Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

大学におけるオープンエデュケーショナル リソースと著作権処理の実状と課題

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 21 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 大学におけるオープンエデュケーショナル リソースと著作権処理の実状と課題 (20)

Advertisement

More from Katsusuke Shigeta (16)

Recently uploaded (20)

Advertisement

大学におけるオープンエデュケーショナル リソースと著作権処理の実状と課題

  1. 1. 大学におけるオープンエデュケーショナル リソースと著作権処理の実状と課題 重田勝介 北海道大学 情報基盤センター 准教授 高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター 副センター長 2017/08/07 2017 PC Conference セミナー5
  2. 2. 重田勝介 (しげた かつすけ) 北海道大学 情報基盤センター 准教授 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 副センター長 専門分野 教育工学 オープンエデュケーション 書籍 「ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門」 (実業之日本社) 「オープンエデュケーション」 (東京電機大学出版局)
  3. 3. あらまし • OER(オープンエデュケーショナルリソース)とは • OERの著作権処理について –北大オープンエデュケーションセンターにおける事例
  4. 4. オープンエデュケーションとは • オープンエデュケーションとは – 教育を「オープン」にして学習機会を促進する活動 – 社会から広い支持を集める(寄付財団の支援) • オープンエデュケーション誕生の経緯 – 1990年代:eラーニングの普及 • 有料モデルの頓挫(大学による教材販売サイトの失敗) – 2001年:オープンコースウェア(OCW)の開設 • オープン教材(OER)を個人や非営利団体の増加 • 国際団体の支援(ユネスコ) • 事例 – OERやMOOCの開発と利用 「教育のオープン化」
  5. 5. オープンエデュケーションの意義 • 教育格差の是正 – コスト削減による機会均等の実現 – 教育制度の外における教育・能力認定(MOOC) • Nanodegree / Global Freshman Academy • 教育の改善 – OERの開発・再利用による「よりよい教材」の提供 – 教育機関での利活用 • ブレンド型学習・反転授業 • 「教育ナレッジ」の蓄積 – 教育データの活用・公開による「よりよい学び方」の探求 • Learning Analytics / Adaptive Learning 既存の教育システム・に対するオルタナティブ(コスト、制度、方法‥)
  6. 6. OER(Open Educational Resources) 6 インターネット上で配布されるオープンな教材 オープンライセンスの付与(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス) 権利を保持 再利用 改版・翻訳 組み合わせ 再配布 http://lumenlearning.com/wp-content/uploads/2014/11/5Rs-Graphic.jpg
  7. 7. オープンコースウェア (OpenCourseWare: OCW) • 正規講義のシラバスや教材、講義ビデオを 無償公開 単位認定なし (Publication=出版) –世界規模の活動へ •OEC •JOCW –発展途上国向けに 教材を翻訳 (国際教育協力)
  8. 8. オープンコンテンツの役割 • 教育情報の公開 –オープンコースウェアと大学広報(入学生獲得) • 教育格差の是正 –オープン教科書(Open Textbook) –Adoptionによる教育コスト削減 • Z-degree • 教育のための利用(Open Pedagogy) –学生による教材製作 –翻訳を通した学習(Asuka Academy) 教育コストの削減だけでなく、 オープンコンテンツならではの教育方法開発
  9. 9. 著作権処理について 北大オープンエデュケーションセンターの事例 9 • 高等教育推進機構に附属 • 学内イニシアチブの統合 • 北海道大学OCW • 部局におけるeラーニングの継続的な取り組み • 設置目的 • 全学的な統制のもとOpen Educational Resources (OER)を活用した教育・学習支援 • OERに関する研究開発を推進 • 学習管理システム(LMS)の開発と運用
  10. 10. 北大におけるOERの制作過程 10 教材設計 著作権処理 映像制作 配信
  11. 11. 講師確認 OER製作のフロー 2017/8/7 11 講師からの 教材制作依頼 講師との 打ち合わせ 著作物利用許諾書 制作受付書 講義資料の 提供 教材設計 調査 全図対応方針 連絡票 申請書類 許諾申請 スライド 試作版 映像編集 完成版 教材の制作 著 作 権 処 理 映 像 制 作 講義収録 映像編集 試作版 教材の公開 公 開 法人申請 スライド 完成版
