SlideShare a Scribd company logo

自由文思考プログラミング環境における手続的機能の実装

Keisuke NAKAMURA
Keisuke NAKAMURA
Keisuke NAKAMURAPresident at KnowrelSystem,Inc.

自然言語等の自由な語彙・文型を用いて誰もが推論規則を書きやすくしたシステムを開発している。これにIF文、WHILE文、代入文、比較文、四則演算、文字列処理等を導入することにより、プログラミング的論理的思考と一般の論理的思考の両方に対応したプログラミング環境を、小中高校の教育現場や思考の補助の目的で提供したい。

自由文思考プログラミング環境における手続的機能の実装

1 of 34
Download to read offline
自由文思考プログラミング環境
における
手続的機能の実装
2020.1.11
ナレルシステム株式会社
中村圭介 安藤建剛
情報処理学会第61回プログラミング・シンポジウム
本日の内容
• もともとの機能の動機・特徴・紹介デモ
• 手続的機能実装の背景
• 制御文実装の目的
• 問題点
• 解決方針と結果デモ
• 手法詳細
• 考察
• まとめと今後の課題
2
背景:自由文による推論系開発の動機
• 誰もが、ふだんの自由な言葉で、気軽に論理プログラミングを
• 任意の自然言語文に変数を埋め込んで簡単な述語論理のできる
Prolog風の処理系を作った
規則 $Xは$Yボレ :- $Xは生きもん ; $Xは$Yのそばおる ;
事実 太郎は生きもん
事実 太郎は花子のそばおる
推論 太郎は花子ボレ
3
記号・形式言語・
標準語以外も可
ホーン節(結論は左辺の1つ)
特徴(自然言語の曖昧さを幅優先で)
$Xと$Yは兄弟 ・・・条件1
太郎と次郎と三郎は兄弟
($X,$Y)={
(太郎,次郎と三郎),
(太郎と次郎,三郎)
}
4
幅の優先管理
特徴(自然言語の曖昧さを幅優先で)
$Xは人間 ・・・条件2
太郎は人間
次郎は人間
三郎は人間
($X)={(太郎),(次郎),(三郎)}
5
特徴(自然言語の曖昧さを幅優先で)
$Xと$Yは兄弟 ・・・条件1
($X,$Y)={
(太郎,次郎と三郎),
(太郎と次郎,三郎)
}
$Xは人間 ・・・条件2
($X)={
(太郎),(次郎),(三郎)
}
6
✕
✕ ✕
($X,$Y)=
{(太郎,次郎と三郎)}
結果
Ad

Recommended

PythonとRによるデータ分析環境の構築と機械学習によるデータ認識 第3版
PythonとRによるデータ分析環境の構築と機械学習によるデータ認識 第3版PythonとRによるデータ分析環境の構築と機械学習によるデータ認識 第3版
PythonとRによるデータ分析環境の構築と機械学習によるデータ認識 第3版Katsuhiro Morishita
 
opensource and accessibility (Dec2000) Part 2
opensource and accessibility (Dec2000) Part 2opensource and accessibility (Dec2000) Part 2
opensource and accessibility (Dec2000) Part 2Takuya Nishimoto
 
SL(2,Z)の元の生成シミュレーション
SL(2,Z)の元の生成シミュレーションSL(2,Z)の元の生成シミュレーション
SL(2,Z)の元の生成シミュレーションYuri Mizushima
 
ChainerでDeep Learningを試す為に必要なこと
ChainerでDeep Learningを試す為に必要なことChainerでDeep Learningを試す為に必要なこと
ChainerでDeep Learningを試す為に必要なことJiro Nishitoba
 
ChainerでDeep Learningを試すために必要なこと
ChainerでDeep Learningを試すために必要なことChainerでDeep Learningを試すために必要なこと
ChainerでDeep Learningを試すために必要なことRetrieva inc.
 
Xp Terakoya No02
Xp Terakoya No02Xp Terakoya No02
Xp Terakoya No02takepu
 
po-7. モジュール,標準ライブラリ,算法(アルゴリズム)
po-7. モジュール,標準ライブラリ,算法(アルゴリズム)po-7. モジュール,標準ライブラリ,算法(アルゴリズム)
po-7. モジュール,標準ライブラリ,算法(アルゴリズム)kunihikokaneko1
 
沢マンに学ぶいきいき
沢マンに学ぶいきいき沢マンに学ぶいきいき
沢マンに学ぶいきいきTakeshi Kakeda
 

More Related Content

Similar to 自由文思考プログラミング環境における手続的機能の実装

Pythonおじさんのweb2py挑戦記
Pythonおじさんのweb2py挑戦記Pythonおじさんのweb2py挑戦記
Pythonおじさんのweb2py挑戦記Yoshiyuki Nakamura
 
Humanote3 3 manual 2018.5.20a
Humanote3 3 manual 2018.5.20aHumanote3 3 manual 2018.5.20a
Humanote3 3 manual 2018.5.20aKeisuke NAKAMURA
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景Koichi ITO
 
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCOSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCDaisuke Nishino
 
TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02Hiro Yoshioka
 
concrete5で社内システムのお話し
concrete5で社内システムのお話しconcrete5で社内システムのお話し
concrete5で社内システムのお話しTao Sasaki
 
音声インタフェースとWebアクセシビリティ
音声インタフェースとWebアクセシビリティ音声インタフェースとWebアクセシビリティ
音声インタフェースとWebアクセシビリティTakuya Nishimoto
 
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験についてRakuten Group, Inc.
 
