Upstream and downstream in Requirement Development

4,177 views

Published on

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス(http://www.openthology.org)」2008年4月度定例会の発表資料です。
Open Community "Requirement Development Alliance" 2008 April regular meeting of the presentation materials.

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,177
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
67
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Upstream and downstream in Requirement Development

  1. 1. 上流の要求開発 下流の要求開発 ~上流といっても広すぎる要求開発の世界~ 株式会社 豆蔵 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  2. 2. プロジェクトにおける「要求開発」 ビジネス要求を開発する ビジネス要求からシステム要求を導く システム要求を元にシステムを開発する 検証評価 経営分析 要求開発 ビジョン、ミッションの システム開発 確立   準備    立案     デザイン    移行 問題点分析 ビジネスゴール設定 方向付け 推敲     構築      移行 Aシステム 方向付け 推敲     構築      移行 なんとなくモヤモヤとしていた領域 Bシステム 方向付け 推敲     構築      移行 狭義のプロジェクト Cシステム 広義のプロジェクト 2 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  3. 3. 要求開発は、一筋縄ではない • システム開発より手前を要求開発とくくった – 広さがわかっていなかった • 「要求開発はじめました」と掲げたとたん、色 々な球が飛んできた – 「冷やし中華」とか「エビスビール」とはだいぶ違う • 大きくは、2分類 – システム開発から遡った上流 • いきなり作らないで、2、3歩下がって上位目的や業務 との整合性確認 – 企業戦略から降りてくるIT戦略、システム化計画 • 経営計画などから大上段に(EAとか投資判断とか) • 個々のシステム開発は、この先に 3 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  4. 4. 下流要求開発の特徴 • システムの機能要件などが具体的に上がっている。 システムイメージがある • ほっておくと、PMが要件定義を始める • いきなり作っていいのかと自問する、いやいやと自答 する • いまさら時間をかけて上流をきっちりやりなおすわけ にはいかない • 下流とはいえ、ビジネスにどう貢献するかは、トレース しておかなければならない(役に立つシステムを作る のが大目標) • プロジェクトがブレないためのプロジェクトメーキング の意味が大きい(何のためにかを固める) 4 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  5. 5. 「下流の」要求開発 ビジネス要求を開発する ビジネス要求からシステム要求を導く システム要求を元にシステムを開発する 検証評価 経営分析 要求開発 ビジョン、ミッションの システム開発 確立   準備    立案     デザイン    移行 問題点分析 ビジネスゴール設定 方向付け 推敲     構築      移行 Aシステム 方向付け 推敲     構築      移行 下流の要求開発 Bシステム あっという間にやる 方向付け 推敲     構築      移行 狭義のプロジェクト Cシステム 広義のプロジェクト 5 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  6. 6. 上流の要求開発 • 経営戦略、事業戦略からITがどうあるべきかを決定 する • プロジェクトではなく、まずはIT全体を扱う – IT資産の整理(既存システムの価値分析、ポートフォリオ) – 他の投資項目との比較でプロジェクトをやる、やらないを決 める(下流はやることは決まっている) • EAと密接に絡む • 全体の中で、ToBeに向うときにプロジェクトが発生 する。