Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Azure Cosmos DB を使った クラウドネイティブアプリケーションの 設計パターン

584 views

Published on

JAZUG札幌支部(きたあず) 第17回勉強会での発表資料です。

Published in: Internet
  • Be the first to comment

Azure Cosmos DB を使った クラウドネイティブアプリケーションの 設計パターン

  1. 1. Azure Cosmos DB を使った クラウドネイティブアプリケーションの 設計パターン 2018.1.26 @ JAZUG札幌支部(きたあず) 第17回勉強会 三宅 和之 Kazuyuki Miyake
  2. 2.  ﹣ ﹣ ﹣ ﹣  ﹣ ﹣ ﹣ Blog: k-miyake.github.io/blog/ Twitter: @kazuyukimiyake
  3. 3. A globally distributed, massively scalable, multi-model database service Column-family Document Graph Turnkey global distribution Elastic scale out of storage & throughput Guaranteed low latency at the 99th percentile Comprehensive SLAs Five well-defined consistency models Table API Key-value Azure Cosmos DB MongoDB API
  4. 4. A globally distributed, massively scalable, multi-model database service Column-family Document Graph Turnkey global distribution Elastic scale out of storage & throughput Guaranteed low latency at the 99th percentile Comprehensive SLAs Five well-defined consistency models Table API Key-value Azure Cosmos DB MongoDB API
  5. 5. API Apps Search Cosmos DB Blob Storage 利用者 認証 App Service Microsoft Azure Storage Queue Blob Storage Functions Storage Queue SQL Database Cosmos DB Cognitive Services Machine Learning Function s PC Clients(Windows/Mac)Mobile Clients(iOS/Android) API Gateway 外部システム Application Insights Azure Monitor Web Apps Token .NET Identity Framework Functions REST/OAuth2 SPA (Browser App)SPA (Browser App) 負荷モニター/オートスケール Microsoft導入事例サイト: https://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/ffs.fujifilm.aspx
  6. 6. 1. 2. ﹣ ﹣ ﹣ 3.
  7. 7.  ﹣ ﹣ ﹣ 参考: A technical overview of Azure Cosmos DB https://azure.microsoft.com/en-us/blog/a-technical-overview-of-azure-cosmos-db/ Dr. Leslie Lamport
  8. 8. Azure Cosmos DB  ﹣ ﹣ Document型 Graph型 Column Family型 • SQL API (DocumentDB) • MongoDB API • Gremlin API• Table API Key-Value型 • Apache Cassandra API(プレビュー)
  9. 9.  ﹣  ﹣  ﹣  ﹣ 参考: Automatic regional failover for business continuity in Azure Cosmos DB https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/regional-failover
  10. 10.  ﹣ ﹣ ﹣ ﹣ ﹣ ﹣ ﹣ ﹣
  11. 11.  ﹣ ﹣  ﹣ ﹣ ﹣ https://www.documentdb.com/capacityplanner 参考: Azure Cosmos DB の要求ユニット https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/request-units
  12. 12. • • 「Person」を表現するために4 つのエンティティが必要
  13. 13. 画面の多くがマスタを 参照していることが多い
  14. 14.  ﹣ ﹣ 参考: NoSQL データベースのドキュメント データのモデル化 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/modeling-data • •
  15. 15.   • 1つのJSONは、1つのcsファイルにまとめても良い • 実際には、各プロパティにJsonPropertyを付与してキャメ ルケースに対応させる public class Rootobject { public string Id { get; set; } public string LastName { get; set; } public string FirstName { get; set; } public Address Address { get; set; } public string Title { get; set; } public Contact[] Contacts { get; set; } } public class Address { public string Line1 { get; set; } public string Line2 { get; set; } public string City { get; set; } public string State { get; set; } public int Zip { get; set; } } public class Contact { public string Email { get; set; } }
  16. 16.  ﹣ ﹣ Use the best data store for the job https://docs.microsoft.com/en-us/azure/architecture/guide/design-principles/use-the-best-data-store
  17. 17. • 自動レプリケーション • フェールオーバー (自動/手動) アクティブ アクティブ ルールによるトラ フィック振分け
  18. 18.  ﹣ ﹣ ﹣  ﹣ ﹣
  19. 19.    参考: Automatic regional failover for business continuity in Azure Cosmos DB https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/regional-failover
  20. 20. // 接続ポリシーの作成 var connectionPolicy = new ConnectionPolicy { ConnectionMode = ConnectionMode.Direct, // ダイレクトモード ConnectionProtocol = Protocol.Tcp // TCPを利用 }; // 読み取りリージョンを優先度順に追加 connectionPolicy.PreferredLocations.Add("Japan West"); connectionPolicy.PreferredLocations.Add("Japan East"); connectionPolicy.PreferredLocations.Add("Southeast Asia"); // DocumentDBクライアントの生成 client = new DocumentClient( new Uri(ConfigurationManager.AppSettings["endpoint"]), ConfigurationManager.AppSettings["authKey"], connectionPolicy ); client.OpenAsync(); // パフォーマンス改善のため一度接続しておく 接続クライアント生成時に、読み取 りリージョンを設定しておく 参考: PaaSがかりの部屋 - Cosmos DBで読み取りリージョンへ明示的にルーティングする https://k-miyake.github.io/blog/cosmos-db-preferred-locations/ 動的設定の 実装例
