Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

コミュニケーションソフトウェアを創るということ

1,449 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

コミュニケーションソフトウェアを創るということ

  1. 1. コミュニケーションソフトウェアを 創るということ サイボウズ・ラボ株式会社 奥 一穂
  2. 2. <ul><li>自己紹介 </li></ul>
  3. 3. 自己紹介 <ul><li>1977 年生まれ  31 歳 </li></ul><ul><li>プログラミング経歴 </li></ul><ul><ul><li>8 歳 – LOGO </li></ul></ul><ul><ul><li>12 歳 – BASIC, C </li></ul></ul><ul><ul><li>14 歳 – HyperCard </li></ul></ul>
  4. 4. 本格的なプログラミングは大学から <ul><li>大学入学と同時にインターネットデビュー </li></ul><ul><ul><li>1995 年入学 </li></ul></ul><ul><ul><li>教育用計算機センター </li></ul></ul><ul><ul><li>「 X 端末」が 1,000 台弱 </li></ul></ul><ul><ul><li>1台のワークステーションを約 10 台の端末で使用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>OS は SunOS/4.1 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>NCSA Mosaic という初期のウェブブラウザが動作 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>後に Netscape Navigator が登場 </li></ul></ul></ul>
  5. 5. 大学の教育用計算機センター <ul><li>まだケータイが一般的でない時代 </li></ul><ul><ul><li>自宅からのインターネット接続も高価 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>通話料: 10 円 / 3 分 </li></ul></ul></ul><ul><li>教育用計算機センターなら、無料でインターネットし放題 </li></ul><ul><ul><li>しかも、回線が高速 </li></ul></ul><ul><li>授業がないときは、いりびたり </li></ul><ul><ul><li>授業があるときも、いりびたり </li></ul></ul>
  6. 6. 大学で友人を探す方法 <ul><li>finger コマンド </li></ul><ul><ul><li>ワークステーションを使用中のユーザー一覧を表示 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>どの X 端末からのログインか、わかる </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>全ワークステーションに finger すれば、計算機センターにいる友人は見つかる </li></ul></ul>
  7. 7. finger の問題 <ul><li>遅い </li></ul><ul><ul><li>100 台のワークステーションに問い合わせ </li></ul></ul><ul><li>「どこ」にいるのか分からない </li></ul><ul><ul><li>「 xs034 」は、どの建物の、どの部屋にある端末 ? </li></ul></ul><ul><li>負荷が重い </li></ul><ul><ul><li>皆が実行するとシステムがダウン </li></ul></ul>
  8. 8. friends <ul><li>全ワークステーションの finger の結果をキャッシュ </li></ul><ul><ul><li>応答が高速 / 負荷が軽い </li></ul></ul><ul><li>全端末の地図を作成 </li></ul><ul><li>自動更新 </li></ul><ul><li>↓ </li></ul><ul><li>友人がどこに座っているか、常に把握できる </li></ul>
  9. 9. friends (2) <ul><li>あっというまに普及 </li></ul><ul><ul><li>数百人が使用 </li></ul></ul><ul><ul><li>アクティブユーザーの半数近く ? </li></ul></ul><ul><li>普及した理由 </li></ul><ul><ul><li>「やぁ」「どうやって見つけたの ? 」「 friends で」 </li></ul></ul>
  10. 10. Palmscape <ul><li>世界初の Palm OS 用ウェブブラウザ 注 </li></ul><ul><li>注 : HTML レンダラーを搭載したウェブブラウザとして。 </li></ul>
  11. 11. 開発の経緯 <ul><li>Palm Pilot 用モデム発売 </li></ul><ul><ul><li>1997 年 </li></ul></ul><ul><li>でもウェブブラウザがない </li></ul><ul><ul><li>メールソフトもなかった </li></ul></ul><ul><li>じゃあ自作するか </li></ul>
  12. 12. 公開後 <ul><li>インターネットで無料公開 </li></ul><ul><li>世界中から反響 </li></ul><ul><ul><li>インターネットに国境はない </li></ul></ul><ul><ul><li>ソフトウェアに国境はない </li></ul></ul><ul><li>問題:ユーザーからの問い合わせが多い </li></ul><ul><ul><li>「モデムの設定がわかりません」 </li></ul></ul><ul><ul><li>仕事じゃないのに。タダなのに。 </li></ul></ul>
