Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Wacate2018 winter jstqb-al-ta

1,399 views

Published on

WACATE 2018 冬
FLシラバスでは紹介されていない以下の5つを紹介
・原因結果グラフ
・組み合わせテスト技法
・ドメイン分析
・欠陥ベースのテスト
・チェックリストベースド

Published in: Software
  • Be the first to comment

Wacate2018 winter jstqb-al-ta

  1. 1. JSTQB TA テスト技法の紹介 WACATE 2018 冬 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 1
  2. 2. 自己紹介 • 氏名:なかむら こうじ • あなたとテストの関わり: – テストを考えながら要件定義をしています。 • テストに関する資格: – JSTQB AL TM/TA, JCSQE 中級 • 派閥 – 猫派 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 2
  3. 3. JSTQBとは 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 3
  4. 4. JSTQBの概要 • JSTQBとは、日本におけるソフトウェアテスト技術 者資格認定の運営組織で、 各国のテスト技術者認定 組織が参加しているISTQB(International Software Testing Qualifications Board)の加盟組 織として2005年4月に認定されています。 • ISTQBの加盟組織の各国団体は資格および教育・訓 練組織認証について相互認証を行っています。つま り、JSTQBが運営するソフトウェアテスト技術者資 格は海外でも有効な資格となっています。 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 4 http://jstqb.jp/committee.html
  5. 5. JSTQB Advanced Level(TA)試験 実施データ 受験者数 合格者数 合格率 第1回ALTA試験 (2016/2/13) 351名 43名 12.25% 第2回ALTA試験 (2017/2/11) 269名 17名 6.32% 第3回ALTA試験 (2018/2/10) 283名 64名 22.61% 計 903名 124名 - 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 5 http://jstqb.jp/attribute.html
  6. 6. ねらい • シラバス・・・文字ばかり • まずは雰囲気をつかもう。 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 6
  7. 7. テスト技法 JSTQB-Syllabus.Advanced_TA_Version2012.J01 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 7
  8. 8. JSTQB-AL-TAで紹介されているテスト技法 ベース 技法 仕様ベース 同値分割 境界値分析 デシジョンテーブル 原因結果グラフ 状態遷移テスト 組み合わせテスト技法 ユースケーステスト ユーザーストーリーテスト ドメイン分析 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 8 ベース 技法 欠陥ベース 欠陥ベースの技法 経験ベース エラー推測 チェックリストベースド 探索的テスト JSTQB-Syllabus.Advanced_TA_Version2012.J01.pdf
  9. 9. JSTQB-FLで紹介されているテスト技法 ベース 技法 JSTQB- SyllabusFoundation_Version2011.J02.pdf 仕様ベース 同値分割 4.3.1. 同値分割法 境界値分析 4.3.2. 境界値分析 デシジョンテーブル 4.3.3. デシジョンテーブルテスト 原因結果グラフ 状態遷移テスト 4.3.4. 状態遷移テスト 組み合わせテスト技法 ユースケーステスト 4.3.5. ユースケーステスト ユーザーストーリーテスト 3.3 アジャイルプロジェクトの技法 ※ ドメイン分析 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 9 ※JSTQB-SyllabusFoundation-AgileExt_Version2014.J01.pdf
  10. 10. JSTQB-FLで紹介されているテスト技法 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 10 ベース 技法 JSTQB- SyllabusFoundation_Version2011.J02.pdf 欠陥ベース 欠陥ベースの技法 経験ベース エラー推測 4.5. 経験ベースのテスト技法 チェックリストベースド 探索的テスト 4.5. 経験ベースのテスト技法
  11. 11. 本セッションで紹介する技法 • FLシラバスでは紹介されていない以下の5つ – 原因結果グラフ – 組み合わせテスト技法 – ドメイン分析 – 欠陥ベースのテスト – チェックリストベースド 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 11
  12. 12. 原因結果グラフ 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 12
  13. 13. 原因結果グラフ • 原因と結果の論理構造(ルール)を視覚的に表す • デシジョンテーブルに変換してテストする 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 13 原因 結果ルール WACATE合宿費 35歳以下 :¥24,000 36歳以上 :¥27,000 ※風間裕也様は BPPご招待のため無料 デシジョンテーブル 変換!
  14. 14. 原因結果グラフ • 結局最後はデシジョンテーブルにするなら 最初からデシジョンテーブルで設計したら? • 原因結果グラフを使うと・・・ – AND条件とOR条件が視覚的に識別しやすいです – 「制約」を使って複雑なロジックを設計しやすいです 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 14 制約 意味 ONE 唯一つが真 EXCL 高々一つが真 INCL 少なくとも一つが真 REQ Aが真になるためにはBが真であることが必要 MASK Aが真であればBの真偽はわからない