  21. 21. Make all things redundant https://docs.microsoft.com/en-us/azure/architecture/guide/design-principles/redundancy
  22. 22.  ﹣  ﹣
  23. 23. Azure Cosmos DB Triggerを使ったAzure Functionの実行フロー
  24. 24. • •
  25. 25.  ﹣ ﹣  ﹣  ﹣ ﹣https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos- db/import-data
  26. 26.  ﹣ ﹣ ﹣ Use managed services https://docs.microsoft.com/en-us/azure/architecture/guide/design-principles/managed-services
  27. 27. デモで利用したソースコードはGithubで公開しています https://github.com/k-miyake/mstsjp2017-dal005
  28. 28. Try Azure Cosmos DB for free! https://azure.microsoft.com/ja-jp/try/cosmosdb/
  29. 29. Cosmos DBのリソースモデル • • • Account Database Container Item = Collection Graph Table • ドキュメント • ストアドプロシージャ • トリガー • ユーザ定義関数 参考: Azure Cosmos DB 階層型リソース モデルと中心的概念 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/documentdb-resources Container(SQL APIでは「コレクション」) が設計上最も重要な単位
  30. 30.  ﹣ ﹣  ﹣ ﹣ ﹣  ﹣ ﹣ Provisionedrequest/sec Time 12000000 10000000 8000000 6000000 4000000 2000000 Nov 2016 Hourly throughput (request/sec) 参考: Azure Cosmos DB コンテナーのスループットの設定 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/set-throughput
  31. 31. • • Document document = await _client.ReadDocumentAsync( UriFactory.CreateDocumentUri(_option.DatabaseId, _option.CollectionId, id), new RequestOptions{ PartitionKey = new PartitionKey(pkey)} ); 参考 :Azure Cosmos DB でのパーティション分割とスケーリング https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/partition-data
  32. 32.  ﹣ ﹣ ﹣ ﹣   ﹣ 参考: Azure Cosmos DB の SLA https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/sla/cosmos-db/
  33. 33.   参考: Azure Cosmos DB での予約されたスループット上限の超過 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/request-units#RequestRateTooLarge
  34. 34. 一貫性 レベル 説明 Strong • 最新バージョンのデータを返すことが保証される • 複数リージョンへの分散ができない Bounded Staleness • 最大でアイテムの K 個のバージョンまたはプレフィックス あるいは期間 t の分だけ、読み取りが書き込みに対し遅れる ことが保証 • kとtは設定変更が可能 Session • クライアント セッション内での一貫性が保証される • デフォルト Consistent Prefix • 返される更新が、それ以外の全更新の一部のプレフィックス となる (ギャップなし) • 書き込みが A, B, C の順で実行された場合、クライアントで は A、A,B、または A,B,C で返る可能性があるが、A,C また は B,A,C などで返されることはない Eventual • 結果整合性 • 読み取りと書き込みの待機時間は最短 • クライアントからの読み取りは順不同となる可能性がある 参考: Azure Cosmos DB の一貫性レベル https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/consistency-levels
  35. 35.  ﹣ ﹣ Physical index https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/indexing-policies
  36. 36.  ﹣ ﹣ 参考: Azure Cosmos DB のサーバー側 JavaScript プログラミング https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/programming#database-program-transactions
  37. 37.  ﹣ ﹣  ﹣https://www.documentdb.com/sql/demo 参考: Azure Cosmos DB DocumentDB API: SQL 構文 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/documentdb-sql-query-reference#select-query
  38. 38.  ﹣ ﹣ PM> Install-Package Microsoft.Azure.DocumentDB • TCP直接接続モードの例 • ポート範囲 10000 ~ 20000 を開けておく必要あり 参考: Azure Cosmos DB .NET SDK https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/documentdb-sdk-dotnet
  39. 39.  サンプル実装: https://github.com/Azure-Samples/documentdb-dotnet-todo-app/blob/master/src/DocumentDBRepository.cs • SDK利用に多くの解釈がないため、 ほぼ同じようなコードに収束する • Upsertもサポートされている • 実はSQLを直接使う機会 はあまりない DocumentDBRepository抜粋
  40. 40.  ﹣ ﹣  ﹣ ﹣  ﹣ 参考: Azure Cosmos DB データベースのセキュリティ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/database-security
  41. 41.  ﹣ ﹣  ﹣ ﹣ 参考: Azure Cosmos DB での自動オンライン バックアップと復元 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/online-backup-and-restore
  42. 42.     ﹣ 参考: Azure Cosmos DB のメトリックを使用した監視とデバッグ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/use-metrics

×