Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Pythonの環境導入 2014年春季版

7,616 views

Published on

Pythonの環境導入 2014年春季版

  1. 1. Pythonの環境構築方法 2014年春季版 ver. 0.1 森下のお勧め方法 2014-05-16 Katsuhiro Morishita
  2. 2. はじめに • 本スライドは、ローカルやサーバ上 でターミナルを通じてPythonスクリプ トを動かす環境の構築方法を解説し ます • Mathmatica風のGUIを使うにはIpython とnotebookの組み合わせを利用します が、(知らないので)本スライドで は解説しません
  3. 3. Pythonの流儀 • 小さい実行エンジン • ライブラリは適宜追加 • シンプルな文法 • 尐ない予約語数 • 字下げの強要 • バージョン依存問題への対応には仮想環 境を利用
  4. 4. OS別のPython本体の導入方法の違い • Windows – ビルド済みのものを入れるのが一般的 • Unix系 – パッケージ管理ツール(apt-get, yum)があれ ば、ビルド済みが普通は用意されている • Mac – ビルド済みが用意されている – まずはHomebrewをインストールしよう
  5. 5. Pythonの系統 • 2.xと3.x系統がある • 文字列の扱いが大きく異なる • その他、例外処理の書き方など尐々異なる • 音系ライブラリの一部はまだ2.x系でないと 動作しない • Python 2.xは2.7が最後であるとアナウンス済 み – 2014-05-17現在、ver. 2.7.6
  6. 6. Pythonのインストール上の注意 • 注意対象OS – Unix系OS(Red Hat, Fedora, Mac, Ubuntu, etc.) • 注意内容 – OSがPython 2.xを利用しており、パッケージ の依存関係から別バージョンを上書きすると OSが起動しなくなる
  7. 7. パッケージの配布形態 • Pythonのパッケージはソースやバイナリで配 布 • ソースの場合、ビルドが必要 • ビルドには数時間かかることもある • ソースの公式配布サイト – https://pypi.python.org/pypi • Windows用バイナリ非公式配布サイト – http://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonlibs/
  8. 8. 数値計算のための必須パッケージ • 数値計算:NumPy • 数値計算:SciPy • グラフ、図形作成:Matplotlib *上記のライブラリは、上から順にインストールする必要がある
  9. 9. その他の便利パッケージ • パッケージ管理:distribute, pip • 仮想環境:virtualenv – 環境を汚したくない場合に使う – パッケージの組み合わせが異なる環境の構築 に利用 • CSVデータ読み込み:Pandas • 機械学習(各種):scikit-learn • 自然言語処理:MeCab, Ngram, Nltk • Oauth認証:requests-oauthlib
  10. 10. 開発環境情報の賞味期限 • 1年だと思ってください • 毎年、便利な環境構築方法が出てきます • みんな移り気なので、古い方法は2年ほ ど掛けて徐々にメンテナンスされなくな ります
  11. 11. 環境構築WINDOWS編
  12. 12. はじめに for Windows • インストールなしにPythonを使う – Portable Python – http://portablepython.com/ – パッケージツールも同梱されている上、数値 計算に必要なパッケージは既に用意されてい る • 好きなPythonバージョンを使いたい場合は 次ページからの操作でインストール – 実現したい機能に合わせて、利用パッケージ のバージョン依存性を要チェック
  13. 13. まずはPython本体のインストー ル • ダウンロード先 – http://www.python.jp/download/
  14. 14. 環境変数を設定 • 環境変数PATHに追加 – Python 3.4.xの場合、以下の3つを追加 • C:Python34 • C:Python34Scripts • C:Python34Libsite-packages
  15. 15. 必須パッケージの追加 • distribute • pip
  16. 16. ビルド環境の構築 • ビルドが必要なパッケージを使うには、ビル ドツールのインストールが必要 • Visual Studio 2013 Express/Proをインストール – ネット接続環境 – 2時間は必要 – ハードディスク容量は3GB程度減るかもしれな い *x64版のアプリをビルドするためであっても、ビ ルドツール自体がx64版である必要はありません。
  17. 17. 複数のバージョンを使い分ける場 合 • WEBサービスのリリースを考えている場 合、virtualenvの1択 • 簡単に使い分けたいだけな場合はバッチ ファイルの工夫で切り抜ける方が楽
  18. 18. virtualenvによるバージョン使い分 け • pythonにvirtualenvを追加 – pip install virtualenv • 使うバージョンのPythonをインストール – パスは通さない • virtualenvのコマンドで仮想環境を構築 – virtualenv --python=(Path)python.exe NAME – 例: virtualenv --python=C:¥Python33¥python.exe py33 • ホームディレクトリにpy33が作成される • コマンドプロンプトからpy33内のactivate.batを実行 し、任意のスクリプト・pipコマンドを実行
  19. 19. バッチファイルでバージョン使い 分け • 全てのバージョンにパスを通す – ただし、主に利用するバージョンが最初に走査さ れる様にする • python.exeのあるフォルダに以下の内容の バッチファイルを置く • バッチファイルの名前 – pythonXY.bat – 例:python27.bat @echo off C:Python27Python.exe %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9
  20. 20. UNIX共通の開発環境構築編
  21. 21. 次のツールを導入 • GCC最新版 • gfortranコンパイラ • pyenv *Macなら、Homebrewを使ってインストールした方が良い
  22. 22. MAC編 参考サイト: http://blog.i97506051502.com/entry/2014/03/25/PythoninM acOSX#Homebrew%20%E3%81%A7%20pyenv- virtualenv%20%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82 %B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB
  23. 23. パッケージ管理ツールを導入 • Homebrewをインストール *PythonはHomebrewのフォーミュラに登録されている。 2014-05-16時点で登録されているものはPython 2.7.5とPython 3.4.0。 ただし、Pythonインタプリタのバージョンに依存したライブラリも存在 するため、HomebrewによるPythonのインストールはお勧めしない。
  24. 24. pyenvをインストール • pyenvのインストール – brew install pyenv-virtualenv pyenv • ホームディレクトリに以下のファイルを 作成 – ファイル名「.bash_profile」 – 内容を以下に示す • bashの設定を再読み込み – source ~/.bash_profile export PATH="$HOME/.pyenv/bin:$PATH" eval "$(pyenv init -)”
  25. 25. Python本体をインストール • 以下のコマンドでインストール – pyenv install x.y.z 例:pyenv install 3.3.5 Ref: http://morizyun.github.io/blog/python-pyenv-rehash-mac-development/
  26. 26. pyenvによるPythonの切り替え • どこで合っても有効とする • pyenv global 3.3.5 • 実行したディレクトリでのみ有効とする • pyenv local 2.7.6
  27. 27. Macにビルド環境を作る • App StoreよりXcodeをインストール • Command Line Toolsをインストール – 注意:OS X 10.9よりインストール方法が変 わった • gcc最新版をインストール – 正式リリースの最新版は2014-05-18現在で 4.8.2 – brew install gcc48 • gfortranをインストール
  28. 28. 付録
  29. 29. Anacondaという手もある • Anacondaとは、DARPAが支援したPythonの数値計 算環境パッケージ • Windows, 各UNIX系OSに対応 – Intel Galileoにはminicondaが対応 • 2014-05-18現在 – 標準ではPython 2.7.5 – 仮想環境機能を利用して、Python 3.3.5を導入可能 • バイナリが配布されている他、pyenvでの導入もで きる – pyenvはUnix系のみ • OpenCV等のビルド時に困る可能性はある

×