Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Amazon  Data  Service  Japan  K.K.
Solutions  Architect
Keisuke  Nishitani(@Keisuke69)
UnityとAmazon  Web  Services
で⽣生み出す新...
⾃自⼰己紹介
•  ⻄西⾕谷圭介
–  @Keisuke69
–  www.facebook.com/keisuke69
•  ロール
–  ソリューションアーキテクト
–  Webサービス  /  スタートアップを
担当
–  モバイルなどア...
と⾔言えば
プログラマブルとは?
•  クラウドはAPIでコントロールできるのが当た
り前
•  AWSの場合、ほぼ全てのサービスにAPIがある
•  ネットワークからプラットフォーム⾃自体まで、
どのレイヤもプログラマのコンテキストでコン
トロールできる
つまり全てが意のままに
AWS  SDK
開発者の環境(サーバやバッチ処理理ワーカーなど)で動かすコードで利利⽤用
Android iOS
Java NodeJS .NET PHP Python Ruby
Javascript
in  
Browser
エンドユーザの...
AWS  SDK
開発者の環境(サーバやバッチ処理理ワーカーなど)で動かすコードで利利⽤用
Android iOS
Java NodeJS .NET PHP Python Ruby
Javascript
in  
Browser
エンドユーザの...
AWS  Mobile  SDK  for  Unity
•  クロスプラットフォームなゲーム開発環境として⼈人気の
⾼高いUnityのPlugin
–  .NETベースのクラス群で構成
–  Unityで書かれたゲームからAWSサービスをコー...
AWS  Mobile  SDK  for  Unity
•  サービスごとのUnityパッケージ
–  aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk-‐‑‒dynamodb-‐‑‒x.x.x.x.unitypackage
–  aws-‐‑‒uni...
使い⽅方
awsconfig.xml
<aws region="us-west-2"
<logging logTo="SystemDiagnostics"
logResponses="Always"
logMetrics="true" logMetrics...
サンプル:S3でオブジェクトを取得
private  IAmazonS3  _s3Client;
private  AWSCredentials  _credentials;
private  void  GetObject() {
_cred...
2-‐‑‒Tier  Architecture
仮想サーバー(EC2)を利利⽤用せずに、クライアントから直接  AWS  のサービスを利利⽤用する。
2-‐‑‒Tier  アーキテクチャとは?
従来  アーキテクチャ 2-‐‑‒Tier  アーキテクチャ
・認証API
・データ保存API
A...
参考資料料
•  ダウンロード
https://s3.amazonaws.com/aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk/latest/aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk.zip
•  ソースコード
https://github.com/a...
UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値
UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値
UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値
UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値
UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値