  13. 13. 仕事としての Palmscape <ul><li>大学中退して就職 </li></ul><ul><li>Palmscape の権利を会社に譲渡 </li></ul><ul><ul><li>会社の株式と交換 </li></ul></ul><ul><li>プロの「ブラウザ屋さん」に </li></ul>
  14. 14. 成功 <ul><li>IBM, SONY がバンドル </li></ul><ul><li>NTT ドコモと共同研究 </li></ul>
  15. 15. 挫折 <ul><li>携帯端末向けソフトウェアの価格は安い </li></ul><ul><ul><li>ハードウェアが安いのに </li></ul></ul><ul><li>バンドルされてもダメ </li></ul><ul><ul><li>バンドルしてもらうためにお金を払うケースも </li></ul></ul><ul><li>ハードウェアが売れなかった </li></ul><ul><ul><li>SONY, IBM ともに撤退 </li></ul></ul>
  16. 16. IPA 未踏ソフトウェア <ul><li>IPA 未踏ソフトウェア創造事業 (2004 年度 ) </li></ul><ul><li>テーマ </li></ul><ul><li>「ウェブアプリケーション (Apache/Perl) 統合開発環境の開発」 </li></ul>個人又は数名のグループを対象として、独創的なソフトウェア 技術や事業アイディアを公募しその開発を支援する制度
  17. 17. サイボウズ・ラボへ <ul><li>自分の長所はなにか、考えた </li></ul><ul><ul><li>速いコードを書けること </li></ul></ul><ul><ul><li>需要に答える嗅覚があること </li></ul></ul><ul><ul><li>短所:好きなこと「しか」やらない点 </li></ul></ul><ul><li>サイボウズ・ラボはどうか ? </li></ul><ul><ul><li>お金の心配がない </li></ul></ul><ul><ul><li>のびのびとプログラミングができる </li></ul></ul><ul><ul><li>新しいテーマに取り組むことができる </li></ul></ul><ul><li>2005 年 8 月入社 </li></ul>
  18. 18. <ul><li>Japanize </li></ul>
  19. 19. Japanize とは ? <ul><li>ウェブアプリ UI の野良翻訳システム </li></ul><ul><li>2006 年 8 月 14 日公開 </li></ul>
  20. 20. Japanize – 構成 <ul><li>Mozilla Firefox / Internet Explorer の拡張 </li></ul><ul><ul><li>表示中のウェブサイトを自動で日本語化 </li></ul></ul><ul><ul><li>厳密にはローカライズ=メニューやボタンの日本語化 </li></ul></ul><ul><li>翻訳データは皆で共有 </li></ul><ul><ul><li>人力翻訳 </li></ul></ul><ul><ul><li>Wikipedia ライク </li></ul></ul>
  21. 21. Japanize の現状 <ul><li>対応サイト > 800 </li></ul><ul><ul><li>Flickr, YouTube, Veoh, Twitter, digg, … </li></ul></ul><ul><li>翻訳者 > 500人 </li></ul><ul><li>翻訳データ量 - 約9MB </li></ul><ul><li>延べ編集回数 - 約40,000回 </li></ul><ul><li>アクティブユーザー - 約40,000人 </li></ul>
  22. 22. Japanize – 翻訳画面
  23. 23. Japanize – 成功の要因 <ul><li>フラットで敷居の低いプラットフォーム </li></ul><ul><li>誰でも翻訳に参加できる </li></ul><ul><ul><li>簡単な文法 </li></ul></ul><ul><ul><li>XSS 脆弱性の排除 (vs. Greasemonkey) </li></ul></ul><ul><li>意識しないで使える </li></ul><ul><ul><li>インストールするだけで、自動的に翻訳 </li></ul></ul><ul><li>入力した翻訳データは、全て共有される </li></ul>
  24. 24. Japanize – 問題 <ul><li>mixi が英訳されてしまった </li></ul><ul><ul><li>3時間後に、別の翻訳者がデータ削除 </li></ul></ul><ul><ul><li>コメント欄で、訳者間の意識統一が図られた </li></ul></ul><ul><li>どこまで翻訳するのか </li></ul><ul><ul><li>例 : YouTube のタグを翻訳するのか ? </li></ul></ul>
  25. 25. <ul><li>Pathtraq </li></ul>
  26. 26. Pathtraq とは ? <ul><li>インターネットのリアルタイム視聴率調査 </li></ul><ul><ul><li>「人気ページや話題ニュースをランキング化」 </li></ul></ul><ul><li>プログラムによる自動処理 </li></ul><ul><ul><li>自動的に情報を収集し、自動的に統計処理 </li></ul></ul><ul><li>2007 年 8 月 10 日公開 </li></ul>
  27. 27. Pathtraq - 画面
  28. 28. Pathtraq – 構成 <ul><li>Mozilla Firefox / Internet Explorer の拡張 </li></ul><ul><ul><li>表示したウェブサイトの URL をサーバに送信 </li></ul></ul><ul><li>ウェブサイトのアクセス情報は皆で共有 </li></ul><ul><ul><li>アクセス情報は匿名化 </li></ul></ul><ul><ul><li>収集したアクセス情報をもとに、いま注目されている情報を自動抽出 </li></ul></ul>
