Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

入稿ヨシ、ご安全に! CSS組版による商業書籍制作の理想と現実

5,132 views

Published on

現状のCSS組版を安全に印刷所入稿するための作法。(※主にVivliostyle/VersaTypeのソフトウェア利用前提でのお話)

Published in: Design
  • Be the first to comment

入稿ヨシ、ご安全に! CSS組版による商業書籍制作の理想と現実

  1. 1. 入稿ヨシ、ご安全に!ヨシ、ご安全に!ご安全に!安全に!に!入稿ヨシ、ご安全に!ヨシ、ご安全に!ご安全に!安全に!に! CSSCSS組版による商業書籍制作のによる商業書籍制作の商業書籍制作のの組版による商業書籍制作のによる商業書籍制作の商業書籍制作のの 理想と現実と現実現実理想と現実と現実現実 株式会社トップスタジオトップスタジオ株式会社トップスタジオトップスタジオ 武藤 健志武藤 健志 @kmuto@kmuto
  2. 2. 版下制作業務
  3. 3. PDF入稿普及以前 ● 版による商業書籍制作の下=DTPソフトのネイティブデータ – 印刷所保有のソフト・フォント以外は入稿不可のソフト・フォント以外は入稿不可は入稿不可入稿不可 – QuarkXpress、 Adobe InDesign/Illustrator/Photoshop – LaTeX? ナニソレ?
  4. 4. PDF入稿時代 ● AdobePDFに基づくづくPDF入稿 – 「正しいしいPDF」で「で「版下制作者が責任を負うが責任を負う責任を負うを負う負うう」で「 のであれば制作ソフトやフォントを問わず入稿可能制作のソフトやフォントを問わず入稿可能フォントを問わず入稿可能問わず入稿可能わず入稿可能入稿可能 – 自動組版による商業書籍制作ののチャレンジ:InDesign、 XSLT FOP、LaTeX、そしてCSS組版による商業書籍制作の – Antenna House Formatter、 Vivliostyle Formatter、VersaType Converter
  5. 5. PDF入稿仕様への準拠への準拠準拠 ● 印刷所で印刷できない入稿ヨシ、ご安全に!事故の防止 – 編集プロダクションは、プロダクションは入稿不可、 出版による商業書籍制作の社トップスタジオ・同人誌入稿者とは立場が違うと現実は入稿不可立場が違うが違う違うう – 重大インシデントインシデント扱いい ● 印刷所ごと現実に入稿仕様は差異ありは入稿不可差異ありあり
  6. 6. 一般的ななPDF入稿仕様への準拠(1) ● 印刷用PDF標準準拠(ISO15930) – PDF/X-1a (:2001=PDF 1.3ベース :2003=PDF 1.4ベース。通常は通常はは入稿不可:2001使用) – PDF/X-4 (:2010=PDF 1.6ベース)
  7. 7. 一般的ななPDF入稿仕様への準拠(2) ● フォント – Type1形式(欧文) – CIDサブセット形式(欧文・和文) – それ以外は入稿不可は入稿不可アウトラインか画像化画像化
  8. 8. PDF埋め込みフォントめ込みフォント込みフォントみフォントフォント
  9. 9. 一般的ななPDF入稿仕様への準拠(3) ● 色 – CMYKモデル – 白黒版による商業書籍制作のは入稿不可K (キープレート、黒) のグレースケール – カラーは入稿不可CMYK – RGBは入稿不可基づく本不可 PDF/X-1aは入稿不可もと現実もと現実CMYKのみ PDF/X-4は入稿不可RGBを問わず入稿可能許容するが…する商業書籍制作のが違う…
  10. 10. 一般的ななPDF入稿仕様への準拠(4) ● デジタルトンボ情報 ● トリムマークは入稿不可 「人間のためのトンボっぽい画像」のためのトンボっぽい画像」で「
  11. 11. デジタルトンボ
