Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Python入門者の集い #6 Lightning Talk

1,291 views

Published on

https://python-nyumon.connpass.com/event/71516/presentation/
スキルがまだまだな私がなぜ本を書くに至ったか、振り返った話です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Python入門者の集い #6 Lightning Talk

  1. 1. Pythonを触り始めたころから 現在までのふりかえり 片柳 薫子 nobolis 2018年1月16日 Python入門者の集い #6 https://python-nyumon.connpass.com/event/71516/
  2. 2. 自己紹介 かたやなぎ のぶこ 片柳 薫子 @nobolis_ (のぼりす) ● つくばで働く研究員(農業系) ● 「Pythonユーザのための[実践]Python入門」(共著) ● PyLadies Tokyo スタッフ ● Python Boot Camp in 埼玉 現地スタッフ ● Python歴 3年半(2014年5月~) ● Pythonは主にデータの処理と解析に利用
  3. 3. 自己紹介 nobolis Nobuko soil 土壌
  4. 4. 自己紹介 物質動態予測のための モデリング
  5. 5. お題 「最近Pythonを触り始めた話」
  6. 6. Pythonを触り始めたころから 現在までのふりかえり
  7. 7. 2006~2014年 Python学習以前 2006年 人の書いたC++コードを読み始めた 教えてくれる人がいない プログラミングセンスがないorz 201x年 スクリプト言語を勧められた 言われてすぐには手をつけなかった 2013年 研究対象が広がってデータ量が増えた Excelとか無理、R併用 2014年 技術に明るい先輩が教えてくれた Cent OS, PostgreSQL, PHP 自分に技術が必要になって、アドバイスを受け止められた
  8. 8. 2014年~ Python学習開始 2014年5月 Pythonスタート Cent OSのPythonからスタート 自力で完結するコードが書けて自信につながった データ系の「ライブラリを使う」ということがわからなかった 2014年9月 PyConJP2014チュートリアル参加 PyData入門 https://pycon.jp/2014/tutorials/ ついていけなかったけど、使えそうな気がしてきた けど使えなかった 2014年11月 Python mini-hack-a-thonに参加 https://pyhack.connpass.com/ みんな親切にいろいろ教えてくれる もくもく会が大好きになり、さまざまな会に参加するように ● 自分が使いやすい言語に出会えた ● イベントに参加し、よいコミュニティに出会えた
  9. 9. https://qiita.com/nobolis/items/71527bf7d7d75a188f3f
  10. 10. https://www.slideshare.net/katayanaginobuko/lt-nobolis-150116
  11. 11. 2015年~ Pythonコミュニティにコミット 2015年1月 Tech Women - New Year's Partyで初LT 前ページのスライド 2015年2月 PyLadies Tokyoで発表 予定時間より短くおわりぐだぐだ 女性向けイベントの必要性・重要性を知る 2015年3月 Girls Tech Fes スタッフとしてイベント参加 https://pyladies-tokyo.connpass.com/event/11662/ Girls Tech Fes スタッフとして参加を決める 2015年4月 PyLadies Tokyo のスタッフに イベント企画・運営、合宿の主催も コミュニティスタッフになり知り合いが増えた
  12. 12. 2016年~ Python本執筆 2016年 3月 書籍執筆を引き受けた 学びながら書こうと思い引き受けた 2017年 9月 「Pythonユーザのための[実践]Jupyter入門」出版 PyConJPに間に合わせて手売り & サイン会 書籍執筆を引き受けた
  13. 13. 3刷まできました! 書評を書いてくださる方 1名に贈呈します
  14. 14. https://slideship.com/users/@nobolis/presentations/2017/09/JUA1FZ9gjED3QYZAxhzSz7/
  15. 15. Python指導 2017年~ 2017年10月 Python入門者向けハンズオン #6 TA https://python-nyumon.connpass.com/event/62147/ Pythonの教え方を学びに 2017年11月 Python入門者向け講義 つくば市内某研究所 100人近くの人にハンズオン 2017年12月 Python Boot Camp in 埼玉 現地スタッフ https://pyconjp.connpass.com/event/69433/ 参加者35名、講師・TA・スタッフ 14名 2017年12月 Software Design誌に寄稿 代打でお誘いを頂いた 2018年 1月 Python入門者向け講義 仕事関係 頼まれた講義・執筆は引き受けた
  16. 16. 第1特集 そのPythonライブラリ,どうして必要なんですか? 「使う」から「使える」ようになるデータ分析の定番 第1章:パッケージ管理の基礎を知ろう 効率的な開発のための前準備……石本 敦夫 第2章:Pythonの基礎力を高めよう ライブラリの使い方と作り方……くーむ 第3章:データ分析の前処理をさくっと終わらせよう 定時に帰るためのpandas入門……@driller 第4章:イメージどおりにデータを可視化しよう データに隠された意味を見つけるMatplotlib入門……片柳 薫子 Software Design 2018年2月号は明後日発売です
  17. 17. ターニングポイントまとめ 1. アドバイスを受け止められた 「やりたいことがある」のは重要 2. 自分が使いやすい言語に出会えた しっくりくる言語を選ぼう 3. イベントに参加し、よいコミュニティに出会えた もくもく系イベントがおすすめです! 4. コミュニティスタッフになり知り合いが増えた 有形・無形のメリット 5. 書籍執筆を引き受けた 書籍執筆がその後の講義依頼につながった 6. 頼まれた講義・執筆は引き受けた 教えるためにPythonを学ぶ
  18. 18. Take Home Message ● 「自分がやりたいこと」をやろう ● もくもく会に行こう
  19. 19. 埼玉でPythonもくもく会開催検討中 場所 越谷レイクタウン駅付近 内容 各自自分のことをもくもくする会 人数 ~10名くらい 興味のある方はお声かけください

×