Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AI x IoTデバイスとしての Google Vision Kitの可能性と使いこなし

715 views

Published on

2018/12/09「名古屋版IoT縛りの勉強会! IoTLT名古屋 vol.9 LT」にて発表

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

AI x IoTデバイスとしての Google Vision Kitの可能性と使いこなし

  1. 1. AI x IoTデバイスとしての Google Vision Kitの可能性と 使いこなし 名古屋版IoT縛りの勉強会! IoTLT名古屋 vol.9 LT
  2. 2. 自己紹介 名前:からあげ(本名は内緒) お仕事:組み込み系のエンジニア 家族:妻・娘(それぞれ1人) 趣味:カメラと電子工作 ブログ:karaage. https://karaage.hatenadiary.jp Twitter: @karaage0703
  3. 3. 主な著書・寄稿 ラズパイマガジン・はてなニュース・変デジ研究所 等の商業誌、Webメディアに記事寄稿しています
  4. 4. AI/IoTが使われつつある 今後 AI x IoTの組み合わせが 重要になりそうな予感
  5. 5. Google Vision Kit ・Raspberry Pi Zero + カメラモジュ ール + 専用ボード(Intel Movidius同 等品)の組み合わせ ・LEDボタン、ブザー付き ・GPIO(PWM)も使える ・小型、安価(1万4千円程度) ・AI(ディープラーニング)を使った 画像認識がデバイス上で可能 ・ネットにつなげれば即IoTデバイス AI x IoTデバイスとして使えそう?
  6. 6. 試しにAIで画像認識する デバイスを作ってみた
  7. 7. 「Deep Janken」at OMMF2018
  8. 8. Google Vision Kit 使いこなしのポイント ・自前データの学習とVision Kit用のモデル変換 にLinuxでの環境構築が必要 ・画像認識の精度を上げるためには地道な努力 が必要 ・ソフトのバージョンアップでしょっちゅう仕 様が変わる - > 辛い…
  9. 9. 自前データの学習 Googleのクラウドサービス「Google Colaboratory」を使えば環境構築不要 でディープラーニングの学習とVision Kit用のモデルへの変換が可能 詳しくは「ラズパイマガジン12月号」か「日経Linux1月号」にて(宣伝)
  10. 10. 画像認識精度の向上の工夫 撮影環境の固定 (ライト・背景) 全部100均で調達 AI(ディープラーニング)の場合、あとは データの質と量がほぼ全て!
  11. 11. データの質と量の確保 学習 テスト ダメなパターンの 教師データ取得 ダメなパターンの例 ・手の角度の違い ・手の形の違い(人によって異なる) ・グー、チョキ、パー以外の手 ・自分以外の人の手(子供の手) ・服の袖 ・etc…
  12. 12. まとめ ・Google Vision Kit AIxIoTデバイスの可能性を秘め ているのかも ・AI(ディープラーニング)は、実世界で使うには 単純な例でも様々な工夫が必要。データセットで 100%達成しても実際にその性能は出ない ・AI x IoTの組み合わせは、まず運用してみてデー タを集めながら改善していくのが重要そう
  13. 13. ご静聴ありがとうございました

×