Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Jtpa geek salon_may2011

1,755 views

Published on

Published in: Technology, Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Jtpa geek salon_may2011

  1. 1. 最近のPaaSトレンドと実際のPaaS開発について<br />@keikubo#jtpa-geek-salon<br />
  2. 2. 概要<br />自己紹介<br />PaaSのおさらいと最近のトレンド解説<br />fluxflexの紹介<br />fluxflexのアーキテクチャー解説<br />
  3. 3.  久保 渓(@keikubo)<br />長崎の公立高校卒業<br />アメリカの大学へ進学<br />大学卒業( POSC / CS )<br />サンノゼで起業<br />
  4. 4. PaaSとは?<br />バズワード<br />Platform-as-a-Service<br />ソフトウェアを置くためのプラットフォームをサービスとして提供する。<br />ユーザーはサーバー等を管理する煩わしさから解消される。<br />サーバーのスケーラビリティやアーキテクチャーまでプラットフォーム側が面倒を見ることが多い。<br />2011年の市場予測は約$18B<br />
  5. 5. PaaSとSaaS・IaaSの関係<br />
  6. 6. PaaSとSaaS・IaaSの関係<br />手軽さ・簡単さ<br />自動デプロイメント<br />
  7. 7. PaaSとSaaS・IaaSの関係<br />手軽さ・簡単さ<br />自動デプロイメント<br />柔軟性<br />スケーラビリティ<br />
  8. 8. プレイヤー<br />Amazon Beanstalk<br />Google App Engine<br />Heroku(Salesforce)<br />VMForce<br />OpenShift (Makara/Redhat)<br />CloudFoundry (VMware)<br />FluxFlex<br />DotCloud<br />CloudBees<br />PHPFog<br />EngineYard<br />
  9. 9. トレンド<br />
  10. 10. トレンド<br />
  11. 11. その他のトレンド<br />Enterprise<br />Consumer<br />ターゲットユーザー<br />コマンドライン<br />インターフェース<br />GUI<br />対応言語・DB<br />汎用型<br />特化型<br />スケーラビリティ<br />なし<br />高い<br />
  12. 12. Fluxflexの特徴<br />
  13. 13. fluxflexで使用している技術<br />AWS<br />EC2 (EBS)<br />S3<br />SQS<br />SDB<br />ELB<br />Elastic MapReduce<br />Route 53<br />Python<br />Django<br />Ruby<br />Rails<br />Nginx<br />PowerDNS<br />Apache<br />Syslog-ng<br />Memcached<br />Gitosis<br />
  14. 14. fluxflexの内部アーキテクチャー<br />
  15. 15. FluxflexのAWS活用法<br />単純なスケーリングで十分なサーバーは全てELB(Elastic Load Balancer)に紐づけて配置する。<br />大切なデータは、ファイルならS3へ、データならSDBへ保存する。<br />非同期なジョブは、SQSを経由させる。<br />
  16. 16. スケーラブルなプラットフォーム<br />アプリケーションのロードバランサー (nginx)<br />リクエストの振り向け先のサーバー情報を、リアルタイムで動的に変更する仕組み。<br />ユーザーアプリケーションの管理 (git)<br />ファイルの変更や、複数サーバーへのデプロイに対応できる仕組み。<br />ログの管理 (syslog-ng)<br />複数のサーバーに溜まるログを一箇所に集めて、ログを再利用できる仕組み。<br />
  17. 17. Applicationロードバランサー<br />
  18. 18. Applicationロードバランサー<br />Nginx + PowerDNS<br />Nginxで受け取ったリクエストの受け渡し先を、localhostのDNSサーバーで解決する。<br />内部DNSを使用することで、秒単位でリクエストの向き先を動的に変更することが可能になる。<br />
  19. 19. Gitサーバー<br />
  20. 20. Gitサーバー<br /><ul><li> Gitosis
  21. 21.  認証に必要な情報はAPI経由で取得する。
  22. 22.  最新版のキャッシュをS3に同期する。</li></li></ul><li>Logサーバー<br />
  23. 23. Logサーバー<br /><ul><li> Syslog-ng
  24. 24.  ApplicationサーバーとApplicationロードバランサーから、ログをsyslog経由で受け取る。
  25. 25.  受け取ったログは加工せずにそのままSQSに保存する。
  26. 26.  後で、ログワーカーが立ち上がって、非同期にSQSに溜まったログをSDBに加工して書き込む。</li>

×