SlideShare a Scribd company logo
1 of 82
Download to read offline
プログラミングコンテスト
      という名の
 オンラインゲームがあるらしい
              \ガチャはないよ!/

                                @kakkun61


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61               1/82
自己紹介
 ●   岡本和樹
 ●   @kakkun61
 ●
     23 歳
 ●   大阪府立大学 4 回生
 ●
     へなちょこ競技プログラマー




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   2/82
競技プログラミングって
だいたいこんなん
 ●   大きく 2 つに分けると
 ●   正解のあるプログラムを速く書く
 ●
     正解の簡単に求まらない問題の答えので
     きるだけよいものを求めるプログラムを
     書く




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   3/82
競技プログラミングって
だいたいこんなん
 ●   正解のあるプログラムを早く書く
 ●   こっちを中心に解説していきますん




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   4/82
正解のあるプログラムを速く書く
 ●   をやってるコンテストは
 ●   TopCoder Single Round Match (SRM)
 ●
     AtCoder Regular Contest (ARC)
 ●   CodeChef Short Contest
 ●
     CodeForces
 ●
     Google Code Jam
 ●
     ACM ICPC
 ●   など
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61            5/82
正解のあるプログラムを速く書く
 ●   TopCoder Single Round Match (SRM)
 ●   AtCoder Regular Contest (ARC)
 ●
     ACM ICPC
 ●   ぐらいしか参加したことないのでこれら
     を題材に




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61            6/82
ARC #3
 ●   AtCoder 社
 ●   慶應大学
 ●
     高橋直大
 ●   @chokudai




 ●
     http://atcoder.com
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   7/82
ARC #3
 ●   A 問題 GPA 計算
 ●   プログラミング初心者向けの問題
 ●
     問題文の通りにコードを書けばいい
 ●   手元のコンピューターで問題を見ていた
     だいた方が見やすいと思う
 ●
     http://atcoder.jp/



姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   8/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   高橋君はアメリカに留学しようと考えて
     おり、成績表を提出することになりまし
     た。
 ●   アメリカ留学の成績表には、学力を測る
     指標である GPA を表記する必要がありま
     す。




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   9/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   GPA とは各単位に対する評価 (A,B,C,D,F)
     を点数に換算して平均した値で、点数へ
     の換算は以下のようになります。
     ●   A 評価       →    4      点
     ●   B 評価       →    3      点
     ●   C 評価       →    2      点
     ●   D 評価       →    1      点
     ●   F 評価       →    0      点


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61       10/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   全て F 評価だった場合は、 GPA は 0 にな
     ります。
 ●   高橋君の各単位に対する評価をもとに GPA
     を求めなさい。




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   11/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   入力
 ●   入力は以下の形式で標準入力から与えられる。
     ●   N
     ●   r1r2…rN
 ●   1 行目は、単位の総数を表す整数
     N(1≦N≦100) が与えられる。
 ●   2 行目には、単位に対する評価を表す N 文字
     の文字列が与えられる。
 ●   i 文字目の文字 ri は A, B, C, D, F のいず
     れかである。
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61          12/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   出力
 ●   入力として与えられた単位の評価をもと
     にした GPA を標準出力に 1 行で出力せ
     よ。
 ●
     誤差は絶対誤差あるいは相対誤差の少な
     くとも片方が 10-9 以下であれば許容す
     る。
 ●   なお、最後には改行を出力せよ。


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   13/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
といった感じの問題
● A-D, F を 1-4, 0 に変換し、平均を求
  めるだけ
● プログラマーなら誰でもできるはず




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   14/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   一応、僕の解答




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   15/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   16/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   え? Haskell 分からない?




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   17/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算
 ●   しかたないので Java で
 ●   main メソッドの中だけ示します




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   18/82
ARC #3 A 問題 GPA 計算




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   19/82
Haskell やってみない?
 ●   Haskell の方が文字大きくなかった?




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   20/82
Haskell やってみない?




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   21/82
Haskell やってみない?




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   22/82
Haskell やってみない?
 ●   つまりそっちの方が書く量少ないってこ
     とだよね
 ●   Java の変数の i とか、和が代入されて
     ない途中の sum とか要らないよね
 ●
     本当にやりたいことを無駄なく書いてる
     のは Haskell じゃない?




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   23/82
Haskell やってみない?
 ●   もしここで
 ●   「今まで C ファミリーの言語でやって
     きたから」とか
 ●
     「 Haskell のコードなんか気持ち悪い」
 ●   ってだけで
 ●
     Haskell を避けるならそれってつま
     り……


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   24/82
Haskell やってみない?
 ●   老害?




