Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20110628 for gatracker

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 9 Ad
Advertisement

More Related Content

Similar to 20110628 for gatracker (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Advertisement

20110628 for gatracker

  1. 1.
  2. 2. 自己紹介<br />木田 和廣(きだ かずひろ)<br />株式会社マキシマイズ 執行役員/プロジェクトマネージャー<br />【Work-Consulting】<br /><ul><li>Web解析導入支援(要件定義/KPI設定/各種設定)
  3. 3. Webマーケティング/サイト最適化コンサルティング
  4. 4. LPO(Landing Page Optimization)コンサルティング
  5. 5. リスティング広告の運用代行
  6. 6. SEO診断</li></ul>【Qualification】<br /><ul><li>Googel Analytics Individual Qualification保有</li></ul>  (初回取得は2009年4月)<br /><ul><li>GoogleAdWords認定資格保有</li></ul> (レポートと解析の上級者向け試験)<br />2<br />【Work-Training】<br /><ul><li>『ゼロからのWeb解析入門講座』講師
  7. 7. 『ゼロからのAdWords入門講座』講師
  8. 8. 『Google Analytics完全理解講座』講師</li></ul>【Others】<br /><ul><li>Google Analytics 公式ヘルプフォーラム レベル8回答者</li></ul>【Others】<br /><ul><li>Google Analytics 公式ヘルプフォーラム レベル9回答者(500件以上の書き込み実績)
  9. 9. 株式会社インターネットイニシアティブ
  10. 10. 株式会社車検館
  11. 11. ネットイヤーグループ株式会社
  12. 12. 株式会社朝日広告社
  13. 13. 旭硝子株式会社
  14. 14. 株式会社リコー
  15. 15. AIGエジソン生命保険株式会社</li></li></ul><li>今日、持ち時間(10分)の中でお話したいこと<br />3<br />サードパーティのWEBサービスが提供している情報をAPI経由でGoogle Analyticsに取り込むことで、それまでできなかった「仮説立案⇒マーケティングアクション」を起こせる。(かもしれない。) <br />
  16. 16. APIでデータを取得する2つのソース<br />4<br />◆どこどこJP<br />http://www.docodoco.jp/<br />サイバーエリアリサーチ社提供。(商用利用は有償)API経由で以下の情報を提供中。<br />接続元企業(社名、本店所在地、上場、従業員数、売上)<br />接続元地域情報(国、都道府県、市町村、緯度経度)<br />◆World Weather Online<br />http://worldweatheronline.com/<br />World Weather Online社提供。無償にて商用利用可。API経由で以下の情報を提供中。<br />天気(現在と予報)<br />気温(最高気温、最低気温)<br />湿度<br />視界<br />その他<br />
  17. 17. 気象情報をアナリティクスに取り込むまでのフロー<br />気象情報はどこどこJPとWWOのAPI経由で取得しGoogle アナリティクスに取り込みます。<br />5<br />Webサーバー<br />どこどこJP<br />WWO<br />Google Analytics<br />1<br />2<br />3<br />5<br />6<br />7<br />4<br />①コンテンツへのリクエスト<br />②JS埋め込み済みコンテンツのレスポンス<br />③どこどこAPIへのリクエスト(IPアドレス)<br />④どこどこAPIから緯度、経度の取得<br />⑤WWOへの緯度経度の引渡し<br />⑥WWOから、天気/気温の取得<br />⑦Google Analyticsへの、天気/気温の引渡し<br />
  18. 18. カスタムレポートでのアウトプット<br />6<br />カスタムレポートを活用して、「天気別のサイト全体へのアクセス状況」をレポートすることができました。<br />ディメンションに気温(最低、最高)を設定することも可能です。<br />第二ディメンションに「ページ」を設定することで天気別の人気商品(ECサイトの場合)を見える化できます。<br />「天気別アクセス状況」レポート<br />
  19. 19. アドバンスセグメントの利用<br />「アドバンスセグメント」を利用すると、「晴れの地域からの訪問」や、「雨か曇りで湿度60%以上の地域からの訪問」を抜き出してセグメント化できます。<br />7<br />アドバンスセグメントの設定画面(天気がSunnyのセグメント)<br />
  20. 20. 気象情報から導くアクション<br />8<br />【検証できる仮説】<br />訪問者の接続元の天気や気温によって、、、<br />興味・関心のある商品/サービスが異なるのではないか?<br />コンバージョン率が違うのではないか?<br />【アクション】<br /><ul><li>接続元の天気や気温によって、プッシュする商品/サービスを変える
  21. 21. コンバージョン率の高い地域に集中して広告を掲載する。
  22. 22. 季節に合わせたマーチャンダイジング(売れ筋商品の仕入れ)
  23. 23. 在庫を残さない、見切り売り</li></li></ul><li>9<br />ご清聴ありがとうございました<br />株式会社マキシマイズ<br />執行役員<br />木田 和廣<br />kazkida@maximize.co.jp<br />

×