  29. 29. 他サービスとの比較 <ul><li>vs. Google </li></ul><ul><ul><li>Google は資料検索。 Pathtraq は時事検索 </li></ul></ul><ul><li>vs. Yahoo! </li></ul><ul><ul><li>Yahoo! ニュースは公式のみ。 Pathtraq はインターネット全体から注目情報を抽出 </li></ul></ul><ul><li>vs. はてなブックマーク </li></ul><ul><ul><li>はてなブックマークは、ユーザーの操作に基づく </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「お役立ち系」「技術系」が多い </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Pathtraq は完全自動 </li></ul></ul>
  30. 30. Pathtraq の現状 <ul><li>保存 URL - 約1億 </li></ul><ul><li>ログ受信数 - 約 100 万 / 日 </li></ul><ul><li>サンプルユーザー - 約 9,000 人 ( 推計 ) </li></ul>
  31. 31. Pathtraq - 問題 <ul><li>増え続けるデータ </li></ul><ul><ul><li>高速なアルゴリズムの開発や圧縮手法の適用 </li></ul></ul><ul><ul><li>新しいハードウェア技術への投資 </li></ul></ul><ul><ul><li>スケールアウト ( 複数台のコンピュータを使用 ) </li></ul></ul><ul><li>プライバシー </li></ul><ul><ul><li>いかに「共有すべきアクセス情報」のみを抽出するか </li></ul></ul>
  32. 32. Pathtraq の副産物 <ul><li>Q4M </li></ul><ul><ul><li>大量のデータを処理するためのメッセージキュー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>処理を遅らせたり、分散させたり </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Mixi, Livedoor が採用 </li></ul></ul><ul><li>本文抽出技術 </li></ul><ul><ul><li>はてながコピー </li></ul></ul>
  33. 33. <ul><li>コミュニケーションソフトウェアを </li></ul><ul><li>創るということ </li></ul>
  34. 34. IT 革命は終わったのか <ul><li>インターネットはもう普及 </li></ul><ul><li>携帯電話の市場は飽和 </li></ul><ul><li>技術者としてやることは、もう残っていない ? </li></ul><ul><ul><li>「これからはバイオの時代」 </li></ul></ul>
  35. 35. コミュニケーションの革新は終わらない <ul><li>革新は一世紀以上前から続いている </li></ul><ul><ul><li>電信 (1844 年 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>電話 (1876 年 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>無線 (1895 年 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>テレビ (1911 年 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>人工衛星 (1957 年 ) </li></ul></ul><ul><li>携帯電話やインターネットは大きな革新の一部にすぎない </li></ul>
  36. 36. A.C. クラークの演説より <ul><li>国連本部にて </li></ul><ul><li>1983 年 5 月 17 日 ( 世界電気通信の日 ) </li></ul><ul><li>出典 : 地球村の彼方 (A.C. クラーク ) ISBN 4-8103-8011-4 </li></ul>
  37. 37. A.C. クラークの演説より (2) <ul><li>電話の発明に対する反応 </li></ul><ul><ul><li>「アメリカ人には、電話が必要なのです。しかしわれわれは違う。われわれには、メッセンジャーボーイが十分にいる」 - イギリス郵政省の主任技師 </li></ul></ul><ul><ul><li>「今にすべての市町村が一台、電話を持つ日がくる」 - アメリカの市長 </li></ul></ul>
  38. 38. A.C. クラークの演説より (3)  その到来が長いこと待たれていたグローバル・ビレッジがもうじき実現することでしょう。けれども、それは人類の歴史のなかでほんの一瞬のこととなるでしょう。私たち自身も気がつかないうちに、さらに新しいグローバル・ファミリーの時代が訪れることでしょう。
  39. 39. The Medium is the Message <ul><li>メディア ( ツール ) がコミュニケーション形態に影響を与えるということ </li></ul><ul><ul><ul><li>「グローバル・ビレッジ」を唱えた M. マクルーハンの言葉 </li></ul></ul></ul>
  40. 40. サイボウズで働くということ <ul><li>コミュニケーションソフトウェアを創るということ </li></ul><ul><ul><li>つまり、コミュニケーションを規定するということ </li></ul></ul><ul><ul><li>つまり、世界の進歩に、自分の小さな一押しを加えるということ </li></ul></ul>

×