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   25/82
Haskell やってみない?
 ●   もちろん Haskell が苦手とするところ
     は多々あるので、それを知っての上でな
     らいいのですが




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   26/82
Haskell やってみない?
 ●   このまま Haskell やってもいいのです
     が、
 ●   この後、実用関数型言語の希望の星
     Scala のセッションがあるのでそちらに
     委ねましょう
 ●
     (自分のコードあんまりポイントフリー
     化できてないし)



姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   27/82
Haskell やってみない?
 ●   でも、実際、
 ●   新言語習得のときの練習にプログラミン
     グコンテストの簡単な問題は有用だと思
     う
 ●
     他の人の解答が見られるので、
 ●   「なるほどこう書けば綺麗なのか」
 ●
     っていうのが多々ある


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   28/82
SRM 543 EllysXors
 ●   素直に解くとダメな問題
 ●   僕は素直に解いて撃墜されました
 ●
     撃墜については後ほど




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   29/82
SRM 543 EllysXors
 ●   Problem Statement
 ●   XOR problems became very popular in
     TopCoder recently. (If you do not know
     the bitwise operation XOR, see the
     Notes section for an explanation.)
     That's why Elly decided to invent one
     of her own. Fortunately for you, the
     one she came up with is quite simple.
     You are given two longs L and R. She
     wants you to find the XOR of all
     numbers between L and R, inclusive.
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61                 30/82
SRM 543 EllysXors
 ●   要点だけ日本語に訳すと、
 ●   L と R を与えるから、
 ●   L ⊕L+1 ⊕... ⊕R を求めよ

     1 ≦ L, R ≦ 4,000,000,000
 ●
     ただし、

     L ≦R
 ●


 ●




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   31/82
SRM 543 EllysXors
 ●   単純に実装を考えると、
 ●   再帰もしくはループでしょう




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   32/82
SRM 543 EllysXors
 ●   しかし、
 ●   再帰
     ●
         Stack Overflow (Java)
 ●   ループ
     ●
         最大の計算量時に制限時間超過
     ●   Time Limit Exceeded (TLE)




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61        33/82
SRM 543 EllysXors
 ●   実はこの問題、数学的に簡単にできて、
 ●   どんな入力が来ても一定時間で計算でき
     ます
 ●
     計算量 O(1) オーダー 1




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   34/82
SRM 543 EllysXors
 ●   ちなみに再帰もしくはループの実装だと
     計算量は、 2 つの数の差に比例するの
     で、
 ●   O(N)




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   35/82
SRM 543 EllysXors
 ●
     他にも 2 乗に比例するなら、 O(N2)
 ●   クイックソートなどなら、 O(NlogN)




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   36/82
SRM 543 EllysXors
 ●   話を戻して、数学的に簡単にするとはど
     うするのか?
 ●   ちょびっと話がややこしくなります




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   37/82
SRM 543 EllysXors
 ●   まず
 ●   1 ⊕1 = 0
 ●   2 ⊕2 = 0
 ●   n ⊕n = 0




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   38/82
SRM 543 EllysXors
 ●   なので
 ●   ellysXors(l, r)
      ●   = l ⊕l+1 ⊕... ⊕r
      ●   = 1 ⊕2 ⊕... ⊕l-1
      ●   ⊕1 ⊕2 ⊕... ⊕l-1 ⊕l ⊕l+1 ⊕... ⊕r




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61               39/82
SRM 543 EllysXors
 ●   ここで
 ●   foldXor(n)
      ●   = 1 ⊕2 ⊕... ⊕n
 ●
     とおくと、
 ●   ellysXors(l, r)
      ●   = foldXor(l) ⊕foldXor(r)




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61        40/82
SRM 543 EllysXors

      (n)10                (n)2          foldXor(n)    n を使っ て
                                                           って
               1                     1             1          1
               2                    10            11        n+1
               3                    11             0          0
               4                   100           100          n
               5                   101             1          1
               6                   110           111        n+1
               7                   111             0          0
               8                  1000          1000          n
               9                  1001             1          1

姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61                                    41/82
SRM 543 EllysXors

      (n)10                (n)2          foldXor(n)    n を使っ て
                                                           って
               1                     1             1          1
               2                    10            11        n+1
               3                    11             0          0
               4                   100           100          n
               5                   101             1          1
               6                   110           111        n+1
               7                   111             0          0
               8                  1000          1000          n
               9                  1001             1          1

姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61
                                            4 つごとに周期             42/82
SRM 543 EllysXors
 ●   この周期を使うと
 ●   foldXor(n)
      ●   = 1 (n ≡ 1 mod. 4 の き)
                              と
      ●   = n + 1 (n ≡ 2 mod. 4 の き)
                                 と
      ●   = 0 (n ≡ 3 mod. 4 の き)
                              と
      ●   = n (n ≡ 4 mod. 4 の き)
                              と
 ●   ellysXors(l, r)
      ●   = foldXor(l) ⊕foldXor(r)

姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61          43/82
SRM 543 EllysXors
 ●   よって
 ●   ellysXor(l, r) は定数時間 O(1) で求
     まる




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61       44/82
ルール説明 ARC
 ●   AtCoder Regular Contest #1, #2, #3 に
     もとづいて解説
 ●   コンテスト通してのルールの記述が見当
     たらないので今後変わるかも
 ●
     ARC #3 のチュートリアル
     http://arc003.contest.atcoder.jp/tutorial




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61                    45/82
ルール説明 ARC
 ●   AtCoder Regular Contest
 ●   時間 90 分
 ●
     4問
 ●   難易度順に A-D




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   46/82
ルール説明 ARC
 ●   使用可能言語            ● C# (Mono 2.10.5)


