Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

八幡神と藤崎八旛宮 (清村さん講演 2012 )

八幡神と藤崎八旛宮 (清村さん講演 2012 )

  • Login to see the comments

八幡神と藤崎八旛宮 (清村さん講演 2012 )

  1. 1. 八幡神と藤崎八旛宮 その祭りについて 52会 清村正弥 今宵は あなたを 深く永い 八幡ワールドへ
  2. 2. と、その前に…基本のキから まずは、作法を覚えてくださいね
  3. 4. 正 中
  4. 5. 1 外 2 内
  5. 13. チャリン ! コンコロコ… ガラン ガラン ガラン
  6. 14. ※ 明治 40 年告示、昭和 23 年改訂
  7. 15. パン! パン!
  8. 21. 祝詞奏上と修祓
  9. 22. 玉串奉奠
  10. 23. 直会(なおらい)
  11. 24. 私は 誰でしょう? 八幡大神について
  12. 25. 「サライ」 2011 年 1 月号より 鬼木顕正じゃ ないよ。 あやつだけは イカン…
  13. 26. 八幡神は国家災厄を救う <ul><li>隼人討伐 (720 年 ) </li></ul><ul><li>豊前・藤原広嗣の乱で戦勝祈請 (740 年 ) </li></ul><ul><li>国内(陸奥)からの産金を託宣 (74 8年 ) </li></ul><ul><li>奈良東大寺大仏開眼を助けた( 749 年)  </li></ul><ul><li>道鏡事件 (769 年) </li></ul><ul><li>貞観の大地震・噴火・疫病・政変 (860 年代 ) </li></ul><ul><li>承平天慶の乱 (935 年~ 941 年) </li></ul><ul><li>文永・弘安の役 (1274 年・ 1281 年 ) </li></ul>
  14. 27. 和気清麻呂 神託を受ける 769. 7.11
  15. 28. 石清水八幡宮縁起絵巻 鍛冶の翁 大神比義 八幡大神 568 年 菱形の池 571 年 2 月 10 日
  16. 29. 石清水八幡宮縁起絵巻 欽明天皇二十九年(568年)筑紫豊前国宇佐郡菱形池辺の小倉山の麓鍛冶の翁あり、奇異の瑞を帯び、一身をして八頭に現る。人之を聞き実見の為の行く時、五人行って即ち三人死に、十人行って即ち五人死す。故に恐怖のあまり行く人無し。ここに於いて大神此義 行って之を見るにさらに人は無いが、但し金色の鷹が林の上に在る、丹祈の誠を致し根本を問うて云う、誰の変身か、君の為すところか、即ち金色の鳩となり、飛び去って袂の上に居る。ここに神変じて人間利すべきを知る。然る間、此義五穀を絶ちて三年を経ての後、欽明天皇三十二年(571年)二月十日、幣を捧げ首を傾けて申す。若し神と為すに於いては 我が前に顕るべし、即ち三歳の小児現れ、竹の葉の上に於いて宣う。辛国の城に始めて 八流の幟、天から降りて、吾は日本の神となれり。我は是日本人皇十六代誉田天皇… 八流の幟
  17. 30. 東大寺八幡縁起絵巻
  18. 31. 神功皇后出陣 臨月だが腹に石を巻き三韓(新羅・高句麗・百済)征伐へ。 戦勝帰国、筑紫の宇美(=生み)にて応神天皇を出産
  19. 32. 応神天皇誕生 201. 1. 5
  20. 33. 宇佐神宮鳥瞰図 北 南
  21. 34. 宇佐神宮の御祭神 <ul><li>一之御殿 </li></ul><ul><ul><li>八幡大神 御名 誉田別尊(応神天皇) </li></ul></ul><ul><li>二之御殿 </li></ul><ul><ul><li>比売大神 御名 三女神 </li></ul></ul><ul><ul><li>(多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命) </li></ul></ul><ul><li>三之御殿 </li></ul><ul><ul><li>神功皇后 御名 息長帯姫命 </li></ul></ul>新羅渡来神ヤハタ+応神霊付与 宇佐の土着信仰+仏教 政権 応神天皇の正当性強化
  22. 35. 宇佐八幡宮 三神の成り立ち A B C A  宇佐宮 B  駅館川 C  御許山:宇佐嶋に宗像三女神降臨 D  安心院 E  尾形 F  六郷満山(仏教寺院) 宇佐氏 ア ア  香春岳 産銅 新羅神(仏教+道教)=ヤハタ神 イ  英彦山 新羅的仏教 法蓮が修行 ウ  矢幡八幡宮 エ  大分八幡宮 宇佐の本宮・筥崎の元宮 オ  筥崎宮 カ  稲積山 イ 秦氏の東進 秦王国 ウ エ オ D 辛嶋氏辛国 カ 八幡神 比売神 大神氏 大和三輪山 応神天皇 神功皇后 E F
  23. 36. 八幡三神像 三尊像形式    ↓   仏教