その後で下流の要求開発につながる • プログラムマネジメントまでを含む? • IT戦略策定に該当する? – ロードマップ 6 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  7. 7. 「上流の」要求開発 ビジネス要求を開発する ビジネス要求からシステム要求を導く システム要求を元にシステムを開発する 検証評価 経営分析 要求開発 システム開発   準備    立案     デザイン    移行 方向付け 推敲     構築      移行 上流の要求開発 Aシステム 方向付け 推敲     構築      移行 こってりやる Bシステム 方向付け 推敲     構築      移行 IT戦略策定 システム化計画 狭義のプロジェクト Cシステム 広義のプロジェクト 7 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  8. 8. 今やITは複雑な生態系 • ITの世界はすでに不可分になっている 上流の ちなみに 要求開発 豆蔵の事業部構成 事業戦略 IT戦戦略支援 事業部 IT戦略 エンタープライズ システム ビジネス 分散システム ソリューション 事業部 アプリケーション 下流の 制御 要求開発 エンジニアリング ソリューション 事業部 8 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  9. 9. 下流の要求開発 本当にそれを作っていいの MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  10. 10. 要求開発の流れ プロジェクトメーキング 業務設計(ビジネスモデリング) 要求体系の構造化 ゴールの設定 ビジネスユースケース作成 業務フロー作成 概念モデリング 財務 cd E コマー ス事業 ud ユースケースモデル 注文ル ー ル型 <<powerty pe>> 注文ル ー ル 仕入先・商品タ イ トル関係 - 商品分類 名称: * 注文ルール型 顧客 1 * - 販売期間: * 1 - 販売単価: * * 1 商品タ イトル * * - 名称: 注文ルール型 仕入先 送料計算ルー ル 値引きルー ル - 名称: サ 1 * プロセス 1 プロジェクトゴール記述書 購 入商品タ イトル ー - 注文時販売単価: - 注文量: 顧客 * - 消費税: - 氏名: 1 - 販売金額: 1 - 送料: - 住所: 注文 ビ - 電話番号: 1 * - 注文年月日: カー ド会社 * 決済方 法 教育 1 + 認証する() ス 1 何をする いつ どう 評価 会員 + 認証する () 非会員 顧客 何が 目標値 サ - ID: サ - パスワード: 1 ことで までに なるのか 尺度 - 有効期間: B 1 用語集 * + 認証する() 0..1 ー 決済方法- 個別 1 ー ポ イン ト加算 - 金額: 原価計算方式 ポ イン ト 1 - - ポイント加算年月日: 加算ポイント: + 認証する () 経理部の ビ * の見直しと ビ - + 現ポイント数: 金額換算() 1 1 * 豆蔵の入力の分散 チェック作業 自動化 決済方法-ポ イン ト利 決済方法=現金 決済方法=カー ド ス 用 ス 用語集 * - 提出期限の ポイント利用年月日: 決算早期化 (経費・勤怠) 早期の決算報告 手作業の自動化 連結決算 負荷の削減 - 利用ポイント数: A + 金額換算() 社会的 適正な 内部統制の の自動化 厳守 リスクポイントの把握 コスト・売上 C 信用度の向上情報開示 良質案件確立 コントロール予測の正確な 営業マンを 発生元での 新規事業の リアルタイムの把握 増やす 直接入力 営業の 二重入力の データ連携 立上げ 値上げ 差別化 新規を増やす (事業部、福数人で) ステータス一覧 売上増 提供価格 付加価値増 営業力強化 信用度 事務処理 削減システムによる 金額 案件の適切な (付加価値向上) (単価)をあげる 実績 優先順位つけ 維持・向上 負荷軽減(間違いの防止) 見落とし案件案件情報の契約期間、 営業会議での 既存事業の 稼働率を上げる案件件数をリピートを増やす 適切な営業 の撲滅職務経歴の 時期 ToDo作業の 提供 情報共有 売上拡大 増やす 入力作業の 生産性向上 二重入力の排除 活動 タイムリーな 把握 個人別スキル 迅速な提供 利益向上 人数 積極的採用 簡素化 レスポンス 操作性向上 提案 アサイン状況 回線障害の回避情報の把握 (企業価値 利益の (要員数) 離職率を モチベーション 社内情報 のタイムリーな 向上) 維持 減らす 契約管理 アップ 適正な評価 案件情報 個人売上の 把握 