Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【デザイン思考マスター・クラス:11月24/25日】本場スタンフォード大学に学ぶ!

69,323 views

Published on

イノベーターのためのデザイン思考・学習マップ
http://kashinotakanori.com/bootleg/index.php?master

「慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会」によるこの資料は、Creative Commons 表示 – 非営利 - 継承 2.1 日本 License.によってライセンスされています。本資料はhttps://dschool.stanford.edu/groups/k12/にある作品に基づき作成されました。

1)クレジット明記(慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会)
2)ライセンス継承(以下参照)
3)非営利

を満たす場合、利用許可等の通知をすることなく資料を自由にご利用できます。詳しくはサイトをご覧下さい。http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/

※上記3点をお守り頂けない利用ケースを発見した場合、不正利用の事例としてサイト上で公開しますのでご注意下さい。

Published in: Education
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

【デザイン思考マスター・クラス:11月24/25日】本場スタンフォード大学に学ぶ!

  1. 1. 本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考 マスター・クラス 2012年11月24日(土)・25日(日) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  2. 2. ライセンス「慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会」によるこの資料は、CreativeCommons 表示 – 非営利 - 継承 2.1 日本 License.によってライセンスされています。本資料はhttps://dschool.stanford.edu/groups/k12/にある作品に基づき作成されました。 ①  クレジット明記(慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会) ②  ライセンス継承(以下参照)の2つを満たす場合、利用許可等の通知をすることなく資料を自由にご利用できます。詳しくはサイトをご覧下さい。http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/※上記2点をお守り頂けない利用ケースを発見した場合、不正利用の事例としてサイト上で公開しますのでご注意下さい。 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  3. 3. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  4. 4. 社会が劇的に変わる??https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  5. 5. 変化の理由は?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  6. 6. 変化の理由は?①  テクノロジーの進化②  グローバル化の進展③  人口構造の変化④  社会の変化(家族・ジェンダー観等)⑤  エネルギー・環境問題の深刻化 参照:リンダ・グラットン(2012)『ワークシフト』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  7. 7. 変化の理由は?①  テクノロジーの進化②  グローバル化の進展③  人口構造の変化④  社会の変化(家族・ジェンダー観等)⑤  エネルギー・環境問題の深刻化 参照:リンダ・グラットン(2012)『ワークシフト』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  8. 8. 日本に訪れる超高齢化社会https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  9. 9. 日本に訪れる超高齢化社会 引用:2012年4月25日 読売新聞https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  10. 10. 日本に訪れる超高齢化社会 引用:2012年4月25日 読売新聞https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  11. 11. 変化=不確実性の増大https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  12. 12. 変化=不確実性の増大不確実性を減らすのは、素早い失敗と学習 Fail fast, Learn a lot 参照:Govindarajan,V., Trimble,C.(2012) The Other Side of Innovation: Solving the Execution Challengehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  13. 13. 素早い失敗と学習への慣れhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  14. 14. 素早い失敗と学習への慣れ Fail fast, learn a lothttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  15. 15. 学習スタイルと イノベーション・プロセスhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  16. 16. 学習スタイルと イノベーション・プロセス参照:Beckman, S.L. and Barry, M. (2007) Innovation as a Learning Process: Embedding Design Thinking. California Management Review, 50, 25‒56. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  17. 17. 岡山大学大学院 自然科学研究科 コミュニケーション 教育コース 「クリエイティブ ダイナミクス」 非常勤講師https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  18. 18. グループ共有:1人90秒1.  ニックネーム2.  WS参加のきっかけ3.  仕事における問題意識 (組織、働き方、オフィス等)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  19. 19. 今回のゴールイノベーション・ツールであるデザイン思考を学び、現場で継続的に実践できる人になるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  20. 20.  成果 現場で直面する不確実性に適応でき、解決策を生み出せる https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  21. 21.  方針細かい理論の説明よりも、実践の際に大事なポイント紹介に重点https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  22. 22.  方法スタンフォード大学dスクールのイノベーション・アプローチ:デザイン思考を学ぶhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  23. 23. イノベーションの問題 参照:Govindarajan,V., Trimble,C.(2012) The Other Side of Innovation: Solving the Execution Challengehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  24. 24. イノベーションの問題 「企業はイノベー ションを起こすの に向いていない」 参照:Govindarajan,V., Trimble,C.(2012) The Other Side of Innovation: Solving the Execution Challengehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  25. 25. 比較表 イノベーション オペレーション 業務内比率 2∼5% 95%以上 95∼98% 成功率 10%以下 以上 不確実性 高い 低い 価値 未来創造 現状維持 基軸 仮説 データ プラン 都度修正 順守実行 参照:小林三郎(2012)『ホンダ イノベーションの神髄』; Govindarajan,V., Trimble,C.(2012)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  26. 26. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  27. 27. ∼1970年代https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  28. 28. オペレーション・エイジ∼1970年代https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  29. 29. 産業社会 情報社会 知識社会18世紀中∼ 19世紀後∼ 19世紀中 20世紀 21世紀https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  30. 