Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Shibuyatrac#13 scurmでやってみた

3,546 views

Published on

  • Be the first to comment

Shibuyatrac#13 scurmでやってみた

  1. 1. Scurmでやってみた~実践して得た気づきについて~
  2. 2. 注意事項!この発表は私の所属する 特定の団体 特定の企業を代表したものではありません。この発表は私見に基づくものであり、何ら内容を保証しません。資料中のtypoは仕様ですキリッ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  3. 3. オープニングなんで緊張してます・・・ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  4. 4. 自己紹介 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  5. 5. かぬhttp://d.hatena.ne.jp/kanu-orzhttp://twitter.com/kanu_ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  6. 6. 名前:かぬか ひでとし性別:♂出身:北海道(関東在住の方が長くなりましたが)職業:某物流系企業の子会社であるSIer勤務 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  7. 7. 認定スクラムマスターです。 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  8. 8. 二日間講習受けて後日簡単なテスト(英語)を受けると名乗れます。日本で300人前後のはずなので取るなら今がお奨めです(笑) Shibuya.trac#13 2011/12/09
  9. 9. つまり Shibuya.trac#13 2011/12/09
  10. 10. CSMなんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  11. 11. と言いつつも、非常に有益な研修なのでお奨めです! Shibuya.trac#13 2011/12/09
  12. 12. さて、ウォーターフォールといえば Shibuya.trac#13 2011/12/09
  13. 13. 炎上・・・ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  14. 14. アジャイルといえば Shibuya.trac#13 2011/12/09
  15. 15. @nawoto Shibuya.trac#13 2011/12/09
  16. 16. アジャイルサムライ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  17. 17. アジャイルサムライ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  18. 18. 今日はアジャイルな開発手法であるScrumでやってみた!というお話です。 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  19. 19. Trac使って開発をScrumでやってみて気が付いたことについてお話しします。 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  20. 20. まずはScrumについて Shibuya.trac#13 2011/12/09
  21. 21. Scrumを一枚で Shibuya.trac#13 2011/12/09
  22. 22. これらをTracで実現すると・・・ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  23. 23. プロダクトバックログ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  24. 24. スプリントバックログ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  25. 25. チャート関連 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  26. 26. 作業時間の入力 直接チケットに入力 svnコミットに refs #1234(3.5) ⽇付関連メソッドの追加 の様にしてTimingAndEstimationPluginで自動積算 WorkTimePluginの利用 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  27. 27. デイリースクラム(朝会) スプリントバックログのレポートを印刷して利用 朝会までに前日の状況をチケットに反映 毎朝スクラムマスターが印刷 1スプリントA3で6枚程度 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  28. 28. ふりかえり Shibuya.trac#13 2011/12/09
  29. 29. 主に使ったプラグイン TimingAndEstimation ReportInclude 時間の積算用 TracReportをWikiに表示させる ためのプラグイン タイムトラッキング Ticket/Milestone/Report 管理上最重要プラグイン などで利用可能 Web-Query UIコンポーネント Reportだけではなくグラフの表 示も可能 Queryに中計・大計表示 棒グラフ/積み上げ棒グラフ http://trac- /折れ線グラフ/円グラフ hacks.org/wiki/TimingAndEstima http://fr.sourceforge.jp/projects/shibuya- trac/wiki/plugins%2FReportIncludePlugin tionPlugin ExtendedVersion QueryChart Milestoneをversionでまとめる チケットのステータス変動の日付の 為のプラグイン 記録 MilestoneをTimeBox化して利 用する際に、 日付を元にバーンダウン/アップ 全体を見渡すのに非常に便利。 チャートの表示 表示の形式はMilestoneとほぼ http://weekbuild.sakura.ne.jp/tr 同じ ac/wiki/TracDoc/QueryChart http://trac- hacks.org/wiki/ExtendedVersionPl ugin Shibuya.trac#13 2011/12/09
  30. 30. ここまででScrumで使う道具としてのTracについて何か疑問とか質問があればどうぞ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  31. 31. ところが・・・ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  32. 32. チームからのコメント1 朝会っすけど、正直言ってスプリントバックログ ちっちゃくて読めないっす 注:画像はイメージです。後輩はヤンキーではありません Shibuya.trac#13 2011/12/09
  33. 33. デイリースクラム(朝会)の問題 スプリントバックログのレポートを印刷対処 壁に貼っても小さくて読めない(A3で6枚・・・) 自立的にタスクを取れない(見えないので・・・) 報告が面倒(口だけになる可能性が・・・) Shibuya.trac#13 2011/12/09
  34. 34. チームからのコメント2 だからかも知んないっすけど、 タスクのチェックインと 進捗が分かりにくいっす。 注:画像はイメージです。後輩はヤンキーではありません Shibuya.trac#13 2011/12/09
  35. 35. StickyTicketPluginで付箋印刷 スプリント計画後、付箋に チケット印刷 見積時間、親チケット番号 を追加して利用 チケットの付箋化が楽々 欠点 時々プリンタがジャムる 印字項目のカスタマイズはプラグインを直接修正 (この明代は最新版で解決しました) Shibuya.trac#13 2011/12/09
  36. 36. 新スプリントバックログ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  37. 37. 補足:付箋の色分け チケットの分類毎 オレンジ :ストーリー ピンク :タスク その他 :気付き、問題点 (基本手書きが多い) Shibuya.trac#13 2011/12/09
  38. 38. このチケットの付箋化が大好評! Shibuya.trac#13 2011/12/09
  39. 39. @jun66j5に感謝! Shibuya.trac#13 2011/12/09
  40. 40. 後輩コメント3 あと、ふりかえりの付箋を マイルストーンに書くのも 時間掛かって面倒っす 注:画像はイメージです。後輩はヤンキーではありません Shibuya.trac#13 2011/12/09
  41. 41. 新ふりかえり Shibuya.trac#13 2011/12/09
  42. 42. その後のふりかえりで・・・ チケット作るのが間に合わない → 手書きで付箋を書き、 翌日までにチケット登録 作業時間を入れるのが手間 → 付箋に手書きで書いておき、 スプリントの終わりまでにチケットへなどなど・・・ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  43. 43. ある言葉を思い出した・・・ Shibuya.trac#13 2011/12/09
  44. 44. Trac は、ウェブベースのソフトウェアプロジェクト管理に最⼩限のアプロー チを採ります。我々の使命は、開発者が道を踏み外すことなく偉大なソフト ウェアを開発する⼿助けをすることです。Trac は、チームの確⽴された開発 プロセスやポリシーに対し、最⼩限の⼲渉しかしません。 TracデフォルトのWikiStartより Shibuya.trac#13 2011/12/09
  45. 45. 何故BTS/ITSを使うのか? Shibuya.trac#13 2011/12/09
  46. 46. 理由は 情報共有 タスク管理 作業時間管理 追跡可能性の確保 Shibuya.trac#13 2011/12/09
  47. 47. 第二第三のExcelにならないように・・・自戒を込めて Shibuya.trac#13 2011/12/09

×