Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

市場動向並びに弊社製品の今後の展望について

1,082 views

Published on

2012/11/16に開催したセミナーでお話した「市場動向並びに弊社製品の今後の展望について」で利用したスライドを共有させて頂きます。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

市場動向並びに弊社製品の今後の展望について

  1. 1. 市場動向並びに弊社製品の今後の展望についてインフラジスティックス・ジャパン株式会社 東 賢
  2. 2. INFRAGISTICS 【名】 ɪnfrədʒɪˈstɪks : インフラジスティックス1. ニュージャージーに本社を置く UI コントロールを中心としたソフトウェ ア製品を開発・販売するグローバルカンパニー2. Infrastructure(基礎構造)+ logistics(後方支援)3. バイク乗りが社長の東京・原宿の会社【日本】4. インフラさん【俗称】
  3. 3. インフラジスティックス・ジャパン株式会社東 賢(Ken Azuma)インフラジスティックス・ジャパン株式会社代表取締役/シニアUXアーキテクト「全ての状況における生産性の向上」と Microsoft MVP Ken Azuma Windows Touch & Tablet PC「優れた UI / UX をお届けすること」の二つを fコアバリューとして、様々な形でアプリケーションにかかわる皆様が、優れたユーザーインターフェイスを通じ、満足度の高いサービスを展開されるための Blog様々なお手伝いをさせていただいております。
  4. 4. 利用のポイント/傾向• 開発/テスト双方における工数の削減• パフォーマンスの高さ(特にグリッド/チャート)• 手軽に一貫した優れたスタイルによる外観の高い品質を得ることが可能• 日本法人によるダイレクトサポート• サブスクリプション/アップグレードにおける継続的な価値向上(大小の機能追加及びバグフィックスを含む)• ソースコードの開示(100万行以上の洗練されたコード!)• どの製品でも一貫したアーキテクチャと同じアプローチをとっていることによる学習コストの削減 SIer • プロジェクトにおける工数の削減 • 提案/設計時のラピッドプロトタイピングにも利用 ISV • 自社製品の継続的アップグレードに伴う価値向上 • 弊社製品による他のプラットフォームへの迅速な対応 In-house IT • セルフ開発スキーム確立における標準パーツとしての利用 • 「作らない」ための弊社製品の利用 ユーザーインターフェイス開発において、いかに生産性を高め、 優れたUXを実現するための支援が出来るかを追求
  5. 5. NETADVANTAGE
  6. 6. ANDROID HTML5 iOS
  7. 7. プロローグ昨年末~今年の初め頃にお話していたこと
  8. 8. IDCの予測する2012年国内IT市場の主要10項目 国内IT市場は、復興財政支出政策の影響を受け、スマートフォン、ITサービ1 ス、ソフトウェアが市場を押し上げる 国内クライアント市場は「マルチデバイス」時代に入り、モバイルデバイス2 が国内IT市場の成長を牽引し続ける3 クラウドサービスがITのモダン化を加速させ、「モダンPaaS」を創生する ハイブリッドクラウド時代を迎え、クラウドサービス向けIT市場のフレーム4 ワークが形成される 事業継続/災害対策ソリューションは仮想化技術の進展とクラウドサービス5 ほぼ予測通りの2012年となった の成熟によって再構築が進む モバイルデバイス、3.9G/LTEサービスの早期展開によって通信事業者ネット6 ワークインフラ市場が活性化する 2012年はビッグデータ活用型アナリティクスビジネスのリーダーの座をかけ7 た競争のスタートダッシュの年になる 国内企業の海外ITシステム構築/運用を巡る、国内・グローバル・オフショ8 アベンダー間の競争が激化する センサーネットからインターネットに接続する「スマートデバイス」が増え、9 デバイスの「ソーシャル化現象」が起きる 次世代の最初の10万のスマートシティソリューションは「第3のITプラット10 フォーム」上に構築される http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20111215Apr.html
  9. 9. ガートナー 、2012年以降重要展望Gartner Predicts 20121 2015年までに、低コスト・クラウド・サービスがアウトソーシング大手企業の収益の最大15%まで食い込む 2013年には消費者向けソーシャル・ネットワークへの投資バブルが、2014年にはエンタプライズ・ソーシャル・ソフトウェア・ベン2 ダーへの投資バブルがはじける 2016年までに、企業における電子メール・ユーザーの少なくとも半数が、デスクトップ・クラ3 イアントではなくブラウザやタブレット、モバイル・クライアントを利用するようになる 2015年までに、スマートフォンとタブレットをターゲットにしたモバイル・アプリケーションの開4 発プロジェクトはネイティブPCプロジェクトを上回り、その比率は4対1になる 2016年までに、企業の40%がすべてのタイプのクラウド・サービスの利用に際し、独立した機関によるセキュリティ・テストの結果5 をクラウド選定条件にする6 2016年末には、Global 1000企業の半数以上が顧客に関する機密データをパブリック・クラウドに格納するようになる 2015年までに、ほとんどの企業においてIT支出の35%がIT部門の予算枠外で管理され7 るようになる8 2014年までに、米国で消費されているアジア調達の完成品およびアセンブリの20%が、北米・中南米にシフトする9 2016年までに、新たな脆弱性を狙ったサイバー犯罪により、経済的損失は年間10%の割合で増加する10 2015年までに、80%のクラウド・サービスの価格にグローバル燃料サーチャージが含まれるようになる 2015年までを通じ、Fortune 500企業の85%以上が、ビッグ・データを競合優位性確保のために効果的に活用することに11 失敗する http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20111214-01.html