Information20120312
Information20120312Information20120312
Information20120312b-slash
 
ソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどりソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどりTakashi Imagire
 
GoogleAnalytics Tools クックブック
GoogleAnalytics Tools クックブックGoogleAnalytics Tools クックブック
GoogleAnalytics Tools クックブックTakashi Sudou
 
フロントエンドの技術を刷新した話し。
フロントエンドの技術を刷新した話し。フロントエンドの技術を刷新した話し。
フロントエンドの技術を刷新した話し。Yutaka Horikawa
 
XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」
XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」
XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」Shuji Morisaki
 
Php勉強会スライド
Php勉強会スライドPhp勉強会スライド
Php勉強会スライドsuzumurashingo
 
テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1Hiro Yoshioka
 
20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて
20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて
20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについてsumim
 
Learning to control the specificity in neural response generation
Learning to control the specificity in neural response generation Learning to control the specificity in neural response generation
Learning to control the specificity in neural response generation OgataTomoya
 
Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演
Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演
Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演Hironori Washizaki
 

Similar to 自由文思考プログラミング環境における手続的機能の実装 (20)

Pythonおじさんのweb2py挑戦記
Pythonおじさんのweb2py挑戦記Pythonおじさんのweb2py挑戦記
Pythonおじさんのweb2py挑戦記
 
Scrum alliance regional gathering tokyo 2013 pub
Scrum alliance regional gathering tokyo 2013 pubScrum alliance regional gathering tokyo 2013 pub
Scrum alliance regional gathering tokyo 2013 pub
 
Humanote3 3 manual 2018.5.20a
Humanote3 3 manual 2018.5.20aHumanote3 3 manual 2018.5.20a
Humanote3 3 manual 2018.5.20a
 
Ldd13 present
Ldd13 presentLdd13 present
Ldd13 present
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
 
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCOSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
 
TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02
 
concrete5で社内システムのお話し
concrete5で社内システムのお話しconcrete5で社内システムのお話し
concrete5で社内システムのお話し
 
音声インタフェースとWebアクセシビリティ
音声インタフェースとWebアクセシビリティ音声インタフェースとWebアクセシビリティ
音声インタフェースとWebアクセシビリティ
 
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
 
Information20120312
Information20120312Information20120312
Information20120312
 
ソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどりソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどり
 
GoogleAnalytics Tools クックブック
GoogleAnalytics Tools クックブックGoogleAnalytics Tools クックブック
GoogleAnalytics Tools クックブック
 
フロントエンドの技術を刷新した話し。
フロントエンドの技術を刷新した話し。フロントエンドの技術を刷新した話し。
フロントエンドの技術を刷新した話し。
 
XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」
XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」
XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」
 
Php勉強会スライド
Php勉強会スライドPhp勉強会スライド
Php勉強会スライド
 
テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1
 
20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて
20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて
20200504 Smalltalkを学ぶ会 (リモート開催) - Smalltalkについて
 
Learning to control the specificity in neural response generation
Learning to control the specificity in neural response generation Learning to control the specificity in neural response generation
Learning to control the specificity in neural response generation
 
Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演
Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演
Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン、鷲崎弘宜、PyConJP 2016 招待講演
 

More from Keisuke NAKAMURA

自由文思考プログラミングの例やFAQ
自由文思考プログラミングの例やFAQ自由文思考プログラミングの例やFAQ
自由文思考プログラミングの例やFAQKeisuke NAKAMURA
 
思考プログラミングの世界標準をめざして
思考プログラミングの世界標準をめざして思考プログラミングの世界標準をめざして
思考プログラミングの世界標準をめざしてKeisuke NAKAMURA
 
学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案
学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案
学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案Keisuke NAKAMURA
 
HUMANOTEを用いた授業提案
HUMANOTEを用いた授業提案HUMANOTEを用いた授業提案
HUMANOTEを用いた授業提案Keisuke NAKAMURA
 
全自治体リバーシ2160古今東西後編
全自治体リバーシ2160古今東西後編全自治体リバーシ2160古今東西後編
全自治体リバーシ2160古今東西後編Keisuke NAKAMURA
 
全自治体リバーシ2160古今東西前編
全自治体リバーシ2160古今東西前編全自治体リバーシ2160古今東西前編
全自治体リバーシ2160古今東西前編Keisuke NAKAMURA
 
言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3
言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3
言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3Keisuke NAKAMURA
 
言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案
言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案
言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案Keisuke NAKAMURA
 
ijcai2020_submitted_paper_but_not_acceptted
ijcai2020_submitted_paper_but_not_accepttedijcai2020_submitted_paper_but_not_acceptted
ijcai2020_submitted_paper_but_not_accepttedKeisuke NAKAMURA
 
