Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Diabetes for keiro (Japanese)

1,383 views

Published on

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Diabetes for keiro (Japanese)

  1. 1. 糖尿病 <ul><li>敬老ヘルシー・エイジング </li></ul><ul><li>研究機関 </li></ul>Take Time To Care
  2. 2. FDA( 米国食品医薬品局) について <ul><li>アメリカで最も歴史のある消費者保護団体です。 </li></ul><ul><li>規制された製品の安全性と有効性の確保に努めます。 </li></ul>
  3. 3. FDA によって規制される製品例 動物用の薬、餌、 動物実験 食品 生物製剤 医薬品 ( 人体用 ) 化粧品 医療器具・放射線管理
  4. 4. FDA Office of Women’s Health 女性の健康管理事務局 <ul><li>Advocates - 支持 </li></ul><ul><li>Promotes - 促進 </li></ul><ul><li>Provides - 提供 </li></ul>創立 1994 年
  5. 5. なぜ糖尿病について学ぶのか ? <ul><li>何百万人もの人々が糖尿病に苦しんでいる現状。 </li></ul><ul><li>全国的にも主要な死亡原因。 </li></ul><ul><li>身体に傷害を引き起す可能性。 </li></ul><ul><li>治療に多大な費用が必要。 </li></ul><ul><li>患者の数とそのリスクが共に年々増大中。 </li></ul>
  6. 6. 米国にてマイノリティー・グループ に属する女性の特性 <ul><li>2 型糖尿病は米国マイノリティー・グループの間で最も多く確認されています。 </li></ul><ul><li>糖尿病は通常白人女性と比べて、黒人系、ヒスパニック系、アメリカン・インディアン系そしてアジア・パシフィック系の女性の方がで 2-4 倍も多く確認されています。 </li></ul>
  7. 7. 糖尿病予備軍 <ul><li>血糖値が正常値よりもやや高めの人。 </li></ul><ul><li>しかし、糖尿病と診断されるほど高くはない状態。 </li></ul><ul><li>2 型糖尿病、心臓病や脳卒中のリスクが高くなります。 </li></ul><ul><li>糖尿病への進行は決して避けられないものではありません。 </li></ul>
  8. 8. 妊娠糖尿病 <ul><li>母体への影響 : </li></ul><ul><li>20-50% の確立で、妊娠後 5-10 年以内に 2 型糖尿病を発病します。 </li></ul><ul><li>糖尿病性合併症の進行 </li></ul><ul><li>子癇前症 </li></ul><ul><li>胎児への影響 : </li></ul><ul><li>在胎期間 (LGA) より大きめ </li></ul><ul><li>未熟児 </li></ul><ul><li>新生児合併症 </li></ul><ul><li>小児期から思春期にかけて肥満になるリスクが 10 倍に増加します。 </li></ul><ul><li>子宮内死 </li></ul><ul><li>先天性異常 </li></ul>妊娠糖尿病 - Gestational Diabetes Mellitus (GDM) - は 妊娠後の糖尿病の発病の大きな要因です。
  9. 9. アメリカ全土の統計データ <ul><li>20 歳以上の女性の 8.8% に当たる 970 万人の女性が糖尿病を患っていることが判明。 </li></ul><ul><li>3 人に1人は糖尿病を発病していることに気づいていません。 </li></ul><ul><li>リスクと有病率は年齢と共に増加します。 </li></ul><ul><li>妊婦の 2-5% が妊娠糖尿病を発病します。 </li></ul>
  10. 10. 糖尿病の傾向 National Diabetes Surveillance System 各州の糖尿病と診断された成人の人口 ( 予想人口)における 各州の成人 100 人当たりの糖尿病の有病率 ( 年齢調整含む) 1994 年、アメリカ合衆国 http://www.cdc.gov/diabetes/statistics/prev/state/index.htm Missing Data <4% 4-4.9% 5-5.9% 6+%
  11. 11. 糖尿病の傾向 National Diabetes Surveillance System 各州の見た糖尿病と診断された成人の人口 ( 予想人口 ) における 各州の成人 100 人当たりの糖尿病の有病率 ( 年齢調整含む ) 2004 年、アメリカ合衆国 http://www.cdc.gov/diabetes/statistics/prev/state/index.htm Missing Data <4% 4-4.9% 5-5.9% 6+%
  12. 12. 糖尿病の傾向 National Diabetes Surveillance System 各州の糖尿病と診断された成人の人口(予想人口)における 各州の成人 100 人当たりの糖尿病の有病率 ( 年齢調整含む ) 1994 年・ 2004 年、アメリカ合衆国 http://www.cdc.gov/diabetes/statistics/prev/state/index.htm Missing Data <4% 4-4.9% 5-5.9% 6+% 2004 1994
  13. 13. 各群の糖尿病と診断された 20 歳以上の成人の予想人口 分布図 2007 年、アメリカ合衆国
  14. 14. 糖尿病による影響 <ul><li>心臓病・脳卒中 </li></ul><ul><li>高血圧 </li></ul><ul><li>失明 </li></ul><ul><li>性機能障害 </li></ul><ul><li>その他の合併症 </li></ul><ul><li>腎臓病 </li></ul><ul><li>神経系疾患 </li></ul><ul><li>(手足などの)切断 </li></ul><ul><li>歯の疾病 </li></ul><ul><li>妊娠中の合併症 </li></ul>主要な死亡原因の 6 番目にあたり、 深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。
  15. 15. その他の合併症 <ul><li>視力、聴力、嗅覚、味覚の低下。 </li></ul><ul><li>食べ物を噛むことや消化することが難しくなります。 </li></ul><ul><li>移動度や運動量の低下。 </li></ul><ul><li>認識力や精神的機能への影響。 </li></ul><ul><li>他の慢性病への影響。 </li></ul>