  12. 12. OERの著作権処理(1) 教員から許諾を得る • OERの元となる「教材」の提供(スライド等):教員が著作権 を保持 • 教材から製作した「教育コンテンツ」(スライドを組み入れた 講義ビデオ): 北大が著作権を有する(二次的著作物) • 教員は「教育コンテンツ」の利用範囲を選択→全体に利用 条件を付与 • 制限資料(北大の教育利用に限定) • 二次利用可(CC-BY-NC) ※第三者著作物は利用範囲を別途明記する 2017/8/7 12
  13. 13. OERの著作権処理(2) 第三者から許諾を得る • 第三者の素材に含まれる図版の利用(写真、表、グラフ) • 引用の範囲を超えると解釈し、素材の出典をリストアップ し利用規約を調査 • 個別に連絡 • 第三者は図版の利用範囲を選択→個別に利用条件を付与 • 無料利用を許諾しない(この場合差し替えまたは削除) • 制限資料(北大の教育利用に限定) • 二次利用可(CC-BY-NC) 2017/8/7 13
  14. 14. 講義ビデオへのクレジット記載例(CC-BY-NC) 教員からの 許諾状況 (教材全体) 第三者からの 許諾状況 (個別の素材)
  15. 15. 講義ビデオへのクレジット記載例(制限資料) 教員からの 許諾状況 (教材全体) 第三者からの 許諾状況 (個別の素材)
  16. 16. 閲覧 教員 北大OEセンター 二次利 用 翻訳 再配布 制作 学習 学習 閲覧 CCライセンス 提供 非商用の場合、出典を明記し、 二次利用ができます。 制限資料 このマークがついた教材は、 二次利用できません。 ‡ 著作権処理(1)教員から許諾を得る 21講義 73講義 ※2015年度実績 94講義
  17. 17. 著作権処理(2)第三者から許諾を得る 2017/8/7 17 著作物抽出 利用 規約 差替え等 処理完了 講義資料 受領 第三者 著作物 資料整形 無料で 許諾 申請/ 差替え OK OK 申請 Yes NG No NG (Unknown) 差替え
  18. 18. 2017/8/7 18 著作物抽出 利用 規約 差替え等 処理完了 講義資料 受領 第三者 著作物 資料整形 無料で 許諾 申請/ 差替え OK OK 申請 Yes NG No NG (Unknown) 差替え ※2015年度制作の69講義 2,264の素材 自作 著作 物 56% 第三 者 著作 物… 996 (44%) 1268 (56%)
  19. 19. 2017/8/7 19 著作物抽出 利用 規約 差替え等 処理完了 講義資料 受領 第三者 著作物 資料整形 無料で 許諾 申請/ 差替え OK NG (Unknown) OK 申請 Yes NG No 差替え 996 OK 25% OK (CC/PD ) 7% 差替等 42% 申請 26% 421 (42%) 253 (26%) 322 (32%) ・251 (25%):制作・配信OK ・71 (7%):二次利用もOK(CC/PD) ※2015年度制作の69講義 2,264の素材
  20. 20. 2017/8/7 20 著作物抽出 利用 規約 差替え等 処理完了 講義資料 受領 第三者 著作物 資料整形 無料で 許諾 申請/ 差替え OK OK 申請 Yes NG No NG (Unknown) 差替え 253 OK 85% OK (CC) 7% NG 8% 233 (92%) 20 (8%) ・214 (85%):制作・配信OK ・19 (7%):二次利用もOK(CC) ※2015年度制作の69講義 2,264の素材
  21. 21. 北大の経験から 著作権者は教育利用に比較的寛容 • 第三者著作物の32%は利用許諾の定めにより利用可 • 申請の結果92%が無償利用できた • ただし、申請が通りそうなものを選択して申請していることに 注意 同時送信と異時送信 • 同時送信:遠隔授業など(教室空間の共有) 必要なし • 異時送信:オンデマンド配信(LMSでの配布) 対象が認証システムで制限されていても公衆送信に あたるという解釈 OCWやMOOC等も同様の扱い 2017/8/7 21

Editor's Notes

  • ここで、OERについてですが、OERとは、Open Educational Resourcesの略で、
    ・無料
    ・オープンアクセス
    ・オープンライセンス
    のデジタル教材、つまり無料でインターネット上で公開されるデジタル教材を意味しています。
  • 北海道大学オープンエデュケーションセンターは、2014年度に新たに高等教育推進機構に設置されました。

    北海道大学では、それまでにもeラーニング、オープンコースウェア(OCW)を継続的に推進することで、
    OER制作に関するノウハウを蓄積してきました。

    オープンエデュケーションセンターは、それらの活動を統合し、全学的な統制のもと
    ・OERを活用した教育・学習支援を行うこと
    ・OERに関する研究開発を推進すること
    を目的として設置されました。
  • オープンエデュケーションセンターでは、総合的な教育学習支援ということで、OER制作における
    教材設計・著作権処理・映像制作・LMSなどからの配信といった業務を教員と協働で実施しています。
  • 著作権処理説明

×