30. 1776年∼  蒸気機関の活用産業社会18世紀中∼ 19世紀中 参照:P. F. ドラッカー (1993)『ポスト資本主義社会』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  31. 31. 1776年∼  蒸気機関の活用産業社会18世紀中∼ 大量生産 19世紀中 参照:P. F. ドラッカー (1993)『ポスト資本主義社会』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  32. 32. 1881年∼  科学的管理法の実施情報社会19世紀後∼ 20世紀 参照:P. F. ドラッカー (1993)『ポスト資本主義社会』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  33. 33. 1881年∼  科学的管理法の実施情報社会19世紀後∼ 一元管理 20世紀 参照:P. F. ドラッカー (1993)『ポスト資本主義社会』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  34. 34. 2020年∼  イノベーション手法 の普及知識社会21世紀 参照:P. F. ドラッカー (1993)『ポスト資本主義社会』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  35. 35. 2020年∼  イノベーション手法 の普及知識社会 コラボレーション21世紀 参照:P. F. ドラッカー (1993)『ポスト資本主義社会』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  36. 36. 産業社会 情報社会 知識社会18世紀中∼ 19世紀後∼ 19世紀中 20世紀 21世紀https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  37. 37. 1.  定時で働く 2.  上の人に従う 3.  単純作業を行う 参照:A. トフラー(1982)『第三の波』中央公論社https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  38. 38. 1.  定時で働く 2.  上の人に従う 3.  単純作業を行う 参照:A. トフラー(1982)『第三の波』中央公論社https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  39. 39. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  40. 40. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  41. 41. 創造性に自信をもつ https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  42. 42. プロジェクト志向 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  43. 43. 実験的な学習 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  44. 44. イノベーションはイベントではないhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  45. 45. イノベーションは(デザイン)プロセスhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  46. 46. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  47. 47. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  48. 48. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  49. 49. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  50. 50. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  51. 51. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  52. 52. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  53. 53. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  54. 54. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  55. 55. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  56. 56. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  57. 57. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  58. 58. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  59. 59. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  60. 60. 言うのではな 素早く形にす く見せる る価値観に焦点 過程に注意 行動第一 徹底的な協働 明快な仕事 7つの心構え https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  61. 61. 言うのではな 素早く形にす く見せる る価値観に焦点 過程に注意 行動第一 徹底的な協働 明快な仕事 7つの心構え https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  62. 62. 多様性とイノベーションの関係 参照:Fleming, Lee, Perfecting Cross-Pollination. Harvard Business Review, 00178012, Sep2004, Vol. 82, issue 9https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  63. 63. 多様性とイノベーションの関係 参照:Fleming, Lee, Perfecting Cross-Pollination. Harvard Business Review, 00178012, Sep2004, Vol. 82, issue 9https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  64. 64. デザインとは?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  65. 65. 3つのデザイン1.  表現2.  設計3.  創造 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  66. 66. 3つのデザイン1.  表現 問題2.  設計 解決3.  創造 設計 表現 参照:ノーマン (2004)『エモーショナル・デザイン』新曜社 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  67. 67. 1)表現:美https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  68. 68. 2)設計:機能https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  69. 69. 3)創造:意義https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  70. 70. 3つのデザイン1.  表現:美2.  設計:機能3.  未来:意義本能に訴えかける表現(美)と行動を促す設計(機能)で問題解決し、より良い未来(意義)を生み出す ※ 参照:ノーマン (2004)『エモーショナル・デザイン』新曜社 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  71. 71. 一言で言うと?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  72. 72. 一言で言うと? “Everyone designs who devises courses of action aimed at changing existing situations into preferred ones” Herbert A. Simon(1996) The sciences of the artificial 「システムの科学」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  73. 73. デザイン= 変化 参照:M. Neumeier (2012) The designful companyhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  74. 74. デザイン= 問題解決 参照:M. Neumeier (2012) The designful companyhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  75. 75. デザイン思考= 法https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  76. 76. デザイン思考=問題解決のための思考法https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  77. 77. 