事業の円滑 プロジェクトの適切な の共有リアルタイムな 予算 収支管理表 な運営 円滑な運営 予実管理 実績 売上・経費 精度ある 把握プロジェクト情報 適正な運用 コスト減チャンスロス 事業部単位での予算と実績の 売上予測 事業部、チーム (経費・工数・アサイン) タイムリーで (ロスセーブ) (機会損失) 予実管理 社内振替の 同一粒度での 毎に異なる のタイムリーな入力 高精度な把握 メンバーの 対比 精度ある 厳正な評価 管理 ビューが必要 労働力の 事務処理コスト マネジメント 適正な 情報共有 稼動予実一覧 ロス に伴うロス入力の分散適正な(アサイン表) ・活用アサインメント 勤怠の承認 労務管理 (契約にかかるコスト) (スキル・思考) (稼働率) (発生元での 入力) 分析モデル作成 非機能要件抽出 システムユースケース図作成 洗練されたクラス図 分析レベル 1 メーカ台帳 0..1 台帳 メーカ・リスト 名前 メーカ コード 0..* 電話番号 製造元 1 住所 0..* 製品 商品台帳 0.. 1 商品 コード 非機能要件 0..* 名前 定価 1 商品検索(商品コード) : 商品 台帳 商品リスト 販売価格 登録日 UC01: 商品情報を管理する UC02: 値札を作成する 品目 0..* 商品 係 販売 販売台帳 台帳 販売 0..* 預かり金 0..* 販 売管理 係 名前 1 1 店舗 1 1 販売履歴追加(新規販売 : 販売) 0..1 現在の販売 販売履歴 日時 0..1 新規明細(品目 : 商品) : 販売明細 預かり金設定(金額) 現在の明細 販売明細 販売単価 販売数 = 1 ・・・・・・ ・・・・・・ 電話番号 販売数設定(販売数) 住所 0..1 商品検索(商品コー ド) : 商品 バーコード・リーダ 販売履歴追加(新規販売 : 販売) UC04: 販売情報を登録する UC03: 売上を集計する レジ 係 0..1 0..1 活性化() ・・・・・・ 1 バーコード・リーダ 1 不活性化() キャッシュ・レジスタ 新規入力指示() 1 レシート・プリンタ 販売登録初期化() レシート・プリンタ 1 バーコード読取(バーコード) 0..* バーコード解析(バーコード) 1 レシート印刷(販売 : 販売, 店舗 : 店舗) 販売数入力() 1 キャッシュ・レジスタ・パネル 精算指示() 預かり金入力(金額) 新規入力指示() 販売登録後処理() パネル 入力準備完了通知() 1 バーコード読取成功通知() 販売数入力() 小計表示() 精算指示() 合計表示() 預かり金入力(金額) おつり表示() 販売登録完了通知() (各種開発規約・条件) システム開発への移行(RFP作成など) 10 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  11. 11. 下流要求開発の流れ Openthology 準備フェーズ 立案フェーズ デザインフェーズ シフトフェーズ フェーズ 主題 プロジェクトメーキング 業務のモデル化 業務の設計・再設計 システム開発への移行 プロジェクトの外枠を固める 業務をシステムとして表現 課題を解決するTo-Be業 システム化範囲をサブシス ・プロジェクトの意義・目的の する 務を設計する テムとして切り出す 明確化 ・業務の可視化 ・業務の最適化 ・システム開発スコープの決 趣旨 ・プロジェクト組織の構成 ・課題の特定 ・不明瞭ルールの整理 定 ・プロジェクトの全体構造の ・課題解消の確認 ・動作イメージの明確化 把握 ・システム開発プロジェクト ・メンバーの意識付け の計画 プロジェクト定義書 As-Is業務に対する、 To-Be業務に対する、 システムユースケース ステークホルダーリスト ビジネス概略図 ビジネスユースケース 機能要件一覧 要求分析ツリー ビジネスユースケース 業務フロー(アクティビティ図 非機能要件一覧 ゴール記述書 業務フロー(アクティビティ図 ) 主要画面イメージ 成果物の例 課題リスト ) 概念モデル(クラス図) 開発計画書(スケジュール、 概念モデル(クラス図) ビジネスルールリスト ロードマップなど) ビジネスルールリスト 課題解決リスト 11 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  12. 12. プロジェクトメーキング時のオーバーヘッド • 推進体制がまとまらない – どんな体制がいいかわからない • ユーザ側と開発側が噛み合わない – いつまでも踏込みが足りない – ゴールや背景の理解が異なる(同床異夢) • レベルがばらばら、脈絡ない様々な要求 – 全体の構造が見えない • リズムが生まれない – 手順やシナリオがない 12 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  13. 