Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

How can we resolve problems.

141 views

Published on

Programmers may care about the details. We should prioritize problems. This presentation is a practice on such process.

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

How can we resolve problems.

  1. 1. 効率的に作業を 進めるために 名古屋IoTLT@20180124 技術士(情報工学)・博士(工学) 小川清(名古屋市工業研究所) @kaizen_nagoya © <資料中敬称略> 2017/09/24 1 ©NMIRI
  2. 2. ⽬次 ´  この資料を⾒たことがある ´  ⼈命が危険になるか ´  システムのハードが壊れるか ´  システムのソフトが壊れるか ´  機密が漏れないか ´  セキュリティといえば確率! ´  ネットに関係することか ´  ネットが落ちそう ´  インタネットはネットワークの相 互接続? ´  印刷費⽤が嵩みそう 2017/09/24 2 ´  データが沢⼭あるか? ´  C⾔語に関することか? ´  RealTimeプログラム書ける? ´  連続/離離散制御設計できる? ´  科学を四層構造で考えよう! ´  クロスコンパイラは必須? ´  坂井弘亮さんはIPAセキュリティ キャンプの講師だ! ´  名古屋こわい? ´  ここまでのこと分かった? ´  まずやってみよう! (c) @kaizen_nagoya
  3. 3. この資料を⾒たことがある。 Yes: 次⾴。 No:下のslide。 https:// www.slideshar e.net/ kaizenjapan/ before-study- gifu- university-2016 2017/09/24 3 (c) @kaizen_nagoya
  4. 4. ⼈命が危険になるか No: 次⾴。 Yes:下のslide。 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan / hazopogaw a2015 2017/09/24 4 (c) @kaizen_nagoya
  5. 5. システムのハードが壊れるか No: 次⾴。 Yes:下記 2017/09/24 5 (c) @kaizen_nagoya •  システムについてHAZOP(⼀つ前のスラ イド参照) •  システムの⼿引き参照 •  システムの不具合報告検索
  6. 6. システムのソフトが壊れるか No: 次⾴。 Yes:下記 2017/09/24 6 (c) @kaizen_nagoya •  データ・ソフトの予備(backup)を取る •  ソフトの⼿引き参照 •  ソフトの不具合について検索
  7. 7. 機密が漏れるか No: 次⾴。 Yes:下記 2017/09/24 7 (c) @kaizen_nagoya •  公開情報だけで実験をする
  8. 8. セキュリティといえば確率! Yes: 次⾴。 No:下のslide。 ⼩寺浩司 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan /ss-70572076 2017/09/24 8 (c) @kaizen_nagoya
  9. 9. ネットに関係することか? No: 次⾴。 Yes:下のslide。 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan/ wireshark- measure- the-net2017/09/24 9 (c) @kaizen_nagoya
  10. 10. ネットが落ちそうか No: 次⾴。 Yes:下記 2017/09/24 10 (c) @kaizen_nagoya •  まずネットを切断して実験 •  ネットから切り離した機器を接続し て部分的に実験 •  Wiresharkでパケットを取得・分析
  11. 11. インタネットはネット  ワークの相互接続? Yes:次⾴。No:下のslide。 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan /internet- textbook-20 17 2017/09/24 11 (c) @kaizen_nagoya
  12. 12. データが沢⼭あるか Yes: 次⾴。 No:下記 2017/09/24 12 (c) @kaizen_nagoya •  データが沢⼭なければ、全データを⼊ ⼒してから考えて⾒てください。 •  特定のデータで起きる現象か •  すべてのデータで起きる現象か
  13. 13. 印刷費⽤が嵩みそうか No: 次⾴。 Yes:下記 2017/09/24 13 (c) @kaizen_nagoya •  多⾊刷りをする前に⽩⿊で校正 •  ⼤量印刷の前にも試し刷り •  プリンタで出すか複写するか •  どちらが安易か計算
  14. 14. C⾔語に関することか? No: 次⾴。 Yes:下のslide。 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan/ net-micro- framework- for-toppers- net 2017/09/24 14 (c) @kaizen_nagoya
  15. 15. RealTimeプログラム書ける? Yes: 次⾴。 No:下のslide。 中村 晋⼀郎 http:// toppers.jp/ docs/contest/ 2013/ nakamura_pr esen_2013.pdf 2017/09/24 15 (c) @kaizen_nagoya
  16. 16. 連続/離散制御設計できる? Yes: 次⾴。 No:下のslide。 塩出武 https:// www.topper s.jp/docs/ contest/ 2013/ shiode_pres en_2013.pdf 2017/09/24 16 (c) @kaizen_nagoya
  17. 17. 科学を四層構造で考えよう! Yes: 次⾴。 No:下のslide。 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan/ ss-65852140 2017/09/24 17 (c) @kaizen_nagoya
  18. 18. クロスコンパイラは必須? Yes: 次⾴。 No:下のslide。 邑中雅樹 https:// www.slidesh are.net/ monaka/ cq-13089373 2017/09/24 18 (c) @kaizen_nagoya
  19. 19. 坂井弘亮さんはIPAセキュリ ティキャンプの講師だ! Yes: 次⾴。 No:下のslide。 坂井弘亮 https:// www.slides hare.net/ kozossakai/ makeos 2017/09/24 19 (c) @kaizen_nagoya
  20. 20. 名古屋こわい? No: 次⾴。 Yes:下のslide。 岡⽥昌之 https:// www.slidesh are.net/ kaizenjapan/ ss-29237583 2017/09/24 20 (c) @kaizen_nagoya
  21. 21. ここまでのこと分かった? Yes: 次⾴。 No:下記 2017/09/24 21 (c) @kaizen_nagoya •  ⼀つの技術は10冊分プログラムを動か してから考えるのが経験則 •  時間のないときはまず⼀冊 •  それから考える。 •  コンパイラ、Latexは⻤⾨ •  Windows, ディスク管理も悩まない •  ネット情報を精査するには、まず 体系的に記録 •  Wikiは引⽤した量だけ追記
  22. 22. まずやって見よう その前に気をつけるといいこと ´ ネットで検索する ´ 単語3つで検索すると確率が⾼い ´ 固有名詞を1つ以上使うと確率が上がる ´ 質問の仕⽅ ´ 検索してもわからなかったことは、検索結果 のURLと、聞きたいことに関することを引⽤ する ´ 今、必要なことか、後でもいいことか。後で も⼤丈夫ならネットに質問をあげておく 2017/09/24 (c) @kaizen_nagoya 22
  23. 23. ご静聴ありがとう ございました 2017/09/24 23 不明点はご連絡を ©NMIRI @kaizen_nagoya (c) @kaizen_nagoya

×