  24. 37. 万世一系…紀元2671年 <ul><li>神武(初代) </li></ul><ul><li>葛城王朝( 2 ~ 9 ) </li></ul><ul><li>崇神王朝( 10 ~ 14 ) </li></ul><ul><ul><li>… 景行・ ( 日本武尊 ) ・仲哀・ ( 神功皇后 ) </li></ul></ul><ul><li>応神王朝( 15 ~ 25 ) </li></ul><ul><ul><li>河内王朝 大阪平野南部の河内・和泉 </li></ul></ul><ul><ul><li>仁徳(若宮)…雄略…武烈 </li></ul></ul><ul><li>継体王朝( 26 ~ 125 今上天皇) </li></ul><ul><ul><li>近江王朝 近江または越前の豪族 </li></ul></ul><ul><ul><li>応神天皇五世孫 </li></ul></ul><ul><ul><li>安閑・宣化・欽明(仏像・経文伝来) </li></ul></ul>闕史八代 実在 「三王朝交代説」 水野祐 1954 年
  25. 38. 石清水八幡宮について 三の鳥居下 一個石から本殿を望む
  26. 39. 御所 天王山 男山 延暦寺
  27. 40. 日本経済新聞大阪夕刊 オムニス関西 2011 年1月 19 日付
  28. 41. 京都水盆 唯一の出口 <ul><li>211 億トンの水を蓄える。(琵琶湖 275 億トン) </li></ul><ul><li>京都水盆には毎年 45 億トンの水が染み込む </li></ul><ul><li>岩盤の南西隅に地下水があふれ出る場所 </li></ul><ul><ul><li>桂川、宇治川、木津川の3川が合流し淀川になる地点 </li></ul></ul><ul><ul><li>天王山と石清水八幡宮のある男山を結ぶ約1キロの線の地下 30 m </li></ul></ul><ul><ul><li>京都府南部には上水道の水源の多くを地下の伏流水で賄う自治体が多い </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>城陽市が約8割、京田辺市が 65 %、八幡市が5割弱、宇治市が3割強 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>3川合流の付近では地下水が自噴する場所が多い </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>大阪府島本町にある水無瀬神宮の「離宮の水」も、大阪府で唯一の「名水百選」。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>同じ島本町にサントリーのウイスキー蒸留所 </li></ul></ul></ul>
  29. 42. 藤崎宮のルーツ 石清水八幡 <ul><li>“ 本家”の宇佐を凌ぐ勢い </li></ul><ul><ul><li>伊勢に次ぐ第二の宗廟 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>~明治10年 天皇・上皇の行幸240回以上 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>賀茂社・春日社とともに三社の随一 </li></ul></ul><ul><ul><li>三月の臨時祭は朝廷の大祭 </li></ul></ul><ul><ul><li>八月の放生会は朝廷の大会 </li></ul></ul><ul><ul><li>二十二社 </li></ul></ul>
  30. 43. 今上天皇行幸 平成9年8月19日
  31. 44. 奉幣二十二社 <ul><li>上七社 </li></ul><ul><ul><li>伊勢・石清水・上賀茂下鴨・松尾・平野・稲荷・春日 </li></ul></ul><ul><li>中七社 </li></ul><ul><ul><li>大原野・大神・石上・大和・広瀬・龍田・住吉 </li></ul></ul><ul><li>下八社 </li></ul><ul><ul><li>丹生・貴布禰 ・広田・吉田・梅宮・北野・祇園・日吉 </li></ul></ul>十六社奉幣(醍醐天皇~) 皇室宗廟 皇室崇敬社 」」 」」 」」 王城鎮護社 神功皇后奉斎社 摂関家藤原氏祖神 祈雨止雨 皇室外戚氏神
  32. 45. 高良社と徒然草 第五十二段 <ul><li>仁和寺にある法師、年寄るまで 石清水 を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・ 高良 などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。少しのことにも、先達はあらまほしき事なり </li></ul>
  33. 46. 放生池 一の鳥居 松花堂昭乗の方丈跡
  34. 47. 石清水八幡宮 分霊か遷座か <ul><li>宇佐神宮由緒記 </li></ul><ul><ul><li>「石清水への分社」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「平城京手向山八幡と並ぶ」 </li></ul></ul><ul><li>石清水遷座略縁起 </li></ul><ul><ul><li>「御遷座の御託宣」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>武内宿禰の後裔である南都大安寺の僧・行教 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>清和天皇貞観元年(859年)7月15日 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>吾レ 都近キ石清水男山ノ峰ニ移座シテ 国家ヲ鎮護セム </li></ul></ul></ul></ul>