                       ● PHP (PHP 5.3.6)
 ●   C (GCC4.4.6)
                       ● Python (2.7.2)
 ●
     C++ (G++4.6.3)
                       ● Perl (5.12.4)
 ●   C++ (GCC4.4.6)
                       ● Ruby (1.9.2)
 ●
     C++11 (GCC 4.6.1)
                       ● Haskell (GHC 7.0.3)
 ●
     C (GCC4.6.3)      ● Pascal (fpc 2.4.4)
 ●
     D (DMD 2.058)     ● JavaScript

 ●   Java (OpenJDK 1.6.0) (Node 0.6.12)
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61                  47/82
ルール説明 ARC
 ●   Web でテキスト入力欄に書いて提出
 ●   Main.( 拡張子 ) として保存されるの
     で、 Java などの場合 Main クラスにす
     る
 ●
     通常のプログラムと同じエントリーポイ
     ントから起動される
 ●   入力および出力は標準入力・標準出力



姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   48/82
ルール説明 ARC
 ●   コンテストの流れ
 ●   コンテスト開始 10 分後までに参加登録
 ●
     好きな問題を開く




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   49/82
ルール説明 ARC
 ●   解けたら、提出ページでソースコードを
     貼り付け提出
 ●   提出するとすぐにシステムがテストを始
     める
 ●
     結果タブから現在の結果が得られる
 ●   結果は次の通り




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   50/82
ルール説明 ARC
 ●   AC: Accepted
 ●   WA: Wrong Answer
 ●
     TLE: Time Limit Exceeded
 ●   MLE: Memory Limit Exceeded
 ●
     CE: Compile Error
 ●
     RE: Runtime Error
 ●
     OLE: Output Limit Exceeded
 ●   IE: ?
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61     51/82
ルール説明 ARC
 ●   順位付け
 ●   各問 100 点で 400 点満点
 ●
     同点の場合は最終正解提出時間の早さで
     比べる
 ●   誤答ペナルティは 1 回につき 15 分
 ●
     ただし、その問題に正解した場合のみ



姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   52/82
ルール説明 ARC
 ●   コンテスト終了後は全員の解答が見られ
     るようになるので、それで復習してくだ
     さい




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   53/82
ルール説明 SRM
 ●   TopCoder Single Round Match
 ●   時間 95 分
      ●
          コーディング 75 分
      ●   休憩 5 分
      ●   チャレンジ 15 分
 ●
     3問
 ●
     チャレンジが特徴的


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61      54/82
ルール説明 SRM
 ●   TopCoder Single Round Match
 ●   時間 95 分
      ●
          コーディング 75 分
      ●   休憩 5 分
      ●   チャレンジ 15 分
 ●
     3問
 ●
     チャレンジが特徴的


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61      55/82
ルール説明 SRM
 ●   コンテストはアリーナと呼ばれる Java
     Applet のアプリを使用
 ●   メンバーは Rating と呼ばれるレベルを
     持っていて、 Rating ごとに次のように
     色分けされる




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   56/82
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   57/82
ルール説明 SRM
 ●   メンバーは Rating と呼ばれるレベルを
     持っていて、 Rating ごとに色分けされ
     る




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   58/82
ルール説明 SRM
 ●   初参加 白
 ●   0-899 灰
 ●
     900-1199 緑
 ●   1200-1499 青
 ●
     1500-2199 黄
 ●
     2200-2999 赤
 ●
     3000- 赤地に白点 ターゲットと呼ばれる


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   59/82
ルール説明 SRM
 ●   初参加 白
 ●   0-899 灰 ←僕ココ しょぼい
 ●
     900-1199 緑
 ●   1200-1499 青
 ●
     1500-2199 黄
 ●
     2200-2999 赤
 ●
     3000- 赤地に白点 ターゲットと呼ばれる


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   60/82
ルール説明 SRM
 ●   Rating の上位・下位で Div. 1, Div. 2
     に分かれ、問題セットが異なる




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61        61/82
ルール説明 SRM
 ●   初参加 白
 ●   0-899 灰
 ●
     900-1199 緑 ↑ Div. 2
 ●   1200-1499 青 ↓ Div. 1
 ●
     1500-2199 黄
 ●
     2200-2999 赤
 ●
     3000- ターゲット


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   62/82
ルール説明 SRM
 ●   問題は 3 問あり、それぞれ点数が異なる
 ●   Easy 250pts, Normal 500pts, Hard
     1000pts
 ●
     各々の問題を開いてから提出するまでの
     経過時間で得点が決まる
 ●   250pts の問題なら、開いて即刻提出すれ
     ば 250pts もらえるということ



姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61       63/82
ルール説明 SRM
 ●   コーディング (coding phase) 75 分
     ●   問題を解いて提出
     ●   提出してもまだ採点されない
 ●
     休憩 (intermission) 5 分




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61     64/82
ルール説明 SRM
 ●   撃墜 (challenge phase) 15 分
 ●   このフェーズになると全員の解答が公開
     される
 ●
     他の人の解答を見て、間違ってると気付
     いたのがあったら、チャレンジを行なう
     ことができる




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61    65/82
ルール説明 SRM
 ●   撃墜 (challenge phase) 15 分
 ●   チャレンジとは
 ●
     ある問題にこの入力値を与えれば不正解
     を出す・ TLE になるなどの入力値を作る
 ●   提出し実際不正解を出すなどするとチャ
     レンジ成功となり 50 点加算、相手の得点
     0点
 ●
     失敗した場合は 25 点減点

姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61    66/82
ルール説明 SRM
 ●   システムテスト (system test)
 ●   運営の用意した入力セットでテストされ
     無事通ると点を得られる
 ●
     結果に応じて Rating が上下する




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   67/82
ルール説明
 ●   ここまでが、ルール説明で
 ●   次からアルゴリズム入門




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   68/82
アルゴリズム入門
 ●   アルゴリズムの比較的理
     解しやすいものを取り上
     げよう
 ●   ここからの内容は→見な
     がら書いた
 ●
     プログラミングコンテス
     トするならこの本は必携



姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   69/82
アルゴリズム入門
 ●   プログラミングコンテス
     トチャレンジブック
 ●   著者は東大生 3 人
     ●
         秋葉拓哉
     ●   岩田陽一
     ●   北川宜稔
 ●
     通称、蟻本
 ●
     世界と戦うことを目標に
     書いてあるので初級編で
     かなりお腹いっぱい
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   70/82
再帰とメモ化
 ●   フィボナッチ数列を計算する関数を再帰
     で




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   71/82
再帰とメモ化
 ●   単純な再帰だとかなり遅い




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   72/82
再帰とメモ化

         fib(10)

                            fib(9)            fib(8)

                            fib(8)            fib(7)

                                     fib(7)

                                     fib(6)
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61                          73/82
再帰とメモ化

         fib(10)                同じ計算がいくつもある

                            fib(9)            fib(8)

                            fib(8)            fib(7)

                                     fib(7)

                                     fib(6)
姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61                          74/82
再帰とメモ化
 ●   1 度計算したものを保存しておく
 ●   すでに計算したかチェックしてしてある
     ならそれを返す
 ●
     これをメモ化という




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   75/82
再帰とメモ化
 ●   コードで書くと




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   76/82
深さ優先探索 Depth First Search
 ●   問題
 ●   整数 a1, a2, ... an が与えられます。そ
     の中からいくつか選び、その和をちょう
     ど k にすることができるかを判定しな
     さい。
 ●   ただし、
     ●   1 ≦ n ≦ 20
     ●   -108 ≦ ai, k ≦ 108


姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   77/82
深さ優先探索 Depth First Search
 ●   例えば
     ●   n = 4
     ●   a = {1, 2, 4, 7}
 ●
     このとき状態を表す木は次のようになる




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   78/82
深さ優先探索 Depth First Search
                                  i=0
a = {1, 2, 4, 7}                sum = 0
                                           +1
                       i=1                  i=1
                     sum = 0              sum = 1
                                 +2
          i=2                     i=1
        sum = 0                 sum = 2
                                           +4
                       i=3                  i=3
                     sum = 2              sum = 6

姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61
                                                    +7   79/82
深さ優先探索 Depth First Search
 ●   コードで表すと




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   80/82
深さ優先探索 Depth First Search




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   81/82
なんと
 ●   ARC #4 今日 21 時
 ●   SRM 546 今日 25 時
 ●
     参加するしかない!




姫路 IT 系勉強会 Vol. 6   @kakkun61   82/82

More Related Content

Similar to 姫路 IT 系勉強会 Vol.6 プログラミングコンテストという名のオンラインゲームがあるらしい

Clojure programming-chapter-2
Clojure programming-chapter-2Clojure programming-chapter-2
Clojure programming-chapter-2Masao Kato
 
情報オリンピック夏合宿発表
情報オリンピック夏合宿発表情報オリンピック夏合宿発表
情報オリンピック夏合宿発表Kazuma Mikami
 
Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]
Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]
Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]Ra Zon
 
充足可能性問題のいろいろ
充足可能性問題のいろいろ充足可能性問題のいろいろ
充足可能性問題のいろいろHiroshi Yamashita
 
ウェーブレット木の世界
ウェーブレット木の世界ウェーブレット木の世界
ウェーブレット木の世界Preferred Networks
 
Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]
Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]
Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]Ra Zon
 
Code iq×japanr 公開用
Code iq×japanr 公開用Code iq×japanr 公開用
Code iq×japanr 公開用Nobuaki Oshiro
 
Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習Yusaku Kawaguchi
 
あなたが知らない リレーショナルモデル
あなたが知らない リレーショナルモデルあなたが知らない リレーショナルモデル
あなたが知らない リレーショナルモデルMikiya Okuno
 
【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう
【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう
【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しようUnity Technologies Japan K.K.
 