3つの思考法 分析的 デザイン 直観的 思考 思考 思考信頼性100%   50/50   妥当性100% 引用:Martin, R.(2009) The design of business, Harvard business press.https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  78. 78. The Process of Design Squiggle by Damien Newman,Central Office of Design is licensed under a Creative Commons Attribution-No Derivative Works 3.0 United States License.https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  79. 79. 漏斗 引用:Martin, R.(2009) The design of business, Harvard business press.https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  80. 80. イノベーション  オペレーション Photo : Horia Varlan/flickrhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  81. 81. 学習スタイルと イノベーション・プロセス参照:Beckman, S.L. and Barry, M. (2007) Innovation as a Learning Process: Embedding Design Thinking. California Management Review, 50, 25‒56. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  82. 82. デザイン思考だけでOK?? Business has only two functions — marketing and innovation. - Drucker, P.F. 参照:Drucker, P. (1974) Management. New York: Harper & Row.https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  83. 83. 3要素イノベーション × マーケティング × マネジメント 引用:http://paulchampionuk.com/business-model-generation/ http://www.wdprofiletest.com/ https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  84. 84. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  85. 85. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  86. 86. 3つのレンズ 有用性実現可能性 持続可能性 参照:HCD tool kit by IDEO.orghttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  87. 87. デザインチャレンジ: 働く経験を リ・デザインしようhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  88. 88. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  89. 89. Empathize https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  90. 90. Step1. 共感人間中心デザインの基礎 Empathize ユーザーに対する 深い共感https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  91. 91. 共感:定義他人が感じていることを感じる相手の表現や意見、望みをなぞっている時https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  92. 92. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  93. 93. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  94. 94. 共感についてhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  95. 95. 共感について “By the imagination we place ourselves in his situation, we conceive ourselves enduring all the same torments” Adam Smith (Theory of Moral Sentiments, I.i.1.2)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  96. 96. 2つの共感 sympathize •  シンクロ •  実体験から参照:Vittorio Caggiano, Leonardo Fogassi, Giacomo Rizzolatti, Peter Thier, Antonino Casile. Mirror Neurons Differentially Encodethe Peripersonal and Extrapersonal Space of Monkeys, Science, Vol. 324, No. 5925. (DOI: 10.1126/science.1166818) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  97. 97. 2つの共感 sympathize empathize •  シンクロ •  中に入り込む •  実体験から •  想像から参照:Vittorio Caggiano, Leonardo Fogassi, Giacomo Rizzolatti, Peter Thier, Antonino Casile. Mirror Neurons Differentially Encodethe Peripersonal and Extrapersonal Space of Monkeys, Science, Vol. 324, No. 5925. (DOI: 10.1126/science.1166818) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  98. 98. 2つの共感 sympathize empathize •  シンクロ •  中に入り込む •  実体験から •  想像から 受動的 能動的参照:Vittorio Caggiano, Leonardo Fogassi, Giacomo Rizzolatti, Peter Thier, Antonino Casile. Mirror Neurons Differentially Encodethe Peripersonal and Extrapersonal Space of Monkeys, Science, Vol. 324, No. 5925. (DOI: 10.1126/science.1166818) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  99. 99. 共感の目的は?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  100. 100. 共感の目的は? インサイトの獲得https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  101. 101. インサイトの獲得 共感 相手にとって既知https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  102. 102. インサイトの獲得 共感 相手にとって既知 洞察 相手にとって未知https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  103. 103. 共感:なぜ大事なのか?104 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  104. 104. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  105. 105. 相手にとって意味があるものを探すため 自分にとってではない。https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  106. 106. 共感: 理由人々が自覚していたり潜在的に持っていたりするニーズを明らかにすることで、デザインを通じて彼らのニーズを満たすことが可能となるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  107. 107. 共感:方法https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  108. 108. 共感:方法 判断をしない 初心者の気持ちで 好奇心と疑問を持って パターンを見つける そのまま受け取るhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  109. 109. 共感:方法没入観察従事https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  110. 110. 環境に没入しユーザーと同じ体験をする
