Successfully reported this slideshow.

第6,7回 適応

6

Share

Upcoming SlideShare
第2回 知覚
第2回 知覚
Loading in …3
×
1 of 45
1 of 45

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

第6,7回 適応

  1. 1. 心理学 担当:佐藤勝義 katsuyo0907@gmail.com 第6,7回
  2. 2. 適応とは 人間の不適応のメカニズムを知り, 適応するための知識・技能を高める! 環境や自己の変化に応じて行動・思考を 修正し,満足を感じている状態 ・環境の変化:引越し,転校,天候など ・自己の変化:発達・加齢に伴う変化
  3. 3. マズローの欲求階層による適応 高いレベルの欲求 生存に必要な欲求 (生理的) (安全) (愛情と所属) (尊重) (自己実現) (発達)に合わせた欲求を考えること! 例) 大人が中高生に友達選べは× 欲求は階層性を持ち,低次の欲求が満たされないと, 高次の欲求は充足されない
  4. 4. マズローの欲求階層による適応年齢が増すにつれて上位欲求が発達 ※個人差はもちろんある
  5. 5. 適応とストレス:ストレス過程のモデル ストレッサーにうまく認知・対処することで ストレス反応が生じず,適応できる! (ストレッサー) (ストレス源) (ストレイン) (ストレス反応) (認知) (個人差) (社会的支援) (対処)
  6. 6. ストレス過程のモデル:ストレッサー ストレッサーとは?
  7. 7. ストレッサー ・ストレッサーの例 表9-4 ・生活上の変化(→急性ストレッサー) 表9-5 社会的適応評定尺度:(結婚が50で基準) (ライフイベント)のインパクト 変化への再適応のための努力がストレスに ライフイベントの(連続)が問題 ・日常のいらだち尺度 表9-6 (些細)なことだが,その(蓄積)がストレスに (→慢性ストレッサー)
  8. 8. ストレッサーがないと・・・ 刺激のないことはストレス! (ストレッサーが全くない)のも×
  9. 9. 急性ストレッサーと抵抗力(ストレス反応) ライフイベントが(連続)すると不適応へ
  10. 10. 慢性ストレッサーと抵抗力(ストレス反応) 日常のいらだちと(スキル不足) が(ストレス許容範囲)を狭める
  11. 11. ストレス反応・生理面でも防衛するが・・・ セリエの汎適応症候群 図9-21 警告 反応期 抵抗期 疲憊期 抵 抗 力 抵抗期間の対処で適応!それができないと・・・ 慢性的にストレッサーを受け続ける不適応へ
  12. 12. ストレス過程のモデル:認知 ストレッサーをどのよう に捉えるか
  13. 13. ストレスの認知評価 ・・・事象が(脅威的)かの評価 ⇒予測可能性 ・・・事象が(対処可能)かの評価 ⇒制御可能性 ・・・ストレッサー評価の調整 体験や新たな情報で修正
  14. 14. ストレスの認知評価 ・・・事象が脅威的かの評価 ⇒予測可能性 ・・・事象が対処可能かの評価 ⇒制御可能性 ・・・ストレッサー評価の調整 体験や新たな情報で修正 予言のように本当に脅威となるか分 からないものは対処しようがない
  15. 15. ストレスの認知評価 個人の抱えるストレスとは? ・必ず到来するもの ・死,病気,ケガ,家族・別れ・・・時期は不明確 ・定年,就職,受験,進学・・・時期は明確 ・必ず到来するものではないが ・予測可能・・・天気・台風・大雨などの自然災害 ・予測不可能・・・地震・火山噴火などの災害 事件・事故・テロ・失業 等 対処できる可能性有?難しい部分 対処できる可能性有
  16. 16. 認知における脅威が全くないと・・・ 適切な不安・ストレスレベルへのコントロール (適度な不安やストレス)は動因として重要 問題は・・・ ・過剰な不安・ストレスの問題 ・不安・ストレスを感じないことの問題 (ヤーキース・ドットソンの法則) パフォーマンスには, 適切な動因レベルが必要 動因(不安・ストレス)と パフォーマンスは(逆U字)関係