Pythonとdeep learningで手書き文字認識
Pythonとdeep learningで手書き文字認識Pythonとdeep learningで手書き文字認識
Pythonとdeep learningで手書き文字認識Ken Morishita
 
Rのデータ構造とメモリ管理
Rのデータ構造とメモリ管理Rのデータ構造とメモリ管理
Rのデータ構造とメモリ管理Takeshi Arabiki
 
2012年1月20日
2012年1月20日2012年1月20日
2012年1月20日nukaemon
 
今日からはじめる微分方程式
今日からはじめる微分方程式今日からはじめる微分方程式
今日からはじめる微分方程式Ryo Kaji
 
Kobe.R #15 - Incanter チョットシッテル
Kobe.R #15 - Incanter チョットシッテルKobe.R #15 - Incanter チョットシッテル
Kobe.R #15 - Incanter チョットシッテルtnoda
 
多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換
多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換
多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換京大 マイコンクラブ
 
日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説
日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説
日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説Kensuke Imanishi
 
再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム Gx#20
再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム   Gx#20再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム   Gx#20
再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム Gx#20鉄次 尾形
 

Similar to 姫路 IT 系勉強会 Vol.6 プログラミングコンテストという名のオンラインゲームがあるらしい (20)

T77 episteme
T77 epistemeT77 episteme
T77 episteme
 
データ処理
データ処理データ処理
データ処理
 
Clojure programming-chapter-2
Clojure programming-chapter-2Clojure programming-chapter-2
Clojure programming-chapter-2
 
情報オリンピック夏合宿発表
情報オリンピック夏合宿発表情報オリンピック夏合宿発表
情報オリンピック夏合宿発表
 
Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]
Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]
Scalaで萌える関数型プログラミング[1.1.RC1]
 
充足可能性問題のいろいろ
充足可能性問題のいろいろ充足可能性問題のいろいろ
充足可能性問題のいろいろ
 
ウェーブレット木の世界
ウェーブレット木の世界ウェーブレット木の世界
ウェーブレット木の世界
 
Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]
Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]
Scalaで萌える関数型プログラミング[完全版]
 
Code iq×japanr 公開用
Code iq×japanr 公開用Code iq×japanr 公開用
Code iq×japanr 公開用
 
Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習
 
あなたが知らない リレーショナルモデル
あなたが知らない リレーショナルモデルあなたが知らない リレーショナルモデル
あなたが知らない リレーショナルモデル
 
【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう
【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう
【Unity道場】ゲーム制作に使う数学を学習しよう
 
Pythonとdeep learningで手書き文字認識
Pythonとdeep learningで手書き文字認識Pythonとdeep learningで手書き文字認識
Pythonとdeep learningで手書き文字認識
 
Rのデータ構造とメモリ管理
Rのデータ構造とメモリ管理Rのデータ構造とメモリ管理
Rのデータ構造とメモリ管理
 
2012年1月20日
2012年1月20日2012年1月20日
2012年1月20日
 
今日からはじめる微分方程式
今日からはじめる微分方程式今日からはじめる微分方程式
今日からはじめる微分方程式
 
Kobe.R #15 - Incanter チョットシッテル
Kobe.R #15 - Incanter チョットシッテルKobe.R #15 - Incanter チョットシッテル
Kobe.R #15 - Incanter チョットシッテル
 
多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換
多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換
多倍長整数の乗算と高速フーリエ変換
 
日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説
日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説
日本情報オリンピック旗(JOI Flag) 解説
 
再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム Gx#20
再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム   Gx#20再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム   Gx#20
再帰、漸化式、差分方程式とアルゴリズム Gx#20
 

Recently uploaded

20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価sugiuralab
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxAtomu Hidaka
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールsugiuralab
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000Shota Ito
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (7)

20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツール
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 