  111. 111. 共感:方法没入観察従事https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  112. 112. ユーザーがしていることを見る。どう やっているか、何がその行動の原動力か113 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  113. 113. 何を:どう:なぜ何を彼らはやっているか?その人とその人を取り巻く文脈の両方で、一体何が起こっているのかどうやっているか?絵を見ていない人に対して、その絵を説明するように描写なぜやっているのか?まずは推測し、ストーリーから始める。そして聞こうhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  114. 114. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  115. 115. 共感:方法没入観察従事https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  116. 116. 共感:方法1.  ストーリーを探す2.  気持ちについて話す3.  「なぜ?」とたずねるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  117. 117. 質問方法: 1.  「最後に⃝⃝した時のことを教えて下 さい」 2.  「今までで最高の…」「今までで最低 な…」 3.  「どうして⃝⃝なんですか?」「もう 少し詳しく教えてもらっていいです か?」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  118. 118. 共感ではないもの:1.  自分をユーザーに見立てて、自分の経験から 何をデザインできるか考える ✕ 自分とユーザーを同一視2.  自分のためにデザインしてもらおうと、ユー ザーに聞く  ✕ 答え合わせを目的にしないhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  119. 119. 共感:方法1.  ストーリーを探す2.  気持ちについて話す3.  「なぜ?」とたずねる4.  発見を記録するhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  120. 120. ワーク:ペア・インタビュー1分:働き方への問題意識をメモ(職場環境、キャリア、社会変化等)5分 2人:ペアになってお互いの問題意識をインタビューポスト・イットにメモ!https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  121. 121. ワーク:ペア・インタビュー1分:働き方への問題意識をメモ(職場環境、キャリア、社会変化等)5分 2人:ペアになってお互いの問題意識をインタビューポスト・イットにメモ!https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  122. 122. 5. 共感のためのインタビュー(p.10)•  なぜ?と尋ねる•  こちらから答えを出さない•  矛盾を意識 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  123. 123. 掘り下げる 行動 態度 価値観https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  124. 124. 掘り下げる 行動 発言(say)・行動(do) 態度 考え(think)・気持ち(feel) 価値観https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  125. 125. ワーク:ペア・インタビュー1分:働き方への問題意識をメモ(職場環境、キャリア、社会変化等)5分 2人:ペアになってお互いの問題意識をインタビューポスト・イットにメモ!https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  126. 126. 15. はしごツリー (p.20)5分間:•  「なぜ?」でより抽象的なな内容•  「どうやって?」でより具体的な内容https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  127. 127. 再インタビュー:1人10分● 相手の大事なものは?●「なぜ」を多く見つける● 相手に寄り添う気持ちでhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  128. 128. 参考:5 whys1. なぜお客さんへのサービス提供に時間がかかるのか? 忙しいから。お昼はいつもお客さんが列をなす。2. なぜお昼に列ができるのか? 1日で最も忙しい時間帯だから。スタッフの数も不十分。3. なぜスタッフが不足しているのか? スタッフの部屋がないから。4. なぜ部屋がないのか? 備品がスペースを占領しているから5. なぜそんなに備品があるのか? まとめて買うとコスト削減できるから 参照:Stickdorn, M. & Schneider, J. (2010). This is Service Design Thinking https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  129. 129. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  130. 130. Definehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  131. 131. Step2. 問題定義着眼点を定める Define 優れた解決策を生む きっかけとなるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  132. 132. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  133. 133. FOCUShttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  134. 134. https://www.facebook.com/keio.design FRAME 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  135. 135. 問題定義:定義着眼点(POV:point of view)の構築と,ユーザーのニーズとインサイトに基づく、ニークで簡潔な問題のリフレーミングhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  136. 136. 138 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  137. 137. 139 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  138. 138. 焦点は 個人140 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  139. 139. 問題定義: 方法経験と一体になり、理解するユーザーを特定し、ニーズを明確にしてインサイトを提示する問題を再定義し、新たな着眼点を生むhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  140. 140. spacesaturation https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  141. 141. 10. エンパシーマップ(p.15) 発言 考え 行動 気持ちhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  142. 142. 10. エンパシーマップ(p.15) 発言 考え だ。「 これは重要 のかわからない」 るで もどう使え 行動 気持ち https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  143. 143. 早速やってみよう!計20分10分:1人ずつ順番に、発言と行動に分ける10分:考えや気持ちを推測して記入する •  発言と行動 相手が口にした内容 •  考えや気持ち 内容からの推測・解釈https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  144. 144. 問題定義: 方法経験と一体になり、理解するユーザーを特定し、ニーズを明確にしてインサイトを提示する問題を再定義し、新たな着眼点を生むhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  145. 145. 着眼点(POV):構成要素具体的なユーザー深いニーズ共感に基づくインサイトhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  146. 146. あなたのユーザーは誰??https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  147. 147. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  148. 148. 動画:http://www.embraceglobal.org/main/why?section=videohttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  149. 149. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  150. 150. 着眼点(POV): 構成要素ユーザー具体的にニーズ動詞を使うインサイト= 観察+解釈https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  151. 151. 着眼点(POV): 構成要素userティーンエージャーneed健康食品を食べるinsight適切な栄養は身体的・認知的健康と発育にとって必要不可欠だからhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  152. 