2,735 views

Published on

20150709のThe BridgeでのLT資料です

Published in: Software
  • Be the first to comment

UnityとAmazon Web Servicesで生み出す新しい価値

  1. 1. Amazon  Data  Service  Japan  K.K. Solutions  Architect Keisuke  Nishitani(@Keisuke69) UnityとAmazon  Web  Services で⽣生み出す新しい価値
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 •  ⻄西⾕谷圭介 –  @Keisuke69 –  www.facebook.com/keisuke69 •  ロール –  ソリューションアーキテクト –  Webサービス  /  スタートアップを 担当 –  モバイルなどアプリ寄りなプロダク トを担当
  3. 3. と⾔言えば
  4. 4. プログラマブルとは? •  クラウドはAPIでコントロールできるのが当た り前 •  AWSの場合、ほぼ全てのサービスにAPIがある •  ネットワークからプラットフォーム⾃自体まで、 どのレイヤもプログラマのコンテキストでコン トロールできる
  5. 5. つまり全てが意のままに
  6. 6. AWS  SDK 開発者の環境(サーバやバッチ処理理ワーカーなど)で動かすコードで利利⽤用 Android iOS Java NodeJS .NET PHP Python Ruby Javascript in   Browser エンドユーザの端末あるいはサービスのクライアント側で動くコードで利利⽤用 クライアント側SDK
  7. 7. AWS  SDK 開発者の環境(サーバやバッチ処理理ワーカーなど)で動かすコードで利利⽤用 Android iOS Java NodeJS .NET PHP Python Ruby Javascript in   Browser エンドユーザの端末あるいはサービスのクライアント側で動くコードで利利⽤用 クライアント側SDK AWS  Mobile  SDK
  8. 8. AWS  Mobile  SDK  for  Unity •  クロスプラットフォームなゲーム開発環境として⼈人気の ⾼高いUnityのPlugin –  .NETベースのクラス群で構成 –  Unityで書かれたゲームからAWSサービスをコールすることが簡単に •  利利⽤用可能なサービス –  Amazon  Cognito –  Amazon  S3 –  Amazon  DynamoDB –  Amazon  Mobile  Analytics –  Amazon  SNS •  Unity4.0以降降をサポート
  9. 9. AWS  Mobile  SDK  for  Unity •  サービスごとのUnityパッケージ –  aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk-‐‑‒dynamodb-‐‑‒x.x.x.x.unitypackage –  aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk-‐‑‒mobileanalytics-‐‑‒x.x.x.x.unitypackage –  aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk-‐‑‒s3-‐‑‒x.x.x.x.unitypackage –  aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk-‐‑‒cognitosync-‐‑‒x.x.x.x.unitypackage •  必要なパッケージだけを導⼊入できる
  10. 10. 使い⽅方
  11. 11. awsconfig.xml <aws region="us-west-2" <logging logTo="SystemDiagnostics" logResponses="Always" logMetrics="true" logMetrics="true" /> <s3 useSignatureVersion4="true" /> <mobileAnalytics sessionTimeout = "5" maxDBSize = "5242880" dbWarningThreshold = "0.9" maxRequestSize = "102400" allowUseDataNetwork = "false"/> /> •  AWS  SDK  for  Unityの設定ファイル •  ログ設定やS3のシグネチャバージョンなどを設定 •  HTTPレスポンスを出⼒力力したり、リクエストのパフォーマンス状況を出⼒力力 したり •  そのほか各サービスごとの設定も
  12. 12. サンプル:S3でオブジェクトを取得 private  IAmazonS3  _s3Client; private  AWSCredentials  _credentials; private  void  GetObject() { _credentials = new CognitoAWSCredentials(IdentityPoolId,  RegionEndpoint.USEast1); _s3Client = new AmazonS3Client(Credentials, RegionEndpoint.USEast1); ResultText.text = string.Format("fetching {0} from bucket {1}”,SampleFileName,S3BucketName); Client.GetObjectAsync(S3BucketName, SampleFileName, (responseObj)  => { string data = null; var response = responseObj.Response; if (response.ResponseStream != null){ using (StreamReader reader = new StreamReader(response.ResponseStream)){ data = reader.ReadToEnd(); } ResultText.text  +=  "n"; ResultText.text  +=  data; } }) }
  13. 13. 2-‐‑‒Tier  Architecture
  14. 14. 仮想サーバー(EC2)を利利⽤用せずに、クライアントから直接  AWS  のサービスを利利⽤用する。 2-‐‑‒Tier  アーキテクチャとは? 従来  アーキテクチャ 2-‐‑‒Tier  アーキテクチャ ・認証API ・データ保存API Amazon  Cognito (認証) Amazon  DynamoDB (データ保存) Web DB バッチ プッシュ通知 Amazon  SNS  MobilePush (プッシュ通知)プッシュ通知 AWS  Lambda (ロジック) LB
  15. 15. 参考資料料 •  ダウンロード https://s3.amazonaws.com/aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk/latest/aws-‐‑‒unity-‐‑‒sdk.zip •  ソースコード https://github.com/aws/aws-‐‑‒sdk-‐‑‒unity •  Developer  Guide http://docs.aws.amazon.com/mobile/sdkforios/developerguide/index.html •  SDK  Reference http://docs.aws.amazon.com/AWSiOSSDK/latest/ •  Samples https://github.com/awslabs/aws-‐‑‒sdk-‐‑‒ios-‐‑‒samples

×