  10. 10. 20,000円を切るタブレットの登場 Nexus7 Kindle Fire HD Kobo Arc 19,800JPY 15,800~JPY 200~USD• コンシューマーは明らかにこれらのハードウェア利用に流れる• 最初から「クライアント環境は特定できない」ことが前提• それぞれのブラウザの仕様の違いにも注意が必要• BYODの対象ともなってくる
  11. 11. Windows RT デバイスの登場• Net PC レンジの価格• 情報の消費だけでない生産性を求めるユーザーへ訴求• エンタープライズ市場におけるコンパニオン利用にも期待• Officeが同梱され、リモートアクセス用のVDAライセンスも付属• “PC Meets Tablet” “Device for Prosumer”
  12. 12. Windows 8 PC 生産性 PC Meets Tablet = Windows8 Tablet 創造性
  13. 13. PC Meets Tablet PC Meets Tablet Keyboard and Touch Work and Play Productive and Creative
  14. 14. 本格的なマルチデバイス時代への突入 利用シナリオ/スクリーンサイズ/インプットデバイス/OS/ブラウザなど 様々な要素の多様化に対応する必要が出てきている
  15. 15. マルチ? スクリーンサイズ フォームファクター インプットデバイス OS ブラウザー UIテクノロジー
  16. 16. 今最もよく聞かれる質問は。。。 ユーザーインターフェイス開発においてどのテクノロジーを利用して開発していくべきか? 外部環境の変化が非常に早く、 技術の絞り込みが非常に難しい状況 現状でテクノロジーを長期スパンで絞り込む事自体に大きなリスクがある
  17. 17. 避けることのできない大波“Consumerization of IT” ユーザーは普段の生活の中で 高度なIT活用体験を当たり前に享受している Forrester Research, Inc.、『The Hour Of The Vendor Strategist: Three Mega Business Trends Will Reshape The Tech Sector』
  18. 18. UX がConsumerization of IT を加速する ユーザーは普段の生活の中で 高度なIT活用体験を当たり前に享受している ユーザーがエンタープライズITにおいても 同様の体験を求める傾向が加速する
  19. 19. デバイスの時代は...DEVICE AGE
  20. 20. DEVICE AGEDEVICE AGE 開発者にとって「氷河期」 のような危機的状況にある
  21. 21. DEV-ICE-AGE 「恐竜」のような組織・体制では生き残れない。 俊敏に変化に適応できる必要がある。
  22. 22. UIの変遷とテクノロジーのギャップ CLI GUI NUI 新たなUIが一般化する前に、現世代のテクノロジーで 次世代のUIを実現しようとする期間がある この期間においては淘汰されるリスクと共に 市場のバランスを変える大きなチャンスがある!
  23. 23. ユーザーインターフェイスの変遷Command-line UI Graphical UI Natural UI それぞれの段階で開発の方法も対象も変わっている。 NUIへ至る過程でのタッチ UI の登場は CUI→GUIの変革と 同等あるいは更に大きなインパクトをもたらすと考えられる。
  24. 24. DEV-ICE-AGE この変革の時代を生き残るための 2つのキーポイントとは: 開発スピードを加速させる生産性 ユーザー体験のデザイン
  25. 25. UIコントロールを使った生産性の向上 できるだけ部品をそのまま利用することによって、 できるだけ「作らない」ことを検討する。 そのために、標準コントロールだけでなく、 多くのUIコントロールをカードとして持っておく。 既に顧客の頭の中にあるUIのイメージは 標準コントロールの範囲を大幅に超えている。
  26. 26. UIコントロールを使った生産性の向上 他のどの産業も生産工程で「開発」をしていない。 優れたプロトタイプを繰り返し「開発」し、 最終的な生産工程でスムーズに組み立てていく。
  27. 27. 組み立てるのは何か? ベクターやビットマップによるアイコンなど、アセット UI 上でそのまま表示されるものスタイル UI コントロールに適用される外観モーション 状態内/状態間のアニメーションレイアウト ネスト構造を持ったグループ化されたレイアウトコントロールUI コントロール 多くはデータバインドの対象となる UI コントロールスクリーン 複数のレイアウトを管理する画面の集合 これらの項目はUIガイドラインの項目として書かれるような ポイントとして押さえるべき大項目となる
  28. 28. NetAdvantageのメリット 開発工数の大幅な削減 高度なパフォーマンスチューニング タッチ対応への迅速な移行のサポート ビジュアルデザインを独立して設定可能 クロスプラットフォームで共通のAPI