姫路 IT 系勉強会 Vol.6 プログラミングコンテストという名のオンラインゲームがあるらしい

  • 1. プログラミングコンテスト という名の オンラインゲームがあるらしい \ガチャはないよ!/ @kakkun61 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 1/82
  • 2. 自己紹介 ● 岡本和樹 ● @kakkun61 ● 23 歳 ● 大阪府立大学 4 回生 ● へなちょこ競技プログラマー 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 2/82
  • 3. 競技プログラミングって だいたいこんなん ● 大きく 2 つに分けると ● 正解のあるプログラムを速く書く ● 正解の簡単に求まらない問題の答えので きるだけよいものを求めるプログラムを 書く 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 3/82
  • 4. 競技プログラミングって だいたいこんなん ● 正解のあるプログラムを早く書く ● こっちを中心に解説していきますん 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 4/82
  • 5. 正解のあるプログラムを速く書く ● をやってるコンテストは ● TopCoder Single Round Match (SRM) ● AtCoder Regular Contest (ARC) ● CodeChef Short Contest ● CodeForces ● Google Code Jam ● ACM ICPC ● など 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 5/82
  • 6. 正解のあるプログラムを速く書く ● TopCoder Single Round Match (SRM) ● AtCoder Regular Contest (ARC) ● ACM ICPC ● ぐらいしか参加したことないのでこれら を題材に 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 6/82
  • 7. ARC #3 ● AtCoder 社 ● 慶應大学 ● 高橋直大 ● @chokudai ● http://atcoder.com 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 7/82
  • 8. ARC #3 ● A 問題 GPA 計算 ● プログラミング初心者向けの問題 ● 問題文の通りにコードを書けばいい ● 手元のコンピューターで問題を見ていた だいた方が見やすいと思う ● http://atcoder.jp/ 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 8/82
  • 9. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● 高橋君はアメリカに留学しようと考えて おり、成績表を提出することになりまし た。 ● アメリカ留学の成績表には、学力を測る 指標である GPA を表記する必要がありま す。 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 9/82
  • 10. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● GPA とは各単位に対する評価 (A,B,C,D,F) を点数に換算して平均した値で、点数へ の換算は以下のようになります。 ● A 評価 → 4 点 ● B 評価 → 3 点 ● C 評価 → 2 点 ● D 評価 → 1 点 ● F 評価 → 0 点 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 10/82
  • 11. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● 全て F 評価だった場合は、 GPA は 0 にな ります。 ● 高橋君の各単位に対する評価をもとに GPA を求めなさい。 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 11/82
  • 12. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● 入力 ● 入力は以下の形式で標準入力から与えられる。 ● N ● r1r2…rN ● 1 行目は、単位の総数を表す整数 N(1≦N≦100) が与えられる。 ● 2 行目には、単位に対する評価を表す N 文字 の文字列が与えられる。 ● i 文字目の文字 ri は A, B, C, D, F のいず れかである。 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 12/82
  • 13. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● 出力 ● 入力として与えられた単位の評価をもと にした GPA を標準出力に 1 行で出力せ よ。 ● 誤差は絶対誤差あるいは相対誤差の少な くとも片方が 10-9 以下であれば許容す る。 ● なお、最後には改行を出力せよ。 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 13/82
  • 14. ARC #3 A 問題 GPA 計算 といった感じの問題 ● A-D, F を 1-4, 0 に変換し、平均を求 めるだけ ● プログラマーなら誰でもできるはず 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 14/82
  • 15. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● 一応、僕の解答 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 15/82
  • 16. ARC #3 A 問題 GPA 計算 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 16/82
  • 17. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● え? Haskell 分からない? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 17/82
  • 18. ARC #3 A 問題 GPA 計算 ● しかたないので Java で ● main メソッドの中だけ示します 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 18/82
  • 19. ARC #3 A 問題 GPA 計算 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 19/82
  • 20. Haskell やってみない? ● Haskell の方が文字大きくなかった? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 20/82
  • 21. Haskell やってみない? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 21/82
  • 22. Haskell やってみない? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 22/82
  • 23. Haskell やってみない? ● つまりそっちの方が書く量少ないってこ とだよね ● Java の変数の i とか、和が代入されて ない途中の sum とか要らないよね ● 本当にやりたいことを無駄なく書いてる のは Haskell じゃない? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 23/82
  • 24. Haskell やってみない? ● もしここで ● 「今まで C ファミリーの言語でやって きたから」とか ● 「 Haskell のコードなんか気持ち悪い」 ● ってだけで ● Haskell を避けるならそれってつま り…… 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 24/82
  • 25. Haskell やってみない? ● 老害? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 25/82
  • 26. Haskell やってみない? ● もちろん Haskell が苦手とするところ は多々あるので、それを知っての上でな らいいのですが 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 26/82
  • 27. Haskell やってみない? ● このまま Haskell やってもいいのです が、 ● この後、実用関数型言語の希望の星 Scala のセッションがあるのでそちらに 委ねましょう ● (自分のコードあんまりポイントフリー 化できてないし) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 27/82
  • 28. Haskell やってみない? ● でも、実際、 ● 新言語習得のときの練習にプログラミン グコンテストの簡単な問題は有用だと思 う ● 他の人の解答が見られるので、 ● 「なるほどこう書けば綺麗なのか」 ● っていうのが多々ある 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 28/82