  12. 12. CSS組版実績 ● 翔泳社トップスタジオさまPOD(Print On Demand) – 「シェル芸」に効く」で「に効くく! AWK処方箋 – 子どもに読んで伝えたい! おうちではじめるプロどもに読んで伝えたい! おうちではじめるプロんで伝えたい! おうちではじめるプロえたい! おうちでは入稿不可じめる商業書籍制作のプロ グラミングの授業 – など。通常は2018年6月現在でで12冊
  13. 13. CSS組版の準拠制作手法
  14. 14. PDF入稿仕様への準拠を守れるか?守れるか?れるか? ● VersaType Converter ● Chrome+Vivliostyle.jsもおおむね同様同様は差異あり ● ここか画像化ら直接生成した直接生成したしたPDFは入稿不可……
  15. 15. PDF入稿仕様への準拠との準拠比較 ● PDF/X-1aまたは入稿不可PDF/X-4 × (機能なし) ● Type1/CIDサブセットのフォント埋め込みめ込みみ – 安定版による商業書籍制作の × (Type3!) – ベータ版による商業書籍制作の △(CIDだが違うサブセットでない) – いず入稿可能れもOTFが違う問わず入稿可能題ででTTFなら直接生成した適切ななCIDになる商業書籍制作の ● Kグレースケールまたは入稿不可CMYK × (RGB) ● デジタルトンボ情報 ×(飾りトンボ機能のみ)りトンボ機能のみ) – なお、飾りトンボ機能のみ)りトンボも数値不正確
  16. 16. 入稿ヨシ、ご安全に!ダメです!!!><です!!!><
  17. 17. 印刷できたけど?できたけど? ● 印刷所に責任を押し付けただけを問わず入稿可能押し付けただけし付けただけけただけ – 出版による商業書籍制作の社トップスタジオやフォントを問わず入稿可能同人入稿者とは立場が違うは入稿不可「顧客」」で「 ● 「正しいしいPDF」で「で「版下制作者が責任を負うが責任を負う責任を負うを負う負うう」で「 こと現実が違うPDF入稿の大インシデント原則 ● 同人系印刷所は入稿不可珍妙なデータに慣れっこ説なデータに慣れっこ説れっこ説
  18. 18. 入稿安全策(1) - InDesign ● 生成したPDFを問わず入稿可能Adobe InDesignに貼り付けり付けただけけ ● Import Multiple PDF Pagesスクリプト
  19. 19. 入稿安全策(1) - InDesign
  20. 20.  入稿安全策(1) - InDesign ● PDF/X-1a、PDF/X-4どちら直接生成したも生成したOK! (Adobe謹製ででわりと現実安心) ● Type3は入稿不可画像化・ CIDフルセットは入稿不可サブセット化で埋め込みめ込みみOK! ● 色もCMYK化やフォントを問わず入稿可能K版による商業書籍制作のグレースケール化OK! – (これは入稿不可今のフローではやっていないけど)のフローでは入稿不可やフォントを問わず入稿可能っていないけど) ● 正しいデジタルトンボと現実トリムマークOK!
  21. 21. 入稿安全策(2) - pdfToolbox ● CIDフルセット→CIDサブセット変換OK! ● RGB→CMYK および RGB/CMYK→K版による商業書籍制作のグレースケール化OK! ● Type3処理は入稿不可ダメ ● 以下は入稿不可今のフローではやっていないけど)のフローでは入稿不可 やフォントを問わず入稿可能っていないけど – PDF/X-1a、PDF/X-4変換OK! – デジタルトンボやフォントを問わず入稿可能トリムマーク の追加OK!
  22. 22. まとめ込みフォント ● PDF入稿は入稿不可CSS組版による商業書籍制作のにも恩恵 ● 「正しいPDF」で「で「版による商業書籍制作の下制作の者とは立場が違うが違う責任を押し付けただけを問わず入稿可能負う」う」で「 こと現実が違うPDF入稿の大インシデント原則 ● 現状ののCSS組版による商業書籍制作のは入稿不可入稿仕様は差異ありか画像化ら直接生成したか画像化け離れているれている商業書籍制作の ● Adobe InDesignやフォントを問わず入稿可能pdfToolboxなどの 商用ソフトを問わず入稿可能組み合わせることで入稿は可能わせる商業書籍制作のこと現実で入稿は入稿不可可能 ● 入稿ご安全に!に!
