Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20110812「震災後の生活者意識の変化」

1,526 views

Published on

関東10ゼミ討論会とNECカシオモバイルコミュニケーションズ合同によるミニ・チャレンジプロジェクトのレポートです。ワールドカフェ形式で「震災後の生活者意識の変化」を対話し、「今、マーケティングでできること」を探求しました。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20110812「震災後の生活者意識の変化」

  1. 1. 震災後の生活者意識の変化 2011年 8月12日 (金) 15:00-17:30 NECカシオモバイルコミュニケーションズ N1619号会議室 関東10ゼミ討論会×NECカシオモバイルコミュニケーションズ合 同 ミニ・チャレンジプロジェクト
  2. 2. ワールドカフェの説明 15:40-15:50 ダイアログ(対話)  第1ラウンド (20分) 15:50-16:10  第2ラウンド (20分) 16:10-16:30  第3ラウンド (20分) 16:30-16:50  第4ラウンド (30分) 16:50-17:10 グループ発表 17:10-17:30 本日のAgenda
  3. 3. 一つのテーブルを数名が囲み、 「問い」について対話をします。 「カフェ」のようなリラックスした空間で、 メンバーの組み合わせを変えながら、 小グループで話し合いを続けることにより、 あたかも全員が話し合っているような 効果が得られます。 ワールド・カフェとは
  4. 4.  数人ずつテーブルに座って、 テーマ(問い)について話し合う。  まずは、自己紹介から。  一人のテーブルホストを残して、他メンバーは 「旅人」として他テーブルへ移動。  テーブルホストは自テーブルで出たアイデア を他メンバーへ共有。  他メンバーは、自テーブルで出たアイデアを 共有し、アイデアを「つなげる」。 ワールド・カフェの進め方 第1ラウンド 第2,第3ラウンド テーマについて探求する アイデアを「受粉」する
  5. 5. 「旅人」は最初のテーブルに戻り、 旅で出たアイデアを 紹介し合いながら 話し合いを継続する。 気づきや発見を 全体共有する。 ワールド・カフェの進め方 第4ラウンド 全体セッション 気づきや発見を統合する 集合的な発見を収穫し、 共有する
  6. 6.  「問い」に意識を集中し、話し合いましょう。  あなたの考えを積極的に話しましょう。  話は短く、簡潔に。  相手の話に耳を傾けましょう。  アイデアを繋ぎ合わせてみましょう。  共に耳を傾けて、深い洞察や問いを探しましょう。  遊び心で、イタズラ書きをしたり、絵を描いたりしましょう。  移動後は、アイデア共有から始めてください。  ファシリテーターが手を挙げたら対話をストップしてください。 ワールド・カフェのルール
  7. 7. 早速、実践しましょう!
  8. 8. ラウンド 1 「震災後に、どのような変化がありましたか?」 震災後の生活者意識の変化
  9. 9. ラウンド 2 「その変化は、 震災でしか得られないものですか?」 震災後の生活者意識の変化
  10. 10. ラウンド 3 「変化は、私たちに何をもたらしますか?」 震災後の生活者意識の変化
  11. 11. ラウンド 4 「今、マーケティングでできることは何ですか?」 震災後の生活者意識の変化
  12. 12. 全体セッション 〜 グループ発表 〜
  13. 13. 当日のダイアログ風景
  14. 14. ダイアログ風景
  15. 15. ダイアログ風景
  16. 16. ダイアログ風景 ラウンド1. 震災後に、どのような変化がありましたか?  家族に会いたい  「繋がらない」という体験  情報の真偽  twitter  継続的な意識と、 短期的に戻った意識  死を意識  節電・節約  就職活動が大変  電気の大切さを知る  ずっと家にいた  充電フル(特にケータイ)  今を楽しもう!  時間と共に意識が低下  風評被害  情報の価値  「何もわからない」が 一番怖い  日本人は冷静で すばらしい
  17. 17. ダイアログ風景 ラウンド2. その変化は、震災でしか得られないものですか?  きっかけが必要  震災のような大規模な 事象でないと変わらない  大人数⇔自分だけ  エコ意識は以前から。 それが加速しただけ。  震災がきっかけで、 心の中が可視化された  震災でしか得られない ものはない?  当事者か否か  自分自身を見つめる  意識的に自己判断  長期的に見ると 何も変わっていない  当事者意識の規模  「日本は一つの チームなんです」  日本の付加価値探求
  18. 18. ダイアログ風景 ラウンド3. 変化は、私たちに何をもたらしますか?  世界・家族・友達との「絆」  変わるものより、 変わらないものを  これまで薄々感じていた ことを強く感じる  情報の信憑性  人との繋がり  安心・安全  賢くなる  「がんばろう」に重み  行動は同じでも、 意識・目的が変わった  繋がり続けるための バッテリーライフ  「自分のため」から 「みんなのため」に  自分を知った  Happyであろうとする  思いやり  成長
  19. 19. ダイアログ風景 ラウンド4. 今、マーケティングでできることは何ですか?  自分を知る  みんなを忘れない  背景に気づく  「共通体験」の提供  「気づき」の提供  「絆」の再確認  先入観をなくす  受け身マーケティング からの脱却  変化の継続提供  キラキラする企業価値  「きっかけ」の提供  企業と消費者の 「共創」「共想」「共走」  「絆」の提供  敢えて継続的な 「不安」を提供し、 マイナスを克服する 活力を提供

×