Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第27回「こすぎの大学~武蔵小杉でスギダラケ~」受講ノート

372 views

Published on

「武蔵小杉でスギダラケ」と題して、日本全国スギダラケ倶楽部 若杉浩一さんを先生役としてお迎えしました。

川崎市と宮崎県は2014年11月に連携・協力の取り組みに関する基本協定を締結しました。連携・協力事項の一つに「国産木材等を使用した豊かなまちづくり」が含まれ、当日は、若杉浩一さんから杉を活用した地域デザインについてご紹介していただきました。(2015年9月11日開催)

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第27回「こすぎの大学~武蔵小杉でスギダラケ~」受講ノート

  1. 1. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY
  2. 2. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 当日のプログラム 19:05 - 19:15 「こすぎの大学」の概要紹介 19:15 - 19:20 チェックイン 19:20 - 19:50 プレゼンテーション 「武蔵小杉でスギダラケ」 日本全国スギダラケ倶楽部 若杉浩一さん 19:50 - 19:55 武蔵小杉は●●ダラケ ? 19:55 - 20:50 ダイアログ & ワークショップ 20:50 - 20:55 次回の案内 21:00 - 懇親会
  3. 3. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 先生役 2015年9月11日(金) 第27回「武蔵小杉でスギダラケ」 日本全国スギダラケ倶楽部 若杉浩一さん <プロフィール> 1959年生まれ 熊本県天草郡出身。1984年九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒。同年、 株式会社内田洋行入社、デザイン、製品企画、知的生産性研究所テクニカルデザインセン ターで製品開発と研究開発を行い、現在、内田洋行のデザイン会社であるパワープレイスに て、ITとデザインのメンバーを集めリレーションデザインセンター設立し事業化を志す。 企業の枠やジャンルの枠にこだわらない活動を行い、やりすぎて何度もデザイナーを首にな るも、性懲りもなく、企業と個人,社会の接点を模索している。 スチール家具メーカなのに何故か、日本全国スギダラケ倶楽部を南雲勝志氏と設立。 ※杉屋ホームページより引用 http://kgwp.kanuma.org/designer.html#six
  4. 4. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 授業風景
  5. 5. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY l  企業と地域と人を繋ぐ「日本全国スギダラケ倶楽部」 ・日本の国土面積の約3分の2は森林。世界でトップクラスの森林率。 ・有効活用されていない木材という資源。  杉を活用することで地域再生を狙う。 l  杉と共に生きる ・宮崎県日向市の小学生による杉を使った屋台コンテンスト。 ・小学生が自分が使う学習机を自作する。  卒業時には、思い出が刻まれた学習机を持ち帰る。 ・杉を使ってプロダクトだけでなく、ストーリーをつくる。 l  常識を変える非常識で広がる仲間 ・JR九州の駅構内施設を杉で開発。初めての挑戦への反対者が  最終的には最大の理解者に。そして、仲間に。 l  変態/変人が起点の価値創造 ・変人/変態が面白いことをする。そこに人が集まって面白い場になる。  スケールアウトして経済となり、いづれは伝統となる。 先生役からのお話し 「武蔵小杉でスギダラケ」
  6. 6. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 授業 本日の授業のゴール 「武蔵小杉をスギダラケにする!」 1時限目 (個人ワーク) 若杉浩一さんの話を聞いて、 気になったキーワードをポストイットに書いてください。 2時限目 (グループワーク) 若杉浩一さんの話を聞いて、 気になったキーワードと理由をグループの方々とシェアしてください。 3時限目 (グループワーク) 「武蔵小杉×杉」「武蔵小杉×スギ」で、武蔵小杉の魅力を高めるアイデアを考えてください。 4時限目 (グループワーク+発表) 宮崎県と川崎市での取り組み「国産木材等を活用した豊かなまちづくり」 武蔵小杉で杉(木材)を活用した豊かなまちづくりのアイデアを発表してください。
  7. 7. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 発表 「武蔵小杉で杉(木材)を活用した豊かなまちづくりのアイデア」 l  地産地縁消 川崎にゆかりのある食べ物を「杉」で囲まれた空間で家族や仲 間と食す。マンションであれば杉のロビーや縁側、家庭では杉 のテーブルや食器など。杉を活用して温かい空間やコミュニ ティが形成される。 l  世界一の杉タワー「高スギタワー」 タワーマンション街の武蔵小杉。それぞれのタワーマンション に個性があるけれども、杉でタワーマンションを彩る。多摩川 や等々力緑地など自然と融合する武蔵小杉のシンボルタワーに。 l  武蔵小杉の小学校を杉で作ろう! 奈良県吉野での「愛・学習机プロジェクト」同様に、武蔵小杉 も杉の机を自作する。導入に至っては杉の良さを知ってもらう 必要があるので、まずは今年のクリスマスにグランツリー武蔵 小杉でクリスマスツリーを杉で作る。名付けて「クリスマスス ギー」。
  8. 8. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY l  渡りスギ 南武線の連絡通路を杉でリノベーションする。人が急いで 行き交う連絡通路に、温かみとゆとりが演出される。 l  みんなの「木」 みんなが、木もちよく、木ぶんよく、木たくなる街へ。木 でできた駅舎、木でできた集会場、駅の連絡通路も木張り にする。 l  宮崎県と川崎市の交流 川崎での杉の活用の一歩として、まずは宮崎に視察ツアー をする。宮崎で感じた杉の香りや活用方法を武蔵小杉に導 入する。 発表 「武蔵小杉で杉(木材)を活用した豊かなまちづくりのアイデア」
  9. 9. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 発表 「武蔵小杉で杉(木材)を活用した豊かなまちづくりのアイデア」 l  人の集まる場所をスギ(好き)だらけに 等々力競技場のサブスタンドのベンチを杉に、中原図書館の机 や椅子も杉に、色々な場所を杉にして、武蔵小杉をさらに好き になる空間にする。 l  Dear 小杉ーニ 『ディアゴスティーニ』のように毎月、杉のパーツが1個ずつ 届いて80年後に完成する、これまでにない壮大なプロジェクト。 武蔵小杉が好きな親から子どもに、子どもから孫に。大好きな あなたに「Dear 小杉ーニ」。
  10. 10. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 今後の開講スケジュール 毎月第2金曜日 19:28-21:00 2015年10月 9日 第28回 カワサキアリス主宰 Ashさん 「武蔵小杉で創刊する」 2015年11月13日 第29回 ハバタク株式会社 長井悠さん 「武蔵小杉からハバタク」 2015年12月11日 第30回 川崎市立井田病院 西智弘さん 「武蔵小杉を生きる Vol.3」
  11. 11. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」ホームページ こすぎの大学 http://kosuginouniv.jimdo.com/ l  開講スケジュール l  当日の資料 l  受講レポート l  会場地図 l  ブログ
  12. 12. Copyright 2014-2015 KOSUGI no UNIVERSITY 「こすぎの大学」facebookページ 「こすぎの大学」で検索 http://www.facebook.com/kosuginouniv l  開講スケジュール l  当日の資料 l  受講レポート l  関連情報 ぜひ、「いいね!」をお願いします♪

×