152. 着眼点(POV): 構成要素user 具体的ユーザー新高校1年生の女の子need健康食品を食べるinsight適切な栄養は身体的・認知的健康と発育にとって必要不可欠だからhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  153. 153. 着眼点(POV): 構成要素user 具体的ユーザー新高校1年生の女の子need健康食品を食べていると社会的に受容されていると感じる 彼女のinsight適切な栄養は身体的・認知的健康と発育に 深いとって必要不可欠だから ニーズ ✕私たちのhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  154. 154. 着眼点(POV): 構成要素user 具体的ユーザー新高校1年生の女の子need健康食品を食べていると社会的に受容されていると感じる 彼女のinsight彼女の世代は、健康的リスクよりも社会的 深いリスクの方が高い ニーズ ✕私たちの 共感ワークを通じて 明らかになった驚くべき事実https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  155. 155. 問題定義: 方法経験と一体になり、理解するユーザーを特定し、ニーズを明確にしてインサイトを提示する問題を再定義し、新たな着眼点を生むhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  156. 156. 穴埋め式着眼点を準備 ユーザー ニーズ インサイト着眼点を書き出すために、一つのカテゴリーを選ぶhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  157. 157. やってみよう: 着眼点の穴埋め6分:穴埋めの繰り返しユーザー、ニーズ、インサイトをポスト・イットにどんどん書き、選択&統合して着眼点にまとめるユーザー具体的にニーズ動詞を使うインサイト= 観察+解釈:驚き、矛盾、ユニークな理由などhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  158. 158. 注意着眼点は次のステップで解決策を生み出すまで「適切」だったかどうかわからない。https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  159. 159. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  160. 160. セオリー・オブ・チェンジ1. 問題点を選び、循環図を作成2. 「If(実践)…Then(結果)」で思考3. レバレッジポイントを見つける 参照:http://www.kri.sfc.keio.ac.jp/report/project/2007/5/5.html http://beyondthenexus.com/?p=77 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  161. 161. 循環図 A E B D Chttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  162. 162. Teach for America 参照:井上英之 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  163. 163. Teach for America 低所得地域 参照:井上英之 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  164. 164. Teach for America 低所得地域 良くない 教師 参照:井上英之 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  165. 165. Teach for America 低所得地域 良くない 学力低下 教師 参照:井上英之 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  166. 166. Teach for America 低所得地域 良くない 学力低下 教師 参照:井上英之 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  167. 167. 1)バッド・サイクルを描く•  POVを元にして、バッドサイクルを書く 1)  ユーザーはなぜ困っているのか? 2)  何が問題を引き起こしているのか? 参照:慶應義塾大学井上英之研究室 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  168. 168. 2)If(行動) Then(結果)思考•  どうやって問題を解決するか?•  どんな問題に取り組みたいか?•  「もし〇〇したら、その結果・・・」 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  169. 169. 3)グッド・サイクル 参照:慶應義塾大学井上英之研究室 (2009)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  170. 170. やってみよう: 〇〇してはどうか?(HMW)着眼点における一つの側面を抜き出し、具体的な質問を作る長所をよりよくするかっこいい男の子が健康食品を食べていることに、彼女が意識を向けられるようにしてみてはどうか?短所をリフレーミング.健康食品をおしゃれにしてみてはどうか?焦点を変える彼女が、生活のその他の場面で安全に感じられるようにしてはどうか?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  171. 171. つながりを確認しようhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  172. 172. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  173. 173. 本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考 マスター・クラス 2012年11月24日(土)・25日(日) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  174. 174. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  175. 175. Ideatehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  176. 176. empathize define test ideate prototype https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  177. 177. 創造イノベーションの可能性を広げる Ideate 生成と評価を 分けるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  178. 178. アイデアってそもそも何?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  179. 179. アイデアってそもそも何? 「それぞれ違ったものの 組み合わせ」 ジェームズ・ヤング 参照:J. ヤング(1988)『アイデアのつくり方』https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  180. 180. 鉛筆×消しゴム 画像:株式会社トンボ鉛筆<http://www.tombow.com>https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  181. 181. ブレインストーミング: 理由より刺激を得ることができる多様な視点を混ぜ合わせられるアイデアを交換できる意図的に評価をしない時間をつくるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  182. 182. 論点を明確・簡潔に設定https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  183. 183. シンプルかつ具体的にポスト・イットへhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  184. 184. あらゆるものを記録https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  185. 185. 良いアイデアを得る最良の方法はたくさんのアイデアを得ること— ライナス・ポーリング:ノーベル化学賞受賞者https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  186. 186. 科学者の論文数分布 500 400科学 300者の 200数 100 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 論文の数 参照:ソーヤー (2009)『凡才の集団は孤高の天才に勝る』 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  187. 187. 科学者の論文数分布 500 400科学 300者の 200数 100 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 論文の数 参照:ソーヤー (2009)『凡才の集団は孤高の天才に勝る』 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  188. 188. 1万時間の法則 引用:Ericsson, K.A. (1996) The Road to Excellencehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  189. 