  17. 17. 過敏型自己愛における脅威と対処可能性 脅威は感じる(評価過敏なため) ・対処可能性(二次評価)は低い ⇒自分で頑張ろうとは思わない ・他者依存の対処可能性が高い ⇒他者がなんとかしてくれる それが裏切られると ⇒逆切れ! 過敏型自己愛の問題は, 過剰な甘えによる根拠なき楽観⇒逆切れ (佐藤,2011)
  18. 18. ストレス過程のモデル:対処(コーピング) ストレッサーに対して どのように対処するか
  19. 19. 対処行動(コーピング) ストレスに直面した時に生じるイライラや不安など の情動を沈めるための行動や認知的努力 (問題焦点型対処):問題を解決するための情報を 集め,解決を試みる (情動焦点型対処):高ぶった感情を抑えようとする (回避型対処):ストレス事態から注意を逸らし, 関わろうとしない コーピング(対処) 制御可能なとき効果的 一時的な効果 制御不可能なとき
  20. 20. ・問題焦点型対処が本当に有効? ・適合性仮説 制御可能事態・・・問題焦点型対処 制御不可能事態・・・情動焦点型対処 回避型対処 対処の柔軟な採用が大切 (状況に合わせて対処を変える)ことが大事! いつも問題焦点型対処だと不適応へ 問題解決 可能なら回避,考えを変える,サポートをもらう
  21. 21. ストレス過程のモデル:ストレス反応 ストレス反応
  22. 22. ストレス病 ストレッサーが強すぎたり,それほど強くなくても 長期間続いたり,いくつか重なり合ったりして, コーピングがとれずにホメオスタシスが崩れや すい状態になり,健康を維持できなくなった状態 ⇒治療として,ストレッサーを減少させたり,コーピン グスキルを高めたり,ストレス耐性を高めるといっ た方法がとられる ストレス反応
  23. 23. 認知次元 ・主観的な訴え 不安,心配, イライラ, ゆううつ感,等 例 SRS-18 Stress Response Scale ストレス反応の認知・行動次元
  24. 24. ストレス反応の認知・行動次元 患者はどちらの型 なのか(観察)すること! ・認知的対処 事態への接近ー回避 ストレッサーまで Lv > La Iv < Ia インパクト時
  25. 25. ストレス反応の行動次元 行動次元 ・作業の乱れやミスの増大 ・声の調子が変化 ・相手との距離が空く ・自己刺激行動の増加 患者さんの反応をよく観察すること!
  26. 26. ストレス過程のモデル:ストレス対処資源 ・(身体的健康) ・(自己効力感) ・(問題解決スキル) ・(社会的スキル) (ソーシャルサポート)
  27. 27. (自己効力感) ①成功体験 ②代理経験 自分で行動し、何かを成し遂げたという 達成感を持つ。小さなことでOK 周りの人が成功している状況を見て、 「自分にもできそう」という気持ちをもつ ストレス過程のモデル:ストレス対処資源
  28. 28. ③言語的説得 ④生理的情緒的高揚 少しでもできたら褒め言葉を かけると、気分が高揚してくる ストレス過程のモデル:ストレス対処資源 自己効力感 「あなたならできる」と繰り返し説得される。 ただし、それだけでは長続きしない。 (スモールステップの着実な成功体験)
  29. 29. (社会的スキル) 対人関係を良好に保つための技術。 周囲の人と適切に対応し,円滑に コミュニケーションをはかるために必要な能力 例) 自己開示,自己主張(アサーション) ストレス過程のモデル:ストレス対処資源
  30. 30. (例)人に何か物を貸してと頼まれた時 • 「今ごろ来るなんて非常識じゃないか,貸せ ないよ」(攻撃的) • 貸すと自分の仕事に支障をきたすのを承知 の上で「いいよ」(非主張的) • 「これは今日私が使うから貸せないけど,次 からはもう少し早く言ってくれれば貸せると思 う」(アサーション) 援助を仕事にしている人などに有効(森川, 1996) 社会的スキル:アサーション
