリティ検証などの初期段階 で従量課金で使うことが出来る。その後本番環境 ではBYOLに切り替えて使うことが出来る。
  22. 22. さいごにRDSはデータベースのクラウドサービスで、既存RDBMSの運用保守の手間を、劇的に下げる  管理性 - 自動バックアップ、スナップショット等  可用性 – マルチAZ  スケーラビリティ - リードレプリカ等BCPの観点でも、RDSを用いることで、マルチAZ、自動バックアップ、スナップショット、を容易に利用できる
  23. 23. Amazon RDSプライシング (2011年9月1日時点) MySQLの標準価格
  24. 24. Amazon RDSプライシング(2011年9月1日時点) MySQLのMultiAZ価格
  25. 25. Amazon RDSプライシング(2011年9月1日時点) AWSライセンス BYOL Oracleの標準価格 25
  26. 26. Acknowledgement 大谷晋平 (@shot6) ソリューションアーキテクト

×