Google App Engine for Java で
GXT2.0 - Explorer を動かしてみ
よう

    (株)ケーピーエス 三浦 淳平




                               ■
目次

   実行の必要なモノ一覧
   プロジェクトをローカルで動くようにする
   実際にデプロイする
今回必要なモノ

   Eclipse 3.3 または 3.4
   GXT-2.0 SDK  ( m3 )
        該当ソース
        samples.war
   Google Plugin for Eclipse...
プロジェクトをローカルで動くように
する
 <手順一覧>
   1.  新規プロジェクトの作成
   2.   Gxt.jar を導入する
   3.  ソースを上書きコピー
   4.  必要なファイルを War ファイルからコピー
...
1. 新規プロジェクトの作成
com.extjs.gxt.samples をパッケージ名にして、
  Web プロジェクトを新規作成
2.Gxt.jar を導入する
   gxt.jar を war/WEB-INF/lib に入れてクラスパスを
    通す
       解凍した GXT              Eclipse
3. ソースを上書きコピー
4. 必要なファイルを War ファイルから
コピー
 War ファイルの web.xml を上書き

   War ファイルの explorer.html をコピー
5.Entry Point Modules の設定
   Entry Point Modules を Explorer 以外を削除




                  ※ 画面は プロジェクトのプロパティ> Google > WebT...
6.Web.xml を編集
   Mailservice  と  Feedservice  をコメント化
   Welocme-File の記述を追加
7. リソースのコピー
War ファイルから必要なリソース ( 画像 ,HTML
 等)を
   war ディレクトリーへコピー Eclipse
    解凍した War ファイル
8-1.StackOverflow の対策‐1
   プラグインのバグに対する対処方法
8-2.StackOverflow の対策‐2
   パッチ名: gwt-dev-patch.jar




※ パッチは  http://code.google.com/p/google-web-toolkit/issues/detail?...
9.web.xml の URL パターンを修正
Bad   Case <servlet>
                 <servlet-name>service</servlet-name>
                 <servl...
10. 初期表示 html を設定
11. ローカルで実行してみる
デプロイボタンからデプロイする
    <手順一覧>
   1.  プロジェクトをコンパイルする ※
   2.   GWT1.6 を無効化する   ※
   3.   appengine-web.xml の編集
   4.  デプロイ...
1. プロジェクトをコンパイルする
     Click




                                      ↓ 使用不
                                        可



...
2.GWT1.6 を無効化する




         ※   StackOverflow に基づく対応であるため、
            前述の 8-2.StackOverflow の対策‐2を適用した場合は不必要
3.appengine-web.xml の編集
       war/WEB-INF/appengine-web.xml を編集す
        る
        <application> 【アプリケーションのI
        D】 ...
4. デプロイボタンを押して、必要事項を記
入
5. アプリケーションIDとバージョン
の確認
6. デプロイする
            Deploy Log
補足
   OK パターン




   エラー例
        ファイル数過多
        ファイル重量過多
             etcetc…
7.Web 上での動作を確認する




       上記ページ > 
        http://3.latest.miurakpstest.appspot.com/

                                 ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Gaej Explorer

1,991 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,991
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
892
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Gaej Explorer