  • 29. SRM 543 EllysXors ● 素直に解くとダメな問題 ● 僕は素直に解いて撃墜されました ● 撃墜については後ほど 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 29/82
  • 30. SRM 543 EllysXors ● Problem Statement ● XOR problems became very popular in TopCoder recently. (If you do not know the bitwise operation XOR, see the Notes section for an explanation.) That's why Elly decided to invent one of her own. Fortunately for you, the one she came up with is quite simple. You are given two longs L and R. She wants you to find the XOR of all numbers between L and R, inclusive. 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 30/82
  • 31. SRM 543 EllysXors ● 要点だけ日本語に訳すと、 ● L と R を与えるから、 ● L ⊕L+1 ⊕... ⊕R を求めよ 1 ≦ L, R ≦ 4,000,000,000 ● ただし、 L ≦R ● ● 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 31/82
  • 32. SRM 543 EllysXors ● 単純に実装を考えると、 ● 再帰もしくはループでしょう 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 32/82
  • 33. SRM 543 EllysXors ● しかし、 ● 再帰 ● Stack Overflow (Java) ● ループ ● 最大の計算量時に制限時間超過 ● Time Limit Exceeded (TLE) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 33/82
  • 34. SRM 543 EllysXors ● 実はこの問題、数学的に簡単にできて、 ● どんな入力が来ても一定時間で計算でき ます ● 計算量 O(1) オーダー 1 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 34/82
  • 35. SRM 543 EllysXors ● ちなみに再帰もしくはループの実装だと 計算量は、 2 つの数の差に比例するの で、 ● O(N) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 35/82
  • 36. SRM 543 EllysXors ● 他にも 2 乗に比例するなら、 O(N2) ● クイックソートなどなら、 O(NlogN) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 36/82
  • 37. SRM 543 EllysXors ● 話を戻して、数学的に簡単にするとはど うするのか? ● ちょびっと話がややこしくなります 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 37/82
  • 38. SRM 543 EllysXors ● まず ● 1 ⊕1 = 0 ● 2 ⊕2 = 0 ● n ⊕n = 0 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 38/82
  • 39. SRM 543 EllysXors ● なので ● ellysXors(l, r) ● = l ⊕l+1 ⊕... ⊕r ● = 1 ⊕2 ⊕... ⊕l-1 ● ⊕1 ⊕2 ⊕... ⊕l-1 ⊕l ⊕l+1 ⊕... ⊕r 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 39/82
  • 40. SRM 543 EllysXors ● ここで ● foldXor(n) ● = 1 ⊕2 ⊕... ⊕n ● とおくと、 ● ellysXors(l, r) ● = foldXor(l) ⊕foldXor(r) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 40/82
  • 41. SRM 543 EllysXors (n)10 (n)2 foldXor(n) n を使っ て って 1 1 1 1 2 10 11 n+1 3 11 0 0 4 100 100 n 5 101 1 1 6 110 111 n+1 7 111 0 0 8 1000 1000 n 9 1001 1 1 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 41/82
  • 42. SRM 543 EllysXors (n)10 (n)2 foldXor(n) n を使っ て って 1 1 1 1 2 10 11 n+1 3 11 0 0 4 100 100 n 5 101 1 1 6 110 111 n+1 7 111 0 0 8 1000 1000 n 9 1001 1 1 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 4 つごとに周期 42/82
  • 43. SRM 543 EllysXors ● この周期を使うと ● foldXor(n) ● = 1 (n ≡ 1 mod. 4 の き) と ● = n + 1 (n ≡ 2 mod. 4 の き) と ● = 0 (n ≡ 3 mod. 4 の き) と ● = n (n ≡ 4 mod. 4 の き) と ● ellysXors(l, r) ● = foldXor(l) ⊕foldXor(r) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 43/82
  • 44. SRM 543 EllysXors ● よって ● ellysXor(l, r) は定数時間 O(1) で求 まる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 44/82
  • 45. ルール説明 ARC ● AtCoder Regular Contest #1, #2, #3 に もとづいて解説 ● コンテスト通してのルールの記述が見当 たらないので今後変わるかも ● ARC #3 のチュートリアル http://arc003.contest.atcoder.jp/tutorial 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 45/82
  • 46. ルール説明 ARC ● AtCoder Regular Contest ● 時間 90 分 ● 4問 ● 難易度順に A-D 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 46/82
  • 47. ルール説明 ARC ● 使用可能言語 ● C# (Mono 2.10.5) ● PHP (PHP 5.3.6) ● C (GCC4.4.6) ● Python (2.7.2) ● C++ (G++4.6.3) ● Perl (5.12.4) ● C++ (GCC4.4.6) ● Ruby (1.9.2) ● C++11 (GCC 4.6.1) ● Haskell (GHC 7.0.3) ● C (GCC4.6.3) ● Pascal (fpc 2.4.4) ● D (DMD 2.058) ● JavaScript ● Java (OpenJDK 1.6.0) (Node 0.6.12) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 47/82
  • 48. ルール説明 ARC ● Web でテキスト入力欄に書いて提出 ● Main.( 拡張子 ) として保存されるの で、 Java などの場合 Main クラスにす る ● 通常のプログラムと同じエントリーポイ ントから起動される ● 入力および出力は標準入力・標準出力 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 48/82
  • 49. ルール説明 ARC ● コンテストの流れ ● コンテスト開始 10 分後までに参加登録 ● 好きな問題を開く 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 49/82
  • 50. ルール説明 ARC ● 解けたら、提出ページでソースコードを 貼り付け提出 ● 提出するとすぐにシステムがテストを始 める ● 結果タブから現在の結果が得られる ● 結果は次の通り 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 50/82
  • 51. ルール説明 ARC ● AC: Accepted ● WA: Wrong Answer ● TLE: Time Limit Exceeded ● MLE: Memory Limit Exceeded ● CE: Compile Error ● RE: Runtime Error ● OLE: Output Limit Exceeded ● IE: ? 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 51/82
  • 52. ルール説明 ARC ● 順位付け ● 各問 100 点で 400 点満点 ● 同点の場合は最終正解提出時間の早さで 比べる ● 誤答ペナルティは 1 回につき 15 分 ● ただし、その問題に正解した場合のみ 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 52/82