  16. 16. 幸いなことに、 糖尿病は管理できる病気なのです。 <ul><li>食生活に気を配り、運動をしましょう。 </li></ul><ul><li>薬を正しく服用しましょう。 </li></ul><ul><li>血糖値を測って “ AB Cs ” をチェックしましょう。 </li></ul>
  17. 17. 糖尿病の管理 食生活に気を配り、運動をしましょう。
  18. 18. 糖尿病の管理 <ul><li>薬を正しく </li></ul><ul><li>服用しましょう。 </li></ul><ul><li>薬を飲むとき、または注射をするときは、服用法に従いましょう。 </li></ul><ul><li>自分が服用している薬のことを、医師や薬剤師から詳しく聞きましょう。 </li></ul>
  19. 19. 糖尿病の管理 <ul><li>血糖値を測り、 “ ABCs” をチェックしましょう。 </li></ul><ul><li>医師や看護師と自分の “ ABCs” について話し合いましょう: </li></ul><ul><ul><li>A -1-C 血糖値  (7 以下 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>B lood pressure 血圧  (130/80 以下 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>C holesterol コレステロール  ( 総合で 200 以下 ; LDL は 100 以下 ; HDL は 60 以上 ) </li></ul></ul><ul><li>“ ABCs” を管理しましょう。 </li></ul><ul><li>医師に A-1-C 血糖値テストについて聞きましょう。 </li></ul>
  20. 20. FDA Office of Women’s Health Website www.fda.gov/womens Women and Diabetes http://www.fda.gov/ForConsumers/ByAudience/ForWomen/WomensHealthTopics/ucm117969.htm
  21. 21. 地域への働きかけの目的 <ul><li>糖尿病の予防、または遅延 </li></ul><ul><li>リスクのある女性へのサポート </li></ul><ul><li>正しいケアの促進 </li></ul><ul><li>合併症の予防、遅延、最小化 </li></ul><ul><li>対処法の強調 </li></ul><ul><li>この運動に個人参加できる機会の紹介 </li></ul>
  22. 22. パートナー <ul><li>コミュニティー・ヘルス・センター </li></ul><ul><li>敬老ヘルシー・エイジング研究機関 </li></ul><ul><li>ラスベガス・カジノ </li></ul><ul><li>Hadassah </li></ul><ul><li>Jacob’s Institute </li></ul><ul><li>5 つの全国看護師協会 ( アフリカ系、ヒスパニック系、 アジア系、ネイティブ・アメリカン / アラスカ系 ) </li></ul><ul><li>National Partnership for Women & Families </li></ul><ul><li>ウェブサイト: iVillage, CNN, WebMD </li></ul><ul><li>22,000 以上の 薬局店 </li></ul>何千もの団体が FDA OWH のパートナーとして、以下の TTTC のメッセージを広めるのに協力しています :
  23. 23. プログラムのメッセージ <ul><li>TTTC から、糖尿病を患った女性への、 </li></ul><ul><li>3 つの重要なメッセージ : </li></ul><ul><li>食生活に気を配り、運動をしましょう。 </li></ul><ul><li>薬を正しく服用しましょう。 </li></ul><ul><li>血糖値を測り “ ABCs ” をチェックしましょう。 </li></ul><ul><ul><li>A -1-C Level  血糖値 </li></ul></ul><ul><ul><li>B lood Pressure  血圧 </li></ul></ul><ul><ul><li>C holesterol  コレステロール </li></ul></ul>
  24. 24. 出版物 <ul><li>My Medicines パンフレット </li></ul><ul><li>Diabetes ( 糖尿病 ) パンフレット </li></ul><ul><li>Diabetes Fact Sheet </li></ul><ul><li>( 糖尿病ファクト・シート) </li></ul><ul><li>糖尿病患者のためのレシピカード ( ヒスパニック / ラテン系のレシピもあります) </li></ul>
  25. 25.
  26. 26.
  27. 27.
  28. 28. 日本語訳
  29. 29. 地域への働きかけの成果 <ul><li>全国 3,200 店舗の薬局店にて5百万部ものパンフレットを配布しました。 </li></ul><ul><li>女性 58% 、男性 42% </li></ul><ul><li>89% は 40 歳以上 </li></ul><ul><li>看護師を通して、リスクの高いマイノリティー・コミュニティーに属する 50,000 人の人々に情報を提供することができました。 </li></ul>
  30. 30. あなたも今すぐ参加しませんか? <ul><li>パートナー として TTTC 活動に参加 : </li></ul><ul><li>http://www.fda.gov/womens </li></ul><ul><li>無料で情報を ダウンロード : http://www.fda.gov/womens/taketimetocare/diabetes/default.htm </li></ul><ul><li>無料パンフレットを 注文 : </li></ul><ul><li>http://www.pueblo.gsa.gov/cic_shop/orderinfo.htm </li></ul>
  31. 31. お問い合わせ先 <ul><li>FDA Diabetes Website: </li></ul><ul><ul><li>http://www.fda.gov/diabetes </li></ul></ul><ul><li>American Diabetes Association: </li></ul><ul><li>1-800-DIABETES (1-800-342-2383) http://www.diabetes.org </li></ul>

×