Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

中学$prolog(人工知能)の4月1日資料

383 views

Published on

中学$Prologの使い方について簡単に説明した資料になります。

Published in: Education
  • Be the first to comment

中学$prolog(人工知能)の4月1日資料

  1. 1. 中学$Prolog (演繹型?人工知能) の使い方 ⓪開発動機、①特徴、②他のAIシステムとの接続・関係、③主な用途 ④事実、データ、自分の言葉、⑤ルール(ホーン節)、 ⑥(連立)言葉方程式、⑦手続的解釈、⑧NOT、 ⑨静的引用、⑩動的引用、⑪比較、⑫文脈と逆質問、⑬定型応答 KITハッカソン Vol.4にて情報提供させて頂いた内容の開示 2016.3.10準備版の⓪開発動機+3.19ハンズオン版 ナレルシステム(株) 中村圭介 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソンVoL4資料
  2. 2. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⓪開発の動機 ・尊敬されたいし、豊かにも幸せにもなりたいけど・・・、一生の仕事としては、 ・世の中の理不尽を減らしたい・・・できれば自分が夢中になれるプログラミングで! ・さまざまな論理(正論は当然。少数意見も)が、選択肢(仮説、一案、筋道の明確な 一理)としてきっちり伝わる仕組みを作りたい(すべての国、団体、会社、仲間、家族 をより明るくするような) ・そのような仕組みに、誰もが関与できるようにしたい(一般の方々、おじいちゃん、お ばあちゃん、大昔の大先生、理想/未来の仮想人格たち、・・・) ・自分の言葉で自由に表現した事実(データや仮説)と推論規則(考え方や理論)を、 世界の誰(の人工知能)にも影響を与えうる(=引用でき、敷衍できる)形式で世界に 解き放てるようにする(誰もが世界(の考え方)を変えられる)! ・誰もが論理学の初歩(一階述語論理)と論理プログラミング(人工知能)を習得し、自 分、おじいちゃん、おばあちゃん等の人格を対話可能な形でネットに残し、生きた証と しての(自分の信じた)知を後世に蓄積し、誰もが世の中をより明るくしていける時代
  3. 3. 僕は一年のとき花子ちゃんが好きでした C言語、PHP、JAVA等 → ×プログラムでない(日記、作文はプログラムと認めません!) しかし、従来のPROLOGと中学$Prolog → ○プログラム(事実)である 僕は$Bのことをずっとおぼえている :- 僕は$A年のとき$Bが好きでした; C言語、PHP、JAVA → ×プログラムでない 従来のPROLOG → ×プログラムでない!! 中学$Prolog → ○プログラム(ルール)である!!! 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソンVoL4資料 つまり、日記や作文がそのまま世界の思考に影響を与える AIの知識=論理プログラム(事実、ルール)になる! ①特徴
  4. 4. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ①最大の特徴(元祖Prologとの違い) 1)変数は自由文中に「$A」、「${母親}」、等として埋め込む 2)事実は自由文で記載し(日記等からコピペ可)、表記ゆれ吸収規則で調整 例. 僕は太郎と旧知 僕は次郎と昔からの知り合い 僕は太郎と仲よし 僕は$Aと友達 :- 僕は$Aと旧知; 僕は$Aと仲よし; $X旧知 :- $X昔からの知り合い; 3)ルールの中の条件列の確認は、各条件ごとに全ての解候補を列挙してから絞る 条件1{太郎,次郎} ⇒ 条件2{太郎}
  5. 5. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ②他のAIシステムとの接続可能性(または関係) ○自動知識獲得(人が論理プログラムを書けば不要。法、道徳、愛、価値観は人が描く) ・機械学習 ・・・ 機械学習した結果を言葉で表現できれば連携可能 ・ディープラーニング・・・ 分類結果(N値)を入力として推論(演繹)することが可能 ・統計解析 ・・・ 推定されたモデルや値を論理に変換できれば連携可能 ・テキストマイニング ・・・ 結果を連携可能 ※いずれもI/Fカスタマイズ必要 ○パターン認識 ・音声認識 ・・・ 結果を文脈(前提条件)、質問等として利用可(開発中) ○変換・合成 ・翻訳 ・・・ 翻訳系に対してテキストによる入出力が(作りこみ)可能 ・音声合成 ・・・ 推論結果等を音声出力することが可能(開発中)
  6. 6. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ③主な用途その1 1)標準語を、金沢弁(又は仲間うちの秘密の言葉になおす)またはその逆 ・知識として交換しやすい形にする 2)自分の言葉で(メカニズムや理由を)説明できる「答え」を自動的に探す 3)しゃべる人格をプログラムする ・家族が話せる「おじいちゃん」や困ったときの「先生」を永遠に残す ・価値観(優先順位)、考え方(ルール)、愛や思い出(事実)を定義し残せる
  7. 7. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ③主な用途その2 4)教育 論理学自体、物理法則、社会のメカニズム、法律、哲学、等 5)データ抽出 オープンデータ/ビッグデータ等からの事象抽出、表記ゆれ整形 6)ゲーム制御 アドベンチャー、RPG、アクション、それらの世界観の結合 7)ロボット制御 人間的な価値観(優先順位)でより重大な危険を回避する制御の 実現等