米国特許庁への意見書と補正書
米国特許庁への意見書と補正書米国特許庁への意見書と補正書
米国特許庁への意見書と補正書Keisuke NAKAMURA
 
自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現
自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現
自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現Keisuke NAKAMURA
 
第2回:自由文思考プログラミングと他との違い
第2回:自由文思考プログラミングと他との違い第2回:自由文思考プログラミングと他との違い
第2回:自由文思考プログラミングと他との違いKeisuke NAKAMURA
 
Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)
Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)
Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)Keisuke NAKAMURA
 
Humanote_言葉方程式の公開問題集
Humanote_言葉方程式の公開問題集Humanote_言葉方程式の公開問題集
Humanote_言葉方程式の公開問題集Keisuke NAKAMURA
 
NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」
NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」
NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」Keisuke NAKAMURA
 
Kanazawa ideaconetst2018 8
Kanazawa ideaconetst2018 8Kanazawa ideaconetst2018 8
Kanazawa ideaconetst2018 8Keisuke NAKAMURA
 
Humanote j-tech-startup-summit-2nd-exam
Humanote j-tech-startup-summit-2nd-examHumanote j-tech-startup-summit-2nd-exam
Humanote j-tech-startup-summit-2nd-examKeisuke NAKAMURA
 

More from Keisuke NAKAMURA (20)

自由文思考プログラミングの例やFAQ
自由文思考プログラミングの例やFAQ自由文思考プログラミングの例やFAQ
自由文思考プログラミングの例やFAQ
 
思考プログラミングの世界標準をめざして
思考プログラミングの世界標準をめざして思考プログラミングの世界標準をめざして
思考プログラミングの世界標準をめざして
 
学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案
学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案
学校向け:思考プログラミングのワークショップ提案
 
HUMANOTEを用いた授業提案
HUMANOTEを用いた授業提案HUMANOTEを用いた授業提案
HUMANOTEを用いた授業提案
 
HUMANOTE-LOCAL3.pdf
HUMANOTE-LOCAL3.pdfHUMANOTE-LOCAL3.pdf
HUMANOTE-LOCAL3.pdf
 
全自治体リバーシ2160古今東西後編
全自治体リバーシ2160古今東西後編全自治体リバーシ2160古今東西後編
全自治体リバーシ2160古今東西後編
 
全自治体リバーシ2160古今東西前編
全自治体リバーシ2160古今東西前編全自治体リバーシ2160古今東西前編
全自治体リバーシ2160古今東西前編
 
言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3
言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3
言葉方程式による論理型プログラミングの例題サンプル1-3
 
言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案
言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案
言葉方程式思考プログラミングによる論理的思考力鍛錬のご提案
 
ijcai2020_submitted_paper_but_not_acceptted
ijcai2020_submitted_paper_but_not_accepttedijcai2020_submitted_paper_but_not_acceptted
ijcai2020_submitted_paper_but_not_acceptted
 
米国特許庁への意見書と補正書
米国特許庁への意見書と補正書米国特許庁への意見書と補正書
米国特許庁への意見書と補正書
 
自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現
自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現
自由文思考プログラミング【007】 OR(又は)の一表現
 
第2回:自由文思考プログラミングと他との違い
第2回:自由文思考プログラミングと他との違い第2回:自由文思考プログラミングと他との違い
第2回:自由文思考プログラミングと他との違い
 
Humanote s01
Humanote s01Humanote s01
Humanote s01
 
Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)
Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)
Humanote workbook(問題集) and QA(質問回答)
 
Humanote202012leaflet
Humanote202012leafletHumanote202012leaflet
Humanote202012leaflet
 
Humanote_言葉方程式の公開問題集
Humanote_言葉方程式の公開問題集Humanote_言葉方程式の公開問題集
Humanote_言葉方程式の公開問題集
 
NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」
NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」
NT金沢2019でデモした「少ないデータから法則を学習するオモチャ」
 
Kanazawa ideaconetst2018 8
Kanazawa ideaconetst2018 8Kanazawa ideaconetst2018 8
Kanazawa ideaconetst2018 8
 
Humanote j-tech-startup-summit-2nd-exam
Humanote j-tech-startup-summit-2nd-examHumanote j-tech-startup-summit-2nd-exam
Humanote j-tech-startup-summit-2nd-exam
 

Recently uploaded

3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】NEURALGPNETWORK
 
スクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理する
スクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理するスクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理する
スクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理するsatoshi59
 
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023Tokyo Institute of Technology
 
The Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi EnglishThe Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi Englishsoushi1130
 
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programIntroductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programkishita2
 
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】NEURALGPNETWORK
 
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。Eito Noritake
 

Recently uploaded (7)

3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
 
スクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理する
スクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理するスクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理する
スクラッチでゲームを作る方法 ステップ①:作品のアイデアを考えて整理する
 
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
 
The Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi EnglishThe Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi English
 
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programIntroductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
 
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
 
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
 

自由文思考プログラミング環境における手続的機能の実装