Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第42回「こすぎの大学~武蔵小杉のトイレから地球革命~」受講ノート

219 views

Published on

第42回「こすぎの大学」は「武蔵小杉のトイレから地球革命」と題して、トイレ研究家 白倉正子さんを先生役としてお迎えしました。
当日は、白倉正子さんの活動や思いをご紹介していただいた後、参加者のみなさんと共に「トイレから地球革命」を探求しました。(2016年9月9日開催)

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第42回「こすぎの大学~武蔵小杉のトイレから地球革命~」受講ノート

  1. 1. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 2016年 9月 9日(金) 19:28-21:15 主催: 企画編集ユニット「6355」 後援:NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント 平成28年度川崎市都市ブランド推進事業
  2. 2. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 本日のプログラム 19:28-19:40 「こすぎの大学」の概要紹介 19:40-19:45 チェックイン 19:45-20:10 キーノートスピーチ 「武蔵小杉のトイレから地球革命」 トイレ研究家 白倉正子さん 20:10-21:05 ワークショップ 21:05-21:15 クロージング 21:30- 懇親会
  3. 3. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」運営メンバー 企画編集ユニット「6355」 保崎晃一 大坂亮志柳橋歩 国谷澄子 岡本克彦鈴木眞智子
  4. 4. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」とは 住民 勤務 興味関心 Old New 多様な方々が集う 武蔵小杉 × お互いに学び合う場 「こすぎの大学」 毎月第2金曜日 19:28-開催 誰もが先生であり、誰もが生徒である 出会い 発想 実践 新旧住民の交流 知恵の融合 地域デザイン参画▲ ▲ 武蔵小杉の 魅力再発見 武蔵小杉の 価値創出 次代の 人材育成
  5. 5. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY これまでの先生“役” 2013年9月 「こすぎの大学」開校 これまでに個性溢れる40名の先生“役”が登壇 写真提供:武蔵小杉ライフ
  6. 6. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 平成28年度川崎市都市ブランド推進事業 l  BAYCAMP2016 l  こすぎの大学 l  プロレスリングHEAT-UPとどろきアリーナ大会 l  精神障害者フットサル交流会及び関東大会 l  ビーチサッカー体験会 l  歌い踊る川崎市歌~Song of kawasaki city~ l  ピープルデザイン川崎 就労体験プロジェクト http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000078336.html
  7. 7. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」のスタイル 自己紹介 + 先生“役” のお話し + 先生“役”と生徒“役”が一緒に4時限の授業 + 席替えで、気になっていたアノ人とも話せる + 発表会
  8. 8. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」の2つのルール 時間になったら手を挙げます。 気づいたら、みなさんも手を挙げて、 口にチャックをお願いします。 全員が手を挙げたら、次の時限に移ります。 話す時間は1/4。相手の話を聞く時間が3/4。 1 2
  9. 9. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY レポートの公開にあたって 授業風景を写真で撮影し、 別途、ホームページやfacebook等で 公開させていただきます。 写真撮影がN.G.の方がいらっしゃいましたら、 スタッフまで、ご連絡ください。
  10. 10. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 前回の復習 2016年 8月12日(金) 第40回「武蔵小杉で異文化コミュニケーション」 海外赴任17年 落合克哉さん 「海なし県」の埼玉県出身。大学生の21歳の時、一挙に海を越えて、オランダに 2年滞在。企業人になってからは、20世紀にフランスに10年、21世紀になってからは アメリカ合衆国にて5年の駐在を経験。30年に及ぶ社会人生活の中で、常にグロー バルな領域でマーケティング、経営企画や人事等の仕事に携わり、現在に至る。通訳 案内士の英語、フランス語を保持。
  11. 11. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 授業風景
  12. 12. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY l  英語好きだった青年期と、17年の海外赴任経験
 学生時代に小林克也さんの「百万人の英語」に出演。就職後はオランダ・
 フランス・アメリカに計17年赴任。 l  世界の中の日本、日本の中の外国人
 世界約73億人の内、日本人は1.3億人で10位。使用言語は中国語・
 英語・スペイン語の順番で、日本語は12位。
 訪日外国人旅行者数は約1300万人(2014年)、在留外国人は223万人で、
 日本の人口の1.8%。
 川崎市中原区の「川崎市国際交流センター」は、外国人と接することができる
 絶好の場。
 l  異文化コミュニケーションとは
 髪の色や言語などの「外面」の違い、価値観や信仰・習慣などの「内面」の
 違いに加えて、「レッテル」が相手との違いを感じさせる要因。
 相手と自分の違いに気づき・受け止めて、その上で相手を理解しようと努めること。 先生役からのお話し 「武蔵小杉で異文化コミュニケーション」
  13. 13. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 発表 「異文化コミュニケーションでの最初のコミュニケーション」 l  異文化コミュニケーションは笑顔のあいさつから
 異文化コミュニケーションとは「お互いに違いを認めること」。お互いを知 るためには笑顔の挨拶が大切。「こんにちは」という挨拶をすれば、 「お天気がいいですね♪」等の次の会話につなげることができる。 l  相手に関心を持つ、違いを知る、
 共通点を知る、そして、認める。
 まずは相手に関心を持つこと。関心を持つということは、違いを知ること、 共通点を知ること。相手に関心を持つことで、相手を身近に感じ、価 値観が広がり、そして、お互いを尊重するようになる。
  14. 14. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 発表 「異文化コミュニケーションでの最初のコミュニケーション」 l  尊重・敬意(Respect)、近づいて(Approach)、