189. 参考:年間の仕事時間 参考:竹田陽一『小さな会社 けのルール』フォレスト出版https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  190. 190. 参考:年間の仕事時間稲盛和夫   5,000時間 14時間/日キューリー夫人 5,000時間 14時間/日本田宗一郎  5,500時間 15時間/日エジソン   6,500時間 18時間/日 参考:竹田陽一『小さな会社 けのルール』フォレスト出版https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  191. 191. 参考:年間の仕事時間稲盛和夫   5,000時間 14時間/日キューリー夫人 5,000時間 14時間/日本田宗一郎  5,500時間 15時間/日エジソン   6,500時間 18時間/日 参考:竹田陽一『小さな会社 けのルール』フォレスト出版https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  192. 192. 参考:年間の仕事時間稲盛和夫   5,000時間 14時間/日キューリー夫人 5,000時間 14時間/日本田宗一郎  5,500時間 15時間/日エジソン   6,500時間 18時間/日 エジソン並に仕事をしても 芽が出るまで556日必要 参考:竹田陽一『小さな会社 けのルール』フォレスト出版https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  193. 193. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  194. 194. 23. ブレインストーミング (p.28)1度に1つのトピック 荒削りのアイデア歓迎質より量 視覚化見出しを意識! トピックからブレない他人のアイデアに乗っかる 評価・判断を避ける https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  195. 195. 23. ブレインストーミング (p.28)1度に1つのトピック 荒削りのアイデア歓迎質より量 視覚化見出しを意識! トピックからブレない他人のアイデアに乗っかる 評価・判断を避ける https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  196. 196. 25. アイデア選択(p.30)5分間: うまくいきそうなもの(実現性) わくわくするもの(有用性) 革新的なもの(革新性) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  197. 197. アイデア選択は重要なステップ⃝創造的・粗 実行前に魅力 身近で成長雑・不十分・未 や実現性等の 性のある結発達のアイデア 基準で評価 果を生むhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  198. 198. 可能性のあるアイデアを選択・発展させる プロトタイピング フィードバック⃝創造的・粗 可能性で選ぶ 実現可能性雑・不十分・未 に向けてア発達のアイデア イデア発展https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  199. 199. 多様なコンセプトを残す  安全策   大胆不敵  最も意義深く (実現性)  (革新性)  (有用性) 対照的な選択基準を利用し、 イノベーションの可能性を保つhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  200. 200. コンセプトとは?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  201. 201. コンセプトとは?•  Concept(中羅:明確に捕まえられたもの) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  202. 202. コンセプトとは?•  Concept(中羅:明確に捕まえられたもの)•  概念(ある事柄に関する共通項) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  203. 203. コンセプトとは?•  Concept(中羅:明確に捕まえられたもの)•  概念(ある事柄に関する共通項)みかん https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  204. 204. コンセプトとは?•  Concept(中羅:明確に捕まえられたもの)•  概念(ある事柄に関する共通項)みかん りんご https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  205. 205. コンセプトとは?•  Concept(中羅:明確に捕まえられたもの)•  概念(ある事柄に関する共通項)みかん りんご ぶどう https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  206. 206. コンセプトとは?•  Concept(中羅:明確に捕まえられたもの)•  概念(ある事柄に関する共通項) 果物みかん りんご ぶどう https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  207. 207. コンセプトって役に立つの?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  208. 208. コンセプトって役に立つの?コンセプトがあると「やること」と 「やらないこと」を区別できるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  209. 209. コンセプトって役に立つの?コンセプトがあると「やること」と 「やらないこと」を区別できるどこに資源を投下すべきかわかるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  210. 210. コンセプトって役に立つの?コンセプトがあると「やること」と 「やらないこと」を区別できるどこに資源を投下すべきかわかる 何を示すか明確なものだけが 「コンセプト」と言えるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  211. 211. コンセプトは リーダーシップのカギhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  212. 212. コンセプトは リーダーシップのカギhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  213. 213. コンセプトは リーダーシップのカギ“the essence of strategy ischoosing what not to do”“Indeed, setting limits isanother function ofleadership” Porter, M. (1996) マイケル・ポーター 参照:Porter, M. (1996). What is strategy https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  214. 214. 新製品が失敗する5つの理由 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  215. 215. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  216. 216. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない2.  過剰広告 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  217. 217. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない2.  過剰広告3.  「あいまいな製品」 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  218. 218. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない2.  過剰広告3.  「あいまいな製品」4.  消費者教育の不足 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  219. 219. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない2.  過剰広告3.  「あいまいな製品」4.  消費者教育の不足5.  市場がない 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  220. 220. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない2.  過剰広告3.  「あいまいな製品」4.  消費者教育の不足5.  市場がない 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  221. 221. 新製品が失敗する5つの理由1.  企業が急成長を支えられない2.  過剰広告3.  「あいまいな製品」4.  消費者教育の不足5.  市場がない 参照:J. シュナイダー&J. ホール(2011)「新製品が失敗する5つの理由」https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  222. 222. 25. アイデア選択(p.30)5分間: うまくいきそうなもの(実現性) わくわくするもの(有用性) 革新的なもの(革新性) https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  223. 223. