よりよい開発を目指すための、プロセス&ツール活用

1,285 views

Published on

2013/6/8

Published in: Technology, Business
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,285
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
255
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

よりよい開発を目指すための、プロセス&ツール活用

  1. 1. よりよい開発を目指すための、プロセス&ツール活用中村 薫 a.k.a @kaorun55第1回 Build Insider OFFLINE2013/6/8(土) 日本マイクロソフト株式会社 ルームD
  2. 2. 中村 薫フリーランスで主にDepthセンサー系の仕事をしています• アプリケーション開発• 講演、ハンズオンセミナー• 執筆などMicrosoft MVP for Visual Studio ALM@kaorun55http://www.naturalsoftware.jp/
  3. 3. 結論• 状況、環境によって、プロセスやツールを使い分ける• そのためにはプロセス、ツールの特長を知る必要がある• 使いこなせる武器を複数もつこと
  4. 4. 自分のコンテキスト(背景)• ソフトウェアの受託開発• 書籍、雑誌の執筆• セミナー、イベントのスピーカー• 個人活動
  5. 5. ソフトウェア開発を取り巻く環境短納期高難易度モバイルクラウド デバイスPCゴールが見えづらいワークスタイル変化が速い
  6. 6. ソフトウェア開発を取り巻く環境• ソフトウェアを開発するための考え方の変化• ソフトウェアを開発するための道具の変化
  7. 7. 考え方の変化• 従来型から、アジャイルへ– 予測駆動から、実測駆動へ
  8. 8. 従来型のV字モデル要求実装 ユニットテスト受け入れテスト設計 結合テスト
  9. 9. Scrumのサイクルhttp://www.mountaingoatsoftware.com/scrum-a-presentation
  10. 10. 道具の変化• 組み合わせから、より統合された環境へ
  11. 11. Team Foundation Serviceクラウドサービスで即利用可能• バージョンコントロール• 作業項目• 自動ビルド環境• テスト環境
  12. 12. 変化を受け入れる• 微調整しながら、確実にゴールへ向かう• 重要なことに、より注力できる
  13. 13. とはいえ• もちろんTrac,Redmineも用途に合わせて• 以前はこれらOSSツールも活用していました
  14. 14. ツールの利用状況ITPro 「新3種の神器」で開発現場を改革しよう http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20130521/478496/直近2年間でのCI/CDツールの利用状況直近2年間でのPM/情報共有ツールの利用状況
  15. 15. ツール間連携(TFServer/Service)• 一つのリポジトリに、すべての情報が入っているため、関連付けが標準で可能• すべての情報を接続することで、トレーサビリティを確保する
  16. 16. TFServer/Serviceのメリット• 必要十分なツールサポート• プロセスサポート• 頻繁なアップデート
  17. 17. Team Foundation Server 2012pros• VS環境では間違いなく最強• 必要なツールがそろっている• MSDNがあればコスト不要• 強力なテストツールcons• 環境構築、運用が手間• Windows 環境以外のビルドは難しい
  18. 18. Team Foundation Servicepros• TFSのpros• クラウドなので、どこでもアクセスできる• 環境構築、運用が不要• 3週間ごとの機能追加cons• クラウドなので、データは外部に保存される• Windows 環境以外のビルドは難しい• プロジェクトの公開はできない• 英語
  19. 19. サービス開発
  20. 20. ツール間連携(OSSツール)• リポジトリが個別にあるため、ユーザー側で接続する必要がある(ツールサポートが用意されている場合もある)
  21. 21. OSSツールのメリット• 自分たちの好きな構成を作ることができる• 環境に左右されにくい
  22. 22. http://softwareengineeringplatform.com/articles/softopia-japan-session-it-management/
  23. 23. Visual Studio 2013• 今年中にリリース• メジャーバージョンアップというよりは、現状のアップデートの延長• 今月のBUILDにてプレビュー版がリリース予定
  24. 24. TFServiceではもう使えます
  25. 25. GitHubを使った継続的なデリバリーReVIEW原稿を pushビルド成果物
  26. 26. 従来型のV字モデル要求実装 ユニットテスト受け入れテスト設計 結合テスト
  27. 27. 要求実装 ユニットテスト受け入れテスト設計 結合テスト従来型のV字モデル受け入れテストユニットテストバージョン管理バックログタスク UIテストCI
  28. 28. Scrumのサイクルhttp://www.mountaingoatsoftware.com/scrum-a-presentation
  29. 29. http://www.mountaingoatsoftware.com/scrum-a-presentation受け入れテストユニットテストCIバージョン管理バックログタスクUIテストScrumのサイクル
  30. 30. Visual Studio ALMhttp://www.microsoft.com/visualstudio/11/ja-jp/products/alm
  31. 31. Visual Studio ALMContinuous DeliveryContinuous Feedbackhttp://www.microsoft.com/visualstudio/11/ja-jp/products/alm
  32. 32. Team Foundation ServerVisual Studio ALMContinuous DeliveryContinuous FeedbackVisual StudioFeedback Client For TFShttp://www.microsoft.com/visualstudio/11/ja-jp/products/alm
  33. 33. http://agilemanifesto.org/iso/ja/
  34. 34. http://agilemanifesto.org/iso/ja/principles.html
  35. 35. http://agilemanifesto.org/iso/ja/principles.html
  36. 36. http://softwareengineeringplatform.com/articles/softopia-japan-session-it-management/
  37. 37. いろいろなツールを比べて、自分たちにあったツールを

×