Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

構築者に知っておいてもらいたい 運用設計者が語るAWS @Developers.IO 2015

Classmethod Developers.IO 2015
Developer Day H-4

  • Login to see the comments

構築者に知っておいてもらいたい 運用設計者が語るAWS @Developers.IO 2015

  1. 1. 構築者に知っておいてもらいたい 運⽤用設計者が語るAWS クラスメソッド株式会社 植⽊木  和樹 classmethod.jp 1 H-‐‑‒4 2015/03/29
  2. 2. 本⽇日  対象の⽅方 classmethod.jp 2 アプリイやンフラの開発構築担当者 (システム構築後に、別のシステム構築へいく⽅方)
  3. 3. 本⽇日のお話すること ① 「運⽤用でカバー」でいいんです!  ※ ②   環境は少しずつ変化させる ③   わかりやすさが重要 ④   AutoScalingは正義 classmethod.jp 3
  4. 4. ⾃自⼰己紹介 classmethod.jp 4 •  名前:植⽊木  和樹(うえき  かずき) •  年年齢:38歳 •  出⾝身:新潟県妙⾼高市 •  元製造業情報システムG常駐 •  主にUnixサーバエンジニア(監視、保守) •  資格:IPA  ITサービスマネージャ       IPA  システムアーキテクト •  JAWS北北陸陸コアメンバー(JAWS  DAYS  2013〜~) •  JAWS埼⽟玉コアメンバー(2013年年8⽉月〜~) •  JAWS上越妙⾼高コアメンバー(2014年年11⽉月〜~) @czkuk
  5. 5. 「本⽇日  お伝えしたいこと」 を話す前にまずは⾔言葉葉の定義 classmethod.jp 5
  6. 6. 保守とは運⽤用とは classmethod.jp 6
  7. 7. 保守 classmethod.jp 7
  8. 8. ⽇日本⼯工業規格 JIS  X  0161:2008 classmethod.jp 8 保守の種類 定義 例例 改良良保守 (ソフト ウェア⾃自体 の修正) 適応保守 引渡し後,変化した⼜又は変化している 環境において,ソフトウェア製品を使 ⽤用できるように保ち続けるために実施 するソフトウェア製品の修正。 OS新バージョンへの対 応/消費税対応 完全化保守 引渡し後のソフトウェア製品の潜在的 な障害が,故障として現れる前に,検 出し訂正するための修正。 ドキュメントの改善 UIの改善 (問題への 対応) 是正保守 ソフトウェア製品の引渡し後に発⾒見見さ れた問題を訂正するために⾏行行う受⾝身の 修正。 不不具合の修正 (リアクティブ) 緊急保守 是正保守実施までシステム運⽤用を確保 するための,計画外で⼀一時的な修正。 是正処置実施までの暫 定処置 予防保守 引渡し後のソフトウェア製品の潜在的 な障害が運⽤用障害になる前に発⾒見見し, 是正を⾏行行うための修正。 ミドルウェアアップ デート、不不要ファイル 削除
  9. 9. つまり 「システムが本来あるべき姿」 になるよう対応すること メンテナンス classmethod.jp 9
  10. 10. 運⽤用 classmethod.jp 10
  11. 11. バックアップ 監視 リソース収集 定型業務 (ユーザー追加、IP制限変更更) classmethod.jp 11
  12. 12. 「正常に稼働しているシステム」 を⽤用いて実施する業務 オペレーション classmethod.jp 12
  13. 13. 保守運⽤用ってどんなお仕事? classmethod.jp 13
  14. 14. classmethod.jp 14 ITIL Information  Technology  Infrastructure  Library ITサービスマネジメントにおけるベストプラクティス
  15. 15. サービスデリバリ •  中⻑⾧長期的なITサービスの計画と改善⼿手法 •  5つのプロセス classmethod.jp 15
  16. 16. 5つのプロセス classmethod.jp 16 サービスレベル管理理 ITサービス財務管理理 可⽤用性管理理 ITサービス継続性管理理 キャパシティ管理理
  17. 17. サービスサポート •  IT利利⽤用者が適切切に利利⽤用できるよう サポートする •  ITサービス運営における⽇日々の運⽤用⼿手法 •  5つのプロセスと1つの機能 classmethod.jp 17
  18. 18. 5つのプロセスと1つの機能 classmethod.jp 18 サービスデスク インシデント管理理 問題管理理 変更更管理理 リリース管理理 構成管理理 運⽤用 保守
  19. 19. 保守運⽤用の意味する範囲 classmethod.jp 19 設計 構築 保守運⽤用 アプリ インフラ
  20. 20. 本⽇日のお話すること ① 「運⽤用でカバー」でいいんです!  ※ ②   環境は少しずつ変化させる ③   わかりやすさが重要 ④   AutoScalingは正義 classmethod.jp 20
  21. 21. 運⽤用でカバー 外部からの要求や期待が持っている 「想定」や「仕様」と、運⽤用現場で実際に 起こる「現実」との差分を運⽤用現場の努⼒力力 で回避し続ける classmethod.jp 21 Software  Design  2015年年2⽉月号  第2特集  P61  より
