Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20220903WS4clubhouseウィキペディア文化財.pdf

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 24 Ad

20220903WS4clubhouseウィキペディア文化財.pdf

Download to read offline

2022年度 #社会情報学会 #SSI 研究大会ワークショップにて、#clubhouse を議論する企画ワークショップ
「音声SNSコミュニケーションを発端としたアカデミック分野における変革の可能性
―clubhouseウィキペディア文化財の取り組みを事例として―」
司会:青木和人(Code for 山城)
コメンテーター:中俣 保志(香川短期大学)
報告:遠藤守(名古屋大学) 野口淳(金沢大学) 佐々木宏展(長野市立更北中学校) 佐藤雄二(合同会社ビーコンつしま)

【概要】
Clubhouseは、米国企業が開発する音声SNSアプリケーションである。2021年1月より日本版Appstoreにて配布が開始され、当初、芸能人等が使用したことから、一時的な利用ブームが起こった。現在、ブームは沈静化し、有志による音声コミニュケーションツールとして、広く利用されている。本学会員もClubhouse上で、全く分野、背景の違う人物同士がオンライン上で音声交流することで、アカデミック分野におけるウィキペディア文化財という新たな実践的取り組みを実施し始めている。本ワークショップでは、その成果について報告すると共に、音声SNSによるアカデミック分野における変革の可能性について、コメンテータを交えた討論を行います。

2022年度 #社会情報学会 #SSI 研究大会ワークショップにて、#clubhouse を議論する企画ワークショップ
「音声SNSコミュニケーションを発端としたアカデミック分野における変革の可能性
―clubhouseウィキペディア文化財の取り組みを事例として―」
司会:青木和人(Code for 山城)
コメンテーター:中俣 保志(香川短期大学)
報告:遠藤守(名古屋大学) 野口淳(金沢大学) 佐々木宏展(長野市立更北中学校) 佐藤雄二(合同会社ビーコンつしま)

【概要】
Clubhouseは、米国企業が開発する音声SNSアプリケーションである。2021年1月より日本版Appstoreにて配布が開始され、当初、芸能人等が使用したことから、一時的な利用ブームが起こった。現在、ブームは沈静化し、有志による音声コミニュケーションツールとして、広く利用されている。本学会員もClubhouse上で、全く分野、背景の違う人物同士がオンライン上で音声交流することで、アカデミック分野におけるウィキペディア文化財という新たな実践的取り組みを実施し始めている。本ワークショップでは、その成果について報告すると共に、音声SNSによるアカデミック分野における変革の可能性について、コメンテータを交えた討論を行います。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

