User storymapping in 10 minutes

5,660 views

Published on

WebUX研究会 発表資料 2011/12/3

Published in: Business, Technology

User storymapping in 10 minutes

  1. 1. 10分でざっくり理解するユーザーストーリーマッピング アギレルゴコンサルティング株式会社 アジャイルコーチ 川口 恭伸 1
  2. 2. かわぐち やすのぶ 川口 恭伸 twitter: @kawaguti2
  3. 3. 全面広告 アギレルゴ コンサルティング 株式会社 アギレルゴ3
  4. 4. 全面広告2012年1月10日(火)∼16日(月) 認定スクラムプロダクトオーナー研修 (大阪) 認定スクラムマスター研修 (東京) アジャイル実践者研修 : Scrum Fine Tuning (東京) 充実の日本人コーチ陣がサポートします! ジム・コプリエン 吉羽龍太郎 西村直人 Coplien 角谷信太郎 James O. 原田騎郎 和智右桂 川口恭伸http://jp.agilergo.com/ アギレルゴ 4
  5. 5. EMZero vol.5 アジャイルUX 特別号 アジャイルUX5
  6. 6. EnterpriseZine アジャイルUX の潮流 アジャイルUX6
  7. 7. アジャイルUCD研究会 agileucdja 7
  8. 8. 10分でざっくり理解するユーザーストーリーマッピング アギレルゴコンサルティング株式会社 アジャイルコーチ 川口 恭伸 8
  9. 9. ユーザーストーリー XPコミュニティで普及 ○○として ワークショップ形式で △△をしたい 機能を洗い出す その結果、 インデックスカードに 記録して並べ替える シナリオを詳細に記述する手間を省く 関係者の記憶の中には詳細なストーリー が存在している前提。 9
  10. 10. 3つの観点Card 計画時に使用する、ストーリーの説明文書。 記憶を助ける道具としても利用する。Conversation ストーリーの詳細を具体化するための 会話を行う。Confirmation 詳細を表すテスト(試験方法)。 ストーリーの完了条件として用いる。 10 Mike Cohn User Stories Applied
  11. 11. よいストーリーの条件Independent (独立している) ○○として △△をしたい その結果 ....Negotiable (交渉可能) ○○として ○○として ○○として △△をしたい △△をしたい △△をしたいValuable (価値がある) その結果 .... その結果 .... その結果 .. for users or customers ○○として △△をしたい ○○として △△をしたい ○○として △△をしたい その結果 .... その結果 .... その結果 ..Estimatable (見積り可能) ○○として ○○として ○○として △△をしたい △△をしたい △△をしたいSmall (小さい) その結果 .... その結果 .... その結果 .. ○○として ○○としてTestable (試験可能) △△をしたい その結果 .... △△をしたい その結果 .... ○○として △△をしたい その結果 .... Mike Cohn User Stories Applied 11
  12. 12. プロダクトバックログスクラムで利用する要件リスト 順序付け ○○としてプロダクトに必要なものが △△をしたい 2 その結果 ....すべて順序付きで一覧に プロダクト ○○としてなったものであり、 バックログ アイテム △△をしたい 3 その結果 ....プロダクトの変更要求の (よくユーザー ストーリーを使う) ○○として唯一の情報源である。 △△をしたい 2 その結果 ....1 番上の項目から開発を開始する ○○として 5 △△をしたい その結果 ....動的であり、適切で競争力のある ○○として 2 △△をしたい有用なプロダクトに必要なもの その結果 ....を求めて、絶えず変化する。 ○○として 1 △△をしたい その結果 .... スクラムガイド (2011) http://www.scrum.org/scrumguides 規模見積り 12
  13. 13. エクスペリエンス vs 構築順序 エクスペリエンス ○○として ○○として ○○として ○○として △△をしたい △△をしたい △△をしたい △△をしたい その結果 .... その結果 .... その結果 .... その結果 .... ユーザーとして体験する順番 構築 (ワークフロー) ○○として △△をしたい その結果 .... 変換 ○○として △△をしたい その結果 .... ○○として △△をしたい その結果 .... プロダクトオーナー 開発チームとして ○○として 取りかかる順番 △△をしたい その結果 .... (プロダクトバックログ) 13
  14. 14. ユーザーストーリーマッピングJeff Patton が開発した 製品の設計 ユーザーワークフロー リリース計画を一度に見える化する手法 Jeff Patton http://www.agileproductdesign.com/ 14
  15. 15. マップの構成 ワークフロー アクティビティ リリース サブタスクユーザ(ペルソナ) タスク 15
  16. 16. 協調プロダクトデザイン1. 製品が提供する ユーザーワークフローの見える化2. チーム全員がメンテナンスできる3. 詳細を書ききるのではなく、 全体像を合意する 要件定義 + 開発計画 16
  17. 17. Passionate Product Design プロセス 調査 探索 構築 スプリント0 スプリント1 スプリント2 デザインプロセス 開発プロセス 17
  18. 18. デザインプロセスユーザー分析 製品設計 プロダクト探索プラグマティック ソナ ペル 協調ワークショップ ユーザ ストーリーマッピング ー ジ ニ ャー ーマップ 「ゲームストーミング―会議、チーム、  プロジェクトを成功へと導く87のゲーム」 18
  19. 19. 開発プロセス製品設計 構築計画 作業計画 ○○として △△をしたい 2 その結果 .... ToDo WIP Done ○○として 2 ○○として △△をしたい 3 △△をしたい その結果 ....ユーザーストーリーマッピング その結果 .... ○○として ○○として 2 3 △△をしたい △△をしたい その結果 .... その結果 .... ○○として 5 △△をしたい その結果 .... スプリントバックログ(タスクボード) プロダクト バックログ 塹壕より Scrum と XP 19 スクラムガイド
  20. 20. プロダクトの成功要件使用する組織にとって有益である 有益であるためには 対価に値する 使用可能 魅力があり、 価値がある BA 魅力がある valuable usable & attractive 使用に耐える ものである UX価値があり、使用可能な上で、 実現可能実現可能、かつ、 feasibleコスト効率がよい Dev (C) 2009-2011 Jeff Patton, www.AgileProductDesign.com/product_owner 20 日本語訳: 川口恭伸
  21. 21. ご清聴ありがとうございました。 agileucdja 21

×