  31. 31. (非合理的な思い込み)(認知の歪み) 例:人は誰からも愛され,常に受け入れなければ ならない 「人に好かれるにこしたことはないが,必ず 好かれるとは限らないし,まして好かれなけ ればならないことはない」と 考え方を変えることが重要 社会的スキル:アサーション(認知面) ⇔自分の意見を言わずに,相手の気に入るよう な行動をとり,相手によっては行動を変えたり, 人との接触を避けたりするようになってしまう
  32. 32. • 自分を知らせる • 積極的に相手に耳を傾ける • 否定的なことをなるべく言わない • 言語的な面で伝えるメッセージと非言語 的な面(視線,表情,姿勢,相手との距離, 声の大きさ,話す速さなど)で伝えるメッ セージを一致させる 社会的スキル:アサーション(言語・非言語面)
  33. 33. ・こんな時、どうしたら? 患者にプライベートな質問をされる 患者に交際を申し込まれる →「役割関係を超えた行動」 社会的スキル:看護師への応用 構造化の必要 構造化とは、その場面で何をすればよいのかを 理解し、安心・自立して行動できるように、環境 を整理・再構成・明確化すること
  34. 34. 二者間の関係が、多くの「決まり事」を伴った 役割関係であることを、様々な場面で繰り返 し示すことで理解してもらう ①お互いの役割関係を明確にする 社会的スキル:看護師への応用 看護師…患者さんの治療のために、 お世話をしている 患者…病気を治すために治療している
  35. 35. • 「時間」の構造化 例) 用件が済んだら、立ち去る • 「行動」の構造化 例) いつも通りに挨拶する • 「方法」の構造化 例) 個人的な質問には答えない 言葉づかいを崩さない ② 構造化を守る 社会的スキル:看護師への応用
  36. 36. (ソーシャルサポート) (道具的サポート):問題解決に結びつく具体的・ 実際的な援助 例)ものや力を貸してくれる (情緒的サポート):慰めや励ましといった心の支え 例)励ましてくれる、共感してくれる ストレス過程のモデル:ストレス対処資源 (サポート内容)と(相手)をきちんと選択すること 例) 仕事は上司・部下,恋愛は家族や親密他者
  37. 37. ソーシャルサポート ストレス過程のモデル:ストレス対処資源 ストレッサーの程度 サポートしてもらえ る!と思える人 ⇒(ストレッサー)が 多くても,(ストレス 反応)が生じない
  38. 38. ソーシャルサポート ストレス過程のモデル:ストレス対処資源 (サポートしてもらえる!と思える)だけで効果あり
  39. 39. ストレスをコントロールするためには (認知の歪みを修正) :認知再構成法 (対処スキルを増加) :社会的スキル訓練 (危険因子を除去) (親密他者関係を変容) 例として,認知行動療法と対人関係療法
  40. 40. 行動論 精神分析 対処行動を獲得 するメカニズム ⇒防衛機制⇒学習 学派 対処行動を獲得 するメカニズム より具体的な 防衛機制の中身 ⇒否認,退行 ストレスモデル ストレスモデルの 具体的対処行動 ・問題焦点型 ・情動焦点型 内容は一緒だが 否認や退行のほうが具体的 学習で言うなら“回避” 行動論(ストレスモデル)と精神分析
  41. 41. (防衛機制): ストレスの原因というよりは、不快の緩和 に焦点を当て,自分自身を不安や不快 から守り,現実に適応しようとするメカニ ズム ⇒防衛が過剰、不十分な場合は、症状や 問題が生じる 防衛機制
  42. 42. 防衛機制の種類
  43. 43. 防衛機制の種類
  44. 44. (フロイト): • 精神科医で、精神分析の創始者 • 神経症の治療と研究を通じて理論化した体系 が精神分析 • これを心理治療の方法とした精神分析療法は, 心理療法の中で最も歴史が古い ⇒心の中に無意識の領域が存在し、日常生活に 影響を及ぼしていることを指摘し、心にはエス、 自我、超自我の心的装置が働いている 防衛機制の背景
  45. 45. 意識 前意識 水面 無意識 (超自我) (自我) 防衛機制の背景 快楽と道徳規範の戦い (エス) 自我が平行性を 保とうと調整する。 その努力によって 生じる →防衛機制 (道徳的規範),自我理想 本能的な(快楽)欲求 適応するよう(調整)

×