  22. 22. 「想定」や「仕様」を洗い出し すべて⼿手順化しなければならない? 「バグのないソフトウェアを作れ」 と⾔言っているようなもの classmethod.jp 22
  23. 23. 「運⽤用でカバー」でいいんです •  不不急の判断はなるべく遅らせる •  設計当初に想定されていなかった ケースがあって当たり前 •  ただ「運⽤用でカバー」=「技術的負債」 •  保守運⽤用に押し付けず設計を⾒見見直せる 技術と権限をもったエンジニアが⼤大切切 classmethod.jp 23
  24. 24. もやっと曖昧な依頼にもかかわらず、 運⽤用現場に対して⾼高度度な判断能⼒力力と 機動的な対処能⼒力力を常時求めつつ、その コストとリスクは運⽤用現場に負担させる ⾏行行為 classmethod.jp 24 Software  Design  2015年年2⽉月号  第2特集  P61  より SD「運⽤用でカバー」定義
  25. 25. classmethod.jp 25 (補⾜足)再発防⽌止策の検討にあたり 発⽣生原因 流流動原因
  26. 26. classmethod.jp 26 リリース後もPDCA 「構築担当」と「保守運⽤用担当」は 協⼒力力しましょう
  27. 27. 本⽇日のお話すること ① 「運⽤用でカバー」でいいんです!  ※ ②   環境は少しずつ変化させる ③   わかりやすさが重要 ④   AutoScalingは正義 classmethod.jp 27
  28. 28. ここ半年年の⼤大規模メンテ •  9⽉月  bash  ShellShock •  9⽉月  秋のEC2再起動祭り •  10⽉月  SSLv3  POODLE •  12⽉月  冬のEC2再起動祭り •  1⽉月  glibc  GHOST •  3⽉月  RDS  SSL証明書更更新 classmethod.jp 28
  29. 29. AWSの環境変化を受け⼊入れる •  塩漬けしにくい •  1年年に数回のアップデート回避不不可 •  セキュリティアップデートは 2世代前までサポートされる傾向 (2014.09,  2014.03,  2013.09) •  1年年〜~1年年半のうちにAMIを更更新する classmethod.jp 29
  30. 30. classmethod.jp 30 (3年年後に  pv  サポートなくなっても驚かない)
  31. 31. 環境変化を受け⼊入れやすく •  本番とは別に開発環境 •  動作確認⼿手順(URLだけでも) •  Multi-‐‑‒AZ •  (NFSはやめておけ) classmethod.jp 31
  32. 32. classmethod.jp 32 作ってオシマイじゃないんです 「構築担当」と「保守運⽤用担当」は 協⼒力力しましょう
  33. 33. 本⽇日のお話すること ① 「運⽤用でカバー」でいいんです!  ※ ②   環境は少しずつ変化させる ③   わかりやすさが重要 ④   AutoScalingは正義 classmethod.jp 33
  34. 34. ⼈人は忘れる→わかりやすくする •  AWSのサービスを使う •  Amazon  Linuxと標準リポジトリを使う •  野良良ビルドしない •  再起動したら直るように •  ドキュメント(図と理理由) •  あえて変えた場合は「理理由を」明⽂文化 •  ⾃自動化された処理理も記載する classmethod.jp 34
  35. 35. classmethod.jp 35 構築後  誰かに聞いてもらうのオススメ
  36. 36. classmethod.jp 36 構築担当は話す/保守運⽤用担当は聞く 「構築担当」と「保守運⽤用担当」は 協⼒力力しましょう
  37. 37. 本⽇日のお話すること ① 「運⽤用でカバー」でいいんです!  ※ ②   環境は少しずつ変化させる ③   わかりやすさが重要 ④   AutoScalingは正義 classmethod.jp 37
  38. 38. AutoScalingは正義!! •  オートスケーリング(負荷に強い) •  オートヒーリング(障害に強い) •  ステートレス •  ソフトウェア管理理ができている証拠 (AMI,  構成管理理DB,  デプロイ⼿手順) •  監視への組み込み classmethod.jp 38
  39. 39. classmethod.jp 39 AutoScalingは よく聞く⾔言葉葉だが インフラ・アプリ・監視すべてが⾼高度度に 整備されていないと実現が難しい
  40. 40. classmethod.jp 40 インフラ担当だけでは実現が難しい
  41. 41. classmethod.jp 41 安定・安⼼心・安価なシステムのため 「アプリ担当」と「インフラ担当」は 協⼒力力しましょう
  42. 42. 本⽇日のお話したこと ① 「運⽤用でカバー」でいいんです!  ※ ②   環境は少しずつ変化させる ③   わかりやすさが重要 ④   AutoScalingは正義 classmethod.jp 42
  43. 43. classmethod.jp 43 「アプリ担当」と「インフラ担当」   「構築担当」と「保守運⽤用担当」 協⼒力力しましょう
  44. 44. #cmdevio2015 ご清聴ありがとうございました。 H-‐‑‒4

×