  8. 8. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ③主な用途まとめ(⇒元祖PROLOGにできること+α) 1)自動証明 定理証明、要因やメカニズムの再起的推理と説明、主張理由づけ 2)解探索 (連立)言葉方程式の解探索、組合せによるアイディア・仮説・案の創出 3)診断・解決 医療・法律・人事・最適材料・故障等の診断/問題解決システム 4)データ抽出 オープンデータ/ビッグデータ等からの事象抽出、表記ゆれ整形 5)人格定義 人間的な価値観の定義と本格的な論理思考をもとに、 ネットからの質問に応答することが可能な疑似人格対話サービスの提供 6)教育 論理学自体、物理法則、社会のメカニズム、法律、哲学、生産管理等 7)ゲーム制御 アドベンチャー、RPG、アクション、それらの世界観の結合 8)ロボット制御 人間的な価値観(優先順位)でより重大な危険を回避する制御の実現等
  9. 9. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ④事実(=データ=日記や作文) 太郎は花子がめちゃ好き ⇔ 好き(太郎,花子). 中学$PROLOGは 日記に書いている そのままの文章を 推論に取り入れることが できます 従来PROLOGは 述語(主格,目的格) などといった 格の集合と順番をそろえない と使えない!!
  10. 10. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑤ルールその1(文法) $Aは$Bがめちゃ好き :- $Aは$Bに毎夜電話する;$Aと$Bは異性; 変数は$から始まり 文の中に埋め込んで使う 従来PROLOGは ,(コンマ)区切り だけど、 中学$PROLOGは ;(セミコロン)区切り 従来どおりAND条件となる
  11. 11. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑥ルールその2(言葉方程式としての意味) $Aは$Bがめちゃ好き :- $Aは$Bに毎夜電話する;$Aと$Bは異性; ヘッドが成立するためには 各条件の各変数に同じ値が 代入されて 全ての条件が成立しなければ ならない(=連立言葉方程式) ($A,$B)=(太郎,花子) (次郎,小百合) ・・・ 解が複数の場合↑
  12. 12. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑦手続的解釈 $Aは$Bがめちゃ好き :- $Aは$Bに毎夜電話する;print “$Aと$B”; $Aと$Bは異性; 推論の 途中経過を プリントしたい場合 ここに、こういうふうに書くと、 異性じゃないのに 毎夜電話している 同性友達の組も含めて 表示されます。 ※データの例は 諸般の事情で省略
  13. 13. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑧NOT(~) 推論の 途中経過を プリントしたい場合 ここに、こういうふうに書くと、 あえて異性でない 友達の組が 表示されます。 $Aは$Bがめちゃ好き :- $Aは$Bに毎夜電話する;~$Aと$Bは異性;
  14. 14. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑨静的引用 社内で使用する論理プログラムのソースコードの例 === ///@http://hoge.jp/commonsense.jpl ///@C:社内共有顧客データ.jpl ///以下、自分だけが知る事実、ルール、価値観を記述する 太郎は花子に甘い 次郎は小百合の言うことを聞きやすい <重要 安全 太郎との約束 法令 品質 納期 コスト >重要
  15. 15. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑩動的引用
  16. 16. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑪比較
  17. 17. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑫文脈と逆質問 質問の前に 前提条件を 教え込むことができ ます(文脈) 一方 質問に答えるため の情報を AIのほうから要求 するように設計もで きます(逆質問)
  18. 18. 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料 ⑬定型応答 こんにちは::こんにちは、○○です。今日の四十万は${#天気(四十万)}です。 こんばんは::こんばんは、○○です。もうすぐ夜桜をたのしめますね。 話をきかせて::当社の新しい商品○○のPRをさせて頂きます。・・・。ご静聴あり がとうございました。 メアド教えて::ご相談窓口のメールアドレスは jd_prolog@marusei-sk.com です。 ダウンロードURL::http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/prog/se512641.html ※現在リリース中のバージョン1.32は対応していません。 ※定型応答内の関数の記法は3.10の当初準備資料から改訂しました(#追加)。
  19. 19. まとめ 今後の課題 ・音声インターフェース(開発中) ・方言、スラング等の吸収規則ライブラリの整備 ・英語、中国語等の外国語への対応(ローカライズ、普及) 中学$Prolog(人工知能)の使い方 2016.3.18 KITハッカソン準備資料
  20. 20. 最後まで御覧頂き誠に有難うございました
  21. 21. 現在、中学$Prologと論理プログラミングのさらなる発展と 世界的な普及をめざし、 皆様からのご意見やご要望、ご質問等をお待ち申しあげて おります。 暖かいご支援を、どうぞ宜しくお願い申し上げます ナレルシステム株式会社 責任者 中村圭介 TEL (+81)76-213-5211 FAX (+81)76-213-5239 MAIL jd_prolog@marusei-sk.com

×