Quality Center と         astah*の連携            2012/01/26 version 1.0           株式会社 チェンジビジョン                          中原 慶...
モデリングツール(astah*)連携Change Vision社 astah*                                                            Design                 ...
アジェンダ1. astah*とは2. 連携の目的3. はじめの一歩「可視化」4. 今後の展開5. まとめ  Seeing is Understanding   2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Rese...
1. astah*とは モデリング(モデルを作成する)ツール UMLやER図、Mind Mapなど、開発現場で必要とされる  図を作成 株式会社 チェンジビジョンにて開発(国産ツール)    顧客に合わせた柔軟なカスタマイズが可能   ...
2. 連携の目的    ソフトウェア開発全般でモデルのメリットを活かし、ソフトウェアの品質向上     、開発効率向上をサポートすること     1.   要件の可視化             QCが持つ要件(テスト要件を含む)の構造と関係...
3. はじめの一歩「可視化」 要件間の複雑な関係をモデルとして可視化     一覧表形式では見えない要件間の関係を可視化        「見える」ことは「分かる」こと     双方の良いところを活かした連携一覧表形式          ...
3. はじめの一歩「可視化」 要件モデルとして可視化するメリット(1)  階層を超えた依存関係の見落としや誤りの発見を促   し、レビューの質と効率が向上する    ① astah*で要件のモデルを作成する    ② 要件モデルをレビューする...
3. はじめの一歩「可視化」要件モデルとして可視化するメリット(2) 要件の構造と関係を複数視点で可視化し、理解効率の向上に  貢献する  ①    QCで管理されている要件から、関係を可視化したい要件を特定する  ②    astah*のモ...
3. はじめの一歩「可視化」 まとめ要件間の関係を複数視点で可視化 依存関係の見落としや誤りの発見を促す 対象の理解を促進する要件データ              モデルとして                    可視化        ...
今後の展開 トレーサビリティの明確化 MBD(モデルベース開発)におけるトレーサビリティの明確化  開発中の成果物(要件、設計、テスト設計など)モデルと、QC上で管   理している要件とを紐付ける    例:設計モデル上、要件が実現されて...
今後の展開 モデルベーステスティング(1) MBT(Model Based Testing)    モデルを用いて、テストケースの生成と実行を自動的に行う      ①    QCで管理されているテスト要件に基づいて、テスト設計モデルを作成...
今後の展開 モデルベーステスティング(2) 【参考】RequirementsAnalysis DesignImplementation Test                                                  ...
まとめ はじめの一歩としてモデルを用いた可視化で連携  astah*で要件をモデリングし、QCに登録する  QCの要件をastah*のモデルとして可視化する 今後はトレーサビリティ、MBTに取り組む高度なデータ             ...
ご清聴ありがとうございました           astah-sales@change-vision.com            弊社HP            http://www.change-vision.com/           ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Qc astah 連携について012

1,372 views

Published on

JaSST2012Tokyoで発表したHP QCとastahの連携に関する資料

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,372
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
536
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Qc astah 連携について012