13. コタツモデルは健在 • 経営、現場、ITの立場がバランスする必要がある – それぞれの視点で見る人が必要 • コアチーム、プロジェクト、外郭、その他で分類 経営の立場 プロジェクトコア(推進、専任に近い) プロジェクトメンバー(全体会議の範囲) 外郭メンバー(協力要請されている) 現場の立場 ITの立場 13 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  14. 14. コアメンバーで先行する • 最初の1、2週間でプロジェクトの外枠を固め る • ステークホルダーを巻き込まないといけないが 、まずは、イニシャルモデルを構築してから – 頭まっ白でユーザに臨むと信頼を失う – 時間調整で、のんびりしてしまう – 自分たちなりの理解と仮説をもって、ポイントを絞 って、検証を • 但し、モデルはいっしょに作るのが基本 – イニシャルモデルは、予行練習。 – リズムがないとユーザはのってこない 14 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  15. 15. プロジェクトのコントロールのために • 準備フェーズは、プロジェクトをつかむフェーズ – プロジェクトのインストール – プロジェクトの外枠固め • プロジェクトの全体構造を共有する – そもそもの目的を見失わない – 課題、様々な要求、解決策の構造が見えている – 詳細に入り込んでも、戻り先がわかる – 関わる人を忘れない • 見える化する – 攻略点、コントロールポイントを絞る – 見えるようにしてから議論する(空中戦を地上戦に) 15 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  16. 16. プロジェクトは混乱する • 細部から入ると全体を見失う – いきなり詳細な議論をしていくと元々の目的を見失いがち – 様々な思惑が加わって本質的でない要求がたくさん出てく る • 上位の目的(そもそもの要求)をピン留めしておく – 全体構造を把握し、細部に入っても、上位がぶれないよう に押さえておく – 適切な(ほどよい)ゴール設定が必要 – 混乱したら立ち戻れるようにしておく 16 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  17. 17. フォーム 文書名 プロジェクト定義 版 1.00 日 付 2008-2-1 No 目 的 プロジェクトの必須事項を明確にし、チームでの共通認識を確立する。 1 名称 ReDA販売管理システム再構築プロジェクト(RenewDAs Project) 1:ビジネス環境変化に柔軟かつ経済的に対応できる情報システムを提供する。 2 目的 2:販売業務の改善に対応する機能を提供する。 3:今後10年間の使用に耐える技術、道具立てでシステムを刷新する。 1:様々な環境の変化でビジネスの刷新が迫られている(システムによる対応が必要) 。 3 背景 2:長期に継ぎ足して作ってきたので機能の追加、変更が困難になっている 3:システムH/Wの保守が切れ、ビジネス継続性が危ぶまれる 全体のシステム化:2008年1月 ~ 2010年7月(カットオーバー) 4 期間 要求開発:2008年1月 ~ 2008年5月末完了 2007年度の業績見通しで下方修正がないこと(下方修正の場合はプロジェクト見直 5 前提条件 しをかける) 2010年12月に現行システムのH/Wの保守期間切れ。3カ年計画でのコミットメン 6 制約事項 ト 7 スコープ 現行システム+新規販売業務のサポート。 配達計画機能は含めない 1) オーナー   企画部長 秋山  2) コアチーム  情報システム部 吉田、 河内、 営業部 石田 8 組織                要求開発コンサル 坂巻 3) プロジェクト体制、ステークホルダー(体制図、ステークホルダーリストに記載) 9 その他 17 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  18. 