  15. 15. 組み合わせテスト技法 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 15
  16. 16. 組み合わせテスト技法 • 必要なカバレッジを満たす組み合わせの 適切なサブセットを識別する手段 • カバレッジ – 1ワイズカバレッジ(シングルカバレッジ) – 2ワイズカバレッジ(ペアワイズカバレッジ) – Nワイズカバレッジ 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 16 因子 お届け先 お届け日 支払方法 水準 購入者住所 通常配送 クレジット 登録済住所 お急ぎ便 代引き 新規届け先 日付指定 コンビニ お届け先 お届け日 支払方法 3水準 3水準 3水準 因子・水準が増えると組み合わせは 天文学的に増えていく
  17. 17. 組み合わせテスト技法 • 1ワイズカバレッジ(シングルカバレッジ) – 各水準が1回 でればOK • 2ワイズカバレッジ(ペアワイズカバレッジ) – 2因子間の組み合わせを網羅する • お届け先×お届け日 • お届け日×支払方法 • 支払方法×お届け先 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 17 # お届け先 お届け日 支払方法 1 購入者住所 通常配送 クレジット 2 登録済住所 お急ぎ便 代引き 3 新規届け先 日付指定 コンビニ
  18. 18. 組み合わせテスト技法 • ペアワイズテスト – 2項目間の全組み合わせを作成 • 直交表 – 2項目間の全組み合わせが同一回数登場(偏りがない!) • クラシフィケーションツリー – 視覚的に意図したレベルの組み合わせを作成 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 18 お届け先 お届け日 支払方法 登録済購入者 新規 お急ぎ通常 日付指定 代引きクレジット コンビニ #1 #2 #3 #4
  19. 19. ドメイン分析 2018/6/15-16 WACATE 2018 Winter 19
  20. 20. ドメイン y ドメイン分析 • ドメインとは全体の中に定義される部分領域 – x≦5かつy<8の場合True ※x,yは0以上の整数 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 20 0-1 5 6x 0 -1 7 8 y 0-1 5 6 x 0 -1 境界値 境界値 7 8 ON/OFF ON 仕様上に表現される境界値 OFF ONに対して境界の反対側に隣接する境界値 IN/OUT IN ドメインの内側の値 OUT ドメインの外側の値 0 5x y 0 8 x y-1 -16 7 x y0 5~ 0 7~ x y-1 6~ ~ -1~ 8 ~
  21. 21. ドメイン分析 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 21 条件 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 0≦x On 0 Off -1 IN - - 1 2 3 4 x≦5 On 5 Off 6 IN - - 1 2 3 4 0≦y On 0 Off -1 IN 6 5 4 3 - - y<8 On 8 Off 7 IN 6 5 4 3 - - 期待結果 True False True False True False False True xとyのOnとOffをひとつずつテストする xがOnまたはOffの場合、 yはINの値をずらして設定 ひとつのケースで確認する境界値はひとつだけ!
  22. 22. 欠陥ベースの技法 2018/6/15-16 WACATE 2018 Winter 22
  23. 23. 欠陥ベースの技法 • シラバス要約 – 探す欠陥のタイプをテストベースとして使用する – 欠陥のタイプについて既知の情報から体系的に導き出す – 欠陥分類法(分類された一覧)からテストを導き出す • 要するに… – 「仕様通りか」ではなく「この欠陥がないか」のテスト – 目的にあったレベルで分類された欠陥のタイプが必要 • 実践するには – 欠陥の情報を集めて分析し、欠陥のタイプを分類しておく – 分析の方法としてはODC分析とか特性要因図とか 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 23
  24. 24. チェックリストベースド 2018/6/15-16 WACATE 2018 Winter 24
  25. 25. チェックリストベースド • シラバス要約 – 経験を積んだテストアナリストによる • 高位レベルで汎用化したリスト • プロダクトに対して検証を行うルール • 要するに… – 1言えば10テストできるくらい精通した人たちの手法 – 汎用的でメンテナンスコストがかからない – 汎用的なので再現性は犠牲になる 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 25
  26. 26. 小演習 演習10分、共有10分 2018/6/15-16 WACATE 2018 Winter 26
  27. 27. クラシフィケーションツリーを使った問題 • 先ほどのクラシフィケーションツリーの例を 少し簡単にしたもので挑戦 • ペアワイズの組み合わせを作ってください – お届け先×お届け日 の全組み合わせが登場する – お届け日×支払方法 の全組み合わせが登場する – 支払方法×お届け先 の全組み合わせが登場する • 最少何ケースでできるかな? 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 27 お届け先 お届け日 支払方法 購入者 新規 お急ぎ通常 日付指定 代引きクレジット
  28. 28. クラシフィケーションツリーを使った問題 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 28 お届け先 お届け日 支払方法 購入者 新規 お急ぎ通常 日付指定 代引きクレジット
  29. 29. クラシフィケーションツリーを使った問題 • 情報共有タイム – 自分が作った組み合わせは何ケースになった? – どうやって組み合わせを作った? 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 29
  30. 30. クラシフィケーションツリーを使った問題 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 30 お届け先 お届け日 支払方法 購入者 新規 お急ぎ通常 日付指定 代引きクレジット #1 #2 #3 #4 #5 #6 解答例:6ケース 私の場合、 ①まず「お届け先」と「お届け日」の2項目間網羅をつくって ②そこで付けた「お届け日」の●と「支払方法」で2項目間網羅を作り、 ③作った2項目間網羅を崩さないように「お届け先」と「支払方法」を2項目間網羅にして、 ペアワイズをつくりました。
