Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Introduction of KOTATSU-MODEL in Requirement Development

2,061 views

Published on

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス」(http://www.openthology.org)の2010年5月定例会発表資料です。
Open Community "Requirement Development Alliance" 2010/05 regular meeting of the presentation materials.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Introduction of KOTATSU-MODEL in Requirement Development

  1. 1. コタツモデル入門 要求開発アライアンス 執行委員 合同会社 シンプルアーキテクト 代表 牛尾 剛   匠Business Place チーフコンサルタント
  2. 2. 本日の予定 19:00~19:30 1.チュートリアル第四回 コタツモデル入門 合同会社シンプルアーキテクト 代表 牛尾 剛(Tsuyoshi Ushio) 19:30~20:00 2.コタツモデルマスターへの道    ~こんなときはどうするの? パネルディスカッション~ With 匠Business Place 大野三郎(Saburo Ohno) 元大手ユーザ企業 坂本克也(Katsuya Sakamoto) 20:10~21:00 3.利害関係者巻き込みの新ツール     ~要求開発版 パワーストラクチャ~ 匠Business Place 大野三郎(Saburo Ohno)             牛尾 剛(Tsuyoshi Ushio) 2
  3. 3. 守 Shu コタツモデル入門 3
  4. 4. ツールを利用する最大のポイント どうしてあなたは、そんなに仕事 ができるんですか? 当たり前の事をやっているだけや NEC 時代の恩師 4
  5. 5. 要求開発を使いこなす第一歩 • 要求開発段階はとても難しい活動 – 魑魅魍魎が棲息するかも知れない – 理屈通りに行くと思うと甘い • しかし、要求開発ツール自体は簡単! – まず試してみよう! 5
  6. 6. コタツモデルとは? • 利害関係者の巻き込みモデルのこと • もしかすると、「囲碁モデル」だったかも しれない。 すんません。どうでもいい 豆知識を会員様だけにに公開中 6
  7. 7. コタツモデル 3つの基本 注:私の独断と偏見による コンセプトを理解する 要求開発ツールを理解する マネジメントツールを理解する 7
  8. 8. コンセプトを理解する コタツモデル 業務効率化を実現するために、業務やシ ステムをどのように改善すべきなのだろ う? 現場やIT部門と良く話し合ってみよう。 経営者の論理 我々のやり方がベストだと思っ 本当に求められている業務の ていたけど、見方を変えれば欠 姿をトップや現場と、きちん 点が多いね。 と確認しないと、あるべきシ もう少し業務のあるべき姿を考 ステムの要求は得られない。 問題の視覚化(モデル)と 改善プロセスによる活動 えてみよう。 コタツ 開発された要求 システム開発者の論理 (システム要件) モデル 業務担当者の論理 8
  9. 9. 要求開発のツールを理解するーⅠ ビジネスコンテキスト図 ビジネスアクタ 対象業務にかかわる利害関係者 ビジネスアクタの候補 ビジネスコンテキスト ビジネスの対象領域 関連 対象業務とステークホルダ 商品を購入する   の間の情報やものの流れ ビジネスユースケースの候補 関連名は無くてもよい 注:この場合Webサイトの業務ですので、たまたま、ビジネス=システムになっています。 9
  10. 10. 要求開発のツールを理解するーⅡ 重要度 : 高い 3 ・ 2 ・ 1 低い (敬称略) ステークホルダー名 説明 重要度 人数 具体例 想定される影響 (メリット・デメ リット) 経営者 会社経営の実施 2 4 前川社 営業に関わる経 長 営指標の早期把 握 営業部長 営業部門の部門長 3 10 牛尾部 営業社員の管理 長 効率の向上 営業社員 セールスの実施を行なう 2 89 石沢 システムの操作 性、業務効率の 良さ 営業管理部 営業マンの商品知識以外の支 3 10 柳本 営業マン支援工 援(ファイナンス、税務、会 数が削減される 計上の問題、与信の確認、契 ことにより、人 約の監視) 数が削減される 経理部 経理業務の全般 1 4 高柳 業務の効率化 経営戦略室 会社の経営戦略立案のサポー 2 8 大浦 経営指標と現場 トを行なう 課題の獲得 情報システム部 システム開発の企画、インフ 3 2 宮原 運用負荷が増大 ラの管理・運営を実施 する 10
  11. 11. 要求開発のツールを理解するーⅢ 要求分析ツリー 前回定例会参照! 課題 結果イメージ リスク 戦略/要求エリア エリア エリア エリア 目的を達成する ための他の手段 論理の飛躍 要求のロジカルな見える化による合意形成促進! 11
  12. 12. マネジメントツールを理解する • コタツモデル形成に特に重要なツール 時間がないので 深くは説明しま – スケジュール立案 せん。ごめんな さい。 • 利害関係者はいつ自分が関わればいいだろう – 体制図/役割分担 • チームの体制だけでなく、カウンターパートナーも – 要員投入計画 • チームの要員投入計画 • 利害関係者に対する参画度合いの期待も – コミュニケーション計画 • 会議体/承認ルートの設定 ※一般的なPM知識と同様です。 12
  13. 13. 破 こんなときはどうする?パネルディスカッション Ha コタツモデルマスターへの道 13
  14. 14. しかし世の中、甘くない • ツールは有効だが、コタツモデル形成の最 大のポイントは「人の問題」を乗り越える こと。理屈ではない。 14
  15. 15. 人の問題のプロに聞こう! 大野三郎 某最近オラクルに買収された会社を経て、SCMと 要求開発を知る男。営業の診断士。 坂本克也 某皆が知っている超大手電機メーカの情報部門 に長年勤務、現、超敏腕CIO支援コンサルタント。 15
  16. 16. 要求開発版 パワーストラクチャ 離 Ri 利害関係者巻き込みの新ツール 16
  17. 17. 営業の世界は進んでいる、、、 • 営業の世界で普通に使われている「パワー ストラクチャ」というツールを要求開発風 にアレンジしてみると、結構使えることが 分かりました。 17
  18. 18. パワーストラクチャ • キーパーソンの把握、承認ルートの特定、誰が仲がいいか ディシジョンライン 対立関係 良好関係 影響力
  19. 19. Live Demo 19

×