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  224. 224. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  225. 225. Prototypehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  226. 226. Step4. プロトタイプアイデアを見える状態に Prototype 考え学ぶために 素早く作るhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  227. 227. http://www.flickr.com/photos/jurvetson/5227637637/https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  228. 228. プロトタイプ: 定義手にとったり、その場で試せるようにアイデアを表現したものhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  229. 229. http://www.youtube.com/watch?v=-SOeMA3DUEshttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  230. 230. プロトタイプ: 定義態度https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  231. 231. 素早く失敗しよう 失敗コスト vs. プロジェクトタイムhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  232. 232. プロトタイプ: 様々な種類https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  233. 233. プロトタイプ: 見た目https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  234. 234. プロトタイプ: 機能http://bleeplabs.com/nebulophone/https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  235. 235. プロトタイプ:プロセスhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  236. 236. プロトタイプで確認すること 参照:R. Martin(2009) The design of businesshttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  237. 237. プロトタイプで確認すること 信頼性 機能:正しさ 参照:R. Martin(2009) The design of businesshttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  238. 238. プロトタイプで確認すること 信頼性 機能:正しさ 妥当性 共感:ワクワク 参照:R. Martin(2009) The design of businesshttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  239. 239. プロトタイプ:どうやって作るか?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  240. 240. プロトタイプ:変数を定めるhttp://www.flickr.com/photos/jackwoodman/5102074012/ https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  241. 241. プロトタイプ:雑に素早く始めるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  242. 242. プロトタイプ:経験を生み出すhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  243. 243. プロトタイプ:気楽にやる Embrace v 0.0 Embrace v 1.0https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  244. 244. プロトタイプ:道具 www.factorydirectcraft.com www.dickblick.com www.theofficedealer.comhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  245. 245. プロトタイプ:経験を生み出すhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  246. 246. プロトタイプ:経験を生み出すhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  247. 247. プロトタイプ:どうやって作るか? 雑に素早く気楽につくる経験を生み出す 探求したい変数を 定めるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  248. 248. プロトタイプ やってみよう! 45 分:少なくとも2つ以上のアイ デを選んでつくり、ユー ザーと一緒に試してみるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  249. 249. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  250. 250. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  251. 251. Testhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  252. 252. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  253. 253. ユーザーが生活する日常の中で試す Test ユーザーに対する より深い理解を得るhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  254. 254. ベータ版テスト フォーカス・グループ 接待 ユーザーとのテスト利便性中心 プレリリース Web分析 調査 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  255. 255. テストの際の心構えプロトタイプを、ユーザーへの共感を高め続けるための探査機として使うhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  256. 256. 1. ユーザーにプロトタイプを体験してもらう プロトタイプと共に 新しい世界のシーン を設定する 状況設定のために、 手短な説明をする 案内人として演じる (誘導しない)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  257. 257. 2. 体験を観察する 何が機能し、 何が機能しなかった か把握する 彼らがプロトタイプ をどう使い、どう間 違ったか見る 喋るより聞くことで ユーザーに解釈の機 会を与えるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  258. 258. 3. ユーザーと関わる 学びを伝えるために 何度も繰り返す 具体的なオープンク エスチョンを使う ユーザーは専門家で あると胸にとめるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  259. 259. テスト: 方法1.  ユーザーにプロトタイプを体験してもらう2.  体験を観察する3.  ユーザーと関わるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  260. 260. 35. フィードバックマップ(p.40)1)良い点  2)改善点3)疑問点  4)アイデアhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  261. 261. 263 https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  262. 262. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  263. 263. 私たちがお互いに期待しているものが文化なら https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  264. 264. 私たちがお互いに期待しているものが文化なら文化変容は、新しいストーリーを意味する https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  265. 265. ストーリー・テリングとは?https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  266. 266. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  267. 267. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  268. 268. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  269. 269. ストーリーテリングとは?人間中心的にコミュニケーションする方法https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  270. 270. ストーリーテリングとは?