  35. 48. 八幡太郎義家 堂本印象筆 1075 年頃
  36. 49. 筥崎宮 日本三大八幡宮 延喜 21 年( 921 )、醍醐天皇より神勅による「敵国降伏」の宸筆を下賜され、社殿を建立し、延長元年( 923 )筑前大分宮(穂波宮)より遷座 。 元寇の国難では神風を吹かせ 未曾有の困難に打ち勝った
  37. 50. やっと、藤崎宮 肥後一国の宗廟 熊本大鎮守 と公称された御宮
  38. 51. 熊本城の前の茶臼山 南東から
  39. 52. 熊本城 南西から
  40. 53. 藤崎宮 北から
  41. 56. 藤崎宮絵縁起
  42. 57. 第一段 平将門の乱 平将門 藤原秀郷 八幡大神
  43. 58. 第二段 八幡神勧請 承平5年  935 年
  44. 59. 第三・四段 藤崎八旛宮建立 八幡大菩薩さんの夢で言わしたもん。此処に鐘のいかっとるけん、て。 盤座 藤井垣の藤 大楠
  45. 60. 肥後国誌 後藤是山 <ul><li>「肥後国誌」 </li></ul><ul><ul><li>後藤是山 大正5年 </li></ul></ul><ul><ul><li>熊本府 P. 52  下段の(補)より </li></ul></ul><ul><li>…… </li></ul><ul><li>  古鐘の地に埋れたるを掘出しけむ事は有もしつへけれど 神助によりて掘得たる趣なとは 例の法師ともの作りまうけたる事にて もとより神社に鐘のゆゑよしなとあるへくもあらす しかれとも古より言傅たることなれは斯は出せり 梵鐘は今に傅はりて形銅色なとは甚た古雅にて尋常の類ひにはあらす… </li></ul>
  46. 61. 第五段 菊池氏と加藤清正 清正
  47. 62. 第六段 御神幸  応神天皇 住吉大神 神功皇后
  48. 63. 第七段 放生会 祓川
  49. 64. 一ノ 勢屯 二ノ 勢屯 三ノ 勢屯 御旅所
  50. 65. 江戸期の武者行列 島田美術館蔵 「藤崎八旛祭礼絵巻」松岡敬廉
  51. 66. 江戸期 飾馬 島田美術館蔵 「藤崎八旛祭礼絵巻」松岡敬廉
  52. 67. 城外の田園を行く… 宇佐神宮の仲秋祭
  53. 68. 藤崎八幡宮? 1542年 後奈良天皇宸筆の勅額 鹿子木親員(寂心)の周旋
  54. 69. 幡と旛 <ul><li>元々は、「藤崎八幡宮」、天文11年(154 2 )後奈良天皇宸筆勅額以降は、「八旛」と表記 </li></ul><ul><ul><li>朝廷は経済的に困窮し、宸筆の書を売って収入 </li></ul></ul><ul><ul><li>種子島鉄砲伝来、家康誕生と同時期 </li></ul></ul><ul><li>藤崎宮の縁起おいて、三位左中将橘能員が供奉(ぐぶ)した神輿の前後に「旛」 </li></ul><ul><li>「幡」は半巾の薄い旗 </li></ul><ul><li>「旛」は刺繍した大巾の厚みのある旗 </li></ul>
  55. 70. 八旛神社
  56. 71. 肥後の八幡社の分霊ルーツ <ul><li>宇佐神宮系 </li></ul><ul><ul><li>宇佐の社領 伊倉北・南方の両八幡 </li></ul></ul><ul><ul><li>宇佐の神官下向地  石神八幡 </li></ul></ul><ul><ul><li>大友氏の支配地 菱形八幡 </li></ul></ul><ul><li>石清水八幡系 (宇佐の分霊または遷座) </li></ul><ul><ul><li>藤崎八旛 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>段山八幡、池田八幡、牧崎八幡 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>藤崎八幡・繁根木八幡 </li></ul></ul><ul><li>鶴岡八幡系 (石清水の分霊) </li></ul><ul><ul><li>河尻神宮 </li></ul></ul>
  57. 72. 植木の菱形八幡
  58. 73. 本殿裏の岩戸
  59. 74. 菱形の池と云えば…
  60. 75. 石神八幡 御神体の石が成長
  61. 76. 石清水八旛宮 田中恆清 宮司 <ul><li>日本人にとって、神道そのものが神様に向かう形である </li></ul><ul><li>神道は儀式あっての宗教である </li></ul><ul><li>神様にお仕えするのに一体どういう作法がよいのか、いろいろ考えて、祭式というものが出来上がっている </li></ul><ul><li>だから、先ずは形である。形が整っていれば心も整う、というのが日本人の考え方である </li></ul>神社本庁総長
  62. 77. 江原会の祭りとは 神 事 同 窓 会

×