18. ゴール記述、要求体系図、ステークホルダーリスト • ステークホルダーリスト – 話を聞くべき人、気をつかうべき人の抽出 – 利害関係者が納得ずく • 現状の認識で合意 • 全体としての必要性で合意 • 決定プロセスで合意 • 導入イメージで合意 • 結果で大はずれなし • 要求体系図 – 様々な要求の全体構造がどうなっているかを一望する 豆蔵の入力の分散 決算早期化 連結決算 早期の決算報告 手作業の自動化 原価計算方式 経理部の の見直しと チェック作業 自動化 提出期限の (経費・勤怠) 負荷の削減 • 目的ー手段の連鎖で構成 社会的 適正な 内部統制の の自動化 厳守 リスクポイントの把握 コスト・売上 信用度の向上 情報開示 良質案件 確立 コントロール予測の正確な 営業マンを 発生元での 新規事業の リアルタイムの把握 増やす 直接入力 営業の 二重入力の データ連携 立上げ 値上げ 差別化 ステータス一覧 売上増 提供価格 付加価値増 新規を増やす (事業部、福数人で) 信用度 事務処理 削減システムによる 金額 営業力強化 案件の適切な • 上位目的への貢献度を説明する (付加価値向上) (単価)をあげる 実績 優先順位つけ 維持・向上 負荷軽減(間違いの防止) 見落とし案件案件情報の契約期間、 営業会議での 既存事業の 稼働率を上げる 案件件数をリピートを増やす 適切な営業 の撲滅職務経歴の 時期 ToDo作業の 提供 情報共有 売上拡大 増やす 入力作業の 生産性向上 二重入力の排除 活動 タイムリーな 把握 個人別スキル 迅速な提供 利益向上 人数 積極的採用簡素化 レスポンス 操作性向上 提案 アサイン状況 回線障害の回避情報の把握 利益の (要員数) 離職率を モチベーション 社内情報 のタイムリーな – 個々の詳細の合意でなく文脈での合意 (企業価値 向上) 維持 減らす 契約管理 アップ 適正な評価 案件情報 個人売上の 把握 事業の円滑プロジェクトの適切な の共有リアルタイムな 予算 収支管理表 な運営 円滑な運営 予実管理 実績 売上・経費 精度ある 把握プロジェクト情報 適正な運用 コスト減チャンスロス 事業部単位での予算と実績の 売上予測 事業部、チーム (経費・工数・アサイン) タイムリーで (ロスセーブ) (機会損失) 予実管理 社内振替の 同一粒度での 毎に異なる のタイムリーな入力 高精度な把握 • ゴール記述 メンバーの 管理 精度ある 厳正な評価 対比 ビューが必要 労働力の 事務処理コストマネジメント 適正な 情報共有 稼動予実一覧 ロス に伴うロス入力の分散適正な(アサイン表) ・活用アサインメント 勤怠の承認 労務管理 (契約にかかるコスト) (スキル・思考) (稼働率) (発生元での 入力) – 適切なゴール設定は要求体系図の3~7レベルに現れる • 具体的数値目標が出せる プロジェクトゴール記述書 • 抽象的過ぎず、詳細すぎず 何をする いつ どう 評価 何が 目標値 ことで までに なるのか 尺度 • 程いい因果関係が認められる 18 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  19. 19. ステークホルダーリスト(例) 重要度 : 高い 3 ・ 2 ・ 1 低い (敬称略) ステークホルダー名 説明 重要 人数 具体例 想定される影響 度 (メリット・デメリット) 経営 会社経営の実施 3 4 吉沢社長 経営指標の迅速 な把握。経営の見 える化 監査法人 財務諸表が会計原則に準拠して 1 1 OO監査 監査情報の信頼 おり、企業の財政状態や経営状 法人 性向上 態を適正に表示しているか否かに ついての監査を実施 監査役 監査の実施 1 3 相沢 監査情報の信頼 性向上 内部統制監査室 内部統制監査の運営 3 1 田辺 統制事項の追加 財務・経理 経理業務に加え、法務、総務機能 3 4 川端 業務効率化、精度 の実施 向上、迅速化 経営戦略室 グループの経営戦略立案 2 2 大石 経営情報のリアル タイム把握 情報システム部 グループの情報システム、インフラ 3 2 有馬 運用管理の負荷 の管理・運営を実施 増大 19 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  20. 20. 初期の入力情報を構造化する • たいていのプロジェクトでは、あらかじめ、課題 、要求、解決策が仮説的に与えられている • 但し、その粒度、重要度、文脈はまちまち • 系統的に整理することで、プロジェクトの対象 の全体構造が見えてくる • 文脈をつかむことで、押さえるべきところ(適 切なゴール)を特定できる 20 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  21. 21. 要求分析ツリー(例:ReDa家具) 現状における課題  顧客ニーズの 解決策 ニーズに適した 正確な把握 魅力的な 市場・競合 調査 ○優先度A 品揃え 新商品企画 G1 の強化 アライアンスの推進 1 全国8ケ所のショールーム 欠品を減らす を基軸にしているために、 それ以外の顧客とのファ 販売対象顧客を 販売チャネルの 引越し、 ーストコンタクトの機会が 拡大 拡大 ブライダル、 少ない。 