Open Access and OpenCourseWare (Yuhei Yamauchi)

1,307 views

Published on

「オープン・アクセスとオープンコースウェア」

山内 祐平(東京大学, 大学院 情報学環 准教授)

授業や教材を公開するオープンコースウェアプロジェクトについて、東京大学が提供するUTOpenCourseWareを事例としてオープン・アクセスの観点から検討し、課題と今後の方向性について考える。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,307
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
35
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Open Access and OpenCourseWare (Yuhei Yamauchi)

  1. 1. 東京大学 情報学環 山内 祐平 オープン・アクセスとオープンコースウェア
  2. 2. オープンコースウェアとは <ul><li>講義資料 (シラバス・ノート・テスト) の オープン・アクセス </li></ul><ul><li>MIT で 2002 年に開始 ( 2009 年現在 1925 コース) </li></ul><ul><li>コンソーシアム化 </li></ul><ul><ul><li>JOCW </li></ul></ul><ul><ul><li>OCWC </li></ul></ul>
  3. 3. <ul><li>  東京大学の講義(正規授業)資料の </li></ul><ul><li> 無償公開サイト </li></ul><ul><ul><li>年間 10 授業の授業素材公開(日英)   </li></ul></ul><ul><ul><li>シラバス </li></ul></ul><ul><ul><li>授業カレンダー </li></ul></ul><ul><ul><li>テスト </li></ul></ul><ul><ul><li>授業ビデオ </li></ul></ul><ul><li>   ※月間 150 万ヒット </li></ul><ul><ul><li>MIMA サーチ </li></ul></ul><ul><ul><li>ポッドキャスト </li></ul></ul>
  4. 4. <ul><li>2005. 5 </li></ul><ul><li>- UTOCW ウェブサイト公開 </li></ul><ul><li>2006. 4 </li></ul><ul><li>- ポッドキャスティング開始 </li></ul><ul><li>2007. 1 </li></ul><ul><li>- コンテンツ開発室設置 </li></ul><ul><li>2008.11 </li></ul><ul><li>- UT OpenCourseWare for High School </li></ul>
  5. 5. 授業公開までの流れ
  6. 6. 課題1:持続可能性をどう担保するか <ul><li>Open Courses: Free, but Oh, So Costly </li></ul><ul><li>ユタ州立大学の撤退 </li></ul><ul><li>大学のビジネスモデルとの統合 </li></ul><ul><li>配信内容・メディアの多様化への対応 </li></ul>
  7. 7. 課題2:学習をどこまで保証するのか <ul><li>授業素材でどこまで学べるのか </li></ul><ul><li>Open Educational Contents の動向 </li></ul><ul><ul><li>Connexions (Rice University) 教員向け授業素材リミックス環境 </li></ul></ul><ul><ul><li>Open Learning Initiative (Carnegie Mellon University) シミュレーションやチュータリングなどの学習サポート </li></ul></ul><ul><li>どこまでが「アクセス」なのか </li></ul>

×