Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
1
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル
www.slack-frame.com...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
2
【2】同梱物
① サイドフレーム 4 本 (約 90cm、5箇所のボルト穴)[シール番号 ...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
3
【3】ラックの組み立て方
1. 2本のサイドフレーム[1,3]を縦に並べ、各サイドフレーム...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
4
3. 残りの2本のサイドフレーム[2,4]を乗せます。
4. ナットを仮締めし、ラックを裏...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
5
6. サポートベースが下になるようにラックを裏返します。
7. ラインアームを立て、ボルト...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
6
8. 両端のボルト1以外のすべてのナットをしっかり締めます。
工具を使い締めますが、締めす...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
7
【4】サンプルラインの張り方
※サンプルラインはテスト用です。通常使用時は、必ず Gibb...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
8
3. ラインをサイドフレームに巻きつけます。
ラインを外に回します。この時点でよく引張りま...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
9
4. 一旦ラチェットをサイドフレームの下に敷き、ライン先端のワッカをボ
ルト1の奥を通して...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
10
5. ワッカを片側サイドフレームにかけます。きつい場合は、ワッカをよく
引っ張ってから再...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
11
6. ラチェットを立て、ラチェットのスリットに本体ラインを差し込みます。
ねじれがないよ...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
12
7. ラチェットで本体ラインを巻き取ります。
ラチェットのリリースレバーを引き、ラチェッ...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
13
8. ラインを押さえながら、さらに巻き、テンション(張力)をかけていき
ます。
ラインの...
スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版)
copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。
14
9. ラチェットのリリースレバーを引いて、ハンドルをいっぱいに閉じ、ロ
ックをかけます。...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

スラックラック180/270 マニュアル(20140730)

2,212 views

Published on

部屋の中でもスラックライン!
小型木製スラックラックの組み立てマニュアル

スラックフレーム
http://www.slack-frame.com/

Published in: Sports
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

スラックラック180/270 マニュアル(20140730)

  1. 1. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 1 スラックラック 180/270 組み立てマニュアル www.slack-frame.com 【1】注意事項(必ずお読みください) 本製品は、木製の簡易型スラックラックです。 ・各部材、ボルト穴には多少の誤差がある場合があります。 ・高いテンションはかけられません。 ・ジャンプ等の高負荷は破損の原因になります。 ・1人用です。2人以上でのご使用は危険です。 ・使用時や組み立て時は、必ずマットなどを敷いてください。床や畳、カーペ ットを傷つける恐れがあります。 ・使用時には怪我防止のため、ボルト部分をマットやクッション等で覆ってく ださい。 ・ 耐荷重は 80kg です。 ・ 使用前にはボルトの緩み、フレームのヒビ等がないことを確認し、使用時に 異音等が発生した場合は、使用を中止してください。 ・ スラックラインはスポーツです。怪我のないようにご利用ください。 当製品のご利用による、怪我、テンションのかけ過ぎ等による破損、床等の損 傷などは保証できません、自己責任でご使用ください。
  2. 2. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 2 【2】同梱物 ① サイドフレーム 4 本 (約 90cm、5箇所のボルト穴)[シール番号 1,2,3,4] ② センターフレーム 1 本 (約 90cm、4箇所のボルト穴)[シール番号 7] ※スラッックラック 270 は約 180cm ものも同梱 ③ ラインアーム 2 本 (約 45cm、1箇所のボルト穴)[シール番号 5,6] ④ サポートベース (約 45cm 薄材、4 箇所の小穴) ⑤ ボルト・ナット 10 セット ⑥ タッピングビス 9 本(1 本は予備) ⑦ サンプルライン 1 セット 必要工具 ・ プラスドライバー(大きめのもの) ・ 17mm のボルトを締めるレンチ(スパナ、ボックスレンチ等)
  3. 3. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 3 【3】ラックの組み立て方 1. 2本のサイドフレーム[1,3]を縦に並べ、各サイドフレームのボルト穴 3、4、5にボルトを差し込みます。 このとき、ボルト穴1が外側になるようにします。 2. センターフレーム[7]とラインアーム[5,6]をボルト穴をあわせ、乗せま す。 図のようにフレーム間にズレがありますが、体重を分散するための必要なズ レです。 完成したときにこのように並ぶように配置します。(シール面が上) [1] [5] [2] [1] [7] [2] [3] [7] [4] [3] [6] [4]
  4. 4. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 4 3. 残りの2本のサイドフレーム[2,4]を乗せます。 4. ナットを仮締めし、ラックを裏返し、サイドフレーム裏の4つの小穴 にサポートベースを乗せます。 タッピングビスを少しねじ込み、サポートベースから少し先端が出るように すると位置決めが楽になります。 5. サポートベースをタッピングビスでサイドフレームに固定します。 ビスの頭が出っぱらないように少しめり込ませます。
  5. 5. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 5 6. サポートベースが下になるようにラックを裏返します。 7. ラインアームを立て、ボルト2を取り付けます。 ボルトが入りにくい時は、すべてのナットを一旦緩めると入りやすくなりま す。
  6. 6. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 6 8. 両端のボルト1以外のすべてのナットをしっかり締めます。 工具を使い締めますが、締めすぎにご注意ください。ボルトがフレームに食い 込むまで締めないでください。 手で緩むことがないように締めてください。
  7. 7. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 7 【4】サンプルラインの張り方 ※サンプルラインはテスト用です。通常使用時は、必ず Gibbon 社製などのスラ ックライン専用のラインをご利用ください。 1. 片方のサイドフレームから、一度ボルト1を抜き、本体ラインのワッカ を通して再度ボルトを締めます。 2. 次にラチェット側に移ります。ハンドルが上になるようにラチェットを 置き、ラインをボルト1の下から通します。
  8. 8. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 8 3. ラインをサイドフレームに巻きつけます。 ラインを外に回します。この時点でよく引張ります。 ラインがボルト1の奥になるように巻きつけます。
  9. 9. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 9 4. 一旦ラチェットをサイドフレームの下に敷き、ライン先端のワッカをボ ルト1の奥を通して上に引き出します。
  10. 10. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 10 5. ワッカを片側サイドフレームにかけます。きつい場合は、ワッカをよく 引っ張ってから再度試してみてください。 ワッカは、しっかり奥の方に押し込みます。
  11. 11. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 11 6. ラチェットを立て、ラチェットのスリットに本体ラインを差し込みます。 ねじれがないように注意します。 しっかり、引っ張ります。 ※重要 この時点でラインの両端が、ラインアームの中央に乗っていることを確 認します。
  12. 12. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 12 7. ラチェットで本体ラインを巻き取ります。 ラチェットのリリースレバーを引き、ラチェットを開きます。 ラチェットを動かし、ラインを巻いていきます。
  13. 13. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 13 8. ラインを押さえながら、さらに巻き、テンション(張力)をかけていき ます。 ラインのセンター(中央)に乗った時に 10cm くらい下がるようにライン のテンションを調整します。
  14. 14. スラックラック 180/270 組み立てマニュアル (2014.7.30 版) copyright© KeigoFushimi 無断複製を禁じます。 14 9. ラチェットのリリースレバーを引いて、ハンドルをいっぱいに閉じ、ロ ックをかけます。 10.余ったラインは、危険ですのでラチェットの裏側に巻いておきます。 完成! 怪我をしないよう、ボルト部分をクッション性があるマット等で覆って ご使用ください。楽しいスラックラインライフを〜♪

×