ハウスメーカー ○優先度A 販売数量の 新規顧客の 拡大 獲得 と提携 G2 (取引増) (大幅な増加) 無料配送範囲を 拡大 販売管理システムを ●登録会員数 再構築し、システム間 2   10万名 品質による リアルタイムの システムによる の連携をする。 不良在庫が多いために、 差別化 ネット販売の 在庫状況を 在庫管理 在庫保管、処分に 開始 コストがかかっている。 把握したい ○優先度A 低価格の実現 ●ネット販売件数 適正な G3   4万件/年 需要予測 販売分析 多角的に販売情報を DWH 分析する。 不良在庫の低減 3 一部製品を DWH導入。 景気の低迷、少子高齢 サービスに 注文生産に 化、ライフスタイルの変化 魅力がある 切り替える のために、売上が伸び悩 ○優先度A 販売の効率化 売れ筋 んでいる。 G4 売上増 死に筋 (付加価値 反復利用に の把握 顧客情報を一元管理 向上) メリットがある ●販売コスト10%削減 し、顧客サービス向上、 ●120億円/年 売上増 スピード回答 システムによる 売上促進に活用する。 コスト削減 の実現 販売管理 顧客定着率 顧客の の向上 不満解消 ●システムによる販売管理100% ○優先度A (リピート増) 会員向け 会員制 ポイント管理の G5 ●新規購入者の サービスの充実 ポイント制 システム化 顧客満足度調査を 製品が   会員化率80%以上 リサイクル の導入 定期的に実施する。 できる ●ポイント利用3万件/年 4. 教育を実施 対応・納期 顧客との継続的な関係 接客の向上 が迅速 全店舗の が維持できていないため ○優先度B に、リピート数が少ない。 在庫照会 G6 他店の在庫を 顧客の 照会したい 物流システムを構築 不満の把握 し、効率的な配送を 実現する。 顧客のライフ 入荷予定を システムによる サイクル アフターサービス 把握したい 発注管理 利益向上 にあわせた販促 の充実 (企業価値 ○優先度B 向上) 一販売あたりの 1回当りの ●納期達成率100% 売上増大 購入点数 顧客満足度 G7 (客単価) UP セット販売 調査の実施 アフターサービス管理 をシステム化する。 顧客の購入 履歴の把握 スピード 配送計画の システムによる 納期の実現 精緻化 配送計画 機会ロスの 削減 高級化 顧客のライフ ●システムによる配送管理100% サイクル情報 の把握 ○優先度B 関連購買 リフォーム、 促進 配送の クリーニング G8 アウトソーシング サービスの展開 ネット販売サイトを構築 5 し、ネットビジネス展開 低価格の輸入家具の増 購買への ●利用件数5千件/年 加、通販による販売コス 誘導 CRM トの低減のために、価格 の導入 競争が激化している。 バスケット分析 変動費削減 原価の削減 物流コストを 配送センターの 下げる 統合 コスト削減 (支出減) レコメンデー レコメンデーション 一括発注の 製造元の ションサービス 機能 既存設備の 実施 絞り込み 稼働率 固定費削減 最大化 6. 売上に比してショールーム 不採算 仮想ショールーム ネットサイト 【凡例】 ショールーム による補完 課題 要求 解決策 販売のコストが高いため 販売コスト の削減 の閉鎖 運用 に、利益を圧迫している 。 優先度 パート、  A:高 B:中 C:低 要求 解決策 アルバイト システム関連 システム  ○:今回採用 ×:非採用 の比率を上げる 21 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  22. 22. プロジェクトのゴール設定 • プロジェクトの成功はシステムが稼動すること ではない – システム開発プロジェクトの成功は、QCD(品質、 コスト、納期)の遵守といわれている – スポンサーはシステムを作りたくて作っているわけ ではない – システムを作るための元々の目的(業務上の目的 )があったはず • プロジェクトの成功をビジネス的表現で表す 22 MAMEZOU  The solution beyond the solution.
  23. 23. ゴール記述書(例) プロジェクトゴール記述書 プロジェクト名:  LSCサポートシステム開発プロジェクト 作成日  2005年12月11日 No 何をすることで 何が いつまでに どうなるのか 評価尺度 目標値 ネット販売サイトを開設することで 新しい販売機会が 創出され、結果として販売件数が大 サイトアクセス数 1 2009年4月 幅に増加する 100万件/年 顧客管理システムを構築することで 様々な会員サービスが 提供され、結果として新規顧客とリ ポイント利用数 2 2009年4月 ピーターが大幅に増加する 3万件/年 (特記事項) 23 MAMEZOU  The solution beyond the solution.

×