  29. 29. インフラジスティックス・ジャパン株式会社 Windows ストアアプリケーション用UIコントロール (Beta)
  30. 30. UIコントロールを活用した開発重要なポイント設計にコンポーネントを合わせるのではなく、コンポーネントを設計時点の選択肢として検討することで最大の効率化が実現フェーズ 標準コントロール使用 UIコントロールを使用設計 • 標準のコントロールでカ • 多機能なコンポーネントを前 バーできない仕様は、追加 提とすることで、多くの仕様 開発の為の設計が必要 を吸収することが可能 • 早期に多くの機能を備えたプ ロトタイプの実装が可能実装(拡張) • 標準コントロールの拡張 • コンポーネントの機能の範囲 • 単体テスト で仕様が決定している場合、 拡張は不要本実装 • コーディング等負荷大 • プロパティベースの効率的な • 機能が増えればその分テス 開発 トの負荷大 • 製品でテスト済みなので単体 テストの負荷小結合テスト • Bugfixの負荷大 • Bugfixの負荷小 • パフォーマンスチューニン • パフォーマンスチューニング グの負荷大 の負荷小
  31. 31. 実工数比較  コンサルティング会社A様のケース チャートコンポーネント(ローソク足)をご活用 30人日 13人日 開発効率に2倍以上の差! 「テスト工数が圧倒的に変わってくる」 単体テスト31
  32. 32. お客様導入事例カブドットコム証券株式会社様• NetAdvantage(WindowsForms)を採用し、 大幅に開発効率を向上 (通常3~4ヶ月→1ヶ月に短縮)• Gridのソートや列の並び替え機能や ツリー、ツールバー機能等を活用 株価情報の一覧表示画面 →開発工数の削減• デザインツールAppStylistにより、 アプリの外観を一元的に設定・管理 →デザイン工数の削減※詳細は弊社サイトをご参照下さい http://jp.infragistics.com/jirei/kabudotcom.aspx 発注パネル
  33. 33. パフォーマンス検証例• 業界最速のデータグリッド – 対象コントロール:XamGrid – テスト内容:xamGrid をさまざまな ItemSource へバインドし、 LayoutUpdated イベントの描画にかかった時間を測定 – 想定操作:データの読み込み時のエンド ユーザーの待ち時間を測定■表1:描画に要した時間 ※IList へバインド - 10 列、1,000,000 行のデータ 弊社製品 競合製品 I 競合製品 II 所要時間 (ms) 1,028 2,050 99% 遅い 1,962 90% 遅い メモリ使用量 91,852 88,964 0.3% 少ない 90,683 0.1% 多い - テスト前(KB) メモリ使用量 91,762 144,394 57% 多い 128,511 40% 多い - テスト後(KB)■表2:描画に要した時間 ※ObservableCollection へバインド - 10 列、1,000,000 行のデータ 弊社製品 競合製品 I 競合製品 II 所要時間 (ms) 1,028 2,025 96% 遅い 1,962 90% 遅い メモリ使用量 - テスト前 91,852 91,360 等しい 90,660 1% 少ない (Kb) メモリ使用量 - テスト後 91,762 113,795 24% 多い 128,207 39% 多い (Kb) ※詳しくは、パフォーマンスホワイトペーパーをご参照下さい。 http://jp.infragistics.com/innovations/performance-whitepapers.aspx#13967
  34. 34. ビジュアルスタイルの適用例:リソースウォッシング機能基本色を1色選択するだけでアプリケーションの外観をキレイにスタイリング
  35. 35. UIコントロールの有効活用 単体 結合 システム要件定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト テスト テスト 従来、導入が検討されたのは開発一歩手前、あるいは 開発に着手してからであり、要件が完全に固まった状態 であった。そのため、やむを得ずコントロールのカスタマイズ をされるケースも多く、あまり効率の良い状態ではない。 単体 結合 システム要件定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト テスト テスト 有効活用されているお客様では、共通して「設計段階 においてUIコンポーネントで要件が満たせるかどうかにつ いて評価」を行い、開発の難易度を決定されている。結 果として見積もりが正確になり、手戻りが少なくなる。
  36. 36. セカンドファクトリー様との協業でお届けできるものは: コードレベルで再利用可能な 継続的な開発に利用できる 実際にコントロールを配置した 仮説 練りこまれたUXを表現するための ユーザー、課題の理解レイアウトデザイン UI ガイドライン インタラクション設計 グラフィックアセット 触れる、実機で動く、最終に近い、 テーマ/スタイル ユーザーの想像力を喚起できる 早期の検証 プロトタイプ開発ビジュアルデザイン プロトタイプ実際に利用できる成果物をお届けしていきます。 2nd FACTORY CO.,Ltd. CONFIDENTIAL 36
  37. 37. Announce! 製品版Ignite UIから、グリッドを 商用利用な形で無償提供します!
  38. 38. リスクをチャンスに変換していこう! この不連続の時代において、 リスクだけでなく大きなチャンスに目を向けて、 大胆にアクションして行きましょう!

×