  1. 1. Quality Center と astah*の連携 2012/01/26 version 1.0 株式会社 チェンジビジョン 中原 慶Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved
  2. 2. モデリングツール(astah*)連携Change Vision社 astah* Design Visualize Developers Test Track HP Build Req/Tasks/Defects ALI Reports ALM IDE + Tasktop Implement requirements Plan defined in HP ALM Check-in Builds Check-out SCM System Build System Static Code Analysis Source code is Continuous Integration stored in SCM Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved
  3. 3. アジェンダ1. astah*とは2. 連携の目的3. はじめの一歩「可視化」4. 今後の展開5. まとめ Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 3
  4. 4. 1. astah*とは モデリング(モデルを作成する)ツール UMLやER図、Mind Mapなど、開発現場で必要とされる 図を作成 株式会社 チェンジビジョンにて開発(国産ツール)  顧客に合わせた柔軟なカスタマイズが可能  旧製品名 JUDE 世界に約50万ユーザ 使い勝手が評価されている  2006~2011 コンポーネントソース ベストセラー製品アワーズ 受賞 (2011年 国内4位 世界TOP25)  2008年日経SYSTEMS顧客満足度1位 他多数 モデルとは、対象をある観点で抽象化したもの Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 4
  5. 5. 2. 連携の目的  ソフトウェア開発全般でモデルのメリットを活かし、ソフトウェアの品質向上 、開発効率向上をサポートすること 1. 要件の可視化  QCが持つ要件(テスト要件を含む)の構造と関係を可視化することで、理解を促進し、レビュー の質と効率を向上すること 2. トレーサビリティの明確化  MBD(モデルベース開発)における成果物間(要件、設計、テストなど)のトレーサビリティを明 確にすることで、ソフトウェア製品の品質を向上すること 3. MBT(モデルベーステスティング)  テスト要件に基づいて作成されたテスト設計モデルから、テストケース及びテスト実行を半自動 的に行うことで、テストの品質と効率を向上すること1. 要件の可視化 2. トレーサビリティの明確化 3. MBT テスト要件 要件 テスト モデル T/C テスト設計 テスト T/S 設計 結果 モデル テスト テスト実行 ※本資料内では、Quality CenterをQCと表記します Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 5 ※本資料内では、便宜上、要求と要件を区別しません
  6. 6. 3. はじめの一歩「可視化」 要件間の複雑な関係をモデルとして可視化  一覧表形式では見えない要件間の関係を可視化  「見える」ことは「分かる」こと  双方の良いところを活かした連携一覧表形式 モデル全体の件数や、各々の状態が分かりやすい  階層構造を超えた依存関係を把握しやすい階層関係が分かりやすい  複数の視点(俯瞰、仰視)で関係を把握しやすい階層を超えた依存関係が分からない  全体の件数や、各々の状態を把握しずらい直感的に全体の構造を理解しづらい  件数が増えると見ずらい Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 6
  7. 7. 3. はじめの一歩「可視化」 要件モデルとして可視化するメリット(1)  階層を超えた依存関係の見落としや誤りの発見を促 し、レビューの質と効率が向上する ① astah*で要件のモデルを作成する ② 要件モデルをレビューする ③ 要件モデルの情報をQCに半自動で登録するastah*で要件のモデルを作成する 要件をQCに登録する レビュー OK ※本資料内では、便宜上、要求と要件を区別していません Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 7
  8. 8. 3. はじめの一歩「可視化」要件モデルとして可視化するメリット(2) 要件の構造と関係を複数視点で可視化し、理解効率の向上に 貢献する ① QCで管理されている要件から、関係を可視化したい要件を特定する ② astah*のモデルを半自動的に作成する ③ 対象の要件の周辺構造と関係をモデルで理解する 関係を可視化したい要件を 対象とした要件の周辺構造と関係を 特定する モデルとして可視化する ※本資料内では、便宜上、要求と要件を区別していません Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 8
  9. 9. 3. はじめの一歩「可視化」 まとめ要件間の関係を複数視点で可視化 依存関係の見落としや誤りの発見を促す 対象の理解を促進する要件データ モデルとして 可視化 + = 高品質な 要件 Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 9
  10. 10. 今後の展開 トレーサビリティの明確化 MBD(モデルベース開発)におけるトレーサビリティの明確化  開発中の成果物(要件、設計、テスト設計など)モデルと、QC上で管 理している要件とを紐付ける  例:設計モデル上、要件が実現されている箇所を特定し、トレーサビリテ ィ関係を明確にする  割り当て表  設計モデル上で、実現している要件を明示 要件 モデル テスト 設計 モデル テスト Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 10
  11. 11. 今後の展開 モデルベーステスティング(1) MBT(Model Based Testing)  モデルを用いて、テストケースの生成と実行を自動的に行う ① QCで管理されているテスト要件に基づいて、テスト設計モデルを作成 ② テスト設計モデルからテストケースを自動生成 ③ テストケースからテストスクリプトを自動生成 ④ テストを自動実行 ⑤ テスト結果をQCに登録 テスト要件 テストケース ③スクリプト 生成 ① テスト設計 ⑤テスト結果登録 ② テストケース生成 テストスクリプト テスト結果 ④テスト実行 Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 11
  12. 12. 今後の展開 モデルベーステスティング(2) 【参考】RequirementsAnalysis DesignImplementation Test 出展 Practical Model-Based Testing: A Tools Approach Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 12 by Mark Utting and Bruno Legeard, Morgan-Kaufmann 2007.
  13. 13. まとめ はじめの一歩としてモデルを用いた可視化で連携 astah*で要件をモデリングし、QCに登録する QCの要件をastah*のモデルとして可視化する 今後はトレーサビリティ、MBTに取り組む高度なデータ モデリングツール 管理機構 高品質なシステムの + = 効率的な開発 をサポート Seeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 13
  14. 14. ご清聴ありがとうございました astah-sales@change-vision.com 弊社HP http://www.change-vision.com/ QCとastah*の連携 http://astah.change-vision.com/ja/qccon/index.html 品質スイート http://astah.change-vision.com/ja/qs/index.htmlSeeing is Understanding 2012 Change Vision Co.,Ltd. All Right Reserved 14

×