 伝える(Communication)
 異文化コミュニケーションで得られるのは、面白さや新しい価値観。その ために最初に行うのは笑顔や挨拶、ジェスチャー、何かを話したりと、まず は近づくこと。いきなり近づくと警戒心を抱かれてしまうので、相手を尊 重する気持ちを持って近づくこと。 l  笑顔・観察・理解
 異文化コミュニケーションで得られるのは「人間としての幅」。自分が知 らなかったことを知ることができる喜び。初めての人とコミュニケーションする 際、挨拶の前に「今から行くよ♪」という優しいアイコンタクトも大切。
  15. 15. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 発表 「異文化コミュニケーションでの最初のコミュニケーション」 l  ミラーにGO!未来にGO!
 コミュニケーションで相手だけでなく、自分のことも知ることができる。相手 は自分を映す鏡。多くの人とコミュニケーションすることで自分のことも更に 知ることができる。そのために街に出ること! l  存在を認めるコミュニケーション
 相手との共通点は「今、ここに一緒にいる」ということ。アフリカの挨拶 は「私はあなたの存在を認めているよ」という意味。一緒に存在してい る相手への感謝の気持ちを込めて挨拶をする。
  16. 16. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY チェックイン「トイレ紹介」 これから3分間、より多くの方と挨拶と握手をしてください。 l  お名前 l  武蔵小杉に住む方・勤める方・関心のある方 l  私、こんなトイレの体験談があります… 「私は、武蔵小杉に住む保崎幸一です。  実は北朝鮮のトイレを使用したことがあります。」
  17. 17. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 今回の先生役 2016年 9月 9日(金) 第42回「武蔵小杉のトイレから地球革命」 トイレ研究家 白倉正子さん トイレ専門企画会社「アントイレプランナー」代表。 1973年群馬県生まれ。多摩大学の卒業論文でトイレをテーマに執筆。卒業と同時 にトイレ専門企画会社を創業。「トイレから地球革命!」を合言葉に、トイレに関 する企画・講演・商品開発など幅広く活躍中。「マツコの知らない世界」など TV・ラジオ等メディア出演多数。2015年には「外国人観光客のトイレ対策」を研 究。著書に『わたしの人生は「トイレ」から始まった!』(ポプラ社)。日本トイレ協 会理事。3児の母。夫はトイレ診断士1級。
  18. 18. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY ダイアログ & ワークショップ 本日の 授業 トイレから武蔵小杉革命!
  19. 19. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY ダイアログ & ワークショップ 1時限目 個人ワーク 白倉正子さんの話を聞いて、 気になったキーワードを ポストイットに書いてください。 l  ポストイット1枚に1つのキーワード トイレ 地球改革 20:10-20:15 (5分間)
  20. 20. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY ダイアログ & ワークショップ 2時限目 グループワーク 白倉正子さんの話を聞いて、 気になったキーワードと理由を グループの方々とシェアしてください。 l  模造紙にポストイットを貼ったり、文字を綴ったり、
 絵を描きながら、グループの方々とお話ししてください。 l  まずは、自己紹介から。 20:15-20:28 (13分間) トイレ 地球改革
  21. 21. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY ダイアログ & ワークショップ 休み時間 席替え テーブルホストを一人だけ残して、 他のメンバーは、他のテーブルに移動してください。20:28-20:30 (2分間)
  22. 22. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY ダイアログ & ワークショップ 3時限目 グループワーク 理想的なトイレのアイデアを考えてください。 l  模造紙に文字を綴ったり、絵を描きながら、
 グループの方々とお話ししてください。 l  「理想的」の意味を色々と膨らませてください 20:30-20:45 (15分間)
  23. 23. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY ダイアログ & ワークショップ 4時限目 グループワーク + 発表 東京2020まで4年。 「2020年、武蔵小杉では  こんなトレイを用意しています!」という キャッチコピーを考えて、発表してください。 l  発表用シートの記入 (15分) + 発表(各グループ1分) l  武蔵小杉や川崎の地域資源を活用したトイレを考えてください 20:45-21:05 (20分間)
  24. 24. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 先生役からの講評 2016年 9月 9日(金) 第42回「武蔵小杉のトイレから地球革命」 トイレ研究家 白倉正子さん
  25. 25. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 今後の開講スケジュール 毎月第2金曜日 19:28-21:00 第44回 武蔵小杉の 多様性と可能性 川崎市ブランド戦略担当
 広岡真生さん 2016年10月14日(金) 第43回 武蔵小杉と武蔵溝ノ口を MAMAで繋ぐ こすぎトラベラーズサロン親子旅育推進部
 高橋麻美さん 2016年9月30日(金)
  26. 26. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」のホームページ こすぎの大学 http://kosuginouniv.jimdo.com/ l  開講スケジュール l  当日の資料 l  受講レポート l  会場地図 l  ブログ
  27. 27. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」のfacebookページ 「こすぎの大学」で検索 http://www.facebook.com/ kosuginouniv l  開講スケジュール l  当日の資料 l  受講レポート l  関連情報 ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
  28. 28. Copyright 2013-2016 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」のメーリングリスト 「こすぎの大学」メーリングリスト kosuginouniv@freeml.com l  開講スケジュール l  当日の資料 l  受講レポート l  関連情報 メーリングリストに登録させていただきますので、ご了承ください。

×