Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Laravel5.1をつかったWebアプリケーション開発

6,564 views

Published on

The Web Application Development which used Laravel5.1

Published in: Internet
  • Be the first to comment

Laravel5.1をつかったWebアプリケーション開発

  1. 1. いまどきのPHPフレームワークは、 こんなことになってるよ Laravel5.1をつかった Webアプリケーション開発 2015/08/20 kan@notice.co.jp http://www.notice.co.jp/ @notice_inc
  2. 2. お話しすること • フレームワーク・アーキテクチャ • Laravelの特徴 • Laravelのアプリケーション開発サイクル • ステージング環境構築 • 脆弱性検査とパフォーマンス検査 • CI
  3. 3. フレームワーク・アーキテクチャ • PofEAA (Patterns of Enterprise Application Architecture) • DDD(Domain Driven Development) • GoF Design Patterns • (The Three Amigos, UML)
  4. 4. 最近、話題のアーキテクチャ MicroService Architecture PofEAAの著者マーティン・ファウラー氏が提唱 こんな話も… http://www.slideshare.net/AkiraMiki/20160722-microservice PHP Micro frameworks こっちは小さい・シンプルって方 Lumen,Slim,Silex
  5. 5. Laravel5.1の特徴 • PHP >= 5.5.9 • LTS(Long Term Support) • Composerによるパッケージ管理 • Symfony2コンポーネント継承 • IoCコンテナ装備 • データベースマイグレーション機能 • 強力なORM(Eloquent ORM) • Bladeテンプレートエンジン • gulpが標準タスクランナー(Elixir)
  6. 6. ベンチマーク 遅い、大食い… DIのせいかな?? 全てのサービスがリクエストごとにDI対象 しかし、 不必要なサービスを外すとか チューニングすれば、解消? PHP7/HHVM(JIT)とか使えばいっか!
  7. 7. アプリケーション開発サイクル 命名規則(CoC)とケーススタイル データベーステーブル、カラム名は スネークケーススタイル(hoge_fuga) テーブル名は複数形・モデルクラス名は単数形 PHPコーディングはPSR-2準拠(Laravel5.1準拠) メソッド・変数名は文脈で単数・複数形を使い分け CSSのid,classはチェインケーススタイル(hoge-fuga) ※CSSはSMACCSに準拠,CSSプリプロセッサはLess
  8. 8. アプリケーション開発サイクル Laravelインストール $ composer create-project laravel/laravel --prefer-dist $ cd laravel; git init # とりあえずリポ作成 $ composer install # frameworkのダウンロード $ gulp # ビルド(transpile,minify,uglify CSS/Javascript) $ artisan serve # PHP buildin server起動(port:8000) create-project使うと、passwordハッシュのソルトとか自動生成してくれて便利 Javascript/CSSライブラリはbowerとnpmでパッケージ管理
  9. 9. アプリケーション開発サイクル データベースマイグレーション Schema Builderでテーブル定義を書く。 $ artisan make:migration create_users_table $ artisan db:migrate 初期データの投入はseederを書く(モデルクラス定義後)。 $ artisan db:seed
  10. 10. アプリケーション開発サイクル 各テーブルのORMクラスを生成 $ artisan make:model User 関連もORMクラスに定義 hasOne(),hasMany(), belongsTo(),belongsToMany()... Lazy Eager Loadingをサポート
  11. 11. アプリケーション開発サイクル URI設計とルーティング設定 URIとコントローラのメソッドを結びつける Route::get(‘/projects’, ‘ProjectController@index’); Route::get(‘/projects/{id}/show’, ‘ProjectController@show’); Pretty URLで記述できる。 middlewareと呼ばれるフィルタを自在に設定可能。
  12. 12. アプリケーション開発サイクル コントローラを書く コントローラの役目は、 (1)リクエストをバリデーション(バリデータをDIできる) (2)ビジネスロジックを実行 (3)表示に必要なデータをViewへ渡すまで。 コンストラクタでサービスの実装をDIする。 public function __construct(ServiceInterface $service) fat controllerにしない。 ビジネスロジックはサービス層で、設計と実装を分離する。 UnitTestがしやすくなる。
  13. 13. アプリケーション開発サイクル PHPUnit Laravelのテスティングクラスでテストケースを記述 Webページのインタラクティブな動作も記述可能(visit,click,see) フレームワークのメソッドをMockできる(Mockery)。 未完成のサービスはDIでMockをbindする。 ファクトリを使ったテストデータ作成(Faker) データベースもテストケースごとにリセット可能(ロールバック)。 PsySHでインタラクティブなテストも可能 TDD(テストファースト)からBDD(スペックファースト)へ 開発とはオールレッドをオールグリーンに変えていく作業。
  14. 14. ステージング環境の構築 VirtualBox+Vagrantで プロダクション環境と 同じOS、ミドルウェアを構成管理 プロビジョニングはAnsibleを利用 デプロイメントもAnsibleを利用 ※デプロイメントスタイルはCapistranoスタイル QA(Quality Authroity)向けにも提供
  15. 15. 脆弱性検査とパフォーマンス検査 Vaddy+New Relic どちらも無償版があるが、 実務では有償版でないと十分機能しないかも。
  16. 16. CI(Continuous Integration) Gitリポジトリのmasterへpush/mergeをトリガー ステージング環境をVagrant,Dockerで 一時的に構築しプロビジョニング Gitリポジトリからmasterをarchive/export ビルド ユニットテスト実行 (結果を通知 HipChat,Slackとかへ) 通過すれば、Vaddyで脆弱性検査 ステージング環境を破棄 プロダクション版リリース これらをCIで自動化したい。 TravisCI,Jenkins,CircleCI

×