More from 和人 青木 (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

20220903WS4clubhouseウィキペディア文化財.pdf

  1. 1. 9:30~11:30 (第2会場C102) ワークショップ4 音声SNSコミュニケーションを発端とした アカデミック分野における変革の可能性 ―clubhouseウィキペディア文化財の 取り組みを事例として― 司会:青木和人(Code for 山城) コメンテーター:中俣 保志(香川短期大学) 報告:遠藤守(名古屋大学) 野口淳(金沢大学) 佐々木宏展(長 野市立更北中学校) 佐藤雄二(合同会社ビーコンつしま) 2022年 社会情報学会(SSI) 学会大会 2022.09.03 於:東北大学、オンライン開催
  2. 2. Clubhouseは、米国企業が開発する無料の音声SNSアプリケー ションである。2021年1月より日本版Appstoreにて配布が開始さ れ、当初、芸能人等が使用したことから、一時的な利用ブーム が起こった。 背景 出典: App Store :「Clubhouse」をApp Storeで https://apps.apple.com/jp/app/clubhouse/id15031332(2022/8/31閲覧). ..
  3. 3. 現在、ブームは沈静化し、有志 による音声コミニュケーションツ ールとして、広く利用されている。 その中で、アカデミック分野の 音声コミュニティの活動がいくつ か存在する。 ・クラブサイエンス ・図書館情報学・人文学・社会 科学周辺クラブ 背景 出典: Clubhousehttps://www.clubhouse.com/club/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82 %A8%E3%83%B3%E3%82%B9-clubscience (2022/8/31閲覧). ..
  4. 4. 本学会員もClubhouse上で、 全く分野、背景の違う人物同士 がオンライン上で音声交流する ことで、アカデミック分野におけ るウィキペディア文化財という 新たな実践的取り組みを実施し 始めている。 ・ウィキペディアタウンクラブ 背景 出典: Clubhouseウィキペディアタウンクラブ:」 https://www.clubhouse.com/event/xqjj4bN4?utm_medium=ch_event&utm_campaign=AzL4cGX6WRZTGoDEgXJHXQ- 339304&fbclid=IwAR2SuYQGabo3xoXLtEWB16INTAJdlLxwzTt6Au4hQlrIUs4u9Txs02XBlCI (2022/8/31閲覧). ..
  5. 5. 本ワークショップでは、 その成果について報告すると 共に音声SNSによる アカデミック分野における 社会変革の可能性について、 コメンテータを交えた討論を行う。 本ワークショップの目的 出典: Clubhouseウィキペディアタウンクラブ:」 https://www.clubhouse.com/event/xqjj4bN4?utm_medium=ch_event&utm_campaign=AzL4cGX6WRZTGoDEgXJHXQ- 339304&fbclid=IwAR2SuYQGabo3xoXLtEWB16INTAJdlLxwzTt6Au4hQlrIUs4u9Txs02XBlCI (2022/8/31閲覧). ..
  6. 6. Clubhouseウィキペディアタウンクラブ 2021/3/18~ 毎週(木) 21:00-23:00に 開始 現在、69回を開催 ウィキペディア×図書館,ICT教 育,GIGAスクール,文化財,遺跡,古 墳,地方創生など 自由参加コミュニティ
  7. 7. 考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロンonline#17 文化財×Wikipedia:信頼できる文化財記事作成を学ぶワークショップ 日 時:2021年9月4日 13:00~17:00 会 場:オンライン開催 主 催:考古形態測定学研究会 キンコンカンコン 出典:考古形態測定学研究会 :https://peatix.com/event/2180841?lang=ja (2022/8/31閲覧). ..
  8. 8. 文化財×Wikipedia ―地域における考古学・文化財情報発信の 方法として― CONTENTS 1. Wikipedia×文化財とは?(野口) 2. Wikipediaについて(青木) 3. Wiki記法とメディアファイル(荒井) 4. 全国遺跡報告総覧とWikipedia(高田) 5. Wikipedia記事を書いてみた a. 飛騨みやがわ考古民俗館(三好) b. 松原市河合遺跡(大矢) c. 小金井市内の考古遺跡(野口) 6. Wikipediaタウンと地域への展開(青木) 7. Wikipediaタウンを実施してみた(木村) 8. まとめ(野口) 10/30(土) 16:00~17:00 10/31(日) 13:00~14:00 野口 淳*,1),青木和人2),荒井翔平3), 高田祐一4),三好清超5),大矢祐司6), 木村 聡7) * asiansophia@gmail.com 1) 奈良文化財研究所客員研究員,2)あおきGIS・オープ ンデータ研究所, 3) 東京薬科大学, 4) 奈良文化財研究所, 5) 飛騨市教育 委員会, 6) 松原市教育委員会,7) 沼津市教育委員会 日本情報考古学会第45回大会 共同発表
