Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Office365事例を調べてみた(運輸/物流)

Office365を活用して どのようなことが 実現されているか 調べてみた 【 運輸/物流 】

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Office365事例を調べてみた(運輸/物流)

  1. 1. を活用して どのようなことが 実現されているか 調べてみた 【 運輸 物流 】
  2. 2. バニラ・エア株式会社 新生「バニラ・エア」の システムにマイクロソフト製品を全面採用 セキュアで一貫性のある基盤を短期間で実現、 によってコミュニケーションも円滑化 <導入の背景とねらい> • ゼロからシステムを再構築する必要があった • 約 か月後には予約を受け付ける必要があったため、システム更新に費やせる期間は限られていた • 当時の 部門の人員数はわずか 名しかいなかった <導入の経緯> • 採用理由は大きく つ • セキュアで一貫性のあるシステムを構築しやすいこと、ユーザーにとって馴染みやすいこと、 の存在 • バニラ・エアの新システムは、 種類のインフラで構成 • 社内のデータセンターにあるオンプレミス環境、 、
  3. 3. 小田急電鉄株式会社 鉄道輸送の安心、安全と顧客満足度のさらなる向上を目指し、 タブレットと で情報収集および伝達を迅速化 <導入の背景とねらい> • 顧客に提供する価値を継続的に高め、ブランド イメージを確固たるものにするにはどうすればいいのか。そのアプローチとして欠かせないのが、顧 客に対する迅速かつ正確な情報提供。 • いつでもどこででも、迅速に情報収集し提供を行うにはどうすればいいのか。この問いに対して小田急電鉄が出した答えが、無線接続可能なタブ レットの活用。タブレット製品としては タブレットを採用。これに加えて も、情報共有の基盤として活用。 <導入の経緯> • タブレットと の つの採用理由:既存業務システムとの親和性、操作性の高さ、信頼性 • 現在のタブレットシステムの概要 • タブレット上では 、写真撮影、音声録音、メモ入力、報告書作成などのアプリケーションが動いており、多岐にわたる情報アクセスと情報入力が 可能。これを携帯電話キャリア網経由でネットワークに接続し、 や社内の システムに繋いでいる。タブレットで撮影された写真データは に送られ、運輸司令所や本社にいる関係者と即座に共有可能。また では も稼働しており、タブレット デバイス の集中管理とマルウェア対策を行っている。音声録音やメモ、報告書のデータはタブレット内に保存されますが、将来は保存場所を に移す ことも検討されている。
  4. 4. 株式会社ライフケアー ロジスティクスを で 「見える化」しビジネス拡大のきっかけに <導入の背景> • 複数の営業所を設けてビジネスを進めるに当たり、さまざまな様式の業務書類(見積書や契約書など)が作成されることとなり、管理が難しくなっ てしまった • 特に書類を取りまとめる立場の事務スタッフからは 管理しやすくするため書類の様式を早急に統一、テンプレート化してほしい と強く要望されて いた <導入の効果> • およそ か月で運用を開始した。主な用途としては、いわゆる「ドキュメント管理」 • さまざまな書式が乱立していた文書類は、マスターとしてテンプレート化し、 を通じてダウンロードし利用する形とした。日々の 業務を進める上でも、過去の見積書や契約書を簡単に参照できるようになったため「商談の精度が上がった」 • 「これまでは、各営業所からの こういう書類はあるか とか 以前使ったあの書類を探してくれ といった依頼が多く、手間が掛かっていた」→「現 在は各自が からテンプレートをダウンロードして使えるため、お互いに作業を効率化できた」 • 派遣スタッフに支給するユニフォームについては各営業所で在庫を持ち、サイズや数量を管理しているが「以前は紙で管理していたため、ある拠点 に大量のスタッフを派遣するためにユニフォームを融通する際など、調整が大変でした」→現在では 上の在庫管理票に一元化し、 各営業所で数量を更新する形とした。「各拠点の在庫がリアルタイムで一覧で確認きますし、一時的な在庫の融通も楽になりました」
  5. 5. 日本航空株式会社 約 万人の への移行でメール基盤の を大幅削減。 ブランドに磨きをかけるコミュニケーション基盤に <導入の背景とねらい> • 年に、メール基盤として を導入。 年ころにはサーバーの入れ替えやソフトウェアのアップグレードを行うべき時期にきていた。経営再建を加 速するために、メール基盤はどうあるべきか。この問いに対する答えとして導き出されたのが、クラウドへの移行。 <導入の経緯> • 次世代メール基盤として、クラウド サービスが相応しいと考えた理由は つ • つはトータル コストの削減が可能なこと。 • もう つはクラウドならではの機能の自律的な向上、万人向けの使いやすさ、圧倒的なストレージ容量への期待 • の採用決定の主な理由 • フェイス トゥ フェイスのサポートが得られること • 他のマイクロソフト製品との親和性が高いこと • これまで使ってきた や に近いユーザー インターフェイスで利用できること <導入効果> • システムのトータル コストは大幅に削減された。しかしメリットはこれだけではない。実はユーザーの利便性も向上している。 • メール ボックスの容量が大幅に拡大( ユーザーあたり →最大 )→メール データを にコピーして空き容量を確保する必要もなくなった • 社外での利用も容易になっている。インターネット経由で安全にアクセスできるから。 を活用すれば、スマートフォンから非常に快適に利用可能に
  6. 6. 株式会社バンテック グローバル展開企業に必須の グローバル対応 高セキュリティ 高ユーザ ビリティ を低コストで実現 <導入の背景とねらい> • 社による経営統合を経たバンテックでは、社内の全体最適化に向けて、各種業務システムの統合を推進している。 • 目指すのは、 グローバル サービスプロバイダー としてシームレスなロジスティクスサービスを提供すること。その実現に向けて、まずは組織を一体化し、シナジー効果を徹底的に追求することで競争力の強化を図ろ うと考えた。 • 最適化が急がれる重要なシステムの つとして挙げられたのが、社内外のコミュニケーションを支えるメール システム • 『グローバル スタンダードに基づくメッセージング基盤の構築』の検討を開始 • できる限り自社による構築・運用の負担を減らし、市場の動向、業績の変化に応じて伸縮できるような エラスティック なコミュニケーション基盤を構築していきたいと考えていた <システムの概要> • 新しいメール システムに求めた主な要件は、下記の 点でした。 • グローバルでの運用に耐える可用性と、サポート体制を備えていること • 高いセキュリティ レベルでのアクセス管理ならびに端末の制御が行えること • 現場の社員にとって使いやすいシステムであること <導入効果> • 試算上「 のコストカット」が実現できた • 「 年先の心配まで減って、本当に楽になった」

×