商業出版物におけるReVIEW+InDesign組版

4,776 views

Published on

ReVIEW開発者カンファレンス発表資料

Published in: Technology
1 Comment
14 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
4,776
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,038
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
1
Likes
14
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

商業出版物におけるReVIEW+InDesign組版

  1. 1. 商業出版物における ReVIEW+InDesign組版 武藤 健志 @kmuto
  2. 2. お話 ● ● ReVIEWでどのように商業出版物を 作っているか 単に原稿執筆フォーマットとするだけ でなく、直前までReVIEW原稿を中心 とするフロー – 現在50冊超
  3. 3. 組版(typesetting) ● ● レイアウトに原稿や図表等を配置し、指示に 従って紙面を作成すること パーソナルコンピュータを使った 「DTP(Desktop Publishing)」が主流
  4. 4. DTPソフト ● LaTeX ● Antenna House Formatter ● Adobe InDesign ● Quark QuarkXpress ● Microsoft Word (?)
  5. 5. 商業出版での要件 ● ● ● ● ● プロフェッショナルのデザイナがデザイン した、見栄えある紙面 読みやすい文字配置 印刷所に安全なフォーマット (CMYK, PDF/X-1a) 製作担当者/会社が消失しても何らかの形で 引き継げる形式(特殊環境不要) 妥当なコスト
  6. 6. 現時点での最適解 ● ● 現状では結局 InDesign が妥当 デザイナがデザインに集中できる – ● ● ● ● TeXで「デザイン見本を数パターン出して」 と言われたときの顔をしてみよう 出版社も印刷所も慣れている 目視と手動による調整が容易 MacのCIDやType1を含めたフォント資産 XMLドキュメントの読み込み・操作ができる
  7. 7. ようやくReVIEW ● idgxmlbuilder = InDesign XML Builder ● ReVIEW原稿を XML 形式に変換 ● “Indesign XML” – × DocBook
  8. 8. InDesign XMLの特性・制約 ● 「タグ名とスタイルが基本1対1対応」「改行 に意味がある」 – ● 表はHTML表やSGML CALS表と別の独自形式 – ● 「深い構造」や「タグの使い回し」にするメリッ トは皆無どころか、有害。 できるだけ「浅い構造」にする <table>でrows/colsの数を指定し、中は<tr>なしの <td>の羅列だと思えばよい 貧弱なXML操作 – – InDesign上でXSLT→クラッシュ ノード探索→超遅い
  9. 9. InDesign XMLの加工 ● ● InDesignに投入してからXMLドキュメントを 操作するのは非現実的 ReVIEW→InDesign XML→<フィルタ>→ 実際に投入するInDesign XML
  10. 10. フィルタの役割 ● ● ● ● ● ● ReVIEWから最初に生成したInDesign XMLは 書籍固有の情報がない中間形式 シンプルなSTDIN/STDOUTフィルタ(Ruby) タグ名や構造に基づく適切なスタイル付け 見た目の調整のためのタグ・コンテンツの 追加/変更 目次用文字列などの補助情報の挿入 要素間の余白調整 etc...
  11. 11. InDesignスクリプト ● ● できたXMLをInDesignに投入。 これでもかなり楽にはなるが、調整を人手で ゴリゴリやると、ReVIEW原稿にまた手を入 れて……という方法はとれない InDesignのスクリプト機能を使う – JavaScript – VBScript (Windows版)、AppleScript (Mac版) 手作業のエミュレーション 紙面からあふれていたらページを増やす、章扉を 設定する、ページ右の「ツメ」を章番号によって 上下させる、表のセルを結合する、見出しやコラ ムに飾りをつける、目次や索引を拾い出す、相互 参照をつける、etc... – –
  12. 12. 紙面製作の流れ 1.ReVIEW原稿→InDesign XML→フィルタ変換 →紙面用InDesign XML 2.InDesignレイアウトに 1. のXML投入 3.JavaScriptのスクリプトで紙面調整 4.人間の判断が必要な箇所を手調整 5.JavaScriptのスクリプトで追加紙面調整 6.PDF作成 7.1.に戻る
  13. 13. デモ ● 『Effective Android』(インプレスジャパン)
  14. 14. 長所 ● ● ● ● ● ● ● ストリーム型の原稿には高い親和性 シリーズ書でレイアウトやフィルタを再利用できる 改訂の際に欠損のない最新原稿を利用できる イテレーティブな執筆・編集ができ、文字修正を 著者や編集者が管轄できる 途中段階での構成の大幅な変更も比較的容易 リフロー型電子書籍作成に、 低品質のInDesign→ePUB ではなく 信頼性のあるReVIEW→ePUBを利用可能 最悪、イテレーティブ組版を中止して 手動の組版へ引き継ぎも可能
  15. 15. 短所 ● ● ● ● ● 手動組版に比べると、要素の移動は気軽でない ×ここ余白が大きいから図をこっちに移動 完全バッチに比べると、 「少なめとはいえ手操作が入る」 非ストリームの紙面(雑誌的)には不向き – 一見簡単に見える表現がとても難しいことも ReVIEW原稿に変更を加えたことで何が起きる かを予測しなければならず、編集者の負担が 大きい 今のところこの仕組みは トップスタジオ株式会社しかやってない
  16. 16. まとめ ● ReVIEW + InDesign の組み合わせにより、 出版社が期待する紙面品質を保ちながら イテレーティブな組版を実現する – – どんな紙面でもできるわけじゃないし、著者や出 版社の理解・協力が前提 InDesignのいろんな面倒事に疲れたので、 kmuto先生の次回作 ReVIEW + AntennaHouse Formatter による完全 バッチ型組版の実装にご期待ください

×