人間中心的にコミュニケーションする方法問題発見器https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  271. 271. ストーリーテリングとは?人間中心的にコミュニケーションする方法問題発見器チームを奮い立たせるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  272. 272. ストーリーテリング: 方法https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  273. 273. 36. ストーリーテリング(p.41)1.  行動2.  葛藤3.  変革https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  274. 274. ストーリーテリング: 方法 キャラクター志向https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  275. 275. ストーリーテリング: 方法 キャラクター志向 伝えるのではなく見せるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  276. 276. ストーリーテリング: 方法 キャラクター志向 伝えるのではなく見せる ドラマティックに描くhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  277. 277. It’s a human centered way to communicatehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  278. 278. ストーリー デザインhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  279. 279. ストーリー デザインドラマティックに描く 矛盾 出来事 行動https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  280. 280. ストーリー デザイン インサイト 着眼点/解決策 矛盾 出来事 ニーズ 行動https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  281. 281. what is the focus of your solution? solution event what is missing from their life? sum it up. why is this the best direction? needwho are they? conflictwhat do they want? reaction resolution user character action https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  282. 282. what is the focus of your solution? solution彼らは何者で event何を求めて what is missing from their life? sum it up. why is this the best direction? needいるか? conflict reaction resolution user character action https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  283. 283. 彼らの生活に Why is your solution transformative? solution 何が欠けて event いるか? sum it up. why is this the best direction? needwho are they? conflictwhat do they want? reaction resolution user character action https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  284. 284. なぜ解決策に 現状を変化 させる力が あるのか? solution event what is missing from their life? sum it up. why is this the best direction? needwho are they? conflictwhat do they want? reaction resolution user character action https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  285. 285. 何が起こるか? Why is your solution transformative? solution なぜ解決策が event 適合するのか? what is missing from their life? needwho are they? conflictwhat do they want? reaction resolution user character action https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  286. 286. チームのミッション:具体的な詳細によって、チームが見つけたニーズを示す。そして、チームの解決策がどうユーザーの経験を変化させるのかを見せる。https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  287. 287. チームのゴール:聞き手が同じストーリーを友人や同僚に伝えられるようになるhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  288. 288. プロジェクトデモチームの準備時間は20分デモ時間は3分聞き手は3分間のフィードバックを行う。刺激を与えるチャンス!https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  289. 289. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  290. 290. Empathize Ideate Define Prototype Test https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  291. 291. イノベーションの問題 参照:Govindarajan,V., Trimble,C.(2012) The Other Side of Innovation: Solving the Execution Challengehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  292. 292. イノベーションの問題 「企業はイノベー ションを起こすの に向いていない」 参照:Govindarajan,V., Trimble,C.(2012) The Other Side of Innovation: Solving the Execution Challengehttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  293. 293. 比較表 イノベーション オペレーション 業務内比率 2∼5% 95%以上 95∼98% 成功率 10%以下 以上 不確実性 高い 低い 価値 未来創造 現状維持 基軸 仮説 データ プラン 都度修正 順守実行 参照:小林三郎(2012)『ホンダ イノベーションの神髄』; Govindarajan,V., Trimble,C.(2012)https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  294. 294. 学習スタイルと イノベーション・プロセス参照:Beckman, S.L. and Barry, M. (2007) Innovation as a Learning Process: Embedding Design Thinking. California Management Review, 50, 25‒56. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  295. 295. The Process of Design Squiggle by Damien Newman,Central Office of Design is licensed under a Creative Commons Attribution-No Derivative Works 3.0 United States License.https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  296. 296. 漏斗 引用:Martin, R.(2009) The design of business, Harvard business press.https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  297. 297. https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  298. 298. 3要素イノベーション × マーケティング × マネジメント 引用:http://paulchampionuk.com/business-model-generation/ http://www.wdprofiletest.com/ https://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会
  299. 299. Fail fast, Learn a lot. 素早く失敗し、多くを学ぶhttps://www.facebook.com/keio.design 慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会

×