  31. 31. おまけ 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 31
  32. 32. SQuBOKガイドで紹介されている技法 JSTQB-AL-TA技法 SQuBOK Guide V2 同値分割 3.9.2.2 同値分割 境界値分析 3.9.2.3 境界値分析/境界値テスト デシジョンテーブル 3.9.2.4 デシジョンテーブルによるテスト 原因結果グラフ 3.9.2.5 原因結果グラフによるテスト 状態遷移テスト 3.9.2.6 状態遷移テスト 組み合わせテスト技法 3.9.7 組み合わせの技法 ユースケーステスト ユーザーストーリーテスト ドメイン分析 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 32 JSTQB-AL-TAで紹介されている技法のうち、SQuBOKガイドでも紹介されているもの
  33. 33. SQuBOKガイドで紹介されている技法 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 33 JSTQB-AL-TA技法 SQuBOK Guide V2 欠陥ベースのテスト エラー推測 3.9.4.1 エラー推測テスト チェックリストベースド 探索的テスト 3.9.1.2 探索的テスト
  34. 34. WACATEとテスト設計技法の歴史 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 34 2010 冬 デシジョンテーブルを使いこなそう!(加瀬正樹) https://www.slideshare.net/softest/wacate2010w デシジョンテーブル 2012 夏 入門!組合せテスト(井芹洋輝) https://www.slideshare.net/goyoki/ss-34571626 基本用語等の基礎知識 組合せテスト技法はじめの一歩(近江久美子) https://www.slideshare.net/omn/wacate2012s-main-techniquepublic デシジョンテーブル、 ペアワイズ、直行表 実践!組合せテスト設計(井芹洋輝) https://www.slideshare.net/goyoki/wacate2012s 有則、無則、禁則における組合せ技法の選定 冬 かいてみようCFD(近江久美子) http://www.slideshare.net/omn/wacate2012w-letsdrawcfdpublic CFD技法、同値分割、 デシジョンテーブル 2013 夏 分けてみよう悩んでみよう同値分割・境界値分析(近江久美子) https://www.slideshare.net/omn/wacate2013s-technical-sessionpublic 同値分割 境界値分析 冬 状態遷移テスト(朱峰錦司) http://www.slideshare.net/kjstylepp/wacate2013-29199595 状態遷移テスト 2014 冬 クラシフィケーション・ツリー法入門(井芹洋輝) http://www.slideshare.net/goyoki/ss-42412647 クラシフィケーション・ツリー法 2015 冬 わりとディープ?同値分割↔境界値分析(山口寛子) https://www.slideshare.net/scarletplover/ss-56911349 同値分割、境界値分析、 ドメイン分析 2016 夏 テスト設計技法の説明(越中谷郁美、山口寛子、近江久美子) http://wacate.jp/2016/summer/テスト設計技法についての説明_20160619版.pdf 同値分割、境界値分析、 デシジョンテーブル、状態遷移、ユースケーステスト 冬 組み合わせテスト(藤原洋平) https://www.slideshare.net/mirer/wacate2016 デシジョンテーブル、 ペアワイズ、直行表
  35. 35. WACATEとテスト設計技法の歴史 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 35 2017 夏 テスト設計技法の適用 その前に・・・(中村仰志) https://www.slideshare.net/kauji0522/ss-77037090 同値分割、境界値分析、デシジョンテーブル、 状態遷移テスト、ユースケーステスト、組み合わせテスト技法 冬 ユーザビリティーテストをやってみよう(山口寛子) https://www.slideshare.net/scarletplover/ss-84317973 ユーザビリティーテスト 直交表に触れてみよう(並木正典) https://www.slideshare.net/MasanoriNamiki/wacate2017 直交表 2018 夏 状態遷移テスト(角田俊) https://speakerdeck.com/imtnd/zhuang-tai-qian-yi-tesuto-state- transition-testing 状態遷移テスト ユースケース図&悪魔図(中村仰志) https://www.slideshare.net/kauji0522/ss-102546126 ユースケーステスト、シナリオテスト 原因結果グラフ解説(招待講演:加瀬正樹様) https://www.slideshare.net/softest/wacate2018-102550504 原因結果グラフ、デシジョンテーブル
  36. 36. 参考 • JSTQB – http://jstqb.jp/ • ISTQBテスト技術者資格制度 シラバス日本語版 – Foundation Level シラバス 日本語版 Version 2011.J02 • http://jstqb.jp/dl/JSTQB-SyllabusFoundation_Version2011.J02.pdf – Foundation Level Extension シラバス アジャイルテスト担当者 日本語版 Version 2014.J01 • http://jstqb.jp/dl/JSTQB-SyllabusFoundation-AgileExt_Version2014.J01.pdf – Advanced Level シラバス 日本語版 テクニカルテストアナリスト Version2012.J02 • http://jstqb.jp/dl/JSTQB-Syllabus.Advanced_TTA_Version2012.J02.pdf • ソフトウェア品質知識体系ガイド -SQuBOK Guide-(第2版) • https://www.amazon.co.jp/dp/4274505227 2018/12/15-16 WACATE 2018 Winter 36

×