  23. 23. (おまけ)お金をなるべくを守れるか?なるべく 使いたくない…いたくない… ● 前提として、入稿はと現実して、入稿は入稿不可慎重につぐ慎重慎重で考えるべきえる商業書籍制作のべき – 事故時の対応コスト >>>> 節約したつもりのお金の対応コスト >>>> 節約したつもりのお金コスト >>>> 節約したつもりのお金したつもりのお金 ● フォント:Type3は入稿不可プレビュー.appで保存し直して画像化し直して画像化 ● 色:GhostScriptのDeviceGray、DeviceCMYK+ICCプロファイルで グレースケール化・CMYK化 ● デジタルトンボ:LaTeXのpdfpagesパッケージ+gentombowパッ ケージのpdfboxオプション ある商業書籍制作のいは入稿不可iTextで加工 ● PDF/X-1a、PDF/X-4化:無料範囲ではどうにもならないのででは入稿不可どうにもなら直接生成したないので Adobe Acrobat – 仕様は差異ありに合わせることで入稿は可能致しているといっても、している商業書籍制作のと現実いっても、Adobe PDFエンジンの印刷所で正しく刷ら直接生成した れる商業書籍制作の確証がないが違うない – ほか画像化にも便利機能は入稿不可多いので投資の損はないはずいので投資の損はないはずの損はないはずは入稿不可ないは入稿不可ず入稿可能 – pdfToolboxは入稿不可表示機能に乏しいので、まずはしいので、まず入稿可能は入稿不可Acrobatか画像化ら直接生成したを問わず入稿可能推奨
  24. 24. (おまけ)他にもわりと重大な課題が…にもわりと重大な課題が…な課題が…が… ● 文字の種類(クラス)の判定に乏しいの種類(クラス)の判定に乏しいので、まずはしい – カッコやフォントを問わず入稿可能句読んで伝えたい! おうちではじめるプロ点前後の間隔、禁則などをの間のためのトンボっぽい画像」隔、禁則などを問わず入稿可能 カスタムなフィルタで対応コスト >>>> 節約したつもりのお金 ● 1ピクセル未満問わず入稿可能題でと現実計算誤差 – 0.2mm以下の表現不可 – 整数丸めによる「当てにならない」サイズめによる商業書籍制作の「当てにならない」サイズてになら直接生成したない」で「サイズ ● MathMLの数式表現が違う書くのも見るのも苦痛る商業書籍制作ののも苦痛 – JavaScript + MathJax? – 現状のVersaType Converterは入稿不可JavaScript不可
  25. 25. (おまけ)他にもわりと重大な課題が…にもわりと重大な課題が…な課題が…が… ● Notoフォントの文字の種類(クラス)の判定に乏しいの変化 – 漢字の種類(クラス)の判定に乏しいの一部が部首文字になってしまうが違う部が部首文字になってしまう首文字の種類(クラス)の判定に乏しいになってしまう ● 縦書きでのPDF内の文字列格納方法の不備の文字の種類(クラス)の判定に乏しい列格納方法の不備の不備 ● その他、辛いバグ多めいバグ多いので投資の損はないはずめ – Adaptive Layout、Chromiumエンジン双方 – 独自エンジンのAntenna House Formatterでは入稿不可問わず入稿可能 題でないものも多いので投資の損はないはずい – エンジンに手を入れないと解決不可能を問わず入稿可能入れないと現実解決不可能?
  26. 26. FYI ● Re:VIEW https://reviewml.org/ ● callas pdfToolbox https://www.callassoftware.com/en/products/pdftoolbox ● MultiPageImporter https://github.com/mike-edel/ID- MultiPageImporter/releases ● VersaType Converter https://trim-marks.com/ja ● Compass(dead) http://compass-style.org/ ● 紙面タイプセットソフトウェアに求められる機能タイプセットソフトウェアに求められる機能めら直接生成したれる商業書籍制作の機能 https://goo.gl/JbAzcdf

×