  • 53. ルール説明 ARC ● コンテスト終了後は全員の解答が見られ るようになるので、それで復習してくだ さい 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 53/82
  • 54. ルール説明 SRM ● TopCoder Single Round Match ● 時間 95 分 ● コーディング 75 分 ● 休憩 5 分 ● チャレンジ 15 分 ● 3問 ● チャレンジが特徴的 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 54/82
  • 55. ルール説明 SRM ● TopCoder Single Round Match ● 時間 95 分 ● コーディング 75 分 ● 休憩 5 分 ● チャレンジ 15 分 ● 3問 ● チャレンジが特徴的 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 55/82
  • 56. ルール説明 SRM ● コンテストはアリーナと呼ばれる Java Applet のアプリを使用 ● メンバーは Rating と呼ばれるレベルを 持っていて、 Rating ごとに次のように 色分けされる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 56/82
  • 57. 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 57/82
  • 58. ルール説明 SRM ● メンバーは Rating と呼ばれるレベルを 持っていて、 Rating ごとに色分けされ る 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 58/82
  • 59. ルール説明 SRM ● 初参加 白 ● 0-899 灰 ● 900-1199 緑 ● 1200-1499 青 ● 1500-2199 黄 ● 2200-2999 赤 ● 3000- 赤地に白点 ターゲットと呼ばれる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 59/82
  • 60. ルール説明 SRM ● 初参加 白 ● 0-899 灰 ←僕ココ しょぼい ● 900-1199 緑 ● 1200-1499 青 ● 1500-2199 黄 ● 2200-2999 赤 ● 3000- 赤地に白点 ターゲットと呼ばれる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 60/82
  • 61. ルール説明 SRM ● Rating の上位・下位で Div. 1, Div. 2 に分かれ、問題セットが異なる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 61/82
  • 62. ルール説明 SRM ● 初参加 白 ● 0-899 灰 ● 900-1199 緑 ↑ Div. 2 ● 1200-1499 青 ↓ Div. 1 ● 1500-2199 黄 ● 2200-2999 赤 ● 3000- ターゲット 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 62/82
  • 63. ルール説明 SRM ● 問題は 3 問あり、それぞれ点数が異なる ● Easy 250pts, Normal 500pts, Hard 1000pts ● 各々の問題を開いてから提出するまでの 経過時間で得点が決まる ● 250pts の問題なら、開いて即刻提出すれ ば 250pts もらえるということ 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 63/82
  • 64. ルール説明 SRM ● コーディング (coding phase) 75 分 ● 問題を解いて提出 ● 提出してもまだ採点されない ● 休憩 (intermission) 5 分 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 64/82
  • 65. ルール説明 SRM ● 撃墜 (challenge phase) 15 分 ● このフェーズになると全員の解答が公開 される ● 他の人の解答を見て、間違ってると気付 いたのがあったら、チャレンジを行なう ことができる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 65/82
  • 66. ルール説明 SRM ● 撃墜 (challenge phase) 15 分 ● チャレンジとは ● ある問題にこの入力値を与えれば不正解 を出す・ TLE になるなどの入力値を作る ● 提出し実際不正解を出すなどするとチャ レンジ成功となり 50 点加算、相手の得点 0点 ● 失敗した場合は 25 点減点 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 66/82
  • 67. ルール説明 SRM ● システムテスト (system test) ● 運営の用意した入力セットでテストされ 無事通ると点を得られる ● 結果に応じて Rating が上下する 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 67/82
  • 68. ルール説明 ● ここまでが、ルール説明で ● 次からアルゴリズム入門 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 68/82
  • 69. アルゴリズム入門 ● アルゴリズムの比較的理 解しやすいものを取り上 げよう ● ここからの内容は→見な がら書いた ● プログラミングコンテス トするならこの本は必携 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 69/82
  • 70. アルゴリズム入門 ● プログラミングコンテス トチャレンジブック ● 著者は東大生 3 人 ● 秋葉拓哉 ● 岩田陽一 ● 北川宜稔 ● 通称、蟻本 ● 世界と戦うことを目標に 書いてあるので初級編で かなりお腹いっぱい 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 70/82
  • 71. 再帰とメモ化 ● フィボナッチ数列を計算する関数を再帰 で 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 71/82
  • 72. 再帰とメモ化 ● 単純な再帰だとかなり遅い 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 72/82
  • 73. 再帰とメモ化 fib(10) fib(9) fib(8) fib(8) fib(7) fib(7) fib(6) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 73/82
  • 74. 再帰とメモ化 fib(10) 同じ計算がいくつもある fib(9) fib(8) fib(8) fib(7) fib(7) fib(6) 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 74/82
  • 75. 再帰とメモ化 ● 1 度計算したものを保存しておく ● すでに計算したかチェックしてしてある ならそれを返す ● これをメモ化という 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 75/82
  • 76. 再帰とメモ化 ● コードで書くと 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 76/82
  • 77. 深さ優先探索 Depth First Search ● 問題 ● 整数 a1, a2, ... an が与えられます。そ の中からいくつか選び、その和をちょう ど k にすることができるかを判定しな さい。 ● ただし、 ● 1 ≦ n ≦ 20 ● -108 ≦ ai, k ≦ 108 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 77/82
  • 78. 深さ優先探索 Depth First Search ● 例えば ● n = 4 ● a = {1, 2, 4, 7} ● このとき状態を表す木は次のようになる 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 78/82
  • 79. 深さ優先探索 Depth First Search i=0 a = {1, 2, 4, 7} sum = 0 +1 i=1 i=1 sum = 0 sum = 1 +2 i=2 i=1 sum = 0 sum = 2 +4 i=3 i=3 sum = 2 sum = 6 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 +7 79/82
  • 80. 深さ優先探索 Depth First Search ● コードで表すと 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 80/82
  • 81. 深さ優先探索 Depth First Search 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 81/82
  • 82. なんと ● ARC #4 今日 21 時 ● SRM 546 今日 25 時 ● 参加するしかない! 姫路 IT 系勉強会 Vol. 6 @kakkun61 82/82