  1. 1. Google App Engine for Java で GXT2.0 - Explorer を動かしてみ よう (株)ケーピーエス 三浦 淳平 ■
  2. 2. 目次  実行の必要なモノ一覧  プロジェクトをローカルで動くようにする  実際にデプロイする
  3. 3. 今回必要なモノ  Eclipse 3.3 または 3.4  GXT-2.0 SDK  ( m3 )  該当ソース  samples.war  Google Plugin for Eclipse  GAE のアカウント
  4. 4. プロジェクトをローカルで動くように する <手順一覧>  1.  新規プロジェクトの作成  2.   Gxt.jar を導入する  3.  ソースを上書きコピー  4.  必要なファイルを War ファイルからコピー  5.   Entry Point Modules の設定  6.   Web.xml を編集  7.  リソースのコピー  8-1.   StackOverflow の対策‐1  8-2.   StackOverflow の対策‐2  9.   web.xml の URL パターンを修正  10.  初期表示 html を設定  11.  ローカルで実行してみる
  5. 5. 1. 新規プロジェクトの作成 com.extjs.gxt.samples をパッケージ名にして、   Web プロジェクトを新規作成
  6. 6. 2.Gxt.jar を導入する  gxt.jar を war/WEB-INF/lib に入れてクラスパスを 通す 解凍した GXT Eclipse
  7. 7. 3. ソースを上書きコピー
  8. 8. 4. 必要なファイルを War ファイルから コピー  War ファイルの web.xml を上書き  War ファイルの explorer.html をコピー
  9. 9. 5.Entry Point Modules の設定  Entry Point Modules を Explorer 以外を削除 ※ 画面は プロジェクトのプロパティ> Google > WebToolkit  で開きます
  10. 10. 6.Web.xml を編集  Mailservice  と  Feedservice  をコメント化  Welocme-File の記述を追加
  11. 11. 7. リソースのコピー War ファイルから必要なリソース ( 画像 ,HTML 等)を    war ディレクトリーへコピー Eclipse 解凍した War ファイル
  12. 12. 8-1.StackOverflow の対策‐1  プラグインのバグに対する対処方法
  13. 13. 8-2.StackOverflow の対策‐2  パッチ名: gwt-dev-patch.jar ※ パッチは  http://code.google.com/p/google-web-toolkit/issues/detail?id=3510  記事番号 21 にあります
  14. 14. 9.web.xml の URL パターンを修正 Bad   Case <servlet>    <servlet-name>service</servlet-name>    <servlet-class>    com.extjs.gxt.samples.Test</servlet-class> </servlet> <servlet-mapping>    <servlet-name>service</servlet-name>      <url-pattern>    /test</url-pattern> Good Case <servlet> </servlet-mapping>    <servlet-name>service</servlet-name>    <servlet-class>com.extjs.gxt.samples.Test</servlet-class> </servlet> <servlet-mapping>    <servlet-name>service</servlet-name>    <url-pattern>/test</url-pattern> </servlet-mapping>
  15. 15. 10. 初期表示 html を設定
  16. 16. 11. ローカルで実行してみる
  17. 17. デプロイボタンからデプロイする <手順一覧>  1.  プロジェクトをコンパイルする ※  2.   GWT1.6 を無効化する   ※  3.   appengine-web.xml の編集  4.  デプロイボタンを押して必要事項を入力  5.  アプリケーション ID とバージョンの確認  6.  デプロイする  7.   Web 上での動作を確認する。  8.  デプロイの制約 ※   StackOverflow に基づく対応であるため、    前述の 8-2.StackOverflow の対策‐2を適用した場合は不必要
  18. 18. 1. プロジェクトをコンパイルする Click ↓ 使用不 可 ※   StackOverflow に基づく対応であるため、    前述の 8-2.StackOverflow の対策‐2を適用した場合は不必要
  19. 19. 2.GWT1.6 を無効化する ※   StackOverflow に基づく対応であるため、    前述の 8-2.StackOverflow の対策‐2を適用した場合は不必要
  20. 20. 3.appengine-web.xml の編集  war/WEB-INF/appengine-web.xml を編集す る <application> 【アプリケーションのI D】 </application> <version> 【デプロイしたいバージョン】 </version> Application: 1ソフトウェアの全体。 1 アカウント: 10 アプリケーション Version : 1ソフトウェアの個体。 1 アプリケーション: 10 バージョン > 1 アプリケーションに対し、 10 バージョンをデプロイできる。 ただしバックヤードで動作するデータベースは、アプリケーションで同一。 また同一 Application でもバージョンが違えば並行して動作可能。 ※ バージョンは URL で使用可能な半角英数字の文字列
  21. 21. 4. デプロイボタンを押して、必要事項を記 入
  22. 22. 5. アプリケーションIDとバージョン の確認
  23. 23. 6. デプロイする Deploy Log
  24. 24. 補足  OK パターン  エラー例  ファイル数過多  ファイル重量過多  etcetc…
  25. 25. 7.Web 上での動作を確認する  上記ページ >  http://3.latest.miurakpstest.appspot.com/ ■

×