  9. 9. ウィキペディアタウンin_対馬 対馬のことをウィキペディアに書いてみませんか? 2022年2月12日(土)10時00分~17時00分 会場 厳原交流センター3階第5会議室 Pontafon - Photo created by Pontafon., CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia. org/w/index.php?curid=244 8123による Saigen Jiro - 投稿者自身による作品, CC0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=72313625による
  10. 10. 奈良文化財研究所研究報告 第33冊 1.オープンサイエンス時代の考古学・埋蔵文化財情報 [1]考古学・埋蔵文化財情報のオープン化 1 野口 淳[奈良文化財研究所] 2.文化財×Wikipedia [8]ウィキペディアタウンからウィキペディア文化財へ 51 青木 和人[立命館大学歴史都市防災研究所・Codefor山城] [9]インターネット百科事典「ウィキペディア」におけるデジタル情報の利活用方法 57 荒井 翔平[東京薬科大学] [11]静岡県沼津市におけるWikipediaTownの実践例 71 木村 聡[沼津市教育委員会]・ [12]文化財×Wikipedia、枠組みと実践 77 野口 淳[奈良文化財研究所]・三好 清超[飛騨市教育委員会]・大矢 祐司[松原 市教育委員会] 4.GIGAスクールと地域文化財:学校での活用事例 [20]発掘現場とGIGAスクール構想 学習者中心のICT活用は埋蔵文化財にどのよ うな変化をもたらすか? 141 佐々木 宏展[長野市更北中学校] [21]学校図書館×GIGAスクール×地域文化財資料 156 宮澤 優子[高森町立高森北小学校・高森町子ども読書支援センター] 5.デジタルアーカイブとオープンデータ [23]行政オープンデータ推進と文化財分野への展開に向けた一考察 167 遠藤 守[名古屋大学] 2022/3/31発刊 計8本の論文が 執筆された。
  11. 11. ①各自の自己紹介と活動紹介 20分 今までどんな活動をしてこられましたか?(各5分) (clubhouseのない時 ) 遠藤守(名古屋大学)地域へのオープンデータ普及 野口淳(金沢大学)考古学へのオープンデータ普及 佐々木宏展(長野市立更北中学校)学校教育、GIGAス クール 佐藤雄二(合同会社ビーコンつしま)地域ICT活動
  12. 12. ②パネルディスカッション 90分 clubhouseでいろんな人と出会ってどのように変わったか? ・音声SNSのclubhouseで、なぜ定期的にコミュニケーションするようになっ たのか? ・なぜ実際の活動をすることになったのか? ・活動の結果は具体的にどのような成果(アカデミックなものを含む)となっ たのか? ・clubhouseが自分にどのような影響を与えたのか? ・clubhouseでの関係性が自分の仕事にどのような影響を与えたのか? ・今後はどのような活動やどのような新しい分野の人との出会いが期待さ れるか? ・集合知の活動がなぜ今もできているのか?
  13. 13. ②パネルディスカッション 90分 clubhouseという音声SNSの特質性 ・Slackでも、Twitterでもなく、なぜclubhouseだったのか? ・これまでの様々なデジタルコミュニケーションツールの中で、clubhouse固 有の議論か? ・その他のツールでも起こり得る議論か? ・気軽に音声コミュニケーションできる特質 VS ZOOM ・芸能人や有名なあの人と話すことができる技術と雰囲気 ・偶発的コミュニケーションを生み出すためのclubhouseの情報デザイン
  14. 14. ②パネルディスカッション 90分 今後の課題 真夏の夜の夢が醒めたあとは? ・初期の混沌とした人的コミュニケーションから、現在は囲い込 みコミュニケーションになっている ・ニューカマーをどう受け入れるのか? ・廃れつつあるclubhouseで何を残したいのか?
  15. 15. ウィキペディア文化財が創発された要因 ・資質があった人、アダプトできる人材が繋がれる仕組みが clubhouseに存在した ・非定常状態をまとめるコミュニケーションが「ウィキペディアタ ウン」に存在した ・ clubhouseの中から外に出る活動をしたから、成果になってい る ・常に開いている「場」を音声SNS上の仮想空間に創出できた おわりに 本ワークショップの意義
  16. 16. 今後の課題 ・clubhouse自体の利用者激減、消滅→その特質を引き継ぐメデ ィアはなにか? ・今後、メタバースでこのようなコミュニケーションが実現できる のか? ・各コミュニティ、人材の橋渡しが必要 ・clubhouseは過疎っていると現在、言われるが、スピリチュアル 系などでは新規参入者も多いのも現状である。今回、議論した 「ウィキペディアタウン」クラブの共有知活動は、clubhouseの中 でマイナー活動であるため、今後、ニューカマーを受け入れて いく活動が必要である。

×